ワルボロ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
ワルボロ(予告編)

ワルボロの動画フルを安全に見る方法

『ワルボロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ワルボロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ワルボロの内容

映画『ワルボロ』は、2007年9月に公開されました。

原作は、ゲッツ板谷さんの大ヒット小説『ワルボロ』です。本作は、ゲッツ板谷さんの出身地でもある立川市が舞台となっている物語です。小説『ワルボロ』の後の話を描いた、小説『メタボロ』、『ズタボロ』があり、この2作を原作として、映画『ズタボロ』も制作されました。

主演は『花より男子』や『LIAR GAME』など、クールな演技が光る松田翔太さん、ヒロインは『リーガル・ハイ』や『逃げるは恥だが役に立つ』で大人気の新垣結衣さんです。

映画「ワルボロ」は、1980年代の立川市が舞台。不良に転身した元優等生が、市内の不良たちとの勢力争いに巻き込まれて、喧嘩上等で暴れまくる様子を描いています。オールバック姿の松田翔太さんにも大注目です!

 

1980年代を舞台にしていて、泥臭くも熱いソウルが感じられました!観終わった後に爽快感が感じられます。

錦組6人のキャラが光っていて魅力的でした。豪華俳優たちの学ランリーゼント姿が見られる、貴重な映画です。

理想と現実のギャップにどうしようもなくなることが誰にでもあると思います。そんなムシャクシャする気持ちに全力で向き合う主人公に心惹かれました。

ザ・クロマニヨンズの主題歌『ギリギリガガンガン』が映画の雰囲気とよくマッチしていました。ケンカばかりではなくて、時には熱い友情や恋愛模様も描かれる、青春作品でした。

映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演を務めた仲村トオルさんが、この映画でもヤクザ役を演じており、「仲村トオルのヤンキー役を再び見られて嬉しい!」という声も多くありました。ファンは必見です!

あらすじ

立川南第三中学校の3年生、板谷宏一は、真面目な優等生。隣の席のマドンナ、山田が唯一の癒やしでした。ある日、宏一は不良のヤッコから悪戯をされて喧嘩になってしまいます。山田に格好悪いところを見せられない宏一は、ヤッコに勝利し、この日から不良になりました。翌日、宏一は鞄に鉄板を入れ、ダボついた服装とリーゼントで登校します。それを見た山田に否定的な言葉を言われ、宏一は傷ついてしまいます。一方、叔父の猛身は宏一の不良姿に喜び、弾なし拳銃をプレゼントしました。

しばらくして、ヤッコ達が市内の不良に襲われ、入院します。宏一は、その復讐を終えた帰りに朝鮮中の2人組に絡まれ、相手を殴ってしまいます。そのことが原因で、三中の校門前に朝鮮中の不良が集まっていました。宏一たちは逃げようとするが、気づかれてしまい、街中を逃げ回ります。しかし、見つかってキムのところへ連れていかれ、乱闘騒ぎにまで発展してしまいます。宏一は、ボロボロの体になりますが、すっきりした気持ちになったことをヤッコに打ち明けます。

ある日、六中の不良のトップであり、友人になったビーバーからクリスマスパーティーのチケットをもらいます。山田を誘おうとしますが、結局何も話せず失敗。その時に山田が落とした生徒手帳にはヤッコの写真が挟まっており、宏一は落ち込んでしまいます。

一方、錦組の6人は、考え方の違いからバラバラになってしまいました。そんな時、宏一は、母が倒れて入院していることを知り、病院へ向かいます。病院の屋上で泣いていると、山田がにハンカチを渡されます。山田も冬休みに入院するため、脳の検査に来ていたのでした。真面目な人間には戻らないと話す宏一に、山田は、逃げている宏一が大嫌いだと叫びます。

宏一は、猛身に銃を返しに行き、一生舎弟になる気はないことを告げます。卒業式の日、宏一は山田に告白して第2ボタンを渡します。お互いを応援することを約束し、ほほえみ合います。そして、宏一は錦組の仲間たちと合流し、因縁の相手である二中の不良達とのケンカに向かいました。

見どころ

体当たりの喧嘩シーンと、俳優陣のギャップ

この映画の見どころは、やはり喧嘩シーンでしょう。豪華俳優陣が体当たりで演じています。撮影ではガスパイプをカツラに付けて、頭が燃えるシーンを撮影したそうです。また、クールな役どころが多い松田翔太がリーゼントに短ラン、好青年役が多い福士誠治がパンチパーマ、など、意外なギャップに驚かされること間違いなしです。

音楽

主題歌はザ・クロマニヨンズの『ギリギリガガンガン』。挿入歌には、向井秀徳さんがエンジニアとして参加されたScoobie Doの楽曲『トラウマティック・ガール』が使用されています。「音楽が映画の雰囲気やストーリーに合いすぎる!」という評価も多くありました。

スタッフ

原作:ゲッツ 板谷
制作:黒澤 満
脚本:木田 紀生

主題歌:ザ・クロマニヨンズ『ギリギリガガンガン』

キャスト

板谷 宏一(コーちゃん):松田 翔太
立川南第三中学校3年生。英才教育を受けて育ったガリ勉だったが、ヤッコとのケンカに勝利したことから、自らも不良になる。

山田:新垣 結衣
宏一と同じクラスの女子生徒。普段はメガネを掛けているが、外すと美少女。厳格な家庭に育ち、宏一からは「ガリ勉女」と呼ばれていた。

ヤッコ:福士 誠治
立川南第三中学、最強の不良。錦組のボスで仲間からの信頼も厚い。無口だが、県可能では管理高い。

キャーム:木村 了
錦組の参謀。常に冷静で度胸もある。

小佐野:城田 優
錦組のメンバーで、錦組の中では体が一番大きい。ビビリで、ケンカの途中で逃げてしまうこともある。

ビデちゃん:古畑 勝隆
錦組のメンバーで武器オタク。父親が離婚して、生き別れた母と妹がいる。

キム:北村 栄基
朝鮮中学のボス。

猛身:仲村トオル
宏一の叔父で、本物のヤクザ。宏一をヤクザの世界に引き入れようとする。

 

『ワルボロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ワルボロの感想

40代女性
40代女性

いかにも80年代だなという感じ、一昔前のヤンキーです。昔ちょっとやんちゃだったという方は懐かしく思えているのではないでしょうか。学ランの裏地には一匹狼の刺繍あり、笑えてしまうのですがその当時はかっこよかったのでしょう。こんな時代もあったんだという資料映像的な感じです。肝心の役者陣ですが、松田翔太さんをはじめとしてガッキーや仲村トオルさん・戸田恵子さん・温水洋一さんなど豪華です。西原理恵子さんも友情出演、保育園の保母さん役とはちょっと笑えてしまいます。松田翔太さんですが、なんだか可愛らしくて粋がっている姿が迫力はありません。お兄さんもヤンキー役を演じたことがあったはず、兄弟で比べてみると面白いかもしれません。それにしても高校生ではなく中学生役、特に子供から大人に変わっていく年齢でこうなってしまいやすい時とは言えちょっと無理のある設定でした。ヤンキーものは多数ありますが、どれも頭の軽い人たちが主人公なので力を入れてみなくても良くてらくちんです。あまり訴えかけるものは無し、ストーリー自体も短いしこういうものでさらりと見る程度が良いのでしょう。何度も見返したいと思える内容ではありませんでした。

 

50代女性
50代女性

今をときめくイケメンの松田翔太さんが、ガリ勉からケンカがきっかけで不良になった少年を演じており、昔の不良ってこんな感じだったなと懐かしさを感じました。この当時のけんかには、ルールがあったなと懐かしく感じる場面がありました。この映画を見ていると不思議と元気になれる気がします。松田さん演じる不良が、最初から最後まで可愛い感じがして見ていると気持ちがほっこりします。けんかをするシーンが、迫力があり本当に殴り合っているのではないかと思ってしまうほどでした。家族の大切さを感じることが出来るシーンと笑えるシーンもあり、楽しむことが出来ました。まじめで中途半端な主人公が成長していく姿を松田翔太さんが見事に演じておりずたぼろにはなっているのですが、なぜか格好良く感じます。新垣さんも一本筋の通った女の子でクールな役を演じていますが、とても可愛かったです。今でもみんな有名になってしまいこんな豪華な俳優さんたちを集めることが出来ないのではないかと思います。ケンカシーンのスピード感や迫力も最高で最後まで楽しむことが出来ました。何だかこの不良たちを見ていると昔の不良は可愛かったと思い懐かしさを感じてしまいました。

 

40代男性
40代男性

現在は、絶滅機種と言われているヤンキーが題材の映画です。ヤンキー=ダサいが、当たり前の世の中ですがダサくても喧嘩や明け暮れる学校生活を送ることに憧れていたんだなーと思いました。不良のどこがカッコいいのか全く理解が出来ないのですが、悪いことをするのが格好が良いと思われていた時代が終わって良かったと思いました。他のヤンキー映画と違い少し大人し目で迫力が無いのが物足りないと感じる作品ですが出演している俳優陣は豪華で、主演松田翔太が、中学生を演じるには大分無理があったのですがリーゼントで格好良くヤンキーを演じていたと思います。同じく、中学生役で城田優が出演していましたがこちらは完全に中学生には見えず、少し配役を間違えてしまったかなと出演させた事に疑問を感じました。ヒロインで、新垣結衣が出演しているのですが出演しているシーンが思いの外少なく新垣結衣が目当てでこの作品を見たという方には大分物足りない作品になってしまったのではと思いました。総評としては、不良映画やヤンキー映画を見たいという人には、あまりオススメが出来ないと思いますが80年代の青春映画を見たいと言う人にはオススメが出来る作品かなと思いました。

20代男性
20代男性

ゲッツ板谷さんの原作のワルボロ、映画もその名の通り悪くて、ぼろいということになっています。松田翔太さん演じる主人公含む6人組が喧嘩をしてボロボロになってを繰り返し、時折恋愛要素が入る昭和の青春を描いた映画になっています。感想としてはまず主演の松田翔太さんが非常にはまり役だと感じました。舞台は昭和80年代ごろとなっており、そのころの年代を感じさせる不良感が全面的に出ていました。私は平成生まれなので、リーゼントというものを間近で見たことはないのですが、この年代の中学生はこんな髪型が流行ていたのかという不思議な感覚も覚えました。本作品に出てくる新垣結衣さんのファンだったこともあり、80年代風の彼女が見られると期待していたのですが、出番は比較的少なかったです。昭和のバチバチの学生同士の不良の喧嘩を見たい方には非常におすすめ。主人公のがり勉時代からの不良になる過程もあり、スタイル、雰囲気共にどちらもうまく演じ分けられていたのが好印象でした。また全体を通して、本作より前に出ている不良同士のけんかをメインとした映画と比べるとリアリティーが出ているのでより現実に近い喧嘩描写が多く感じた。最後に仲村トオルさんがわちゃわちゃしててぜひ見て笑ってほしいと思いました。

50代女性
50代女性

松田翔太さんが、とてもカッコ良くてヤンキーを熱演していてとても良かったと思いました。荒々しくて未完成な感じが、コーチャンの役にぴったりだと思いました。教育ママの影響力が強くて、小学2年生から勉強だけしてきたコーチャンが、幼なじみで学校最強の不良であるヤッコと対戦して、そこからいきなり不良に変わっていくのがすごく面白かったです。参考書を全て捨てて、バッグの中に鉄板を仕込むのには思わず笑ってしまいました。時代背景が、しっかり描かれていて当時の感じがよくわかると思いました。新垣結衣さんが、とても可愛くて素朴さがあたたかい雰囲気を出していて、良かったと思いました。錦組の仲間の男たちの友情と、他校との勢力争いがとても丁寧に描かれていて、良かったと思いました。中3という時期だと、受験があるので勉強のことや恋愛のことなど悩みばかりだと思うのですが、一緒にバカなことをやってちょっとしたことで笑いあえる仲間がいれば、それだけで怖いものなんか何もないと感じることができる映画でした。男の人は、人生の中で誰もが、一度は不良になりたいと思うものなのだと改めて思いました。思っても、実際に行動を起こすか起こさないかだけの違いなのだと感じました。

50代男性
50代男性

2007年に公開された、日本の映画です。舞台になったのは東京都の立川市でした。あらすじは、松田翔太さんが演じる優等生の中学生が、突然不良になってしまい、毎日喧嘩に明け暮れるようになります。そこで、繰り広げられる仲間との間の友情や不良同士の抗争を描いた映画です。新垣結衣さんが出演していて可愛らしいところが印象的でした。抗争など男同士のドロドロとした関係が描かれる中、新垣結衣さんの存在は、まるでマドンナでした。この映画やヤンキー要素や漫画要素が高く、それらを好きな人には向いている映画だと思います。年配の人にとっては、学ランやリーゼントなどの髪型が登場するので、懐かしい気持ちを持ちながら見られるのではないでしょうか。たくさんの喧嘩のシーンが描かれていますが、逃げたり追いかけたり、ボコボコにしばいたりなどアクション要素も高い作品です。この映画の中で登場する家や街並みなどは、どことなく昭和の雰囲気を感じることができ、音楽もちょっと前の青春を感じられ、懐かしい気持ちで見ることができる映画です。この作品を見ると、つくづく青春っていいものだなと感じさせてくれます。多くの大人が、この作品を見て自分自身の青春時代を懐かしくなると同時に、元気ももらえる映画でした。

40代女性
40代女性

ワルボロは不良少年の映画ですが、、2000年以降の映画とはいえ10年前の作品なので時代錯誤の印象は否めないようです。とはいえ2000年。10年の間にはこんな風だったのかと驚いてしまうのです。不良役のファッションに髪型にと、今ではしないという類で、そこは気になりました。物語も新垣結衣ちゃん他人気若手を起用するためのような内容です。不良があこがれている女性に新垣結衣さんという美少女がいて、彼女は不良のことを面白く思っていない。そういうワンパターンな感じです。恋愛模様もそこまでデイープでもなく、友愛のような形で描いており、ストーリーそのものはぶれていません。ただ新垣結衣さんの学生服姿は特に目立ちますし、彼女には女性というよりも学生というようなカテゴリーで分類できるような中性的な雰囲気があります。そこが新垣さんの魅力のいいところだったのでしょう。数多くの学生服を着る映画のなかの一作品でした。不良役も男前ですが、ちょっと影がうすいという印象も与えていました。それくらい新垣さんの存在が気になるのです。キャストのファンであれば一度鑑賞しておきたいという作品です。スクールものですが年齢、世代問わずに楽しめるノリです。

 

まとめ

『ワルボロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました