闇の子供たち(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
闇の子供たち(プレビュー)

闇の子供たち(映画)の動画フルを安全に見る方法

『闇の子供たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『闇の子供たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

闇の子供たち(映画)の内容

映画『闇の子供たち』は、2008年8月に公開されました。

原作は、梁石日さんによるフィクション小説。タイで行われる臓器移植のための子供たちの人身売買や幼児売買春を描いた作品です。

監督は、2005年「亡国のイージス」、2012年「北のカナリアたち」を手掛けた阪本順治さん。本作はバンコク国際映画祭に出品を予定していました。しかし、主催者側が、映画の内容が子供の人身売買をテーマとしていることでタイのイメージを損なうとして上映中止になりました。

当時、映画の公式サイトで実話のように紹介されたり、”ノンフィクション映画”、”ショッキングな真実”などと宣伝されたことから批判が殺到し、後日「ノンフィクション」の文字が削られることとなりました。

出演者は、江口洋介さん、宮﨑あおいさん、妻夫木聡さん、佐藤浩市さんなど豪華俳優が勢揃いしています。

 

観終わってこんなに重い気分になる映画はないのではないか。悲しいとか、泣けるとかじゃない。とんでもない問題作。

あまりにリアル過ぎて酷すぎる。小さな子たちを品物扱い、それよりもヒドイ扱い。無残な姿になって。人間の欲って怖いと感じた。

アジアなら当たり前の状況にあるのだろう。同じアジア人として辛い現実。
しかしあまりにも観ていて辛い。本当に辛い。

とても身近な国のお話だけに頭から離れない。ラストに近づくにつれ、自分の罪意識みたいなものを考えさせられる映画でした。

 

あらすじ

タイ、バンコクの一室で幼い子供たちが売春を強いられていました。日本新聞社バンコク支局駐在の南部浩行(江口洋介)は、東京本社から子供の臓器売買の調査を依頼されます。そして、子供が生きたまま臓器を抉り取られる事実を知ります。

一方、自分探しのためバンコクの社会福祉センターで働き始めた音羽恵子(宮﨑あおい)は、臓器売買の話を聞き、南部とともに日本に帰り、移植手術を計画する商社マン家庭に赴きますが、子供を救いたい家族に拒絶されます。

タイに戻った南部は、カメラマンの与田博明(妻夫木聡)に協力させ、臓器提供の決定的瞬間を撮ります。やがて社会福祉センター主催の集会にマフィアが乱入して銃を乱射。南部はそこで子供を助けますが、自らの心の闇を悟って絶望します。

見どころ

身近にある問題として

本作は、ノンフィクションだとか、真実だなど宣伝したことで、批判を受けることになりましたが、なぜそのような宣伝文句を付けたかというと、すべてフィクションにすると、ほかの国の関係ない話と受け取られるかもしれないので、人身売買や幼児売買春を身近にある問題として感じて欲しかったからというのが理由です。

ノンフィクション、フィックション、どちらにしても本作は、本当にあった話なのかな?こんなことが本当にあったら恐ろしいと感じてしまう衝撃的な内容になっていることは間違いありません。

アジアンリゾートではないタイ

タイと言えば、アジアンリゾートやタイ料理など楽しい観光地のイメージがありますが、本作では、そういった場所とは真逆の場所で撮影されています。

冒頭でもご紹介したバンコク国際映画祭でも上映中止になってしまった理由に、タイ国内の無許可での撮影があったからというものもありました。これについては、「タイ日共同制作という形を取っている」として否定しています。

しかし、撮影場所には、物ごいや売春がいたり、近くに警官やマフィアがいたそうで、遠くからカメラで撮影していても3テイクぐらい撮影しているとバレるので撮影を終えたりしたそうです。そういった、ドキュメンタリーのような映像が、物語にリアリティを与えています。

スタッフ

監督・脚本:阪本順治
原作:梁石日
音楽:岩代太郎
主題歌:桑田佳祐「現代東京奇譚」

キャスト

南部浩行:江口洋介
日本新聞社バンコク支局の記者。

音羽恵子:宮﨑あおい
東京の大学で社会福祉を学び、バンコクの社会福祉センターで働く。

与田博明:妻夫木聡
フリーカメラマン。

梶川克仁:佐藤浩市
商社マン。タイで心臓移植手術を受けようとしている子供の父親。

梶川みね子:鈴木砂羽
梶川の妻。

清水哲夫:豊原功補
記者。

チット:プラパドン・スワンバーン
売春組織の一員。

ナパポーン:プライマー・ラッチャタ
バンコクの社会福祉センターの女性所長。

土方正巳:塩見三省

大山:外波山文明

大山の配下:妹尾公資、内田亮介

矢田:三浦誠己

梶川翼:田畑弦
日本からタイに心臓移植手術をしに来た家族の父親。

日本人医師:高木正雄
梶川家族と一緒にいた医師。

アランヤー:Setanan Homyamyen
助けを求める手紙を書く少女。

ヤイルーン:Kullasatree Kanmakklang
エイズに冒され捨てられた子供。

センラー:Nichakorn Puapornpong
ヤイルーンの妹。

ゲーマン:Nicolas
現地の福祉員。

 

『闇の子供たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

闇の子供たち(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

原作の文庫本を先に読んでいたのですが、大体は原作に近いストーリーで進んでいきます。社会派のかなり重い人身売買や幼児売春を題材にしたものなので、まずは映画化されたことに驚きました。映像を見てもわかるのですが、かなり生々しく、思わず目を背けたくなるシーンが多数ありました。とても切り込んだ映像になっています。皆さんそういった種類の映画は遠慮される方がいらっしゃると思いますが、私はこういった社会派の作品は幅広い世代の方に観てもらいたいと思っています。絶対に一度見ると心から離れません。先進国民である私たちは、世界の恵まれない国で起こっている様々な問題を無視してはいけないのです。タイの現地の子役の子達がたくさん出演しているのですが、どの子も純粋無垢で素直な子達です。とても表情が印象的でした。ラストはかなりの衝撃がありましたが、美化されて手を加えられていない感じがストーリーの深刻さを物語っているようでした。もちろん主演の俳優達も演技派の豪華な方たちばかりです。ジャーナリズム精神のある方や海外ボランティアに興味がある方は、すんなりストーリーが心に染み入ってくるのではないでしょうか。もちろん、ハッピーでメルヘンな映画も必要です。でも、こういった現実問題を描写した心の奥深くにのしかかる一作品も必ず必要です。そしてそれぞれ何かを感じ取れば良いと思います。きっかけになることが出来る作品です。

40代女性
40代女性

何年か前に映画を見たことがあります。きっかけは、小説を読んだことからでした。内容な小説そのまま同じで、貧しいタイの田舎では、生活のために親が幼い子供を売買しています。子供達は売られて、売春させられる。そして映画では、エイズになった女の子は捨てられるか、故郷に帰るのだが、田舎であるため好奇の目にさらされて生きていけない。そういった話は聞いた事があったが、外国で起こったこととしてあまり実感がわかなかった。しかし実際に映像で見ると、ショックが大きくて、目を反らせない気持ちになりました。ある日本のプロレスラーが臓器移植をフィリピンで行なって亡くなったニュースがありました。もしかしてそういったニュースも実は子供を売ることに繋がっているのだろうかと思いました。この世に起きることのすべてのことは、関係ないようでじつは広く繋がっていると聞いたことがあります。貧困が売春につながるなら、貧困を無くす。無くすにはどうしたらいいのかと考えると、とてもグローバルな考え方が必要になってくると思うのです。決して他国だけの問題ではないと分かります。私たちはこういった事実があるということを、もっとしるべきではないかと思います。私たちは何をしたらいいのか、何が出来るのか難しいけれど。。。

30代男性
30代男性

「闇の子供たち」は、一応ノンフィクションの映画いうことで、ある程度現実に即した内容になっているのかな?と思います。こういう映画を見ると、日本に住んでいると身近に感じられない世界中の怖い部分を知ることになります。正直言って知りたくなかったと感じる部分もありましたが、知っておいた方がいいのかな?と思える面もあったとは思います。映画のストーリーで言えば、タイの子供たちの闇に包まれた部分を調べていくという内容になっているのですが、そういった状況がただ続いていくわけではなく、ある瞬間から主人公の様子がおかしくなっていく点が見ものだと感じます。単にタイでの真実を探る役目だと思われていた主人公に隠されたとんでもない過去が明らかになり、タイの子供たちの闇とは別にそっちも大きなみどころとして機能していきます。この作品は題材となっている部分は事実なのでしょうけど、映画では恐らくすべては表現できていないと思います。したがって、私が見た内容以上のものが現実には存在しているのだろうと感じられましたし、そう考えると世の中の恐ろしさが身に染みてくる気分でした。でも、日本でも何かしらの闇はあるはずで、こういう映画を見るとそこもどうなんだろう?と思えてきたというのが本音です。

30代男性
30代男性

幼児売春や虐待、臓器売買がテーマの本格社会派ドラマ。これが遠い過去の出来事ではなく、飛行機なら数時間でつくほどの身近な国で起こっている出来事だとは信じられないし、信じたくない。でも、これがリアルに存在しているのだからいたたまれない。大人の欲望にひたすらに喰い物にされる子供たちの姿や表情が見ていてとても痛ましく、守られることのない運命に胸が押しつぶされる。自分の子どもを平気で売春宿に売る親たち、夫婦で少年少女を買春する白人、生きている子どもたちの臓器を取引する裏稼業人などなど・・・。こんなにも醜い人間が、この世に存在しているのかと怒りすら覚える。にわかな知識で善意を振りかざし、ボランティアとして入る日本人への批判的な描写も見ていて苦しくなる。人参の善意と現場で起こっているリアルのギャップは、自分の無知や無関心を強烈に責められているようだ。ラストシーンの衝撃的な展開は、そんな醜い欲望や薄っぺらな善意が私たち自身にも存在していることを強調する。この映画は「悲惨だな」「かわいそうだな」「面白い社会派ドラマだったな」で終えることを許さない。「今ここに存在する問題に、お前は一体どう向き合うつもりなんだ?」そんなメッセージが込められているように思えてならない。

30代女性
30代女性

ショッキングな内容なので、見る場合はよく考えて書見ることをお勧めします。主演は宮崎あおい、江口洋介なので、もっと軽いタッチの内容かと思いきや、テーマも内容も非常にヘビーです。私はこの映画を10年ほど前に見ましたが、いまだショックから立ち直れません。それは、虐待される子供たち、虐待を受けて廃人のようになってしまった子供たちがリアルに描かれており、そのインパクトは主演の大物俳優たちを霞ませるほどです。(実際、宮崎あおいも江口洋介も、「なんでこの人たち出てるの?」っていうくらい映画に不要です。大物俳優を起用しなくても十分インパクトのある映画でした)。なので、(ショックは大きいものの)多くの人にこの映画を見てもらって、社会問題への意識づけになればよいと思っています。現在でもなお発展途上国には貧困からくる子供の人身売買や性風俗の従事など多くの課題があります。この映画で描かれていることは、映画自体はフィクションですが、同じような事象は実際に世界中で起こっていると思います。なお、子供たちの虐待シーンは本当にリアルでトラウマ級のインパクトがありますので注意が必要ですが現実から目を背けずに多くの方に見てもらいたい映画です。

20代女性
20代女性

序盤と終盤がこんなに気になる映画は初めてです。序盤から「心臓移植のドナーは行きたい人間である」という衝撃から始まりました。この言葉が頭から離れませんでした。また、太った変態男や夫婦で少年少女を買ったりすること、大人の汚い嫌なところを全て見せつけられました。一番心に深く刺さったのは自分の子供を売っている親でした。人身売買や幼児売春、臓器売買など気持ちが悪くなってしまうようなものばかりですが闇が深いと感じる一方で事の深刻さや心に訴えられるような気持で映画を見ていました。売られる側や売る側などすべての人の考えや気持ちを映画で教えられるたびに誰が悪いとははっきり言えずもやもやしてしまい何度も泣きそうになりました。この映画に出ている宮崎あおいさんなど女優や俳優さんたちが上手に演技してくれることでこの映画のことを深く見ることができます。細かい表情などから読み取れることもあり映画の大事さを伝えてくれます。終盤に南部の秘密が明かされたことやすべての秘密が明かされずに絞められたのは考えさせられました。秘密が簡単に明かされると何事もなかったように映画のことを忘れるため未だにこの映画について考察していることが真の目的なのかと感じます。

 

30代女性
30代女性

この映画はフィクションとされていますが、映画の中で起こっている出来事が実際にも起こっているという現実を嫌でも考えさせられるので観るのにとても勇気がいる作品でした。目を覆いたくなるような辛い現実がそこにはあり、こどもを持つ人には特に苦しい場面が何度も登場します。ノンフィクションではない分、ドキュメンタリーではとても放送できないような残酷な場面も視覚的ではないもののリアルに表現されていると思います。なので観るにはしっかりと覚悟を持って観ることをお勧めします。しばらく何も考えたくなくなるほどに重く暗い映画ですが、この映画を見てタイで起こっていることに少しでも関心を持つ人が増えるようになればという想いには共感できました。こども達がカメラの向こう側からこちらをじっと見つめているようなシーンがあるのですが、そのシーンが印象的でとても胸が苦しくなります。訴えかけてくるものがとても多い映画です。貧困問題の本当の恐ろしさを映し出しています。ラストシーンはフィクションなので納得でしたが、現実には罪の意識に苦しんでいる人がどれだけいるだろうかと考えると怖くなりました。涙も流せないほど胸を締め付けられる映画です。

50代男性
50代男性

阪本順治監督が、「この世の外へ クラブ進駐軍」という、日本を舞台として普通にアメリカ人を出す日本映画を作った後、普通に日本人が外国に行って外国人も自然に出す日本映画を作りました。海外での子供の人身売買という危険なテーマをあつかいながら、外国人から自然な演技を引き出した野心的で達成度の高い映画であると思います。宮﨑あおいがタイの児童福祉センターにはたらきに来た若い女性を演じますが、その女性がストーリーの精神的支柱になっています。「自分探し」と言われながらも志を通します。彼女の日本での発言は一方的であり、普通ならもうちょっと考えて話すだろうと思います。しかし彼女の真っすぐさが勝利します。とはいえ、その真っすぐさは一人の曖昧な人物を死に追いやってしまうわけで、残酷なものでもあります。宮﨑あおいさんがゴミ搬送車の荷台に乗り込もうとするときのアクションシーンなどよく健闘しています。この映画で興味深かった人物は、児童福祉センターを助けていたボランティアのタイ人の男です。実は人身売買組織の人間だったのですが、「仲間」に自分の正体を明かしてから、センターによる集会をぶちこわし始めるのです。そして立ち去ろうとするときに合掌して挨拶をし、そのために警官の発したピストルによって胸を撃ち抜かれてしまいます。こんな律儀な悪人というのはなかなかいないのでは。

 

30代男性
30代男性

一言で言えば、とても重苦しい内容の映画でした。原作は『血と骨』が有名な梁石日氏によるもので、タイを舞台に、人身売買、児童買春、臓器取引といった社会の闇を描いた作品です。登場する少女は、まず実の親の身勝手な金銭欲によって売られてしまい、そして売春宿では欲望を持った大人の玩具にされ続けた末に性病を患い、最後は自分の子供が助かれば他の子供はどうなっても良いという大人の手で臓器を奪われるという、本当の救いのない展開でした。全てが実話に基づいている訳ではないのでしょうが、多くの貧しい途上国では、こういった不幸な目に遭う子供たちが、程度の差こそあれ、存在するであろうことは容易に想像できます。国連で児童の権利に関する条約が発効してからもう30年になり、様々な取り組みによって多くの子供たちが救われてきたとは思いますが、同時に未だ救いの手が届かない子供たちがたくさんいるのも事実でしょう。私たち大人が社会的に子供たちをどう守るかという課題を考えさせられますし、臓器売買のくだりでは、他人の子供を犠牲にしてまで自分の子供を救おうという親の愛情のあり方についても、自分が同じような状況に置かれたらどう行動するのだろうかと考え込んでしまいました。重苦しいけど、考えさせられる社会派作品です。

 

40代男性
40代男性

「闇の子供たち」は2008年公開の映画で梁石日さんの小説が原作となっています。タイでの人身売買や児童売春などがテーマとなっており、かなりハードな内容となっています。江口洋介さん演じるジャーナリストの南部が、タイでの主に先進国から来た富裕層による犯罪を告発すべく事件を追うわけですが、使命感による行動と思われた彼の本当の動機も衝撃のラストと共に明かされます。この映画及び原作は当初事実を元にしたノンフィクションという触れ込みでしたが、かなり多くの箇所に現実とそぐわない描写が見られ、タイ政府からの抗議などもあり、映画そのものの出来以外の部分で敬遠されることが多かったのは残念なところです。ハードな描写とのバランスを取るためか宮崎あおいさんのNGO職員の役柄をはじめ佐藤浩市さん演じる金持ちなど日本人の役柄があまりに理想的あるいは露悪的、ご都合主義的であったり、南部の本当の姿が分かるラストシーンも少しわかりづらく、なおかつ不自然さが残るものであったりと欠点も多く見られますが、阪本順治監督が作り手として訴えたいものが十分に感じられ、見ごたえがあります。誇張が多すぎるのは頂けないですが。日本人として考えて置かなければならない問題は日本とタイの間には確かにあるわけですから。

 

まとめ

『闇の子供たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました