勇者ヨシヒコ1期の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
勇者ヨシヒコと魔王の城 「秘蔵メイキング映像第1弾!」

勇者ヨシヒコ1期の動画フルを安全に見る方法

『勇者ヨシヒコと魔王の城』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『勇者ヨシヒコと魔王の城』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

勇者ヨシヒコ1期の内容

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』は、2011年7月よりテレビ東京系「ドラマ24」で放送された連続テレビドラマです。

監督・脚本は、「コメディの奇才」と称させる福田雄一さん。本作は、福田監督が「お金がない時には絶対にやってはいけないことをやったら良いのではないか」という思いで着目した冒険モノで、冒険活劇のあのRPG(ドラクエ風との声も!)のパロディ、さらに、1975年に公開された低予算で作られたコメディ映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」のパクリ作品。チープでどこか見たことのあるストーリーが魅力となりました。

主演のヨシヒコ役を務めたのは山田孝之さん。そのほか宅麻伸さん、木南晴夏さんが出演。そして、福田雄一作品に欠かせない佐藤二朗さんとムロツヨシさんももちろん出演し笑いを届けています。

 

くだらなくて面白い。低予算ながら他の予算の高そうなドラマより優れている。
役者陣も演じて楽しいってのが伝わって、見てて楽しい。

ゆるさとナンセンスのブレンドが絶妙でいい。予算の都合なのか、とうとう現代の東京も登場。セット要らないからかな。笑える。

ゆるい笑いを提供してくれる。くだらないことを豪華なキャストが演じている。敵はダンボールで何一つ真面目じゃなくて最高すぎる。

福田作品の中のトップだと思う。初めて観た時の衝撃がスゴい。
ドラクエ好きだから、雑な作りのモンスターに感激した~。

あらすじ

お人好しで純粋な若者ヨシヒコ(山田孝之)は、何の因果か「いざないの剣」に選ばれた勇者として疫病に苦しむ村人たちを救う薬草と、その薬草を求めて旅立ったまま行方が分からなくなった父テルヒコ(きたろう)を探す旅に出ます。

道中で知り合ったダンジョー(宅麻伸)ムラサキ(木南晴夏)メレブ(ムロツヨシ)を仲間に、パーティーを組んだものの、その直後、行方不明のはずのテルヒコが薬草を持って現れます。

かくして旅は終わりを告げたかに思われましたが、そこに出現した仏(佐藤二朗)が疫病の真の原因は魔王によるものであるとお告げを与え、ヨシヒコと仲間たちは魔王を倒すために旅立ちます。

見どころ

キャストが若い!

本作は、2011年の作品のためレギュラー陣がみんなずいぶん若いことに驚かされます。なかでも山田孝之さんは、最近はヒゲがあってダンディー風なのに対し、ヒゲもなく、ちょっと細身で可愛らしく若々しい!

豪華なゲスト

本作は、豪華ゲスト陣も見どころ。第2話には、中村倫也さん、渡辺直美さん、第3話には、剣の使い手役で安田顕さんが出演。チンポジがベスポジに収まると本領を発揮するという役どころですが、中々ベスポジに収まらず、痺れを切らしたムラサキに斬られます。

第4話には小池栄子さん、第5話には沢村一樹さん、第6話には古田新太さん、第9話には綾野剛さん、第10話には小栗旬さんも出演しますがあっさりヨシヒコに斬られます。第11話には、いまや福田作品に欠かせない賀来賢人さんも登場します。ちなみにほとんどのゲストが友情出演です。

スタッフ

脚本・監督:福田 雄一
音楽:瀬川 英史
オープニングテーマ:「エボ★レボリューション」mihimaru GT
エンディングテーマ:「愛し続けるから」 TEE

キャスト

ヨシヒコ:山田 孝之
主人公。カボイの村に住む、正義感が強い青年。

ダンジョー:宅麻 伸
熱血漢でテンションが高めの戦士。

ムラサキ:木南 晴夏
ヨシヒコを父の仇と思っている娘。

メレブ:ムロ ツヨシ
魔法使い。

ヒサ:岡本 あずさ
ヨシヒコの妹。

仏:佐藤 二朗
胡散臭く、いい加減な仏。

魔王ガリアス:中尾 隆聖
仏によると諸悪の根源。

 

【ゲスト出演者】

第1話
オザル:志賀 廣太郎
テルヒコ:きたろう
原始人:野村 浩二・磯山 良司(江戸むらさき)

第2話
忍者:池田 成志
おばば:白石 奈緒美
サウダ:中村 倫也
サウダの母:池谷 のぶえ
オシナ:渡辺 直美
山神様 声:福田 雄一

第3話
盗賊A:安田 顕
こじま:小林 大介
キラナ村の女:六車 奈々
岩鉄齋:山田 明郷

第4話
盗賊B:あべ こうじ
天女:小池 栄子
カッパ:尾関 高文(ザ・ギース)
盗賊C:矢崎 広

第5話
盗賊D:沢村 一樹
鞠をつく老人:太田 恭輔
イガルヤ:長江 英和
ナカーモ:金子 伸哉
カボー:斉藤 岳
シムダ: 谷口 一
ブーチン:金谷 マサヨシ
動く仏像:太田 恭輔

第6話
盗賊E:古田 新太
盗賊Eの妻:上地 春奈
リエン:中村 静香、ト字 たかお(魔法が解けた後)
盗賊F:音尾 琢真

第7話
吟遊詩人:KENTARO
ラドマン:小松 利昌
ジャイタン:与座 嘉秋
ジャイタンの母:青木 和代
キサラ:ホリ
スズキ:鈴木 拓(ドランクドラゴン)
タダタ:ビューティーこくぶ
大山:今野 浩喜(キングオブコメディ)
神父:鎌倉 太郎

第8話
アイドル:佐保 明梨、佐藤 綾乃(アップアップガールズ(仮))
アキーモ:三上 市朗
渡り廊下de魔物倒し隊:松永 一哉(赤)、野村 啓介(黄)、猪塚 健太(緑)
ポンジ:川久保 拓司
合コンの女:寺山 葵、若木 萌、ゆき
アキーモの手下:金子 伸哉、山本 康弘

第9話
盗賊G:橋本 じゅん
妖精アタ&妖精フタ:井上 花菜(アタ)、 福田 響志(フタ)
ポロン:原 史奈、上地 春奈(悪魔の声)
ケンタウロス男:綾野 剛
牛の角男:加藤 晴彦
牛の乳男:岡田 義徳
テングザル男:礒野 慎吾
アライグマ男:金子 伸哉
アライグマ男の手下:大田 恭輔、野村 啓介
神官:鎌倉 太郎

第10話
カイザー:マギー
執事:大河 内浩
仙人:斉木 しげる
ポクチー 声:村岡 希美
ニセ貧乏親子:山田真歩(母)、今井悠貴(子)
幼いヨシヒコ:小林 翼
幼いヒサ:阿部 日向子
魔法戦士バッカス:小栗 旬

第11話
警察官:賀来 賢人
不動産屋:高佐 一慈(ザ・ギース)
メイド:村上 東奈
居酒屋の店長:八十田 勇一
アサミ:岸井 ゆきの
キャバ嬢:のーでぃ
福田組:福田 雄一、勇者ヨシヒコと魔王の城撮影スタッフ
スタッフ台車を押す白いタオル:ムロツヨシ

第12話
ゴードン:野間口 徹
受付嬢:黒坂 真美
伝説の勇者ロトスケ:きたろう
真・ガリアス 声:中尾 隆聖

 

『勇者ヨシヒコと魔王の城』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

勇者ヨシヒコ1期の感想

20代男性
20代男性

こちらのドラマは一癖も二癖もある、実力派のキャストによる笑いあり、涙ありのコメディ系アドベンチャードラマです。主人公のヨシヒコは目的を達成するために冒険に出るのですが、その道中、様々なトラブルに巻き込まれては解決を繰り返しながら成長していく様が、面白おかしく描かれています。こちらの作品は、ドラゴンクエストシリーズのゲームをやったことがある人ならツボにはまる所が多いです。というのも、本作品はドラクエシリーズの影響を大きく受けていると断言でき、スライムといったキャラクターが紙で作られていて、声は機械音声だったり、まるでドラクエの魔法を使った時のような音が効果音として採用されていたりと、コメディ要素が強く初めて本作品を見た時は、自宅で一人だったにもかかわらず声を上げて爆笑してしまうほどでした。シリアスなのかと思っていたら全力のボケシーンだったり、ふざけているのかと思いきやまじめな展開だったりと、展開が読めないのも視聴者を飽きさせない上でよく考えて作りこまれています。またストーリーてんかいも非常にテンポがよく、あっという間に場面が切り替わったりすることもあり、くぎ付けになります。あまり笑わない方でも必ずくすっとなってしまうと断言できます。ぜひ一度は見てもらいたい作品です。

20代女性
20代女性

最初は放送していることを自体を知らず、たまたまテレビをつけたらやっていて、そこから見入ってしまい、全シリーズ見るほど好きになっていました。第3シリーズまでありますが、個人的にはこの魔王の城が一番好きです。まず、演出や低予算クオリティも色々と新鮮で楽しめます。第2シリーズからはどこか既視感やネタ切れ感も否めませんが、第1シリーズは全部が新鮮で楽しめます。山田孝之は本当に色んな役ができますね。昔の爽やかな山田孝之からは想像できないようなポンコツ勇者の役です。どスケベですが憎めない勇者は応募したくなってしまいます。ムロツヨシもこの作品から一気に有名になったので、これを見ずしてムロは語れません。こんなにハマり役はもう無いのではないでしょうか。仏との掛け合いも最高です。それからなんと言っても毎回週替わりで友情出演するゲストが見どころ。ほぼ山田孝之のお友達と言っても過言ではありません。小栗旬を始め、安田顕、沢村一樹、中村倫也と言ったそうそうたるメンツ。これらの役者がちょろっとだけ出てきてしかも雑魚キャラであっさりとやられていくのはまさに無駄使いで本当に笑えます。しかもみんな一癖も二癖もあるような敵役で、そのキャラクターだけでも笑ってしまいます。

 

30代女性
30代女性

ドラクエ世代にはたまらない世界観の作品だと思います。完全に再現しているかというとパロディでまねをしている感じです。パロディなのでギャグが多いです。勇者はまじめな青年の設定のようですが、女の子に弱くそのまま染まってしまうダメな奴という感じです。お供は3人いるのですが、魔法使いはムロツヨシさんというコメディ俳優が演じているだけあり、シュールなギャグで魔法を使っていきます。それをすかさず強めに突っ込む女性の仲間。突っ込み役だけど会心のボケも繰り出します。もう一人は熱いキャラで暴走していますが義理人情に熱い男です。この4人が一緒に冒険しているのですが、まあまとまりません。痴話けんかのような作戦会議をし、目的のミッションをクリアしていきます。ミッションをクリアすると天からの声がきこえてくるのですが、この天の声の主が佐藤二郎さんで、アドリブでボケを繰り広げています。視聴者はにやけが止まりません。道中にでてくる敵もなかなか有名な俳優さんがでており、毎回今回はだれが出演するんだろうとワクワクします。その俳優さんも本来のキャラとは違う役を与えられていてギャップにびっくりしますね。よくパロディでここまで作れたなぁと感心しちゃいます。小道具で手作りスライムとかもでてきますよ。リアルじゃないとことが面白いんです。前面にぱろってる感をだしている作品です。家族で大ファンなのでうちは全部みました。魔法使いの魔法はどれも役に立たない魔法ばかりで、相手の鼻を豚にしてしまうとか、滋養強壮にいいものを先にのませといて魔法をかけると体力が7割型復活する魔法とか。突っ込みどころ満載です。流し見するともったいない作品です。

20代女性
20代女性

本当に最高のドラマでした!とにかく新しいスタイルのドラマ。ドラクエなどのRPG系のゲームをしたことがある人は必ずハマると思います!低予算で作っているドラマということで所々手抜きの部分があるけど、それに対して役者さんのクオリティーが高い!ふざけた事を大の大人が本気で真面目に演技しているのがシュールで面白いです!最初に見た時は独特の世界観で、びっくりしたけど毎回のお話が面白くて声を出して毎回の笑っていました。所々出てくるモンスターのクオリティーが中学生が美術の時間に作ったようなクオリティーでそこが好きです!主役の山田孝之さんの演技も本当に上手で面白いですが、やっぱり仏とメレブが最高です!このコンビが出ていいて面白くない訳が無い!アドリブも沢山あって、たまに役者さんが笑いを堪え切れずに顔を伏せてしまたりしていて、そういう普通だったらカットしてしまうような部分を使う福田監督は流石だなと思いました!まるで中学生の男子がふざけあっているのを見ているような感覚になります!低予算でもこんなに面白いドラマが出来る事にびっくりしたし、私の大好きなドラマベスト3に入るぐらい好きになりました!たまに友情出演で豪華な俳優女優さんが出てくるのも楽しみにしてました!

 

30代女性
30代女性

この作品は、ドラクエ5のパロディですが、完全なるコメディ作品です。何も知らず、テレビでこの作品を観た時、衝撃的でした。夜更かしの概念がなかった自分がこんなにハマるとは。勇者となるヨシヒコがひょんな事から伝説の剣が抜けてしまい、勇者として旅立つ事になり、途中で出会う、怪しい剣士ダンジョーとヨシヒコの命を狙う謎の少女ムラサキと、インチキ教祖メレブと4人で力をあわせて、ありがたみが薄い仏に導かれながら魔王を倒しに行くお話です。ちなみに、ダンジョーとムラサキには一番最初に出会った時には命を狙われています。ヨシヒコは何故か、はじめに仏は見えず、声しか聞こえません。メレブはヘボい魔法しか使えないとんでも魔法使いですがめちゃくちゃ常識人で、濃いキャラたちがかなりのコメディを連発します。低予算だからか、モンスターは紙でハリボテ。戦闘シーンもかなり割愛されているか、ちょっとわかりにくいアニメーション。もしくは音だけ。そこもなかなかの面白さを醸し出してます。話の流れの中でヨシヒコは魔王と戦う理由を忘れて違うことに没頭したりしますが、仏ビームで記憶を消されたり、して修正もあります。これは、内容やストーリーを読むより、観た方が確実に面白い話です。何度夜中だから笑うのを我慢して腹筋を痛めたことか!

30代男性
30代男性

とても面白い作品でした。ドラクエのパロディ?なのか、その世界観が面白いです。低予算で作られた番組だからこその表現方法に笑ってしまう事が多かったです。山田孝之が好きなのですが、さすがの演技力でした。低予算の番組と作風に合わせた演技をしていて本気ではないのかと思ってしまうほどです。でも、その抜けた演技が作品とマッチしているので良かったと思います。ストーリーは意外にもよく出来ていると個人的には思いました。RPGの世界の再現としてはストーリー性は良いものでした。問題を解決しながら魔王に近付いていく。そんなストーリーとなっており、ドラクエなどをプレイした方であれば親近感があるのではないでしょうか。最終的に魔王の元へ辿り着けるのですが、まさかの展開が多くて後半には驚きと笑いがありました。全体的に笑えて面白い作品ではあったのですが、笑いに走り過ぎて滑っているシーンも多くあったので、そこはスルーしています。低予算でもこんなに面白い番組を制作する事ができるんだと思わせてくれたドラマです。非常に面白く視聴できて印象にも残るものでした。山田孝之が好きなので良かったと言う評価になっているかもしれませんが、知人におすすめできるドラマです。

 

30代女性
30代女性

ヨシヒコが勇者となった経緯や仲間と出会ったきっかけが描かれた第1シリーズであり、シリーズ化となる土台を感じる作品です。疫病で苦しむ村人を救うために勇者として選ばれたヨシヒコですが、岩に刺さった剣を抜けた者が選ばれし勇者であり、いざヨシヒコの番となった際に抜こうとした途端に剣が倒れてくるという間が抜けた選ばれ方に、今後の展開の行く末を見たように思えました。勇者として村を出発する姿にいよいよ旅が始まったと期待が高まったのを覚えています。道中、強い成り行き感で仲間となったダンジョー、ムラサキ、メレブですが、最後に空に現れた仏によって4人が出会ったのは魔王を倒す導きだったという結論に達しました。佐藤二朗さん演じる仏の胡散臭さは見どころで、アドリブ感満載な掛け合いが笑いどころでした。また魔王を導く存在である仏の姿が勇者であるヨシヒコには見えず、3Dメガネをかけなければ見ることが出来ないという設定により仏の存在の緩さを感じます。毎回仏の緩い導きによって使命をクリアしていき、魔王を倒した様子に世界の平和と共にそれぞれの成長が見られました。旅を終え、無事村に戻ったヨシヒコに穏やかな日々の始まりを感じる結末となっていました。低予算ドラマと言いながら、毎回カメオ的に敵として出演されるゲストの豪華さは見どころで、誰がどんな敵で現れるのか楽しみでした。抜け目ない笑いにあっという間に1話分を見終える作品でした。

40代男性
40代男性

チープな作品だけど楽しいよーといわれて見始めました。制作費なんかも思い切って削ってる作品なんだろうなと思っていましたが、キャストがかなり豪華で笑ってしまった思い出があります。主人公役が山田孝之さん、他に宅間伸さん、木南晴夏さん、佐藤二朗さん、ムロツヨシさんという個性も演技力もすごそうなメンツが出演しています。どの俳優さんも素晴らしいのですが、山田孝之さんの抑えた演技とムロツヨシさんの雰囲気が素晴らしかったです。さすがに「大恋愛」で大ブレークすることは予想出来ませんでしたが、当時からすばらしい雰囲気を持っていた役者だったという事が分かります。このドラマの魅力のかなりの部分が演出から来ています。素人なので細かく具体的に書くことが出来ませんが、この作品で脚本と監督を担当している福田雄一監督の思わず脱力してしまうような演出の個性はすごいです。福田監督は数多くの映画の監督をしています。「銀魂」などで近いテイストの演出を見ることが出来ます。個性の強い作品だと見ていて疲れる場合があるんですが、この作品のすごいところはリラックスして見ることが出来る所です。仕事やなんやかんやで疲れていてもみることが出来る、上手い感じに楽しい作品です。

40代男性
40代男性

予告を見た印象は、「なんだか安っぽい作品だな」というものでした。ドラゴンクエストをベースにしたギャグストーリーで、よくある深夜番組のノリかなと思い、全く期待しませんでした。ところが、見てみるとなかなか面白い。個人的に一番のお気に入りは佐藤二朗演じる「仏」です。この仏、聖人君子と全くかけ離れたとても俗っぽい仏です。しかも、仏の身でありながら不倫をしてさんざん叩かれている姿は非常に滑稽です。しかし、必殺の仏ビームは様々な効果をもたらし、ストーリーに面白さを添えます。そして、一番の見せ場は佐藤二朗のアドリブ演技。あきらかに、台本にないセリフを次々と繰り出す「仏」に出演者も思わず笑ってしまうほどです。この「仏」に突っ込むのがムロツヨシ演じる「メレブ」です。賢者という役柄のためか、仏のしょうもないボケにしっかりと突っ込みを入れます。木南晴夏演じる魔法使いのムラサキは、気が強くまじめで、ちょっとお人よしの村娘です。濃いキャラクターのおかげで、すっかり影が薄くなりがちの山田孝之演じる「勇者ヨシヒコ」は天然ボケがさく裂し、しばしば迷走します。個性的なキャラクターが醸し出す独特の雰囲気に、いつしかはまってしまいました。「予算の少ない冒険活劇」は、演出に頼らず役者の個性を楽しめる痛快コントだと思いました。

 

30代女性
30代女性

勇者ヨシヒコのシリーズ第1作ですが、かなりシュールな内容で私は大好きな作品でした。山田孝之演じるヨシヒコが仲間の3人である木南晴夏演じるムラサキ、宅麻伸演じるダンジョー、ムロツヨシ演じるメレブと一緒にドラクエっぽく冒険してラスボスを倒しにいくという内容なのです。話の最初にレアなゲストとの戦闘シーンがあり、話の本筋もシュールな内容で村の問題や装備品をゲットした後、仏から次の命を受けて次の旅に出て終わるというシュールだらけの内容なのですが、仏役である佐藤二郎の演技が結構面白いです。そもそも仏で大きいのに見えにくかったりサングラスをかけないと見えなかったりと、仏キャラなのにあまり感謝されて無さそうな役柄が○です。ムロツヨシ演じるメレブも面白いです。ツッコミが絶妙でジワジワと笑いが来る感じがたまらなく好きです。魔法使いキャラですがドラクエのように役に立つ魔法を使って色々解決してくれる事はありません。木南晴夏のムラサキはチャラいキャラでメレブが嫌いですが、カッコいい男性には弱く惚れやすい性格が面白いです。宅麻伸演じるダンジョーは熱血なアホキャラです。とりあえずおっさんキャラなので言う事はありません。ヨシヒコには妹が居て4人の旅の後をつけているのですが、毎回最後のシーンで出現しますがセリフは一緒でも毎回キャラが違います。最後は現代社会が舞台になっりするので本当に訳が分からないドラマですし、シュール過ぎて好き嫌いが分かれるかもしれませんが、第三シリーズまで続いていますので好きな人が多かった証拠だと思います。

 

まとめ

『勇者ヨシヒコと魔王の城』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『勇者ヨシヒコ』作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました