よこがお(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『よこがお』予告編/ある女のささやかな復讐。

よこがお(映画)の動画フルを安全に見る方法

『よこがお』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『よこがお』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

よこがお(映画)の内容

映画『よこがお』は、2019年7月に公開されました。

監督・脚本は、2016年「淵に立つ」で話題となった深田晃司さんで、主演は「淵に立つ」にも出演した筒井真理子さん。身に覚えのない事件をきっかけに、無実の加害者へと転落した女性を主人公にしたヒューマンサスペンス

今作は、「淵に立つ」の企画と原案のプロデューサーであるKazさんから提案があり、深田晃司監督は「淵に立つ」に出演した筒井真理子さんをもう一度撮りたいと思い、脚本を作っていったそうです。

また、映画のタイトルでもある「よこがお」は、「淵に立つ」で女優主演賞を受賞し取材を受けていた筒井真理子さんのよこがおが美しいと思い付けたそうです。”よこがお”というのは、半身は見えているけれど、半身は見えていない状態。今作は一度には見ることができない人間の複雑な多面性を見るような構成になっています。

訪問看護師の異なる顔を持つヒロインの複雑な内面を筒井真理子さんが表現し、他に市川実日子さんや池松壮亮さん、吹越満さんなど実力派俳優達が脇を固めます。

 

脚本も役者の演技も抜群に良く、人の奥深さが描かれている。筒井真理子が演じる市子のエピソードが2つあり、交互に語られていく。1つは現在、もう1つは何年か前の過去の話。もちろん、2つの話しはつながっている。時折、「あれ?今どっちの話だっけ?」と戸惑いますが、これも深田監督の演出だろう。ミステリアスの中で私達は彷徨い、何度も息を呑む。観ておいて損はない秀作である。

楽しい気持ちになる映画ではありません。終始、心をキリキリさせながら、でも面白くて最後まで観てしまいます。欲望に満ちた顔や、その瞬間が、誰もが真っ暗で見えないのがとても印象的でした。

美容院で髪型を変えるシーンから始まり、我々に常に緊張感を強いた作りで凄かった。筒井真理子さんの豊かな感情表現に目が離せなくなり、他の役者さんたちの自然体の演技に魅了された。人間関係の危うさがリアルに描かれていて、ラストまで目が離せなかった。

前作「淵に立つ」は、深田晃司のもの凄い演出に、筒井さんをはじめとするキャストが答えている感じだったけど、今作の「よこがお」は筒井真理子ありきの脚本演出だった。筒井真理子スゴい!

過去と現在の話が入り組んでいて、難しく感じた人が多くいたようですが、それが演出だろうという声が多々ありました。

実は、その通りで、深田監督が当初描いた脚本では、より素直なものだったのですが、話しが行儀良く進むことに面白さを感じなかった深田監督は、2つの物語が交錯する入れ子の構造を作りました。過去も現在もそれぞれが本編として同時に、ぶつかり合うように進んでいくストーリーになっています。

あらすじ

初めて訪れる美容室で、リサ(筒井真理子)は、和道(池松壮亮)という男性美容師を指名します。後日、リサは和道の自宅付近で待ち伏せし、偶然会ったふりをして、連絡先を交換します。和道を見送ったリサは安アパートへ戻ります。その部屋の窓からは和道の部屋が見えました。

リサとは偽名で半年前までは訪問看護師をしていた市子(筒井真理子)。献身的な働きぶりで周囲から信頼されていました。そんな中、市子は、訪問先の大石家の長女で介護福祉士を目指す基子(市川実日子)が自分に憧れ以上の感情を抱いていることも知らず、勉強を見てあげます。

ある日、基子の妹のサキ(小川未祐)が行方不明となる事件が起こります。その後、サキは保護されますが、犯人として逮捕されたのは思いも寄らない人物。事件への関与を疑われた市子は、ねじ曲げられた真実と予期せぬ裏切りにより、生活の全てを失います。

そして、自らの運命に復讐するため、市子はリサになり和道に近づきます。果たして彼女が心に誓った復讐とは…。

見どころ

独創性にあふれるシーン

独創性にあふれ、市子が街の中を犬のように四つ足で走ったり、子ども部屋での押し入れのシーンなどドキッとするシーンが数々描かれています。押し入れのシーンは、主演の筒井さんの家族の実体験を参考にしたそうです。

衝撃的なラストシーン

セリフのないラストシーンは、市子の表情と行動だけで表現されています。そして市子はクラクションを鳴らし続けます。深田監督曰く、自宅のテレビでこの映画を見ていたら、慌てて音量を下げるくらい特殊な音とのこと。また深田監督は、このラストシーンを思いついてガッツポーズしたそうですよ。

また、和道を演じた池松壮亮さんは、このラストシーンが好きで、出演のオファーを受けたそうで、本作の一番の見どころとなっています。

スタッフ

脚本・監督:深田 晃司
企画・原案・プロデューサー:Kaz
音楽:小野川 浩幸

キャスト

白川 市子 / リサ:筒井 真理子
主人公。終末期医療の現場で働く訪問看護師。

大石 基子:市川 実日子
大石家のニートの長女。

米田 和道:池松 壮亮
美容師。

鈴木 辰男:須藤 蓮
市子の甥。

大石 サキ:小川 未祐
基子の妹。行方不明となる。

戸塚 健二:吹越 満
市子の婚約者。

 

『よこがお』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

よこがお(映画)の感想

50代女性
50代女性

この映画のタイトルの「よこがお」とは右の横顔もあれば左の横顔もあり全てを見通すことが出来ない人間の多面性を示しています。この映画では、市子の過去と現在という2つの時間軸と、それぞれに対応する髪の形と色によって上手く描いています。現代は多くの情報が溢れており、市子もマスコミに一方的に叩かれてみんながその一方的な情報を信じてしまうのも現代の様子を象徴していると思います。過去と現代の話が交互に表現されているので、普通ならなんだか分かりにくいと感じてしまいますが、この映画はそうではなくミステリアスな雰囲気になって行き分かりにくいのではなくこの先どうなるんだろうと興味に繋がって行きます。楽しいという内容の映画ではなく、見ていると切ない気分になります。主人公の市子のようにそれまでの日常が、急に壊れてしまうと自分自身の持っている猟奇的な部分が出て来てしまうのかもしれないと思ったりしました。市子のように加害者にされてしまうと、被害者を守る団体はありますが加害者にされた人を守ってくれる人たちがいないことにこの世の中の不条理さを感じてしまいました。主演の筒井真理子さんの演技がとても見事で最後まで楽しめました。

30代男性
30代男性

それなりに人生で地道に積み重ねてきたものが、ガラガラと崩れていく。一度崩れ始めると、それをせき止めるのは難しく、落ち始めた者はそのまま行き着くところまで落ちていくしかない。壊されてしまった人生の中で、主人公の女性は、壊れるきっかけを作った女性への復讐を誓う。能動的に復讐に進む彼女は、壊されたものを取り戻すのではなく、壊れてしまった人生を自分の手で、もっとひどい形に壊しているようで、なんともやりきれない。加害者として陥れられていく過去と加害者として他人を陥れようと突き進む現在が交互に描かれることで、主人公の二面性をうまく表している。タイトルにならうなら、それがまさに彼女のふたつの“よこがお”なのかもしれない。どこまでいっても救いがない話だが、登場人物の感情が爆発することはそこまで多いわけでなく、悲劇に見舞われた時も割と淡々と描かれていて、それがかえってやり切れなさを強調する。たまに、過呼吸になったり、怒鳴ったりする人物も出てくるのだが、主人公が感情を吐き出して、自我を解放することはなく、抑圧の中でじわじわじわじわ生きているのがとても息苦しい。この辺りは、まさに深田晃司の真骨頂。人物の感情の変化を衣装の色彩によって表現しているのも面白いと思った。もう一度見直すときは、色彩の意味合いと感情の揺れ動きを相関させながら見るのも楽しいかもしれない。それにしても主演の筒井真理子さんは、顔を成形しているわけでもないのに、美人にも貧相にも見えてしまうものすごい演技力を持った女優さんだなあと見るたびに感心させられる。いい意味で後味の悪い映画だった。

 

40代女性
40代女性

今の自分の居場所はちょっとしたことで崩れ去ってしまう。もちろん知ってはいますが現実味はありません。夫が交通事故で死んでしまうことでも変わりますし、夫以外の人と恋愛をしてしまった・SNSで過去の過ちの写真が流されてしまった、いろいろあるでしょう。この作品の主人公は、仕事場でも皆に慕われており結婚を控えていてと幸せの絶頂期にあったのですが、ある事件の加害者とされたことで人生が失われてしまいます。正に一寸先は闇、誰にでもありうることだから恐ろしいことです。真面目に人生を生きていたと言っても誰も聞いてはくれません。人に対する見方だって紙一重、私が見ているのはその人の一面・よこがおかもしれないのです。反対側から見たら全く違った部分を持ち合わせていてということはあります。物語の登場人物のように善か悪かで分けられるはずがありません。お化けとか冒険とかいった作品と違って淡々と進んでいきますが、本当に恐ろしいのは人間だなと思えてこわかったです。大切なのは自分自身、それにより蹴落とされた人のことなんて何とも思っていないのです。いろいろと考えさせられた映画、ハッピーエンドで終わることはありませんが最後まで惹きこまれました。

30代男性
30代男性

主演女優である筒井真理子さんの魅力が全開の映画ですね。彼女の魅力を最大限に引き出した深田晃司監督の力量こそが凄いのかも知れませんが。映画のストーリーは、主人公の女性市子が理不尽な冤罪を着せられて人生を破壊されてしまう物語です。自分は何も悪くないのに、他人の一方的な想いから破滅に陥る様は、現実の世の中でもいつ起きるか分からないことで、恐怖を感じますね。『ある女のささやかな復讐』というキャッチコピーが掲げられた映画ですが、リサと名前を変えた市子の復讐は結局不発に終わってしまいます。市子に感情移入しながら見ていると、復習の不発はフラストレーションを感じるかも知れません。しかし、世の中何事もままならぬことを、このシーンは伝えているのだと思います。市子が復讐心と言うか恨みを完全に解消した訳ではないことは、表情や直後の行動から伝わってきますし。満足はできなくてもどこかで折り合いをつけなければならないことを、この映画の結末は語っていると感じました。また作品全体に通じることですが、登場人物たちの台詞だけでなく、音響や風景、小道具などにそれぞれ意味が込められて、かなり情報量の濃い作品だなと思いました。一度見ただけでは、見落としまった表現もたくさんあるかと思います。

50代女性
50代女性

筒井真理子さんが、主人公の市子を圧倒的な存在感で素晴らしい演技力だと思いました。訪問看護師なのですが、真面目に働く姿が余計に何か悪いことが起こるのではないかと感じてしまいました。人間の日常というのものは、ちょっとしたきっかけで簡単にひっくり返るものなのだと思いました。筒井さんが、微妙な感情の動きを大げさではなく自然に演じていて、すごいと思いました。自分は何も悪くないのに、なぜか悪者になってしまう、理不尽だと感じる間もなく1人ぼっちになってしまっている、どんな人にも起こり得ることだと思いました。市川実日子さんが、とてもいい味を出して熱演していて、良かったと思いました。不思議なとらえどころのない基子を見事に演じていて、この映画の大事な人物になっていたと思いました。吹越満さんが、さすがのベテラン俳優としていい演技をしていて、上手かったと思いました。須藤蓮さんが、市子の甥・辰男を独特の雰囲気で演じていたと思いました。ちょっとした仕草で何とも言えない異質感がありました。人間関係は、ちょっとしたボタンのかけ違いで粉々になってしまうものなのだと思いました。筒井真理子さんのよこがおが無性に美しくて、美しいゆえにとても怖かったです。

30代女性
30代女性

主役の市子を演じいた筒井真理子さんが本当に素晴らしい演技です。映画を観るまで彼女の魅力に全く気がついていませんでした。市子を演じている時の優しい笑顔と、リサを演じている時のミステリアスな顔が全然違って見えるのにどちらも素敵で彼女が演じる市子とリサが気になって、最後まで彼女のことを見たいと思わせる魅力がありました。基子が市子を想う気持ちが歪んだ形で現れてしまい、どうなって行くんだろうとドキドキしました。リサと池松壮亮さん演じる和道が出会う冒頭のシーンは緊張感がり引き込まれました。和道とリサが塔子の絵を見に行くシーンでリサが見せた涙がなんだかとても切なくて苦しかったです。大きな声で否定して暴れたりせずに、じわじわと復讐に燃える姿が美しくも悲しくもありどこか応援したくなってしまいました。ラストは絶望とも希望ともとれ、はっきりとは描かれていない感じがわたしは好きでした。淡々と進んでいくストーリーの中でグッと掴まれるものがありました。池松壮亮さんの素朴な表情の裏から滲み出る色気と筒井真理子さんの大人の色気にドキドキしました。市川実日子さんも含めて、いい雰囲気を持った役者さん揃いで邦画独特の良さを改めて感じました。

50代男性
50代男性

「筒井真理子」という名前を私が意識したのはおそらく「よこがお」と同じ監督による「淵に立つ」の予告です。遅咲きの人と言ってよいと思うのですが、わずかの間に誰もが知る名女優になった彼女の魅力は「よこがお」につきるものではありません。確かな演技力とこの映画でもヌードを披露する大胆さに圧倒されます。筒井さんが演じる、頼りになるベテラン訪問看護師だった市子は、市子の甥が罪を犯した後の彼女への間違ったアドバイスと悪意によるマスコミへの彼女の秘密の暴露によって彼女を極めつけの不幸に陥れた基子(市川実日子)への復讐を図ります。しかし、基子の「彼氏」と寝るというその復讐は結局無意味なものであったことがわかります。ただ疑問なのは、市子はその復讐が無意味に終わることをなぜ予想できなかったのだろうかということ。基子は市子と同じ道を目指していて勉強をみてもらうだけでなく、いっしょに遊びに行って市子と互いの秘密を打ち明けあったりします。そんな仲良しだった二人。観客の視点からだと、基子は市子に特別な感情を抱いていてそれが満たされないために腹いせに、市子がした秘密の昔話をマスコミにばらして彼女が周囲から猜疑心の目で見られるように仕向けたのは明らかです。ひょっとするとこの映画は異性愛者の心に深く根差した同性愛忌避の感情の映画と言えるかも。

 

まとめ

『よこがお』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『深田晃司監督』作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました