海辺のリア(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
海辺のリア(予告編)

海辺のリア(映画)の動画フルを安全に見る方法

『海辺のリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『海辺のリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

海辺のリア(映画)の内容

日本映画界最高峰の名優、仲代達矢主演の映画『海辺のリア』は、2017年6月に公開されています。

脚本・監督は、映画作家の小林政広。カンヌ映画祭公式出品、ロカルノ映画祭最高賞受賞など、主に海外で評価されているグローバルな感性を持つ監督で、仲代達矢を主演に向かえた作品は「春との旅」「日本の悲劇」に続き、三作目となります。

「2018年 高崎映画祭 最優秀監督賞」を受賞した本作は、半世紀以上のキャリアを誇る往年の映画スターに認知症が疑われ、家族から見放されて最期を迎える人生を描いており、仲代本人が「自分を描いていると言えるかもしれない」と言うほど、自身を重ねて演じたそうです。

映画の舞台となったのは石川県。荒れた日本海を背景に、シェークスピアの「リア王」の舞台を見せられたような不思議な感覚になると同時に、その演技力には圧巻です。

共演者は黒木華、原田美枝子、小林薫、阿部寛と豪華な顔ぶれを揃え、国内のみならず海外からも注目を集めた作品です。

 

おもしろい。
最初のシーンで仲代さん演じる海辺のリア王が孤高で傲慢、しかしもう既に虚栄や見栄などに形振り構ってられない様子を表す、老人の力強い焦燥感をにじみ出した演技を見事にしていると感じた。

物語全編、詩的な美しさに溢れた静かな描写で描かれています。
また、ワンカメでの撮影を多様した演出により、映画を観ながら、どこかスクリーンの中で繰り広げられる『演劇の舞台』を観ているかのような作品でした。

主人公の演技が光りまくってました。当時84歳くらいであの演技!
認知症の役ですが、脳味噌が冴えわたってないとあの演技は出来ないですよね。

仲代さんの気迫に触発されて、黒木さんも阿部さんも原田さんも小林さんも
個々に強烈な存在感を見せていたと思います。

あらすじ

映画、舞台役者として半世紀以上のキャリアを持つ、かつての大スター・桑畑兆吉(仲代達矢)は、今では認知症の疑いがあり、長女夫婦に裏切られ、遺書を書かされた挙句、高級老人ホームに入居させられてしまいます。

ある日兆吉は、シルクのパジャマにコートをはおり、スーツケースをひきずりながらその施設から抜け出しました。あてもなく海辺をさまよい歩くうちに、過去に家を追い出した妻とは別の女に産ませた娘・伸子(黒木華)と偶然再会します。

再会した伸子に兆吉は「リア王」の娘・コーディーリアの幻影を見ます。すると兆吉にも「リア王」の狂気が乗り移りました。長い俳優人生を送って来たかつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿り・・・。

見どころ

仲代達矢の魂の演技

この映画の見どころは、何といっても御年84歳(当時)となる主演の仲代達也さんの名演技です。

仲代達矢さんは2015年に文化勲章を受けており、文化勲章受章後に映画主演をした俳優では史上初となりました。

俳優人生65年のキャリアを持つ日本映画界最高峰の名優、仲代達矢が全身全霊で挑む、〝ある大スターの最後の輝き〟は、自らを投影したかのように魂を込めて演じきり、話題を呼びました。

脇を固める実力派の共演者

本作のキャストは、仲代達矢さんの他には実はたった4人だけ。今や見る影もないかつての大スターと、そこに深く関わる者たちの感情が激しくぶつかりあい揺れ動く様を、4人の共演者それぞれが全身で演じています。

その姿は〝仲代達矢の舞台をバックアップする為に集まったかのような実力派〟と評価され、仲代さんの最後の映画に華を咲かせました。

スタッフ

監督:小林政広
脚本:小林政広
エグゼクティブプロデューサー:杉田成道
プロデューサー:宮川朋之、小林政広
アソシエイトプロデューサー:ニック・ウエムラ、塚田洋子
音楽:佐久間順平

キャスト

桑畑兆吉:仲代達也
半世紀以上に渡り、舞台や映画で活躍してきた往年の大スター。認知症の疑いがあり、娘夫婦の裏切りから老人ホームに入れられるが何度も抜け出し、かつて家を追い出した娘・伸子と再会する。

伸子:黒木華
桑畑兆吉の娘。兆吉が妻とは別の女性に産ませた子である理由から、家から追い出されていた。老人ホームを抜け出した兆吉と海辺で再会する。

由紀子:原田美枝子
兆吉の正式な妻との間に生まれた長女。父である長吉を裏切り、老人ホームへ送り込む。

行男:阿部寛
由紀子の夫であり、兆吉の弟子。由紀子と共に兆吉を老人ホームへ入れるように仕向ける。

謎の運転手:小林薫
由紀子の愛人。

 

『海辺のリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

海辺のリア(映画)の感想

50代男性
50代男性

海辺のリアは、2016年に公開された日本の映画です。仲代達矢さんや黒木華さん、原田美枝子さん、小林薫さん、阿部寛さんなどの大物俳優が出演していることで話題にもなりました。この映画は、認知症になった往年の大俳優が主人公で、主人公を中心にその娘、娘婿、腹違いの妹たちが、私利私欲に絡む人間模様や、過去を徐々に思い出す大俳優の様子を席られに描いている作品で興味深く見られました。この映画は特に、仲代達矢さんの演技に味がありました。認知症の役柄も見事に演じてくれています。撮影手法もこだわりがあり、固定カメラでじっくり長回しして役者の演技を撮影してました。これらのシーンを見ると、役者さんたちも長いセリフを覚えるのはさぞ大変だったのではないかと想像しました。その一方、感情がぶつかり合う場面では、手持ちカメラを使用するなど、カメラワークにメリハリがあったところも見どころです。また、この家族の家族愛についても描かれていて心が温まりました。この映画では、大物俳優が揃っていますが、たった五人の俳優だけで大きなテーマと世界について描かれていて、素晴らしい世界観が描かれていると感心する映画でした。特に、ヒューマニズムが興味深かったです。

40代女性
40代女性

政広監督作品。現役引退した老人桑畑兆吉を主人公に、シェイクスピアのリア王をかけているという映像を重視された作品。老人ホームから脱走してしまった主人公。そこは海辺の海岸であった。海岸にひとり歩く仲代さん。そこに愛人の子であり過去に勘当した我が子との出会いが訪れたのだった。自然と出演者だけの映像に、ただただ見入るだけであった。共演している愛人の娘役に黒木華さんが。そしてセリフがなくても存在感の強い阿部寛さんが花を添えていた。老人のあわれとも見えるこのストーリー設定に思わず避けてみたくなるのですが、ただただ映像表現している表現力にラストまで見てしまいました。中代達也さんの表現力の強さ、表情の作り方、まさに演技だけではここまで出来ないだろうという仕上がり。年齢を重ねた表情はこの方だからの演技力だと思いました。周囲は静寂で、波の音くらいしかありません。そういう静寂性のあるシチュエーションに引き込まれていったのです。黒木華さんという女優さんはまだ若いというのに、中年期のような女優の存在感がありました。この作品は黒木さんメインに撮影されたのではという印象も受けるほど表情に引き込まれてゆきました。自然の中でみる表情にこれほど引き込まれるとは、人生について考えるとき、リラックスしたい時おすすめです。

40代女性
40代女性

わたしは、こちらの、映画は個人的に大変、大好き過ぎる映画でした。夏になったら、どうしても、観たくなる不思議なパワーを感じる、映画です。人生で、3回も観るほど、本当に本当に毎回楽しくて大好きです。特に、認知症の疑いのある主人公が、いつからか、海辺をさまようシーンが好きでした。障害があっても、生涯を満喫して生きていきたいという、人間らしさを感じ、人は海辺を歩くだけで、何故か、本来の自分らしさに、出会うのではないかと、思ったほどでした。海辺の波打ち際を歩くと、静かに耳に波の音を感じながら、幸せと感じるのでないでしょうか。とてもとても、心地よい、映画だと素直に思います。家族に裏切られて、いつの頃か海辺に逃げてしまうが、なぜか娘に再会するという、奇跡的なシーンにも、涙が溢れ出し、どうすることも出来ないほど、感動いたしました。しかし、その娘は、彼と今の妻ではない違う女の人から生まれた、子どもであったりと、大変複雑な家族構成でありますが、たくさんの障害の壁がありますが、それでも、何故か海辺が彼を変えていったのか、心が変化しているのが、感じられました。彼は、やはり認知症がありましたので、幻影を何度も見ていました。やはり、様々な感情が入り混じるだけに、何度見ても好きな映画です。

30代女性
30代女性

重たいテーマではありましたが、出演している俳優さんたちの抜群の演技力もあって最後までじっくり観ることができました。認知症になった主人公が妻とは別の女性に産ませた子どもに出会うという修羅場しか予想できない展開。でも、しっとりとした美しい雰囲気を醸し出すのは、主演の仲代達矢さんの間で魅せる演技や、黒木華さんの少女っぽさの残る表情のおかげだったと思います。途中で、どうしてそういう方向に行ってしまうのか…とやきもきする場面も多々あります。というか、そういう場面が本当に多いです。でも、だからといってこの映画を観るのをやめようとは一度も思わなかったです。それどころか、自分自身に置き換えてみると、共通点が本当にたくさん出てきて、あぁ、客観的に自分を見るときっとこういう感じなんだとすら思えてきます。皆さんにも、だめと分かっていても誤った方向へ進んでしまう経験は少なからずあるはず。そういった人間の弱さや判断能力の低さについても見事に表している作品ではないかと思います。ハッピーエンドというわけではありませんが、見終わった後数ヶ月経っても映画の情景が頭から離れなくなる、そういう人生を変える部類の映画だと思います。まだ観ていない人には、ぜひ観てそして人生について考えて欲しいと思える作品です。

 

まとめ

『海辺のリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました