ウルトラマンゼロ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

特撮・ヒーロー
「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」3連PV第1弾「超最強!ベリアル銀河帝国編」

ウルトラマンゼロ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ウルトラマンゼロ(映画)の内容

映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』は、2010年12月に公開されました。

本作は「ウルトラマンシリーズ45周年記念作品」第1弾として制作され、前作である『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の続編として、仲間や親子の絆がテーマに描かれております。

監督は数々のウルトラマン映画を担当したアベ ユーイチさん、製作総指揮は円谷プロダクションの会長である山本 英俊さんが務めております。

本作の主人公であるウルトラマンゼロに変身する青年のラン役に実力派若手俳優の小柳 友さん。その弟・ナオ役には濱田 龍臣さん、エメラナ姫役に土屋 太凰さんなど豪華俳優陣が結集しました。声優陣はウルトラマン ゼロに宮野 真守さん。他、緑川光、神谷浩史、関智一など、本格実力派の人気声優が勢ぞろいです!また、ウルトラマンベリアルは宮迫 博之さんが前作に続き続投しており、話題を集めました。

 

ウルトラシリーズ45周年作品となる、ウルトラマンゼロ2度目の映画です。本作がウルトラ映画史上最高傑作だと個人的には思っています。演出・キャラデザ・CG・音響など、全てにおいて素晴らしい100点満点の作品です。

二人の息子と見ました。子供たちは大きくなったら、ゼロみたいなお兄さんになって欲しいなと思います。

相変わらずベリアルがカッコイイです。宮迫さんは歌が上手なのは知ってましたが、やっぱり声優も上手ですね!敵役で一番好きなキャラです。

本作のテーマは仲間や家族の絆、信じる心や勇気等であり、無性にまた観たくなり、何度見たか忘れるくらい、今でも見てます。

ウルトラマンシリーズ45周年記念作品の第一弾として、製作者も気合の入った一作とわかる作品になっております。ヒーローものの王道はそれず、感動して涙なしでは観れません。

ウルトラマンがわからない人でも、楽しめると仕上がりになっております。日本映画の未来はこの映画にある!これが俺たちの光だ!決して過言ではないので、是非見て欲しい作品です。

あらすじ

ウルトラマンベリアルとの死闘からしばらく経ったある日、光の国に謎の飛行物体が襲来しました。内部からは3体のロボット兵士が放出されましたが、ウルトラマンゼロと父・ウルトラセブンが力を合わせてこれを撃退しました。

回収したロボット兵士の残骸を分析したところ、光の国には存在しない物質で構成されており、別の宇宙へと続くマイナスエネルギーの波動が検出されました。光の国の科学力を駆使しても、別宇宙へ転移させられる人員はわずか一人。

これを作り出した者の正体を探る危険な任務にゼロは自ら志願をし、仲間たちに見送られて未知の宇宙へ旅立ちます。到着した先は、ゼロに倒されたはずのウルトラマンベリアルが”銀河皇帝カイザーベリアル”として君臨するベリアル銀河帝国がありました。帝国は暴虐の限りを尽くす、アナザースペース(異世界宇宙)でした。

アナザースペースの惑星アヌーでベリアル軍の尖兵ロボットの大軍が侵略していました。人々を守ろうと青年ランが立ち上がりますが、瀕死の重傷を負ってしまいます。その勇気を見て、ゼロは青年ランと一体化し復活させます。ゼロの人間体となったランは、その弟ナオ、惑星エスメラルダの王女エメラナ、人工知能を持つ宇宙船ジャンバードとともにベリアルを倒すため、その鍵を握るバラージの盾を探す旅に出ます。

ゼロはバラージの盾を探し出すことができるのか?今、ゼロとベリアルの壮絶な決戦が始まる。

見どころ

初めてのウルトラマン作品はコレ!

ウルトラマンシリーズのファンはもちろんですが、ウルトラマンシリーズを見たことがない人にこそ、見てほしい作品です。
予備知識もない状態で見ても、ストーリーがしっかりとされており見やすく、今時の特撮ってホント凄いっ!映像がとても綺麗で迫力あり、見ごたえ十分!と思って頂けるはずです。

人間ドラマ的にも、感動して涙なしでは観れません。元気が欲しい時、落ち込んだ気分の時にぜひ観たい作品となるはずです!

ファンを喜ばせる凝った演出

ナオを演じた濱田 龍臣さんは、本作の6年7カ月後に放送開始された『ウルトラマンジード』で主人公の朝倉 リク(ウルトラマンジード)役を演じることになりました。

しかも、映画に出演した際は敵であった『ベリアルの息子』という何とも因縁深い間柄になっております。(当時の雑誌でも「まさに運命的なキャスティング」と紹介されておりました。)

また、本作の映画公開の7年後の12月23日は偶然にも、『ジード』最終回が放送されており、ベリアルとの最終決戦でもあります。是非、ウルトラマンジードもチェックしてください!

スタッフ

監督・脚本:アベ ユーイチ
製作:隠田 雅浩
製作総指揮:山本 英俊

キャスト

ラン / ウルトラマンゼロ:小柳 友 / 宮野 真守(声)
本編の主人公。惑星アヌーに住む開拓民の青年。

ナオ:濱田 龍臣
ランの弟で、まっすぐで素直な性格の持ち主の少年。

エメラナ・ルルド・エスメラルダ:土屋 太鳳
本作のヒロインで惑星エスメラルダの第二王女。

ガル:平泉成
炎の海賊。3人兄弟船長の長男。冷静沈着な男である。

ギル:きたろう
炎の海賊。3人兄弟船長の次男。ガルの左手側に控えている。のんきな性格。

グル:ベンガル
炎の海賊。3人兄弟船長の三男。ガルの右手側に控えている。ギルと同様にのんきな性格。

二次元の民:石田 信之(声)
鏡の星に暮らす人々で、ベリアルウィルスに侵されたミラーナイトを保護していた。

銀河皇帝 カイザーベリアル / 超銀河大帝 アークベリアル:宮迫 博之(声)
ウルトラマンベリアルの新たな姿で、ベリアル銀河帝国の皇帝。高いカリスマ性を見せている。

 

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ウルトラマンゼロ(映画)の感想

30代女性
30代女性

等身大のウルトラマンといったところでしょうか。ウルトラマンは巨人でしょう?!と思われるでしょうが、これはウルトラマンたちの内輪揉めの話です(笑)。光の国の世界観を細かく知ることができます。ウルトラマンたちが小さくなった、というよりは、観ている人が、ウルトラマンの大きさになったと思って観てほしいです。まず、アクションが全然違います。ウルトラマンといえば、巨人らしいアクションが主流でした。巨体と巨体のぶつかりあいですから、重厚感を重視したようなかんじです。一方こちらは、めちゃめちゃ俊敏な立ち居振舞いのウルトラマンたちが観られます。まさに、等身大ヒーローの戦いかたですね。目にもとまらぬ速さで繰り広げる技や、ド派手なワイヤーアクションなど、今の時代のテンポに合わせたような、ハイなアクション構成になっております。どっしりした昭和のウルトラマンのテイストが好きな方は、びっくりしてしまうかもしれません。ですが、また違った見方ということで、毛嫌いせずに是非観ていただきたいです。ゴジラとシン・ゴジラも全然違いますが、ゴジラはゴジラです。人間シーンが多くなる作品も多いですが、こちらはほぼ、ウルトラマンです。人間シーンもありますが、圧倒的に、ウルトラマンの、ウルトラマンによる、ウルトラマンの為の映画です。光の国にご興味がある方、彼らの世界を覗いて観てはいかがでしょう。

40代男性
40代男性

今作は、青年・ランとウルトラマンゼロを主人公に、ゼロの人間態が初めて登場する点が面白い設定だと感じました。ランが瀕死の重傷を負った直後にゼロが融合するのですが、ランは弟・ナオと惑星エスメラルダの姫・エメラナとともに戦い、ゼロに変身してからはグレンファイヤー、ミラーナイト、ジャンボットが次々と仲間に加わって戦うという、それぞれ違った角度や見方でストーリー展開を楽しめるのも今作の魅力です。グレンファイヤーたち3人の性格も見事にバラバラなのも、ゼロを含めたチーム・ウルティメイトフォースゼロのバランスが面白く、特に、グレンファイヤーの明るいムードメーカー的ポジションが、ふざけながらも仲間を信頼し合うというのも素晴らしいです。ラン・ゼロだけでなく、弟のナオもまた勇敢に戦い、特にジャンボットを操縦するシーンでは、彼らが一心同体で戦うのも趣があり、子供たちにとっては新鮮で、大人たちにとってはミラーマン・ファイヤーマン・ジャンボーグAといった往年のヒーローを思い起こさせる懐かしさなども含み、ウルトラマンや特撮ヒーローファンなら誰もが楽しめる内容になっています。また、敵の首領・ウルトラマンベリアルとの戦いで披露するウルティメイトイージスにも面白いギミックがあり、ゼロが装着する鎧としてだけでなく、武器にも変形できるのも、これまでのウルトラマンシリーズ以上に楽しめる仕掛けがたくさん詰まっています。

20代男性
20代男性

私が見た映画の中で「ベリアル銀河帝国」は一番好きな映画でした。まず映画の舞台についてですが今回の舞台は地球でも宇宙でもなく別の宇宙ということであって背景が凄く神秘的で圧巻されました。特に鏡の星は綺麗な世界観でもしこの世に存在するのであれば行ってみたいと思いました。別の宇宙と記載をしましたがこの舞台設定はウルトラマンゼロを苦しめる一つの要素で別の宇宙ではウルトラマンに力を与えてくれる太陽エネルギーというものが存在しないのでウルトラマンゼロになれる変身の回数はわずか3回で「ウルトラマンゼロはどうなってしまうのか?」ハラハラしながら映画を見ましたが、彼は強かったです。もちろんカイザーベリアルもめちゃくちゃ強かったです。ウルトラマンゼロとベリアルの戦いが一番の見どころだと私は思います。次にbgmについてですがこの映画のほとんどのbgmはオーケストラで演奏されているので迫力かつ綺麗なbgmなので全曲好きになれました。特にカイザーベリアルが登場したときに流れたbgmはかっこよかったです。これからこの映画を見る人に向けて一言言いますが「ベリアル銀河帝国」という映画は前作の「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」の続きのお話なのでまずそちらを見ることをオススメします。

30代男性
30代男性

子どもの頃からウルトラマンシリーズが大好きで、新作が出るたびに欠かさずに映画館に足を運んで観ています。2009年に公開された「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の続編ということもあり、期待しながら公開を心待ちにしていました。前作で、ウルトラセブンの息子であるウルトラマンゼロに倒されたはずのウルトラマンベリアルが復活し、悪の軍団を率いるという、いってみれば「昔ながら」のストーリーですが、古くささを感じさせない映像美と、円谷作品ならではの人間(ウルトラマン)関係が物語に引き込みます。怪獣や宇宙人は、過去の円谷シリーズに登場するキャラクターをモチーフにデザインされていて、継続して観ている人には楽しめるポイントの一つになるのではないでしょうか。声優陣も豪華です。この映画じたいがウルトラマンシリーズの45周年の記念作品という位置づけで、過去のシリーズに出演していた俳優陣が集まっています。子どもたちは画面の中で繰り広げられるウルトラマンと怪獣たちのバトルに興奮し、大人たちは物語を楽しみながら、自分が小さな頃に観ていた作品を思い出しながら、童心に帰りながら作品を楽しむことができると思います。

20代男性
20代男性

本作品は2010年の作品であり、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」の続編であります。いままでのウルトラマンは地球が舞台のものが多かったのですが、ゼロが主人公になってからは銀河を舞台に活躍しているものも多く描かれるようになったのが大きな特徴ではないでしょうか。舞台が増えることにより、バリエーションが豊かになり戦闘シーンなどにもより多様性が生まれることとなり、結果としてよかったのではないかなと思います。特筆すべきポイントは子供だけではなく、上の世代で昔ウルトラマンが大好きだった人たちにも対して、昔の作品のオマージュがあることなどで、おもわずニヤリとさせられてしまうようなポイントも非常に多く、まさにいろんな世代にウケるような作りになっている所ではないでしょうか。これによって家族で見ても、違う楽しみ方ができるなんとも工夫を感じさせるポイントとなっております。今回の作品はアクションシーンもド派手で、非常に迫力の溢れる素晴らしいものとなっております。必殺技もかっこいいものが多く、思わず目を奪われるようなものが多いです。土屋太鳳がヒロインで出演しているのもポイントで彼女のファンである方もより楽しんで見れるのではないかなと思います。

40代女性
40代女性

光の国がある宇宙とはまた違った宇宙、そこが舞台となっています。倒されたはずのベリアルが銀河皇帝カイザーベリアルとして支配する世界、パラレルワールドのようなものでしょうか。最強の敵ともう一度戦わなければならないというのは困りものですが、ファイヤーマンやミラーマン・ジャンボーグAといったものたちまでもう一度見ることが出来ようとは思えませんでした。まだまだ幼いうちの息子は、ただ単に敵を倒すウルトラマンのかっこよさにくぎ付けになっているだけですからむしろ主人の方が目を輝かせていた気がします。仲間を見つけ出して共に強大すぎる敵を倒すというベタなストーリー、でも宇宙が舞台の壮大なものとなっていますしいったい誰が出てくるやら様々な要素がたっぷり詰め込まれていて、私もずっと楽しめました。ちょっとストーリーが長すぎるので子供は最後らへんは飽いていたかもしれません。宇宙といっても昔のウルトラマンは陳腐な雰囲気漂う背景でしたが、今はCGがあるからこそリアリティ抜群です。映画館でぜひとも見るべき作品、小さなお子さんに昔ファンだったパパさんたちと元々は興味が無かったママたちだってとりこにされるでしょう。イケメン俳優も揃い踏みです。

30代男性
30代男性

映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の見どころ!歴代円谷プロヒーローたちがリメイク!超豪華声優陣!あのミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマンといった「知る人ぞ知る」円谷プロのヒーローたちがリメイクされてヒーローチームを結成して戦う、円谷プロヒーローファン必見の映画になっています!さらに、その声優陣が超豪華!主人公のウルトラマンゼロは大人気声優の宮野真守さんが、さらに脇を固めるヒーローたちに緑川光(ミラーナイト)、神谷浩史(ジャンボット)、関智一(グレンファイヤー)といった超豪華キャストが脇を固め、声優ファンも必見の夢の布陣が実現しています。「光は絆だ」!受け継がれるウルトラの光!主人公の兄弟の「絆」を中心に、「絆」をテーマに描かれた物語は胸を熱くすること間違いなし!弟を救うために負傷した兄に憑依するウルトラマンゼロの姿はまるで父親のウルトラセブンを思わせてウルトラシリーズファン必見です。さらにクライマックスで登場する「あのウルトラマン」には全ウルトラシリーズファンが驚愕すること間違いなし!受け継がれるウルトラの光を、ぜひその目でお確かめください!「並行世界」を驚愕のビジュアル化!驚きの映像美☆今や多くの映画で当たり前のように使われる概念になった「並行世界」という概念。それをウルトラシリーズならではの特撮技術でビジュアル化!並行世界を突破し、これまで住んでいた宇宙とは別の宇宙へ旅立つウルトラマンゼロの勇姿は、SFマインド溢れるビジュアルで必見です。さらに他のウルトラマンが手を出せない並行世界へ旅立つ息子・ウルトラマンゼロに新たな力を託す父・ウルトラセブンの親子愛も必見!ここにも受け継がれる光の絆が描かれています。いかがでしたか?「並行世界」を股にかけるウルトラシリーズの新たな境地を切り開いたこの一作。新TVシリーズ「ウルトラマンZ」で主人公のウルトラマンゼットの師匠として活躍するウルトラマンゼロの原点として、必見です!

20代男性
20代男性

本作はウルトラマンゼロを主役としたゼロシリーズの映画の一本で『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THEMOVIE』の続編となっており、今回の映画のラスボスも前作同様にウルトラマンベリアルがタイトル通りに務めます。映画の特徴としましては円谷ヒーロー大集合とばかりに、ゼロの仲間としてそれぞれ『ミラーマン』、『ファイヤーマン』、『ジャンボーグA』から『ミラーナイト』、『グレンファイヤー』、『ジャンボット』がリファインされた姿と名前で登場し、しっかりと彼らの宿敵もベリアルの配下として登場します。そして勿論、肝心のウルトラマン達もゼロは当然として他のウルトラマン達も控えめですがしっかりと活躍しており、特に終盤に出てくる過去作品で出てきた『あのウルトラマン』の登場にはファンならば度肝を抜かれる事は間違いなしです!そしてバトルも大変豪華な作りとなっており、序盤のゼロとセブンの親子タッグバトル、ゼロが出会った少年『ナオ』とジャンバードの覚醒、前作で敗れたベリアルが仕掛けてきたゼロとの一騎打ち、そして終盤でのベリアル軍艦隊と圧倒的存在感を放つラスボスとの戦い、そしてゼロ自身の覚醒。等と盛り上がる場面が圧倒的に多く、尚且つどんな絶望的な状況でも決して諦めない単純な力じゃない心の強さを教えてくれる、文句なしに名作と言える映画です。

 

40代女性
40代女性

ウルティメース.フォース.ゼロ誕生の映画です。スケールも大きく、笑いあり涙ありと本当によく出来ています。ウルトラマンゼロがカッコいいのはもちろんですが、とにかく新しく登場するキャラクターが魅力的で良いのでおすすめです。炎のグレンファイアーなどは見ていてスカッとします。焼き鳥にして食っちまうぜーと、うちの子供は何度も言っておりました。そしてついお決まりのセリフを言ってしまいそうになるくらいツボにはいります。舞台が地球ではなくもっと広大な宇宙の話なのですが、やはり皆んなの力、皆んなの気持ちがないと勝てないという、ウルトラマンならではのメッセージは大きく流れています。最後には皆んなの力で戦うというのが大事だというのも伝わりやすいです。音楽もわかりやすく暗い感じがするとベリアル登場で、子供もワクワクしながら見られます。ベリアルは悪役で登場しながらも、この映画以降もずっと愛されていますので、ゼロとベリアルの対決は見逃せません。バラージの盾を探していたナオや、エメラナ姫などのちょっと棒読み具合が気になったりしますが、そんなの関係ないくらいに面白いです。ウルトラマンファンでなくても楽しめる映画だと思います。

30代女性
30代女性

2010年に公開されたウルトラマンゼロが主人公の2作目の映画になります。ウルトラマンゼロが好きな私にとっては、公開が待ちきれなかった映画でした。ゼロが一人で別の宇宙に行き、その宇宙で仲間たちと出会いベリアル軍に立ち向かっていく物語で最後まで目が離せなかったです。ベリアル軍に立ち向かう兄と弟と出会い、兄であるランの体を借りて活動するゼロは、弟思いの兄貴にしか見えなくて微笑ましかった。ゼロが初めて人間に憑依したのがランだったけど、人間らしいゼロの一面が見れて感動しました。弟のナオも本当の兄のように接していたなあと思った。惑星エスメラルダの王女エメラナ姫も、別宇宙からきたゼロを信じて最後まで一緒に闘ってくれました。そして、後にウルティメイトフォースゼロのメンバーになるグレンファイヤー、ミラーナイト、ジャンボットがゼロにとって大切な仲間になっていきます。このメンバーに出会ったことがゼロにとっては大きな出会いだったように思います。最初は、ベリアル軍を倒すことをあきらめていたと感じだったけど、あきらめずに立ち向かうゼロたちの姿に影響を受けて、ベルアル軍を倒すために立ち上がってくれました。ゼロは、別宇宙でも違う惑星でも関係なく仲間になることができることや協力することができることを教えてくれました。ウルトラマンゼロが、多くの仲間たちと出会い助け合い絆を繋ぎ、宇宙を救うことができました。本当に大人、子供関係なく楽しめる良い映画です。

 

まとめ

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

土屋太鳳のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました