夜空はいつでも最高密度の青色だ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』予告編

夜空はいつでも最高密度の青色だ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

夜空はいつでも最高密度の青色だ(映画)の内容

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、2017年5月に公開されました。

原作は、若者から絶大な支持を受ける日本の詩人・最果タヒ(さいはて たひ)さんによる同名の詩集が基になっております。

監督・脚本は、2009年公開の『川の底からこんにちは』で、史上最年少監督賞を受賞し、2015年公開の『舟を編む』では、日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞に輝いた名監督・石井裕也さんが務めました。

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、最果タヒの同名詩集の世界観を基に、排他的な東京で、不安と孤独を抱えながら生きるすべを模索する若者ふたりの出会いと恋のはじまりが描かれております。そんな若者を、池松壮亮さんと石橋静河さんの二人が好演しております。

今という時代を上手く切り取り、様々な工夫を凝らした映像でテンポ良く見せてくれています。

原作の詩が持っている力が活かされた演技が素晴らしい。特に主演の二人は、難しい役どころを見事に演じています。お互いの足り部分を補い合っていき、希望を感じさせるラストがとても良かったです。

『舟を編む』が凄く良かったので、期待して見ました。本作も繊細で期待以上の名作だと思います。

最果タヒさんの詩が散りばめられており、理解を深めた映画になっていました。詩を読んでから映画を見た方が、より楽しめるかと思います。

あらすじ

2017年の東京。昼間は看護師として日々、人の死に触れている傍ら、夜がガールズバーで働く美香(石橋静河)。恋愛を信じられず、不安や孤独を抱える日々を過ごしていました。

一方で、日払いの建設現場で肉体労働をする慎二(池松壮亮)は、現場の雰囲気に馴染めないながらも何となくつるんでいました。しかし、彼も常に死の気配を感じなら、希望を見出そうとしていました。

そんな都会での生きづらさを抱えながらも、懸命に生きるすべを模索する二人が出会いました…。

見どころ

異質の作品

“新しい表現者“として注目を浴びる詩人・最果タヒさんによる同名の詩集をもとに映画化された本作は、石井裕也監督自身が「詩集を原作とする脚本は初めての挑戦で、難しかったですが、こういう企画があってもいい」と語るなど、本作は導入部分からかなり異質となっております。

詩集を基にしているだけあり、台詞がポエム調かつ女性的なワードで埋め尽くされています。本作は、二人の恋愛をベースに東京という大都市を暖かくも魅力的に描いた傑作です。

大抜擢の主題歌

本作の主題歌には、2006年に結成された3人組ロックバンド・The Mirraz(ザ・ミイラズ)の「NEW WORLD」が起用されております。

「NEW WORLD」は、メッセージ性が強いあまりにシングル候補からも外されてしまうほどの、“攻めている”楽曲となっており、本作のエンディングで流れてきた瞬間に鳥肌が立ってしまうほどです。

勇気をくれる主題歌にも注目してください。

スタッフ

原作:最果 タヒ「夜空はいつでも最高密度の青色だ」
監督・脚本:石井 裕也
音楽:渡邊 崇
主題歌 The Mirraz「NEW WORLD」

キャスト

美香:石橋静河
看護師の仕事をしながら、夜はガールズバーで働いており、常に孤独を感じている女性。

慎二:池松壮亮
日払いの建設現場で働いている。左目がほとんど見えず、社会に上手く適応できない日々を過ごしている。

智之:松田龍平
冷めた性格の持ち主で、慎二の年上の同僚。

岩下:田中哲司
体力も金もない、慎二の同僚の中年男性。

アンドレス:ポール・マグサリン
フィリピンから慎二が働く会社に出稼ぎで来た正社員。

玲:佐藤玲
慎二の高校の同級生。

牧田:三浦貴大
美香の元恋人。

老人:大西力

ストリートミュージシャン:野嵜好美

美香の母:市川実日子

美香の妹:佐藤菜月

工事現場監督:正名僕蔵

入院患者:田島令子

中華料理店主:伊佐山ひろ子

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

夜空はいつでも最高密度の青色だ(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

ヒロインの美香や彼女に好意を寄せる慎二、そのほか彼らの友人らを取り巻く環境が、非常に現実的で生々しいです。現代の都会ゆえの悩みや苦悩と呼べるでしょう。決してハッピーに生きている人々ではないのですが、映像表現はとても幻想的で、夢の中の世界のようなふわふわとした雰囲気を醸し出していました。都会のネオンをぼやかして映し出して光を交差させたり、夜なのにどこか淡いもやがかかったような印象を受ける映像美に見とれました。私はまだ読んではいないのですが、原作の詩集から沸き起こったイメージを大切にしたから、こんな演出になったのだろうと感じています。そもそも詩からここまでのストーリーを組み立てて、映像化したこと自体が凄いなと感心してしまいますが…。美香や慎二は人生がうまく運んでおらず、対人関係や自分自身の本質に葛藤し、生きることに窮屈さを感じています。そんな中でも互いに信じられる存在に出会い、少しずつ変わっていく姿にホッと出来ました。悲しい出来事の中にも、素晴らしい出来事もあるのだと。美香や慎二と同じ20代半ばぐらいの人が鑑賞したら、もっと共感できるかもしれません。商業映画のように単純明快な演出ではありませんが、ぜひ若い世代に観て欲しいです。”本物”の映画とは、こういう作品のことを言うと思いますので。

 

30代女性
30代女性

社会人2?3年目くらい、20代前半から半ばくらいの2人がメインキャストです。池松壮亮と石橋静河。社会に対する違和感を石橋が、その社会にいまひとつ馴染めない自分に違和感を持つのが池松かなという印象でした。原作は最果タヒさんの詩集です。若手の詩人として、知名度はわりと高い人だと思います。石橋のモノローグや、池松の話し言葉を聞くと、言葉の選び方が独特で、新鮮でした。文字で接してみたくなりました。池松が夜ひとり自分の部屋にいるときに、思った単語を口に出します。その言葉が文字として、窓に浮かびます。規則性はないような印象ですが、最後『会いたい』という言葉が、それまでの言葉の中央に浮かび上がります。そこでも、ひとつの詩が完成する過程を見るようでした。池松壮亮が出演する映画は、ミニシアター系と呼ばれるような作品が多い印象ですが、この作品も含まれると思います。目の表情から、気持ちの変化が見ていて分かるのですごいです。工事現場で働く仕事仲間に、松田龍平、田中哲司、そしてポール・マグサリンというフィリピン人役がいます。工事現場で仕事をする人たちには見えないなぁと思いながらも、この4人の会話や関係性は面白かったです。

20代男性
20代男性

この映像作品は、最果タヒという詩人の『夜空はいつでも最高密度の青色だ』という詩集をもとに製作されている。舞台は、人口1千万人を超える大都市、東京である。ここでは様々な人々がやってきて、働き、暮らす。東京オリンピックを控えた東京では、盛んに開発が進められ、工事の現場では多くの日雇い労働者が作業に従事し、そこで得た収入で日々をつないでいる。主人公のしんじもその一人である。そして、もう一人の主人公は、東京で看護師をしながら夜はガールズバーで働く、みか。東京という華やかな町で、工事現場での肉体労働や病院での患者の訃報から、スマートフォンしか見ない人たちの雑踏、飲酒した人々の愚痴、常に恋であふれかえっている町。そうした当たり前に思える日常の中に潜んでいる違和感を投げかけてくるのがこの作品である。二人が感じている違和感を他の人たちは何も感じているようには見えず、自分だけがおかしいのではないかと考えてしまう。そして恋愛や人間、社会に対する価値観や考え方が、ポジティブになれなかった。それでも生活は絶え間なく続いていくのである。私は、このことがある種、この作品の説得力を生んでいると思っている。違和感の元の多くは人間の中にあり、どうしようもできないことがあふれている。そうした状況では、ともすれば絶望感を感じてしまうかもしれない。しかし、この作品でそうはならないのだ。それはおそらく、この作品の中に無数に散りばめられている詩の言葉と、その言葉に宿った自己肯定感を上手く映像に落とし込んでおり、決してくどくなく、それでいて鋭利に感情を揺らしてくる。このような体験は初めてだった。

 

30代男性
30代男性

大都会で分かり合える理解者を得られないまま不安と孤独に苛まれて生きる男女。そんな2人がふとした偶然から出会い、少しずつお互いの距離を縮めながらやがて理解者同士となり結ばれてゆくラブストーリーです。この映画を見て最初に感じたのは、家族の下を離れて一人で暮らすどうなるのだろうかと言うことです。個人的な話ですが、恥ずかしながら私は生まれてからずっと実家暮らしで両親と生活を共にしてきたため、一人暮らしによる孤独というものを未だに体感したことがありません。見知らぬ土地に引っ越して一人で暮らした時に味わう寂しさを知ってこそ、本当の意味でこの映画を理解できる境地に達するのかも知れないと感じました。また、この映画は原作か詩集らしくて、登場人物たちが話す言葉も、意味ありげで噛みしめないと理解できないシーンが多いです。登場人物たちの置かれた状況に自分を重ね合わせて共感の度合いを深めることで、映画に込められたメッセージがはっきりと伝わってくる、そんな映画ではないでしょうか。世の中、器用に何もかも思い通りな人生を歩む人なんてほとんどいないことでしょう。大半の人々は何かしら悩みを抱え、思い通りに進まない不器用な人生を余儀なくされていることでしょう。そのことを踏まえれば、大半の人々は、この映画の主人公たちに共感できる部分を見い出せると思います。

 

まとめ

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました