全員死刑(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
大牟田一家4人殺害事件に基づく間宮祥太朗の映画初主演作『全員死刑』予告編

全員死刑(映画)の動画フルを安全に見る方法

『全員死刑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『全員死刑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

全員死刑(映画)の内容

映画『全員死刑』は、2017年11月に公開されました。

原作は、カメラマンでライターでジャーナリストの鈴木智彦さんの著書「我が一家全員死刑」で、2004年9月に福岡県大牟田市で発生した大牟田4人殺害事件の加害者一家の次男の手記を基にした犯罪ドキュメント。金銭トラブルを抱える家族が、近所の一家が脱税によって貯めた現金を強奪しようと、殺人に至るさまを映し出しています。

監督・脚本は、2014年より自主映画を制作し始め、本作が商業作品デビューとなった小林勇貴監督。主人公の家族や彼女のために実行犯となって殺人を繰り返す次男タカノリ役を映画初主演となる間宮祥太朗さんが演じるほか、毎熊克哉さん、六平直政さんや舞台で活躍する入絵加奈子さんなどが出演しています。

 

熱量が半端ない作品で俳優陣の演技も最高だった。主演の間宮祥太朗の存在感は素晴らしかった。にじみ出るいい人感、でもクズという役を見事に演じていた。
たまに挟まれる自主制作っぽい粗い映像や、原作になった手記の字幕、ストーリーのテンポの良さなど、とても良かった。

エロくてグロくてホラー的で薬物にヤクザ一家というR指定を狙ってきているって感じ。なんといっても藤原季節演じるショウジが恐かった。独特の演出で臨場感を引き立てていた。

間宮祥太朗って今時の若手イケメン俳優としか見てなかったけど、爆発的な演技も普通に話しているときも自然で迫力あって良かった。

殺人シーンは中途半端なスプラッター映画より、100倍恐ろしかった。

 

あらすじ

家族思いのタカノリ(間宮祥太朗)は、情緒不安定な組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)を苦しめる借金を何とかしようと、兄のサトシ(毎熊克哉)と近所の資産家の金を狙って強盗を実行します。

しかし、お粗末な強盗の末に、資産家一家の息子を殺害したのをきっかけに、タカノリ一家はエスカレートして全員で共謀し、吉田一家の長である母親やもうひとりの息子、その友人さえも「家族愛」を合言葉に身勝手にも殺害していきます。

見どころ

間宮祥太朗演じる主人公

主人公の首塚一家の次男・タカノリの人殺しのシーンは残虐で残酷な描写となっています。しかし、タカノリは、相手に憎しみがあって殺すわけでもなく、快楽のためでもなく、遊ぶお金欲しさから強盗をするわけでもありません。

人殺しなど犯罪を犯すのは、ほかでもない家族や彼女のため。そんなタカノリを観ていると不思議な感覚に陥り、タカノリを”優しくて良いヤツ”と思ってしまいます。タカノリは家族を大切に思う誠実な男に映ります。

そんなタカノリを間宮祥太郎さんの演技は素晴らしいと大好評です。

原作に忠実

本作は、原作の「我が一家全員死刑」に忠実に作られています。原作は、次男・北村孝紘被告が獄中で綴った手記を題材としていて、まるでコントのような殺人シーンも原作のまま。殺人シーンなのに思わず笑ってしまうところが見どころのひとつです。

スタッフ

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」
監督:小林勇貴
脚本:小林勇貴、継田淳
音楽:中川考
主題歌:HER NAME IN BLOOD「Answer」

キャスト

タカノリ:間宮祥太朗
主人公。首塚家の次男。

テツジ:六平直政
首塚家の父親。借金まみれのヤクザ。

ナオミ:入絵加奈子
首塚家の母親。ヒステリック。

サトシ:毎熊克哉
首塚家の長男。タカノリの兄。

カオリ:清水葉月
タカノリの彼女。

パトラ:鳥居みゆき
被害者家族・吉田家の母親。首塚家が長年恨みを持つ近所の資産家。

カツユキ:落合モトキ
被害者家族・吉田家の長男。

ショウジ:藤原季節
被害者家族・吉田家の次男。ユーチューバー。

オカダハルキ:松田陸
カツユキの友人。

ハルカ:護あさな
サトシの彼女。

ドロちゃん:中村祐太郎
タカノリの友人。入院している。

ケンちゃん:一ノ瀬ワタル
タカノリの友人。

 

『全員死刑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

全員死刑(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

この作品を見ようと思ったきっかけは、作品名のインパクトがすごくあって面白そうだなと思ったのと、出演している間宮祥太郎が好きだからです。実際の事件が元になった映画だと聞いていて、怖そうだなと想像して見てみましたが、実際に本当に怖かったです。間宮祥太郎の演技は期待通り素晴らしく、役にハマっていたのでどんどんストーリーに入り込めました。間宮祥太郎のことがもっと好きになった作品です。実際の犯人の手記のようなものに、人は簡単に死なないものだと書かれてあるように、どれだけ撃っても、絞めても、人はなかなか死なないというのは現実の厳しさを、表されているなと思いました。ラストシーンは驚くべき最後が待っているので、最後までドキドキしながら見ることが出来ました。想像とは違った物語の展開が常に待っているので、最初から最後まで釘付けな作品です。映画鑑賞後に、この映画が元にした事件について少しだけ調べてみましたが、かなり実際の事件で起こったことが映画にそのまま話をもっていっていて、完成度がかなり高いんだなと改めて思わされました。R15作品なので、子供はもちろん見ることをオススメしませんが、少し怖めな作品が好きな人は、一度はこの映画を見てみることをオススメします。

 

30代男性
30代男性

「全員死刑」は、お金のために複数人を殺した一家全員が死刑判決を受けるというストーリーになっており、フィクションだったらありそうな展開かな?とは思えるものの、これは実在の事件を題材にしており、そこがまずびっくりです。映画では、最終的に一家4人が共謀して殺人をおこなう状況が描かれており、殺人という凶悪な行為を行うにあたって、家族が連携して行っているような雰囲気が見えました。ただ、次男である主人公に関しては一家の中でもこの連続殺人に関して最も躊躇していた人物に見え、他の3人とはやや性格なども異なっていたと思います。そういう意味では、殺された人たちとともにこの次男も被害者に思えてくる面がありました。この一家に生まれなければ、死刑にならずに済んだのでは?という思いが非常に強かったです。この映画を見て思ったのは、運がよければ犯罪者にならずに済んだのに、運が悪かったため犯罪者になってしまったという人が世の中に結構いるのではないか?ということです。現在のところ犯罪を犯していない人に関して、自分を取り巻く環境などを含めて、実は運が悪ければ犯罪者になっていたというケースは往々にして考えられるのではないか?と思えてきました。

 

30代男性
30代男性

実際に九州で起きたことのある凶悪殺人事件に基づいて描かれた映画とのこと。基となった事件は調べてみると、暴力団の家族4人が、別の家族3人を含んだ4人を殺してしまい、この映画のタイトルと同じように4人全員が死刑判決を受けた事件です。この映画では実際よりかなり脚色はされているのだと思うのですが、テツジ、ナオミ、サトシ、タカノリの首塚家メンバー4人はとにかくぶっ飛んだキャラクターの持ち主です。ヤクザ一家だから世間の常識からかけ離れている部分はあるのでしょうが、それでも限度があるでしょ、と言いたくなるほどのぶっ飛び具合。ずさんな強盗計画から、結局家族全員を皆殺しにしてしまいながら悪びれないあたり、決して社会には受け入れられない、と言うよりは受け入れてはいけないタイプの人々ですね。恐らくこの映画を見て、主人公のタカノリを筆頭とした、首塚家の人々に共感する人はほとんどいないと思います。しかし、それは間違ってはいません。何しろ相手は異常すぎる凶悪殺人一家なのですから。ただし、もし自分が首塚家に生まれて、あの家族の狂気に満ちた価値観に染まりながら育ったらどうなるのか?と考えると、恐ろしい部分も感じてしまいますね。ある意味、社会派ホラー作品と呼べるのかも知れません。

 

まとめ

『全員死刑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました