WALKING MAN(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ANARCHY / 映画「WALKING MAN 」60秒本予告

WALKING MAN(映画)の動画フルを安全に見る方法

『WALKING MAN』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『WALKING MAN』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

WALKING MAN(映画)の内容

映画『WALKING MAN』は、2019年10月に公開されました。

監督は、HIPHOP好きに知らない人はいない日本を代表するラッパー・ANARCHY(アナーキー)、脚本は女優でもあり日本シナリオ作家協会に属している梶原阿貴さんが務めました。

この二人を繋げたのは釈由美子さん主演の実写ドラマ『スカイハイ』の原作漫画を執筆している高橋ツトムさん。この三人で3年間かけて制作した一作となっております。

本作の物語は、人前で話すことが苦手で気弱な青年が、ラップ音楽と出会い成長していく姿が描かれており野村周平さんを主演に、優希美青さん、柏原収史さん、伊藤ゆみさん、冨樫真さん、星田英利さん、渡辺真起子さん、石橋蓮司さんなどが出演しております。

日本版8Mileのような作品。作品ごとに色々な表情を見せてくれる野村周平の演技は見事。内に秘めた芯の強さを持っている人物を魅力的に演じてくれているので感情移入しやすかった。留学から帰ってきた彼が、どんな役者として活躍していくのか楽しみ。

柏原収史さんを久しぶりに見ましたが、すごく男前で良い役者さんですね。若者の心に刺さるようなセリフにグッとくる方が多いと思います。

最後のライブシーンでのフロウが思いっきりアナーキーでした。他にもBADHOPのパブロなど有名ラッパーが出ていて興奮した。今度はアナーキーの自伝映画を観たい!

ラップばかりしている印象でしたが、後半部分にその要素を色濃くしただけで、全体的にしっかりとして青春ものの映画になってて良かったでした。anarchy監督の次回作が出るなら見たいです。

あらすじ

川崎の工業地帯。極貧の母子家庭で育ったアトム(野村周平)は、幼い頃から吃音症でコミュ障だったため、人前で話すことも笑うことも苦手でした。母・真由美(冨樫真)と思春期の妹・ウラン(優希美青)と暮らしながら、不用品回収業のアルバイトで生計を立てて毎日を過ごしていました。

ある日、母が事故に遭い重症を負ってしまいます。家計の苦しさから保険料を支払えずにいたアトムに向かて、ソーシャルワーカーの冷淡な声が響きます。
「自己責任って聞いたことあるでしょ?なんでもかんでも世の中のせいにしちゃダメだからね」

毎日のように心ない言葉を浴びせられてきたアトムは、ラップ音楽と偶然出会ったことで、最底辺の生活から抜け出すために、バカにされながらも奮闘し成長を遂げていき、夢へと突き進んでいく…。

見どころ

今までもラッパーをテーマにした映画は多くありました。ですが、主人公は最初からラップが好きだったり、ラップをする歓びを知っている。そもそもが素人目から見ると、それなりにラップが上手である印象が強いので、面白い作品であってもどこかに「そういう才能のある人の話だな」感がありました。

しかし、本作の主人公は吃音症でコミュ障。話すことが苦手、音楽自体聞いてこなかった、やっとのことで捻りだしたリリックも思いついた言葉を並べているだけ…。本当にラッパーになれるのか?と心配させられるなど、これまでにない新しい作品だなと思いました。

でも、それがあるからこそ彼の怒りから生まれる拙いけどストレートな言葉が胸に刺さりました。本作のテーマはラップではありますが、どのジャンルでも夢中にがむしゃらに夢に向かっていくことは素晴らしくカッコイイことだと再認識させてくれる青春映画です。

スタッフ

監督:ANARCHY
脚本:梶原阿貴
企画・プロデュース:高橋ツトム
題歌:ANARCHY「WALKING MAN」

キャスト

佐巻アトム:野村周平
極貧の母子家庭で育ち、吃音症でコミュ障。不用品回収業のアルバイトで生計を立てる青年。

佐巻ウラン:優希美青
アトムの妹。思春期でイマドキの女子高生。

山本さん:柏原収史
アトムの職場の先輩。良き理解者。

キム・ヘジョン:伊藤ゆみ
行きつけの中華屋の美人店員。

佐巻真由美:冨樫真
アランとウランの母。事故で重症を負う。

柳下勝弘:星田英利
嫌みなソーシャルワーカー。

福本光代:渡辺真起子
アトムの同僚。

汪さん:石橋蓮司
中華屋の店主。

ラッパー:T-Pablow / WILYWNKA / Leon Fanourakis / じょう / LETY / サイプレス上野 / hMz

『WALKING MAN』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

WALKING MAN(映画)の感想

20代女性
20代女性

HIPHOPが好きなのでANARCHYが監督するということで興味はありながらも、まぁラッパーの成り上がりストーリーだろうと思いながら映画を見たのですがいい意味で期待を裏切られました。想像以上に深いメッセージとそして見終わった後、HIPHOPの世間のイメージが変わるようなHIPHOPの本質を感じ取ることができるような作品でした。
吃音で貧困に悩む主人公の男の子がラッパーに救われるというストーリーなのですが、この「救われた」はお金もあるのですが、何よりラップというものを通じ「心」が救われたと感じました。吃音じゃなくても自分の気持ちが言葉に出せず、経済的に貧困じゃなくても心が貧しい時って誰にでもあると思うのですが、その自分の気持ちを表現できる場所やツールがあることって人にとってすごくすごく大事だと思います。その場所が、主人公にとってはラップで、彼には夢中になりすがるものがラップしかなかったただそれだけで、現実離れしたギャングなストーリーでは決してなく、誰にでも身近に感じられるストーリーだと思います。
そしてそのストーリーを、野村周平含めキャストの方々がすごく素敵に演じられています。予告にも使われている「舐めんな舐めんな」と連呼するシーンは鳥肌が立つ迫力ですし、ただステージに立っているだけの歌い出しのシーンも心にぐんとくるものがありました。
人生に迷った時やこのままでいいのかな?と思った時、自分の気持ちが爆発しそうな時、この映画を見て自分なりの自分の表現ツールを探す活力をつけたいなと思います。

30代男性
30代男性

現役のラッパーとして活躍するANARCHYが自分自身の実話を元に自らがメガホンを取った注目の作品です。「地雷震」「スカイハイ」などで知られる漫画家の高橋ツトムがプロデューサーを務めており疾走感と爽快感のを感じることが出来るストーリーとなっていました。川崎の工業団地で母と思春期の難しい年ごろの妹と三人で暮らすアトムは極貧の母子家庭で育っており幼い頃から人前で話しをするのが苦手で友達も少ないアトムは地元の不良品回収業の向上でアルバイトをしながら生計を支えながら毎日をただ漠然と過ごしていました。しかしそんなある日の事、母が事故で重傷を負ってしまい更に生活が苦しくなってしまい保険料を納めることさえ厳しい状況になり、そんなアトムのことをソーシャルワーカー達は見逃さず誹謗中傷の声を浴びせます。そんな若者には過酷過ぎる日常の中で運命的な出会いをしたラップ、これまでため込んでいたもの全てをラップに乗せて吐き出していくアトム、やっと自分の居場所を見つけることが出来たと言わんばかりにのめりこんでいく姿に思わず心を揺さぶられます。主演を務めるのは今注目の若手俳優である野村周平が務めており他にも優希美青や柏原収史など注目の俳優陣が並んでいます。

 

まとめ

『WALKING MAN』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました