海がきこえるの動画無料配信とDVDレンタル|Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuより確実

アニメ映画
Ocean Waves – Official Trailer

海がきこえるの動画フルを安全に見る方法

『海がきこえる』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。

DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑)

レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪

なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑)

もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『海がきこえる』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

海がきこえるの内容

『海がきこえる』は、1993年5月に日本テレビ開局40周年記念番組として放送されました。

原作は、氷室冴子さんによる同名小説で、スタジオジブリとの関係が深い徳間書店から出版されております。

劇場版ではなく、初の長編テレビアニメ作品としてスタジオジブリの“若手制作集団”の一人、望月智充さんが監督を務めました。テレビ放映後には、映画館でも上映されるなど反響を呼んだ作品となっております。

『海がきこえる』は、高知に住む男女高校生の青春物語を思い出していく作品となっており、主人公・杜崎拓の声優は飛田展男さんという専業声優さんが担当しました。また、キャストのほとんどがタレント声優ではなく、専業声優を起用していることもジブリ作品としては異例であり、話題になりました。

ジブリとしては出色されたヒロインは、ある意味で唯一血の通った感じがしました。ジブリならではの演出や見せ場はないと思いますが、これがいいと断言できます!

フィクションを求めている人には向かない可能性が高いですし、ジブリの中でもマイナーな分類に入る『海がきこえる』。でも、本作こそ多くの人に見て欲しい名作だと個人的には思ってます。

青春のキュンキュンする感じがたまらず、全く飽きることもなく何回も観てます。
そして、高知へロケ地巡りにも行ってしまうくらいハマってしまいました!

携帯電話のない時代、家電だったり公衆電話だったりで話すところは懐かしくなり、笑ってしまいました。
登場人物も純朴で、とても良い作品です。

あらすじ

高知から東京の大学へと進学した拓は、吉祥寺駅のホームで、高校の同級生である里伽子に似た女性を見かけました。そんな中、拓は夏休みに高校の同窓会があるため高知へ帰省することにしておりました。その飛行機の中で、彼女との高校時代のことを思い出します。

2年前の夏の日、里伽子は東京から転校してきた才色兼備な少女でした。彼女とのハワイへの修学旅行、二人だけの東京旅行、あるきっかけで喧嘩別れしてしまった親友・豊とのこと。ほろ苦い記録を辿りながら、高校生活の思い出を振り返っていきます。

見どころ

耳をすませば誕生のきっかけ

『海がきこえる』の試写を終えたあと、巨匠・宮崎駿さんは大激怒し、すぐに『耳をすませば』の製作に取り掛かったそうです。

同じ青春作品ではありますが、『海がきこえる』と『耳をすばせば』は相対的な作品となっております。是非見比べてみてください。

ジブリ唯一無二の存在

日本テレビ開局40周年記念番組として製作され、ジブリ作品で唯一の長編テレビアニメ作品として放送されました。

本作を最後に、ジブリ作品の企画としてテレビ放映されることはありません。プロデューサーである鈴木敏夫さんも「スタジオジブリで最も予算回収に苦労した」と言っており、資金回収が難しいのが原因とのことです。

ですが、現代であれば、本作のような見事な作品は口コミで直ぐに広まり、回収も困難ではなさそうな気もします。是非やっていただきたいという願望に溢れております!

スタッフ

原作:氷室 冴子「海がきこえる」
監督:望月 智充
脚本:中村 香
音楽:永田 茂

キャスト

杜崎拓:飛田展男
高知に住む学生。友人思いの青年で、進学のために上京する。

武藤里伽子:坂本洋子
家庭の事情で母親と高知に引っ越してくる才色兼備の美女。

松野豊:関俊彦
拓の親友でクラス委員。里伽子に恋してる。

小浜裕実:荒木香恵
転校してきた里伽子の初めての友人。おとなし目の性格。

山尾忠志:緑川光
拓の友人で、太っていることから、関取の名「アサシオ」というニックネームがついている。

清水明子:天野由梨
拓の高校時代のクラスメイト。

岡田:金丸淳一
東京時代の里伽子のクラスメイトで元恋人。

校長:渡部猛

川村:徳丸完

里伽子の父:有本欽隆

杜崎拓の母:さとうあい

おかみさん:鈴木れい子

見習い:関智一

その他:島本須美 / 桜井敏治 / 水原リン / 植村喜八郎 / 山崎たくみ / 三谷幸子 / まるたまり / 久川綾

『海がきこえる』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

海がきこえるの感想

20代女性
20代女性

ジブリ作品の中でも、大人向けでちょっとわかりにくい変わった作品だと思います。「耳をすませば」「おもひでぽろぽろ」が好きな人は好きかもしれません。素朴で落ち着いた雰囲気で、学生時代の微妙な人間関係が描かれています。初めて見たのは高校生の時でしたが、その時はまだ刺激が強かったというか難しかったというか。29歳になった今、学生時代のこっぱずかしい恋愛経験を思い出し、作品の良さがジワジワわかってきました。高校時代に東京から引っ越してきたヒロインのリカコと、主人公のタク。サバサバしてキッパリ物を言う女子と、地味な男子という関わりそうにない2人でいろいろすれ違ってしまいますが、大学生になってからの関係の変化というのも面白い。とはいえ、2人の距離感やなかなか進展しない時間経過がもどかしくてむずむずします。しかしそれがリアルで、自分もそうだったんだろうなと笑えてしまいます。他の作品との違いは、恋愛を男子目線で表現しているところ。不器用で強がる女子に引っ張られながらも、後から自分の恋心に気づくという淡い表現は女子からするとキュンとします。恋愛アニメのようで、そうではないような。学生時代ならではの微妙な人間関係の表現がとっても良いです。

20代男性
20代男性

この作品は、昔の雰囲気、特に田舎で育った人間であれば、心に突き刺さるなつかしさ、若かりし頃の恋の甘い気持ちを思い出すことのできる作品です。物語の舞台は高知県。普通の高校生である主人公の森崎と、東京から転校してきた、りかことの恋、気持ちのすれ違い、親友との三角関係など、視聴者は複雑な気持ちを抱きつつも、不思議と懐かしい気持ちが漂ってくるでしょう。心理描写も卓越されており、さながらの高知弁で雰囲気を出しているのはもちろんのこと、登場人物たちの心理がめくるめく変わっていくことで、視聴者を飽きさせないように緊張と緩和のバランスが絶妙にとられています。また、当時の映画としては映像も非常にきれいで、さすがジブリ作品といったところでしょうか。物語の舞台では夏ですが、夏の暑苦しい温度・湿度感が画面上から伝わってくるような感覚を味わうこともできます。また本作品では、過去ベースの話から物語が始まるのですが、物語後半になるとそれから数年後の世界に時間軸が切り替わります。切り替わりのタイミングも非常に秀逸で、もやもやとした感覚を伏線として残し、その伏線をしっかりと回収するような作風づくりであるといえます。ジブリ作品には共通して言えますが、物語終盤からラストにかけての展開もドラマチックであり、必見です。

30代女性
30代女性

大人になってから見てほしい作品です。スタジオジブリが制作したアニメなので、それだけを理由に小学生の時に一度見たのですが、その時の感想は正直よくわからないシーンが多くて淡々と終わったという印象でした。でも妙にエッチで何故だかドキドキとした思い出です。何気なく大人になってから見返したのですが、全くエッチではなく、むしろとても爽やかな青春ドラマだったなという感想に変わりました。淡々としたイメージだったのはリアルな恋愛ドラマだったからで、確かに爆発も事件もないのに、転校生が来たとか、準備もなく東京へ行ってしまうなど、学生からしたら充分事件でそのやりとりの中で心情表現がみずみずしいほどにキラキラと表現されていました。キャラクターデザインは魔女の宅急便で有名な方の絵で、サラッとした顔立ちでこの爽やかな青春群像劇にマッチしています。ヒロインのおめかしシーンで急に時代の古さを感じることになりますが、むしろ80年代のトレンディ感を味わえます。こんなにも子供と大人とで見た印象がこんなにも変わってしまうので、高校生を経て恋や青春を一度味わった大人がちょっぴりホロ苦く甘い青春を追体験として視聴を楽しむことをオススメします。

30代男性
30代男性

スタジオジブリでありながら知名度は高くない、ジブリファンでないと恐らくピンとこない作品だと思います。その理由はジブリでありながら劇場公開ではなくテレビスペシャルとして放送されたのが一番の理由でしょう。原作はアニメージュという雑誌に掲載されていた小説ですが監督も宮崎駿ではないので未だにテレビで再度放送されることも私の知る限りではありません。しかしあえて自分がこの作品が楽しめたのはその独特な空気感だと思います。物語は恋愛ものに該当しますが舞台は高知県で登場人物もそのほとんどが土佐弁という方言を多用に使いますがこれも他のジブリ作品ではあまり見られない演出でした、主人公はある日編入してきたヒロインを友人に紹介され出会いますが友人が一目ぼれして物語が始まる感じです。複雑な家庭であるヒロインは父に会うために修学旅行中にお金を主人公から借りますがこの時点でかなりお嬢様な人物像だとわかります。父と母の家庭問題の中クラスにも馴染めず学校行事やイベントでは最後まで自分を貫く姿は彼女の芯の強さもあったように思えました。主人公と友人、ヒロインの三角関係が描かれますがどこか話がテンポよく進む気配があまりない、このアニメのメインテーマやコンセプトが今一視聴者に伝わりにくいのも独特な雰囲気を出しそこがこの作品の醍醐味だと思います。何度も見直してみると学生時代という二度と戻ってこない時間の大切さを感じさせるような気分になってきます、実際人生の人間関係にきちんとした解決があるとは限らないしそんなリアルな雰囲気を楽しめる作品です。最後に監督こそ宮崎駿ではありませんがさすがはジブリ作品というだけあって背景美術は素晴らしいです、90年代のバブル終了後の日本の情景、都会の描写をとてもよく描かれているのでとても懐かしい気持ちに浸れます。

40代女性
40代女性

ジブリ作品ですが、高校生が主人公という珍しい作品です。ファンタジー要素はゼロ、振り返ると若かったよなとほろ苦さも感じられる青春の一ページです。誰もが大人に見えてまだ自分の感情を上手くコントロール出来ていなくって、周りからどう見られるのかとかどうでもいいことに気持ちを費やしてと馬鹿だった頃があるからこそ大人としての今があるのです。結構な大金を貸してしまって返せと言い出すことも出来ない、ほとんど自分は関係ないかかわりのないはずの相手なのにそのまま東京まで付いていってホテルでバスタブに入っている、そんなしっかりしていないようで芯は通っている主人公が好きです。遠回りしたけれど大人になった今はヒロインと上手くいってもらいたいです。素朴だけれどちゃんとしている、そんな彼のイメージをよりイメージさせるのが高知弁の存在です。方言ってなんだかいい、あったかくってそれを聞くだけで故郷に戻ってきたというノスタルジックな気持ちを引き起こすのです。同窓会をきっかけにお付き合いするってよくある話ですが、王道を行くストーリーだからこその良さがあると思います。高校生時代にというよりも大人になった自分の立場からぜひ見てもらいたい作品です。

 

40代男性
40代男性

スタジオジブリが劇場用ではなくテレビ用に作成した長編アニメ。高知を舞台にした高校生の青春を描いた作品で、非常に甘酸っぱい。高校生の恋愛だけでなく、喫煙や飲酒のシーンなどもあるのがとても現実的で、なんとなく自分の過去にもあったような勘違いをしてしまう、なんというか親近感の湧くお話しでした。高校の同窓会をきっかけに昔を振り返っていくストーリーで、当時痛くて切ない出来事だったことなのに時が流れたことで消化されて深く染み込んでるのがとても好きです。映画の最後で里伽子も杜崎のことを気にかけていたことがわかり、東京で再会できるかもっていうのがとても爽やかで、これからのこの2人の展開を想像するといいな羨ましいなぁと。これはファンタジー要素が「ゼロ」とジブリ作品らしくないんですよね。だからか、あまり知名度高くないです。僕もリアルタイムでは知らなかったしもちろん見てない。テレビのロードショーでもほとんど放映されてきていないので、観たことない人多いと思います。『おもひでぽろぽろ』や『耳をすませば』と同じくハラハラすることのない日常を描いており、今を生きる中には過ぎた時が確かに含まれているんだなと考えさせられた作品でした。

30代女性
30代女性

理不尽と歯痒さの連続です。しかし今にして思えば、青春ってそういうものだったなと甘酸っぱい気持ちになりました。どこか危うい一本線が張っているような緊張感の中、話は進んでいきます。それが遂にプツンと切れてしまうのが、終盤の文化祭です。一見すると主人公の杜崎、親友の松野、ヒロイン里伽子のそれぞれの思いがすれ違った末での決別のようです。しかし実際のところは、全員が自分の感情しか見ていません。思春期ゆえのエゴと視野狭窄が、すごくナチュラルに描かれます。杜崎と松野は、まさに男同士の友情で結ばれています。ベタベタと馴れ合うことはありませんが、思いを汲み取ることのできる、互いにリスペクトしあった関係です。3年かけて築いたその友情を、1年間で崩壊させた里伽子は魔性の女と言えるでしょう。そして里伽子は確かに美人なのです。成績優秀、運動神経抜群、東京から来た学年のマドンナと、設定としても端麗さは描写されます。しかしそれ以上に、里伽子の表情の美しさが印象に残ります。里伽子は笑顔でいることより、不貞腐れたような膨れっ面でいることが多いヒロインです。しかしその表情には生気があり、テレビに出ている女優を見ているかのようです。男子生徒たちが魅了されていくことにも説得力があり、さすがはジブリ作画と唸ります。

40代女性
40代女性

学生の頃、何も知らずに偶然観た『海がきこえる』に感銘を受け、原作2作品を度々読み漁るほどに好きな作品です。標準語が飛び交うアニメやドラマが普通の中で、私も訛りのない生活をしていたので、主人公・拓たちの話す土佐弁をとても新鮮に感じました。しばらく真似をしたくらいです。作中で、東京から転校して来て高知に馴染めないヒロイン・リカコが「土佐弁って時代劇みたいで現実味がない」と言うのですが、まさしくその気持ちでした。どちらかと言うと、境遇や考え方はリカコ(私は全く美少女でも頭が良くもありませんでしたが)に近かったので、リカコに感情移入することが多かったです。大人のずるさや自分勝手さに、自分の自己中心的思考は棚に上げて辟易するという、思春期特有の恥ずかしさというか……。私には純朴で飄々としている拓の行動の方が理解し難く、不思議な気持ちになりました。原作では一応、2人の関係に結末がついているのですが、このアニメではよりぼやかした感じに仕上げられています。原作の秀逸な台詞も変更されたりしていて、何故そこを変えた?という印象です。ただその台詞の意味合い自体には然程差がないので、行き着くところは同じです。

30代男性
30代男性

本作の映画は、あまり知られていないのですが、あの世界に名高いアニメーション会社であるスタジオジブリが制作したアニメーション作品でもあるのです。ジブリの雰囲気がないと言われてしまうも、この作品で描かれているのは現実の女子高生の多感な青春をテーマにしており、ファンタジーの概念を極力に押し出さず、ありのままの中にある日常の女性の生活と、また彼女が感じていくだろう感性が映画の表現として取り入れられ、静かで激しく動く感性が行きかう映画として作られ、ある種のトレンディドラマとしてのアニメーションとして造られた作品でもあるのです。主人公は杜崎拓となり、彼が見た武藤里伽子を中心にしながら、物語は進んでいき、彼が持つ彼女の幻想と、また彼女自身が持つ現実など、互いに知り、心を通わせていく内容は、ジブリでは珍しい大人の恋をテーマにしており、互いに近づいて、想いを知り、好きである理由を模索しながら、恋をはぐくんでいくと、それまでにあったジブリ作品のテイストとは違う雰囲気で描かれ、ジブリ映画の中に青春群像劇を完成させた作品とも言えます。恋をすることはほんの些細な事と、また些細なことを知ってしまい、それをどうすべきなのかと、悩みながらに想いを育んでいくと、恋の深みが解る映画とも言えます。

 

まとめ

『海がきこえる』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました