ユリゴコロ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『ユリゴコロ』予告編

ユリゴコロ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ユリゴコロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ユリゴコロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ユリゴコロ(映画)の内容

映画『ユリゴコロ』は、2017年9月に公開されました。2011年に発売され、売上累計25万部を突破した同名小説が原作となっています。著者は、蒼井優さん主演により映画化された『彼女がその名を知らない鳥たち』などでも知られる人気小説家・沼田まほかるさんです。ホラーサスペンスが愛の物語へと変わっていく新感覚のストーリーに惹きつけられる作品です。

松坂桃李さん演じる主人公・亮介が、ある日実家の押し入れから1冊のノートを見つけ出します。「ユリゴコロ」と題されたそのノートの中には、幼いころから何人もの人を殺め続けた一人の女(吉高由里子)の物語が綴られていました。この物語は創作なのか、実話なのか。誰が何のために書いたのか。ラストまで目の離せないストーリーになっています。

監督・脚本は、映画『君に届け』『心が叫びたがってるんだ。』なども手掛ける熊澤尚人さん。さらに、日本アカデミー賞を受賞した『告白』『八日目の蝉』の企画に携わる映像プロデューサー・石田雄治さんが製作を担当しています。

ストーリーもさることながら、松坂桃李、吉高由里子、松山ケンイチなど豪華キャストによる、臨場感ある演技に圧倒される作品になっています。

 

臨場感や生々しさ、映像の迫力が凄かった。吉高由里子さんの闇深く狂気に満ちた演技、松坂桃李さんの心情が大きく揺さぶられる人間味あふれる演技、松山ケンイチさんのリアルで繊細な演技、どれも圧巻だった。その他の俳優さんの演技も本当に素晴らしかった。

前半の不気味で残酷な雰囲気とは一変、後半部分は愛を育む姿が穏やかに描かれていて、まるで異なる作品を見ているような感覚でした。

原作とは異なるストーリーに少し違和感を感じてしまった部分もあるけど、キャスティングが完ぺきで原作の世界観そのままに映像化されていた。

リアルな描写が多くて結構グロいシーンもあるので、苦手な方は目を背けてしまうかも。でも暗いだけの物語ではないので、サスペンスを感じつつラブストーリーも味わえる作品です。

あらすじ

カフェを経営し、婚約者と共に幸せに暮らしていたはずの亮介(松坂桃李)の生活はある日突然崩れ去ることに。母親が交通事故で亡くなって以来男手一つで育ててくれた父が病に襲われ、余命わずかと診断されます。それに追い打ちをかけるかのように婚約者の千絵(清野菜名)が失踪し、亮介の前から姿を消してしまいました。

そんなある日、実家の押し入れから「ユリゴコロ」と書かれた1冊のノートを見つけます。そこには、美沙子と名乗る女(吉高由里子)の壮絶な人生が綴られていました。

幼いころから人よりも感情が欠如していた美沙子は、”誰かの命が消えていくときに生じる、言葉では言い表せられない感情=ユリゴコロ“を持っていました。子供の時から何人もの人々を殺めた美沙子ですが、洋介(松山ケンイチ)という男と出会い、愛を知ることで次第に心穏やかになっていく様子が綴られています。しかし、それはさらなる悲劇の幕開けに過ぎなかったのです。

創作話とは思えない不思議な感覚を覚え、この物語に引き込まれて行く亮介。誰が何のために書いたのか、そして美沙子とは何者なのか?

見どころ

前半・後半で映画のイメージが変わる

前半部分では、吉高由里子さん演じる美沙子が人を殺めることで心を満たしていく様子が生々しく描かれています。あまりにリアルで臨場感のある映像に思わず目を背けたくなるシーンも出てきます。

一方後半部分では、美沙子が洋介(松山ケンイチ)と出会ったことで愛を知り、少しずつ穏やかになっていく様子が描かれています。

前半と後半でまるで別の映画を見ているかのような世界観です。サスペンスがいつの間にか愛の物語に変わっているのがこの作品のポイントのひとつでもあると思います。

豪華キャストによる熱演

本作品では、松坂桃李さん、吉高由里子さん、松山ケンイチさんがメインとなり物語が進んでいきます。三人ともがそれぞれ複雑な心情を抱えながら生きていく姿を演じていて、その演技力に圧倒され物語へと引き込まれていきます。また、美沙子の友人・みつ子役を演じる佐津川愛美さんの臨場感ある演技も必見です。

スタッフ

原作:沼田まほかる
監督・脚本:熊澤尚人
製作:石田雄治

キャスト

松坂桃李(亮介)
カフェを経営している。父が余命宣告され、婚約者は失踪してしまう。謎のノート「ユリゴコロ」の真相を探し始める。

吉高由里子(美沙子)
亮介が見つけたノート『ユリゴコロ』に出てくる女。人として大切な感情が欠如していて、人の死に触れることで安心感のようなものを感じる。

松山ケンイチ(洋介)
美沙子と出会い、やがて夫となる人物。彼も過去のトラウマから心に深い闇を抱えている。

清野菜名(千絵)
亮介の婚約者。ある日失踪してしまう。

細谷(木村多江)
千絵がかつて務めていた職場の同僚。千絵からの伝言を伝えに亮介のもとにやってくる。

清原果耶(美沙子)
中学生の頃の美沙子。

佐津川愛美(みつ子)
美沙子が若い頃親しくしていた友人で、美沙子とどこか似た部分がある。リストカットを繰り返してしまう。

貴山侑哉(亮介の父親)
余命わずかと診断される。

 

 

『ユリゴコロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ユリゴコロ(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

主演の吉高由里子の演技がすばらしく、独特の雰囲気に引き込まれます。吉高由里子演じる美紗子は人を殺めることでしか安心感や満足感、充実感を得られない人間。共感しにくい役柄ですが、不思議なことに、物語が進むごとに美紗子に感情移入してしまいます。残酷非情な殺人者かと思えば、時折まるで無垢な少女のような表情を見せる美紗子はとても魅力的なキャラクターでしたね。そして、美紗子の恋人・夫である洋介役の松山ケンイチも良かった。それまで人間味のなかった美紗子が、洋介と出会うことで徐々に心ある人間に変化していく…。松山ケンイチの確かな演技が美紗子の変化を説得力あるものにしています。もともと吉高由里子と松山ケンイチは好きな俳優でしたが、今までこのふたりに興味がなかった人も、この映画を観終わるころにはファンになっているかもしれませんね。また、映像も美しい。全体に暗い色味の映像ですが、その暗さが白い肌や青い花、赤い血やワンピースを引き立てており印象的です。この暗い映像と静かな音楽で、ともすれば眠たくなってしまいそうですが、物語はテンポよく進むので飽きることはありません。後半の展開はテンポがいい、というよりも若干早すぎると感じましたが、それでも観ごたえのある映画であることは間違いなし。観ようか迷っている人がいるならぜひおすすめしたい作品です。

30代女性
30代女性

血の伯爵夫人エリザベート・バートリーには、子供の頃、家臣に噛み付き痛がる様を見ていると頭痛が治るという症状がありました。人を傷つけたり、人を殺したりすることで心の平安を得る人間は、少数派ながら存在するということでしょう。この映画に登場する美紗子も同様に、殺人によって心の安心(ユリゴコロ)を得るタイプの人間でした。しかし、彼女は世の中で描かれるサイコパスやシリアルキラーとは違って、周りの人と同じように生きられないことに葛藤したり、殺しにユリゴコロを感じてしまう自分に悩んだり、人並みの暮らしに幸せを感じたりする側面も持っていました。自傷行為で心を落ち着けようとする人物も出てくるのですが、攻撃性が自分に向くのか他人に向くのかの違いはあれど、その根底にあるものは実は同じものないのかもしれません。そういった意味では、彼女の殺人癖は何らかの心の病の一種と考えることもできそうです。悪に振り切るのではなく、病理として殺人を繰り返さざるを得ない女性。すごく難しい役柄だったと思いますが、吉高由里子さんはそれをかなりうまく演じておられました。松坂桃李さんも松山ケンイチさんももちろん素晴らしい演技でしたが、この映画の魅力は吉高由里子さんの演技に集約されているといっても過言ではないでしょう。どうしても殺人を起こしてしまう悲しい衝動と葛藤で胸が痛みました。ストーリー展開も意外性があって飽きることなく楽しめる作品だと思います。

50代女性
50代女性

美紗子のとんでもなく恐ろしい面と、本当の愛を知って揺れる心が苦しくなるくらいに強烈でした。美紗子が生まれながらに持ってしまった衝動が、あまりに怖くてゾクゾクします。ごく普通の家庭で育ったと思われるのに、なぜなのかと疑問にも感じました。洋介は神様かと思えるほどキレイな心を持った人。だからこそ、美紗子は彼に惹かれたのでしょうか。ふたりの驚きの繋がりが分かってヒリヒリしました。まさしくいろいろな意味での運命の出会い。もやもやもするんですが、ふたりがずっと幸せでいられたらと思ってしまいます。美紗子はどう変わることができるのかも見たくなって。細谷の正体が早めに想像つきましたが、彼女の登場から展開が多く、ハラハラしたりザワザワ感もありです。全てを知りながら、それでも美紗子への愛が消えない洋介が素晴らしすぎます。それだけ洋介にとって、美紗子は理屈抜きに魅力があるのでしょうね。美紗子にとっても洋介は、息子とともに最初で最後の愛する存在なんですよね。終盤、美紗子の衝動が深い愛ゆえに動かされるところには、やはりゾワッとするものの、どこか心打たれます。亮介が本当に危くて、どうなることかとドキドキでしたが、心底ほっとしました。

20代女性
20代女性

少し気味の悪い物語で、イヤミスとよばれるジャンルだろうと思います。自分の家にある日記を読んでその内容が殺人日記だったら、すごく恐ろしいと思いました。最初は小説だと思ったけど、読み進めていくうちにかなりリアルで少し気味が悪くなりました。虫を穴にいれたりするのが好きで、子供を殺したときににやっと笑うところなどサイコパスはこんなに小さい頃から形成されているのだと怖くなりました。そして、鉄板に男の子の頭を挟んだりする描写が怖かったです。大人になって友達ができたとも思ってほっとしたのもつかの間、その友達も少し変わっていてお互いによくない方向に進んでいくような気がしました。そして案の定よくない結果になって、逃げて、でもやっと大切だと思える人と出会えたようで安心しました。子供ができて、彼女の殺人をすることで満たされていた心もだんだんと子供や夫の愛で満たされていきますが、そんなうまいかないのも映画で悲しい気持ちになりました。そして、そのリアルな日記が母の物語であると知ったとき、相当ショックだろうと思います。それがわかってからの主人公の顔がすごく怖くて自分もうちに秘めた殺人願望などがうまれたような感じがして怖かったです。最後のオチはあっけなかったですが、途中の物語がかなり面白かったです。

40代男性
40代男性

「ユリゴコロ」は、1冊のノートを通して、一人の女性が人の死を拠り所にしなければいけなかった心の葛藤が主軸になる作品です。原作の方は、主人公の亮介の視点でノートの持ち主とそこに書かれた事件を追うような形になっていますが、映画版は手記を書いた美紗子の生々しい記憶を再現しているという形で構成されているように感じました。叙述トリックをフルに発揮した原作をベースにした実写映画は、手記を誰が書いたのか分からないようにするのが難しいと思います。この作品も、その叙述トリック作品の良さをどうにかして実現しようと、美沙子視点で脚本を構成した苦労や工夫が出ていると感じました。美沙子役を演じた吉高由里子さんは、映画「蛇にピアス」で難しい役どころの主人公を演じて、高い評価を得ていましたが、「ユリゴコロ」においても美沙子という強烈なキャラクター性を持った殺人鬼を見事に演じきりました。個性的な役どころで定評のある松山ケンイチさんが美沙子の相手役である洋介を演じており、この2人の熱演が、狂っていながらもお互いが思い合っている姿を上手に表現出来ていたと思います。「イヤミス」の有名作の一つである「ユリゴコロ」を登場人物の視点を変える事で、しっかりと「ユリゴコロ」の世界観を構築していました。

 

30代女性
30代女性

グロテスクな映像が苦手な人には目を覆いたくなるようなシーンが多くきついと思いますが、役者さん達の演技力に惹き込まれ怖いもの見たさのような感覚で最後まで観てしまう映画です。死という物に取り憑かれ心満たされる異常な主人公の女性・美沙子を吉高由里子さんが絶妙な薄気味悪さで演じています。映画の中の無表情の吉高由里子さんが美しくそして悲しくもあり、この人が次はどんなことをしてしまうのだろうと気になってしまいます。また美沙子の少女時代を演じていた平尾菜々花さんと清原果耶さんの凍りつくような静かな狂気の演技はとても恐ろしく印象的です。美沙子が学生時代に出会う友達のみつ子を演じていた佐津川愛美さんがハマりすぎて、美沙子とみつ子のシーンは映像も心理的にもかなりハードで観るのが辛くなりますが、その後に出会う松山ケンイチさん演じる洋介の登場に寄って一息付くことができます。松山ケンイチさんの普通っぽくて温かく魅力的な雰囲気がこの映画の唯一の癒しです。美沙子に比べると地味な役ですが改めていい役者さんだなと感じました。ストーリーは最後まで狂気で後味は良くありませんが、役者さんの演技力のおかげで観たことは後悔しませんでした。

20代女性
20代女性

私の個人的な感覚ではありますが、ここ最近見た映画の中で一番衝撃を受けた作品でした。ミステリー作品だと聞いて見たのですが、映画の前半は目を覆いたくなるようなショッキングなシーンが多くあり、私は怖い映画があまり得意ではないので不気味で怖いと感じて選ぶ映画を間違えたかなと思った位でした。でも、次第に登場人物の感情に引き込まれていき、見終わった後は切なさと温かな感情が入り混じったようななんとも言えないような感情を感じていました。話は人の死を拠り所として生きる女性の手記を軸に進んでいきますが、殺人者の手記なので理解できなかったり共感できない部分ばかりのはずなのに、その殺人者が一人の男性に出会ったことで愛や人の命を奪うこと以外での幸せを知り、そうした守りたいものと自分の異常性や過去に自分がしてきた罪との間で葛藤する様子に惹きつけられてしまいました。殺人はどんな理由があっても美化できるものではないですしその部分には全く共感できませんが、人を愛するということについてとても考える映画でした。残虐なシーンも多いので簡単に人に薦められる映画ではないけれど、そういうものが平気で見ごたえのある映画が見たいという方にはおすすめの作品です。

30代女性
30代女性

ユリゴコロという映画は、人の心には欠けたものがあり、欠けた心を補うために必要なものが愛情だと教えてくれました。陽介という男性は、実家で一冊のノートを見つけます。そのノートには、ユリゴコロと書いてあり、陽介が読んでいきます。その内容が映像化されているのですが、ゾッとするほど怖かったです。陽介は、仕事の時もノートの内容が気になって続きを読んでいくのですが、絶対子供には見せてはいけないと思う内容でした。ですが、読んでいくにつれて恋愛に芽生えて欠けていたものが補えたんだなと安心していたのですが、昔の事を探る人物が現れ、家庭内に亀裂が生じてしまいました。そこでノートに真実を書いて家を出ていきます。悲しんでいた姿からは、怖い印象は消えていました。陽介には、婚約者がいましたが行方不明になっていたので探していました。その婚約者は捕まっていて、読み終えた陽介は激怒しながら助けに行きます。ですが、居場所を知った陽介が助けに行った場所には死体がありました。婚約者は生きてるのと心配になりました。陽介の前に行って殺した犯人は誰なのか、また婚約者は生きているのか、この映画で感じたことは、お互いが寄り添う事で人の心は変わっていけると実感したことです。

 

まとめ

『ユリゴコロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

松山ケンイチのU-NEXT配信作品

【映画】

  • DEATH NOTE デスノート
  • DEATH NOTE デスノート the Last name
  • L change the WorLd
  • ユリゴコロ
  • 怒り
  • 珍遊記
  • 清須会議
  • 人のセックスを笑うな
  • NANA
  • 男たちの大和/YAMATO
  • うさぎドロップ
  • 聖の青春
  • 映画「宮本から君へ」
  • リンダ リンダ リンダ
  • マイ・バック・ページ
  • 渋谷怪談2
  • 天の茶助
  • 神童
  • 僕達急行 A列車でいこう
  • の・ようなもの のようなもの
  • 劇場版 聖☆おにいさん 第Ⅰ紀
  • 劇場版 聖☆おにいさん 第Ⅱ紀
  • ウルトラミラクルラブストーリー
  • プロメア(声の出演)
  • BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅(声の出演)

【ドラマ】

  • ふたがしら
  • ふたがしら2
  • 歪んだ波紋

 

清野菜名のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 一期一会 ~キミノコトバ~

 

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました