アメリカに負けなかった男(ドラマ)の無料動画見逃しフル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ
テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ 「アメリカに負けなかった男 ~バカヤロー総理吉田茂~」2020年2月24日(月・休)夜9時放送!!(ロングバージョン)

アメリカに負けなかった男(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アメリカに負けなかった男(ドラマ)の内容

ドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』は、テレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマとして2020年2月24日に放送されました。

主人公の総理大臣・吉田茂を笑福亭鶴瓶さんが演じ、原案は吉田茂の娘である麻生和子さんが著した「父 吉田茂」です。吉田茂が日本の復興や独立に向けて尽力していくさまを娘である和子の視線で描いた物語となっていて、監督は、秋田県出身の若松節朗さん。本作では大阪出身の鶴瓶さんが標準語を使っていて、秋田県出身の若松監督に言葉を直されて不本意だったと思ったそうです。

ほかには、吉田の右腕として奔走する白洲次郎を生田斗真さんが、吉田茂の娘である和子役を新木優子さんが、麻生太賀吉役に矢本悠馬さん、田中角栄役に前野朋哉さん、佐藤栄作役に安田顕さん、宮澤喜一役に勝地涼さんなどが出演し、日本の独立、復興のために突き進む姿を熱演しています。

 

吉田茂のことをよく知る良いきっかけになったドラマでした。あらゆる手段で戦争を回避し永続する国を作れるのか、100年もつと思うのか…当時こんな想いで吉田茂が平和条約を読み上げていたとは知らず、泣けました。平和について改めて考え直しました。

吉田茂さんのことは、バカヤロー解散くらいしか知らなかったので勉強のため視聴した。この時代の方は根性がすごかったんだな。白洲次郎がいいキャラしてた。

主演には賛否両論あるようだけど、この時代を肌で感じて知っている私の母に言わせれば、吉田茂のたぬき具合がとても似ていたようです。また生田斗真演じる白洲次郎は理想通りだったとのこと。

中盤の吉田学校の面々が出始めた頃から面白くなった。特に池田勇人(佐々木蔵之介)と宮沢喜一(勝地涼)コンビがとても良かった

あらすじ

1936年。第二次世界大戦前の吉田茂(笑福亭鶴瓶)は駐英大使としてロンドンにいました。世話をするのは三女・和子(新木優子)で、世界各国を飛び回わる貿易商の白洲次郎(生田斗真)からは、ジイさんと呼ばれる間柄でした。やがて吉田が反対していたドイツとの防共協定を日本が締結したのを機に、吉田は駐英大使を辞めます。

1941年。太平洋戦争が始まり、吉田は内縁の妻・こりん(松嶋菜々子)と共に大磯で暮らしながら、戦争終結の方向に動かそうと考え、上奏文の準備を進めていました。しかし、情報が漏れ、終戦工作に関わった罪で、拘留されてしまいます。

1945年、終戦。敗戦国となってしまった日本は、アメリカを中心とした連合国の占領の下、復興に向けて歩み始めます。マッカーサーを司令官とする総司令部GHQが困難な占領政策を続けざまに打ち出してきます。GHQと向き合う外務大臣となる人物が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立ち、外務大臣として、のちに総理大臣としてGHQと相対し、日本の独立と復興に向け長い闘いをしていくことになります。

吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をします。過度な内政干渉など、何度も緊迫した事態に陥りますが、和子や 麻生太賀吉(矢本悠馬)池田勇人(佐々木蔵之介)佐藤栄作(安田顕)田中角栄(前野朋哉)宮澤喜一(勝地涼)などが助け、また、内縁の妻・こりん(松嶋菜々子)の献身的な支えを受けて、吉田は、日本の独立に向け尽力していきます。

見どころ

吉田茂役の笑福亭鶴瓶

本作の主役、吉田茂役には、笑福亭鶴瓶さんが起用されました。雰囲気、貫禄、笑顔といったビジュアルだけでなく、周囲から愛される人という”人たらし”とも言われた性格に至るまで、そっくりでした。

鶴瓶さんは自分が写った写真をカメラマンに見せられて、自分ではなく吉田茂だと思ったほど。奥さんにも「吉田茂さんが降りてきたんじゃないか」と言われたそうです。

ただ、外務大臣だった吉田茂は、イギリス・ロンドンに赴任していたので、イギリス英語を話していたとされています。鶴瓶さんは、台本を見て、英語を話さなくてはと心配したようですが、結果、英語よりも標準語や難解な政治用語に苦労したそうです。

生田斗真の白洲次郎がいい!

白洲次郎は、自らの信念を貫き、当時、圧倒的権力を持っていたGHQに対しても一歩も怯まなかったり、また日本で初めてジーンズを履いたとされる抜群のファッションセンスの持ち主で「カッコいい日本人」の代名詞的人物です。

そんな白洲次郎をカッコイイ生田斗真さんが演じたことで、大好評でした。見た目だけじゃなく、生田斗真さんの迫真の演技やペラペラな英語でのやり取りなど、生田斗真さんの魅力もたっぷり見られます。

熱いドラマ

日本を良くしようと必死に闘った熱き5人の男たちの芝居のぶつかり合いも見どころのひとつ。

佐々木蔵之介さんは、大蔵大臣として吉田に抜擢される池田勇人を演じ、池田勇人の出生地の広島県竹原市まで訪ねて役作りをしたそうです。安田顕さんは、圧倒的な芝居で池田勇人とはライバル関係にあった佐藤栄作を演じています。前野朋哉さんは田中角栄を演じています。オファーがあった時には、自分が田中角栄を演じるの?と驚いたようですが、なかなか演じる機会もないと、下調べして、チョビ髭を付けて田中角栄の濁声に近くなるように低めの声を出して出演しています。

いつも高校生役を演じている矢本悠馬さんは麻生太郎さんの父でもある麻生太賀吉役を演じ、これで学生服とおさらばできる思ったそうです。池田勇人の秘書官を務めていた宮澤喜一さんを演じた勝地涼さんは、池田勇人を陰で支えながら、尻をたたいたりできる2人の関係性をうまく表現しました。

スタッフ

原案:麻生 和子 「父 吉田茂」
監督:若松 節朗
脚本:竹内 健造、森下 直、守口 悠介
音楽:住友 紀人

キャスト

吉田 茂:笑福亭 鶴瓶
外務大臣を務めたのち、内閣総理大臣となる。

白洲 次郎:生田 斗真
吉田茂の腹心。イギリスに留学し、記者や貿易会社など職業を転々とする。

麻生 和子:新木 優子
吉田茂の娘。麻生太郎の母親。

麻生 太賀吉:矢本 悠馬
麻生和子の夫。実業家だったが政治家になる。

田中 角栄:前野 朋哉
国会議員。民主党に所属していたが離党。のち法務政務次官に抜擢。

佐藤 栄作:安田 顕(特別出演)
鉄道省官僚。吉田とは遠縁にあたる。池田とは高校時代からのライバル。

山崎 猛:田中 健
政治家。衆議院議長・運輸大臣など務めた。

西村 栄一:藤田 宗久
政治家。衆議院議員、民社党委員長、同党書記長。

松本 蒸治:国枝 量平
商法学者。東京府士族。法学博士。憲法草案(松本試案)を作成した。

鳥尾 鶴代:橋本 マナミ
子爵夫人。GHQの民生局のケーディスの愛人。

土井 登:小倉 久寛

麻生 太郎(幼少期):亮汰
麻生和子の息子。

宮澤 喜一:勝地 涼
大蔵官僚。池田勇人の秘書官を務める。後に政治家に転身し総理大臣なる。

芦田 均:久松 信美
外交官、政治家。

マッカーサー:チャールズ・グラバー
アメリカの軍人、陸軍元帥。連合国軍最高司令官、国連軍司令官を務めた。

ホイットニー:ロバート・A
GHQ民政局の局長。憲法草案制定会議の責任者として、日本国憲法草案作成を指揮した。

ケーディス:ジェフリー・ロウ
GHQ民政局課長・次長を歴任。

ウィロビー:マーク・チネリー
連合国軍最高司令官総司令部参謀第2部(G2)部長。

バターワース:ドン・ジョンソン
アメリカ合衆国の外交官。

ドッジ:アナトリ・クラスノフ
アメリカの政治家。銀行家。

ダレス:ブレイク・クロフォード
アメリカ合衆国の政治家。日米安全保障条約の「生みの親」とされる。

大塚:渋谷 謙人

池田 勇人:佐々木 蔵之介
大蔵省の官僚。数字に強い。大酒飲み。大蔵大臣に抜擢される。

坂本 喜代(こりん):松嶋 菜々子
元新橋の芸者。吉田茂の後妻となり、身近で吉田を支えた。

 

『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アメリカに負けなかった男(ドラマ)の感想

50代男性
50代男性

このドラマは、終戦後のGHQ占領下にあった日本において、元外交官であった吉田茂が総理となり、日本の復興、そして主権回復をするために全力をかけた者たちの熱いドラマです。吉田茂を演じるのは笑福亭鶴瓶であり、吉田総理を陰ながら支えるビジネスマンの白洲次郎を生田斗真が演じています。ここにでてくる男たち、そして彼らを支える女たちの熱い思いや気迫、そして様々な葛藤など、日本人の一人として大いに心を揺さぶられるものがありました。戦争に敗れて落ちるところまで落ちた絶望から、GHQの支配下となり、ありとあらゆる誇りを失われ、それでもいかにしてこの国をどのような手を使ってでも復活させてやるという彼らの強い意志と行動があったからこそ、サンフランシスコ条約はあそこまで早期に締結され、その後の日本の高成長に結びついたのではないかと強く感じました。吉田茂だからこそ、GHQの横暴な要求をのらりくらりとうまくかわし、決して正攻法ではない戦い方ができたのではないでしょうか。このドラマを見る前は笑福亭鶴瓶が吉田茂を演じることに少々抵抗感がありました。見た目は悪くないですが、もう少し武骨な役者の方がいいのではないかとも。しかし、笑福亭鶴瓶は、策士である吉田茂をなかなかうまく演じていたのではないでしょうか。また、キーマンであり、伊達男でもある白洲次郎は生田斗真がなるほどうまく演じていました。終盤のシーンも圧巻であり、平和に慣れきってしまっている私たち現代人からすると、何と誇り高く、強い志を持った人たちなのだろうかと脱帽しました。このドラマを見ると、今の私たちがなんとも情けなく、日本人としての誇りと挑戦心が今こそ必要であることを痛感しました。

50代女性
50代女性

吉田茂と言えば、戦後の日本の礎を作った破天荒な首相というイメージがあります。笑福亭鶴瓶が演じるということでコテコテの関西人感を払拭できるのかと注目していました。しかし、なかなかの貫禄と存在感で見事に演じきっていたと思います。一昨年の大河ドラマ「西郷どん」での岩倉具視役は公家とはかけ離れた新たな岩倉具視像を作り出しましたが、今回の吉田茂役も新境地を開拓した感じでした。正直、吉田茂の家族は今の副総理兼外務大臣、麻生太郎の母、麻生和子しか知らず、内縁の妻がいたことを初めて知りました。また戦争を早く終わらすべく動いていたことも知りませんでした。麻生和子役は美しい新木優子でした。原作は麻生和子の書いた本らしいですね。生きていたら、美しい女優が自分を演じてくれて凄く喜んだでしょう。麻生太郎副総理はどんな気持ちで観ているのでしょうか?いずれにしても、焼け野原となり多くの人たちが食べる物、着る物、住む場所もなくなった戦後の日本を復興させ、そしてアメリカから独立させた一人の偉人の功績を垣間見られたのは良かったと思います。松嶋菜々子も凛としていて色気もあり見事でした。存在感は抜群です。NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」のお母さん役とは全く違った役でした。でも、夫役は藤木直人の方が似合ってましたね。鶴瓶とは父娘のようでした。

50代男性
50代男性

敗戦国となった日本の復興を目指す吉田茂の姿を表すドラマです。吉田茂の回りには、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、宮澤喜一、孫の麻生太郎、将来の内閣総理大臣がいます。吉田学校です。将来の内閣総理大臣は吉田茂の教え子です。これも別の意味でのみどころです。白州次郎と吉田茂の関係、やりとりも見ものです。吉田茂の影に白州次郎あり、どちらかというと、白州次郎がメインのような感じのドラマにも感じます。マッカーサー、GHQと渡り合う吉田茂に外務大臣の池田勇人の奔走、軍人、政治家でもない外務官から総理大臣になり占領下にあった日本の復興に取り組んだ吉田茂、バカヤロー発言で有名な吉田茂、怖さとユーモアのある政治家だと思います。ワシントン条約を結び日米和親条約を締結させ、日本の独立までの吉田茂に、まわりの政治家に、吉田茂の右腕の白州次郎の活躍がするドラマです。今の政治家にも、この当時の政治家を見習って欲しいとも思いました。吉田茂に池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、宮澤喜一、に孫の麻生太郎と迫力のある政治家に思えました。ロッキード事件、リクルート事件で失脚する政治家もいましたが、このドラマを見る限りそのようなイメージではありませんでした。現在の日本を作った政治家のドラマだと思います。

60代男性
60代男性

このテレビドラマで主演つとめた鶴瓶さんの起用は、かなり上手く行っている、と思いました。テレビ東京の演出力が光った作品です。ストーリー自体は、妻の松島奈々子さんとのやりとりが多い、普通のお父さんであるが、一度政治的な事項については、持ち前の反骨精神を発揮し、東条英機がアメリカと対立していると知れば、これに「反骨精神」を持ち、当時の政治家としては”時流”に乗れなかった政治家として見なされ、それを見守る松島さんの姿が印象的な作品です。ミッドウエー開戦で日本が敗北したとき、これを好機と見た吉田は、アメリカと”和平”を結ぼうとするが、この計画はとん挫する。そして、日本が太平洋戦争で敗北が決定的となってから、吉田の政治家としての”生命”は再度復活する。鳩山一郎の公職追放のあと、直後に内閣総理大臣に就任するが、すぐには思う通りの内閣組閣ができない。ただ、不遇であったときにGHQとの”信頼関係”を築いていた吉田には、ここで意外な「好機」があらわれる。”朝鮮戦争”である。ここで吉田は「サンフランシスコ講和条約」を締結させ、なおも不安定であった内閣支持率をトップに維持することに成功した。このときが吉田茂の頂点であったかもしれない。あとで政敵鳩山一郎と対決することになり、「バカヤロー」解散となってしまった。ここからは造船疑獄等のわなにはまってしまい、最後は連続5回の内閣総理大臣記録を打ち立てたが、あとは「老害」と呼ばれてしまった。日本復興のため、また間違った東条英機との対決に対峙し、アメリカとの講和を戦時中の政治家として唯一の理解者だったのに、戦後は安心して政治家を行えなかったことが哀れだった。鶴瓶さんは、この晩年の吉田茂に自己の姿を重ね合わせたのかもしれない。政治的には波乱万丈であり、プライベートでは「葉巻」を好んだ。また外車が好きな一面もあり、ガンコさとユーモアさを兼ね備えた政治家であったのを上手く演じきった作品だと思います。落語家に吉田の生涯は、演じやすかったかもしれない。いわゆる「ハマった」例で、渥美清さんが演じた「古賀政男」(NHK製作)と並んで名作ではないかと思いました。

 

40代男性
40代男性

敗戦直後の日本で誰しもがGHQに逆らえない、顔色を伺わなければならなかった中で、敢然と正々堂々と立ち向かっていった吉田茂首相のスケールの大きさと、並外れた度胸を感じました。吉田茂首相がいなければ未だアメリカの占領下だったかも知れないのを表していました。終戦まで日本が頼らざるを得なかったのが軍部だったが、その軍部がアメリカとの圧倒的な軍事力の差でコテンパンにやられてもはや日本に政治が出来る人はいない状態で、GHQに都合のいい人物が総理になる中、しっかりと思想を持っていた吉田茂。最初はなかなか政権を取れなかったが、不屈の精神でチャンスを掴んで、政権をとり、アメリカに立ち向かって独立を勝ち取る姿。独立の代わりに日米安保条約を締結した苦悩。夢中になって見ていました。もし現代の政治家をあの時代に召喚させたら、きっとアメリカのいいようにされて、朝鮮戦争が勃発した時には悲惨な敗戦もなんのそので再び徴兵されて戦地に行かされ、たくさんの犠牲者を出したかも知れません。吉田茂さんは戦後日本の奇跡の人物です。ドラマにも出てきて後に総理大臣も経験する池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、宮澤喜一、皆、吉田茂さんの背中を見てきたから今の日本を作ってこられたのを改めて思いました。吉田茂役をされた笑福亭鶴瓶さんもはまり役でした。

30代男性
30代男性

戦後の日本の復興を主導した総理大臣吉田茂について描かれたドラマで、主人公の吉田茂を笑福亭鶴瓶さんが演じているところが、意外性があって面白いですね。元々笑福亭鶴瓶さんと吉田茂は、どことなく風貌が似ているところがあるので、メイクを施すとそっくりになるぐらい適役です。また、落語家が総理大臣役を演じると、それだけでギャップがあって、興味を惹きつけられますね。そして注目するべきは、準主人公格であり、サンフランシスコ講和会議で活躍した白洲次郎を演じた生田斗真さん。見た目がカッコいいだけでなく、演技も堂に入ったもので、見応えのあるものでした。これまでの出演作からも感じてきましたが、やっぱり若手の俳優の中で図抜けた存在となってきていますね。ドラマのストーリー自体は、吉田茂の娘さんの著作に基づいているそうですが、占領下にありながらも、堂々とアメリカ側と渡り合う吉田茂という政治家の姿は、今の日本の政治家には見られない、人物としての器量の大きさを感じさせられました。敗戦のような未曽有の危機が訪れればこのような人物は自ずと現れるのか、そもそも今の日本にはこうした人材は存在していないのか、令和の時代に生きる人間として少し考え込んでしまいました。

50代女性
50代女性

吉田茂という名前は知っていましたが、吉田の生涯はこれを見るまで知りませんでした。このドラマは第二次世界大戦の前から日本が占領されて、アメリカから独立するまでやっていましたが、笑いもあって、面白かったです。特に吉田学校の田中角栄役の前野朋哉さんは声の出し方が田中さんによく似ていました。また、吉田学校の宮澤喜一役の勝地涼さんも髪型を宮澤さんに似せてあってよかったです。このドラマは外国人の俳優さんも話すときに字幕でなくて、日本語の吹き替えで見やすかったです。これからそういうふうになっていくと思いました。また、吉田の娘の和子役に俳優の新木優子さんが演じていましたが、ナレーションも演技もよく頑張っていたと思います。新木さんはモデル出身なのですが、最近はドラマの「スーツ2」に出ていて、俳優として演技も評価され、成長を感じます。それから、吉田の右腕の白洲次郎役の生田斗真さんも役にはまっていたと思います。生田さんも最近はドラマの「俺の話は長い」で主役をやり、気の強いニートをやっていたので、そういう役が生田さんに合っていると思います。その時、共演していた安田顕さんも吉田学校の佐藤栄作役で出ていて、今回も共演していて、息がぴったり合っていたと思います。

20代男性
20代男性

戦後の日本がどのように立ち直っていくのか、日本の将来を見据えGHQと渡り合う吉田茂元総理の姿、方法論や思想など昭和史好きには堪りませんでした。敗戦という未曾有の危機にあって、ときに力強く、ときに柔軟に立ち振る舞う、とても常人にはできません。バカヤローという発言から色々な事を考察しました。まずは昔の政治家の振る舞いだという政治家論、そして吉田茂という人間の性格を測り知ることができます。この現在の政治家には見られない(できないとも言えます)言動ですが、あの時代において本質的でない事は棚に上げてしまう風潮があったように思います。本質を見失っていては100年先の日本に大きく影響するという意識のもとで吉田茂をはじめとした当時の政治家たちは本質的な議論を重ねていたんだと感じました。そんな中で吉田の言動はとても本質的であり、一種の幼稚な印象を持ちます。そんな吉田茂に何故か魅力を感じてしまいます。政治家という職業は幼稚であってはならないという考えに反して、彼のこのような幼稚さがむしろ大きな成果を成し遂げる原動力となったのではないかとも想像してしまいます。とにかくこのドラマの見どころは政治家・人間としての吉田茂にあると思います。また彼を取り巻く状況や人物たちにも魅力的な人が多いです。そういった群像劇を楽しむことが出来るドラマです。

40代男性
40代男性

笑福亭鶴瓶演じる「吉田茂」の眼鏡を掛けた姿がとてもよく似ていたと私は思った。私がこのドラマで描かれていた吉田茂のエピソードで印象的であったのは次の2点である。1つ目は「吉田茂がGHQ本部に赴いたときのダグラスマッカーサー元帥とのやり取り」である。正直現在も日本はアメリカに対して強いことが言えない。つまり「忖度」ばかりしているように私は日米間を見ている。しかし吉田茂はたとえGHQやアメリカを敵に回すようなことになろうとも、敗戦国日本のために主張すべきことはきちんと主張していた点が、最高に格好いいと思った。2つ目は「白洲次郎という男の存在」である。この白洲次郎、前から名前は聞いていたが「こんな格好いい日本人がいたんだ!」と私は感心してしまった。「唯一ダグラスマッカーサーにNOが言える男」とのことらしい。生田斗真が演じたからということもあるのだろうが、とにかく白洲次郎が格好良かった。また「サンフランシスコ平和条約」の時の演説文の原稿を英語を書いたら白洲次郎が激怒。「なぜ独立を果たす国の言葉で演説文の原稿を書かないんだ!」と。全くその通りだと私も思った。こんな時までアメリカに忖度する日本が白洲次郎は許せなかったのだろう。このドラマを通して吉田茂と白洲次郎が私は大好きになった。

60代男性
60代男性

白洲次郎ファンの私は、主人公・吉田茂ではなく、白洲次郎見たさにこのドラマを観ました。ですから生田斗真演ずる白洲次郎についての感想から入ってしまうのですが、ドラマ内の白洲のイメージは、私の持つそれと大体同じでした。本場英国仕込みの貴族的スマートさと気位は、世界の大英帝国からすれば新参者である米国など高みから見下ろしている英国人紳士そのものです。内心ではイエローモンキーと日本人を蔑んでいる若い米国人を、白洲が見事なクィーンズイングリッシュと持ち前の強気でやり込める場面は何度観ても痛快です。もっとも白洲がクィーンズイングリッシュを話したかどうかは知りませんが、英国貴族を親友に持つ白洲がネイティブ顔負けの英語を喋っていたことは想像に難くありません。その意味では、生田斗真の英語のセリフが、多少英語の発音をかじっただけの私にさえジャパニーズイングリッシュに聞こえたは少々不満な部分ではあります。同じことは吉田茂を演じる笑福亭鶴瓶にも当てはまります。彼の場合は英語以前に標準語からして心配でした。吉田は東京生まれなので東京弁と言う方がよいのかもしれませんが、生粋の関西人であり上方落語で育った鶴瓶に、吉田の東京弁を喋らせるのはかなり無理があったように思えました。何しろ「バカヤロー総理」を冠した題名のドラマです。即ち東京弁のその「バカヤロー」は吉田の人となりを見事に一言で表した単語です。そんな大切な東京弁を正確に表現することは、鶴瓶ならずとも関西人には至難の業なのです。映画でいくつかの賞を取っている鶴瓶ですから演技そのものには不足はなかったのでしょうし、吉田茂の人物像もない私にはそれを評価する力はありませんが、鶴瓶の東京弁にヒヤヒヤしていたのは事実です。最後に、見知った政治家が多く登場しますが、彼らの現実の評価はともかくとして、敗戦国日本を立ち直らせようと奮闘する青年時代の彼らの姿には、明治の日本の夜明けを切り開こうとした維新の先達の熱い情熱に通ずるものを見る思いがしました。それは、私にとって現実と切り離された歴史にしか過ぎなかった終戦が、今自分が生きる現実と繋がった瞬間でした。

 

まとめ

『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

笑福亭鶴瓶のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 必殺仕事人V 激闘編
  • 必殺まっしぐら!
  • アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~

 

生田斗真のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • いだてん~東京オリムピック噺~
  • アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました