わが母の記(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
わが母の記(予告)
たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。―――10年にわたる家族のラブストーリー ――― 小説家の伊上洪作は(役所広司)、幼少期に両親と離れて育てられたことから、母に捨てられたという想いを抱きながら生きてきた。父が亡くなり、長男である伊上はずっと距離をおいてきた母・八重(樹木希林)と向き合うことになる。老いて...

わが母の記(映画)の動画フルを安全に見る方法

『わが母の記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『わが母の記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

わが母の記(映画)の内容

映画『わが母の記』は、2012年4月に公開されました。

原作は、昭和の文豪である井上靖さんが、68歳の時に出版した自分の家族とのきずなを基に描いた自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」。

監督は、2008年「クライマーズ・ハイ」、2015年「駆込み女と駆出し男」、2018年「検察側の罪人」など手掛けた原田眞人さん。本作は、老いた母親との断絶を埋めようとする小説家の姿を映し、母の強い愛を描く家族ドラマとなっていて、第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリを受賞しています。

主人公の小説家役には役所広司さん、母親役には樹木希林さん、小説家の娘役には宮﨑あおいさんが扮しています。そのほか、南果歩さんや三浦貴大さん、内田也哉子さんやオアシズの大久保佳代子さんなども出演。

また、三國連太郎さんが主人公の父親役で出演し、三國連太郎さんが2013年4月14日に死去したため、本作が遺作となりました。

 

記憶が薄れても息子への強い愛情だけは忘れない母子の強い絆に感動した。笑って泣けて心に響く作品。

樹木希林の演技は圧巻。程よく力を抜いたような演技は、樹木希林の地なのか?とも思えるような演技はさすがのひとこと。

認知症の侵されてゆく母とその親族の暖かい日々。
演者のみなさんがすべて良い。樹木希林さんが、段々小さく丸みを帯びていく姿や、宮崎あおいさんの少女から大人の女性になっていく変化が素晴らしかった。
暗くヘビーな話も、ユーモアを交えた演出でよかった。

真野恵里菜が素晴らしかった。山に暮らして、真っ黒で、手鼻で鼻水を飛ばすような奔放な役を活き活きと演じていて、宮﨑あおいと比べても引けをとっていなかった。

 

あらすじ

昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は、幼少期に兄妹の中でただ1人、両親と離れて育てられたことから、実母の八重(樹木希林)に捨てられたという想いを抱きながら生きてきました。

しかし、父(三國連太郎)が亡くなったことから、長男である伊上はずっと距離をおいてきた母・八重の面倒をみることに。八重は、老いて次第に薄れてゆく記憶の中で、息子への愛を必死に確かめようとし、息子は、そんな母を理解し、受け入れようとします。

見どころ

井上靖の自宅にて

本作では、実際に井上靖が暮らした自宅で撮影されています。また遺族が残した数々の写真も寄与し、リアリティのある作品に仕上がっています。

井上靖が過ごした書斎や、編集者が集まったとされる応接室、居間など、文豪とその家族が実際に暮らした生活の気配が感じられます。

ちなみに井上靖の世田谷の自宅は、映画撮影後に井上靖生誕の地である北海道旭川市に移築され井上靖記念館となっています。

名優・樹木希林

母親の八重を演じた樹木希林さんの演技は絶賛されています。

希林さん曰く、当初は2シーンほど出演する土蔵のばっちゃんの役でオファーが来たそうで、後日、八重の役にと声が掛かり、断ろうとしたのですが、井上靖の自宅で撮影すると聞き、物件好きで有名な希林さんは、その家を見たいという理由からオファーを受けたそうです。

そんな希林さんの演技は、リハーサルのときからスタッフの間でも素晴らしいと絶賛されていたとか。また、老いて記憶が薄れていくという役柄のため、役所広司さん演じる息子との会話のシーンでは、台本上では役所さんのセリフが挟まっていても構わずにどんどんセリフを言って認知症のお婆さんの役をリアルに演じています。

また、オープニングに登場する若かりし頃の八重は、樹木希林さんの娘である内田也哉子さんが演じているのも見どころです。

スタッフ

原作:井上靖「わが母の記 花の下・月の光・雪の面」
監督・脚本:原田眞人
音楽:富貴晴美

キャスト

伊上洪作:役所広司
伊上家の長男、作家。

八重:樹木希林
伊上家の母。琴子の祖母。

琴子:宮﨑あおい
洪作の三女。男まさり。

桑子:南果歩
次女、自称古美術商。

志賀子:キムラ緑子
伊上家の長女。

郁子:ミムラ
洪作の長女。

紀子:菊池亜希子
洪作の次女。

瀬川:三浦貴大
運転手兼秘書として、主人公一家と過ごすことになる作家志望の青年。

貞代:真野恵里菜
八重の面倒をみる女中。

美津:赤間麻里子
洪作の妻。

隼人:三國連太郎
伊上家の父。

明夫:小宮孝泰
志賀子の夫。

【そのほか出演者】
若き日の八重:内田也哉子
女給:大久保佳代子
クールなダンプ男:橋本じゅん
米子:仁山貴恵
珠代:伊藤久美子
轟:齋賀正和
落合:藤井宏之
昇:長澤壮太郎

 

『わが母の記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

わが母の記(映画)の感想

50代女性
50代女性

冒頭、幼少時、母に捨てられた記憶を引きずる主人公の作家の伊上の心の葛藤を描いていましたが、その思いが役所さんの見事な演技によって感じることが出来ました。勝気で厳しくユーモアからかけ離れた八重を樹木希林さんが演じていましたが樹木希林さんというとユーモア溢れるイメージがあるので全く違うイメージの役を違和感を覚えることなく演じている彼女の演技力に凄さを感じました。親に捨てられたとずっと思い続けていた洪作と戦中の混乱の中、実父の妾であるおぬいばあさんに洪作を預ける決断をしなくてはいけなかった八重の本当の気持ちを知った時には泣けて来ます。最初は自分が捨てられたと勘違いしていた役所さん演じる息子が母が認知症に蝕まれながらも息子に対して贖罪の気持ちを持ち続け、ある行動を続ける姿を見る中で彼の今までわだかまりを感じていた心が雪解けのように解けて行く心の変化が上手く描かれており出演している俳優さんたちの凄さを感じました。家族とは何かをあまり考える機会はありませんがこの映画を見ると家族って何なのかという質問に対してなんだか答えが描かれているような気がしました。樹木希林さんがどんなに素晴らしい女優さんなのかをあらためて感じました。

 

50代男性
50代男性

原作者井上靖の「しろばんば」等の、「土蔵のばあちゃん」との濃密で心温まる関係を描いた自伝小説やそれを原作とするドラマに親しんだことのある自分にとって、ばあちゃんの陰に隠れてしまった原作者の実母との関係に触れた物語は興味深かったです。頭の方はだんだん痴呆が進んでいくのに体は元気な母親を演じる樹木希林さんも、さすがに若いころからおばあさんを演じてきただけのことはあります。ただ、1950年代後半から1970年代前半までの裕福な家庭を描いた、「お金持ちの生活っていいわね」という気分にもなる映画です。痴呆が出て口がどんどん悪くなるのでもてあました母親を軽井沢の別荘に住まわせることができる一家なのです。主人公の作家(役所宏司)の妻(赤間麻里子)のメイクや衣装は小津安二郎の「彼岸花」の田中絹代をまねたと思うのですが、田中絹代が演じていたのも大会社重役の奥様でした。50代の人間としては時代考証に疑問な点もあります。母親の世話をずっと見る親戚の若い娘さんだけがなぜ着物を着ているのだろうと思って気になってしまいます。1969年に外国に行くときには船じゃなくてもう飛行機じゃなかろうかとも思ってしまいました。でも原作がそうなのかもしれないし、おかしいとは断言できません。そんな疑問を感じつつも、伊豆、軽井沢の風景や、作家の暗い書斎の雰囲気に魅了されながら見続けることができます。

30代女性
30代女性

沼津にいる樹木希林の容体が急変して、東京にいる息子、役所広司のもとに電話がかかってきます。沼津にいる役所広司の姉、キムラ緑子からですり点滴をしてもらっていると。何かあったらまたかけると、一旦電話を切ります。役所広司の末娘、宮崎あおいと、「この急変さえ持ち直せば、長生きするでしょう」という話をしている最中、役所広司のもうひとりの姉南果歩が東京の家に帰ってきます。その時、電話のベルが鳴ります。今、電話が鳴るということの意味を、その場にいる全員が理解します。それでも、電話をとることが出来ません。誰も動けない様子、観ている理解が出来て、ここで涙がこみ上げてきます。物語の終盤です。この時は1976年。映画で時間をかけて描かれているのはその9年前の1966年の家族の物語です。樹木希林は認知症が進み、ひとり暮らしが難しくなっています。そんな樹木希林を心配し、孫の宮崎あおいが軽井沢の別荘で一緒に暮らすことを提案します。東京へ戻ったり、また家を抜け出して沼津へ向かう樹木希林を追いかけたりと、樹木に振り回されます。役所広司をはじめとする兄弟4人と、使用人の真野恵里菜も含め、家族で樹木希林を支えます。樹木希林の行動に嫌気が差すことを愚痴ったり、衝突したりしながらも、家族みんなが樹木希林に寄り添う様子がとても素敵でした。幼い頃、母と一緒に暮らせなかった役所広司は、母に捨てられたという思いが心の傷になっています。その辺りについての親子の心の交流も描かれています。日本の四季や風景もとても綺麗に映っています。

 

まとめ

『わが母の記』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました