サイエンスZEROの見逃し無料動画配信と再放送情報6/28サンプルリターン|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『サイエンスZERO』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『サイエンスZERO』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『サイエンスZERO』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『サイエンスZERO』の番組内容

『サイエンスZERO』は、私たちの未来を変えるかもしれない最先端の科学と技術を紹介するとともに、世の中の気になる出来事にもサイエンスの視点で切り込む番組です。

引用元:NHK

『サイエンスZERO』6/28の番組内容

日本の“お家芸”サンプルリターン 世界初!火星の月探査へ
アンコール放送。世界の宇宙探査をリードする日本の“お家芸”「サンプルリターン」。はやぶさ2の成果に続き、新たな研究開発が進む。それが「MMX(Martian Moons eXploration)」。目指すは「火星の月」だ。2020年代半ばに探査機打ち上げを目指し検討が進む。戻ってくるサンプルからは、太陽系の成り立ちや、生命の起源に迫る情報がもたらされるかもしれない。次世代宇宙探査の詳細に迫る。

引用元:NHK

『サイエンスZERO』6/28の出演者

【ゲスト】北海道大学教授…倉本圭,JAXA 宇宙航空研究開発機構 教授…川勝康弘

【司会】小島瑠璃子,森田洋平

【語り】川野剛稔

『サイエンスZERO』6/28の放送日時と再放送情報

【放送日時】

Eテレ 2020年6月28日(日) 午後11:30~午前0:00(30分)

【再放送日時】

Eテレ 2020年7月4日(土) 午前11時00分~午前11時30分(30分)

 

『サイエンスZERO』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『サイエンスZERO』6/28の感想

 

40代女性
40代女性

中学生と小学生高学年の子ども2人と観ました。中学生の子は、小学3年の頃「宇宙探査機はやぶさ」の自由研究をしたことがあったので、今回の番組内容も非常に興味があったようです。タイトルにもあるように、小惑星からサンプルを回収する技術は、日本のお家芸になったのですね。感慨深いです。番組内では、火星の月に行く探査機がCGで実物大の大きさで紹介されていましたが、「はやぶさ」「はやぶさ2」に通じる金色のボディが印象的でした。番組内では、「なぜ、火星の月のサンプルを取ってくる必要があるのか」が、非常にわかりやすく説明されていました。そもそも、火星に月があること自体知らなかったんですけど(しかも2つも)、その小惑星に地球の謎を解き明かすヒントがあると知り、びっくりです。スタジオには、科学者の方と技術者の方といらして、後半はお二人でお話してくださったのですが、持ち帰ったサンプルを研究する仕事と、探査機を運用する仕事は別なのだと、改めて思うに至りました。研究者の希望をどこまで叶えられるか、技術者の方がしっかりと支えていらっしゃるのですね。重力の少ない小惑星でいかに着陸するかなど、工夫を重ね続けている映像も拝見でき、子ども達も始終食い入るように見ていました。今回の放送は、11月放送分の再放送のようですが、観ていなかったので、観ることが出来て良かったです。小島さんの素直な反応含めて、楽しい時間でした。

 

50代女性
50代女性

ハヤブサ2の帰還を待たずして、次の目標に向かって進んでいる科学者の方々に、頼もしさと期待感満載で見れました。火星は今後の移住計画などで常に注目されていますが、「火星の月?」と聴いてもなかなかピンと来ませんでした。そして「フォボス・ダイモス」と久しぶりにその名前を聞いて、『ああ!あったなぁ~』と昔辞典で見ていた記憶がよみがえってきました。そして、乾燥してカラカラだったであろう初期の地球に、後から水を運んできたから、今の海のある地球が出来上がったという説は、余り知らなかったので私にはとても新鮮でした。火星の衛星を調べる理由が、その地球に水を運んだ天体の生き残りではないかという事。その2つの衛星ができた理由が、小惑星帯の外から来た物を捕獲した説と、地球と月の様に衝突した事で出来た説が有力との事。その事を分かりやすいシュミレーション映像で説明してくれていて、とても理解しやすかったです。そしてそれを実際に探査してサンプルリターンする事で検証できるという。ハヤブサで成功しているのだから、技術力のある日本にとっては着陸って簡単なのでは?と不思議に思っていたのですが、ハヤブサ2はタッチダウン方式で、小惑星や彗星に着陸というのは、まだ世界的に成功していないという事も知らなくてビックリしました。重力が違う(とてつもなく小さい)事で、大変な技術がいるそうです。「捕獲がいつできたか・どこから来たのか」とても壮大なテーマですが、是非成功して地球の起源をより詳しく分かるようになる事を期待できる番組でした。

 

50代女性
50代女性

地球以外の惑星や衛星から土壌や岩石などのサンプルを回収して持ち帰るサンプルリターンの開発についての番組です。現在計画が進行しているのは、火星の衛星(フォボスとダイモス)のいずれかを対象とする計画です。火星の衛星が選ばれたのは、火星の衛星の起源と、地球に存在する水の起源を探るためというのが興味深かったです。地球上では水はありふれた物質ですが、太陽系の他の惑星では気体(水蒸気)や個体(氷)の状態で存在し、地球上の水の起源は地球より外側の惑星ではないかという説が面白いと思いました。また、サンプルを回収するための装置の開発において、科学者は欲張ってなるべく多くのポイントから多くのサンプルを回収したいと要求し、技術者は、できることと優先度を明確にするといった、科学者と技術者のせめぎ合いの話が面白かったです。どちらの主張も一理ありますが、どちらが欠けても計画が成功しないと思います。火星の衛星は重力が地球よりはるかに小さいので、探査機が着陸するときにバウンドしてしまい、適切な姿勢を維持するのが困難なので、探査機の足を工夫しているという話も興味深く思いました。イトカワに接近したはやぶさは、イトカワに接近し、サンプルを採取し、すぐに離れるという動きをしたのに対し、きちんと火星の衛星に着陸し、しっかりとサンプルを採取する計画らしいので、その成果が期待できました。

 

まとめ

『サイエンスZERO』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました