ウルトラミラクルラブストーリー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
ウルトラミラクルラブストーリー

ウルトラミラクルラブストーリー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ウルトラミラクルラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ウルトラミラクルラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ウルトラミラクルラブストーリー(映画)の内容

映画『ウルトラミラクルラブストーリー』は、2009年6月に公開されました。

監督・脚本は2007年度日本映画監督協会新人賞を受賞した横浜聡子さん。期待の監督が送る待望のメジャーデビュー作となっております。

物語は、青森で暮らす子供みたいな青年・水木陽人と、事故で亡くした彼のことが忘れられない町子の『ウルトラミラクルラブストーリー』となっております。主人公の陽人を松山ケンイチさんが、ヒロインの町子を麻生久美子さんが演じております。他に、度肝を抜くような姿で出演している井浦新さんに、渡辺美佐子さん、原田芳雄さん、藤田弓子さんなどのベテラン俳優陣も見事集結しております。

舞台は横浜聡子監督と松山ケンイチさんの故郷・青森県。セリフは全編津軽弁となっており、見ごたえ抜群の作品に仕上がってます。

他人とのコミュニケーションを築く能力を生まれつき持たない陽人の哀しさを、マツケンにしか出来ない表現で際立たせています。
マツケンの「憑依型」「カメレオン俳優」の実力が遺憾なく発揮されている作品です。

津軽弁注釈無しは、かえってそれが『台詞』というより『音』として耳によどむことなく流れ込んできました。個人的には、何かの節目に幾度となく見たい不思議な映画です。

コメディっぽく進んでいくところもありますが、この映画自体はとても痛くて深かったです。見てて辛くなる部分もありますが僕は大好きです。

不思議でミラクルな世界に、いつの間にか魅了されていました。本作を肯定できる方と友だちでいられる。と思える作品でした。

全ての出演者の演技が好評でしたが、特に松山ケンイチさんが絶賛でしたね。

物語もタイトル通り、ウルトラミラクルなラブストーリーで大変素晴らしいものとなっております。

あらすじ

舞台は青森の田舎。祖母の農作業を手伝う青年・水木陽人(松山ケンイチ)。彼は部屋の片付けも出来ない、一日の予定もホワイトボードに書かないと行動出来ないなど、言動も子供じみた風変わりな人です。

一方、彼の町に町子(麻生久美子)という女性がやって来ます。彼女は、交通事故で亡くなった元彼氏・要(ARATA)のことが忘れられません。しかも、交通事故の際に、彼の首がすっ飛んでしまい行方不明となってしまっております。その首を探すため三上のカミサマ(藤田弓子)を訪ねてきたのです。

町子はかねしろ幼稚園で働きはじめ、そこに野菜を売りに来た陽人と出会います。陽人は町子先生に一目ぼれし、しつこくアピールするも全く相手にされません。

そんなある日、陽人は子供たちと遊んでいるうちに、誤って農薬を被ってしまいます。すると、静かで落ち着いて、言葉遣いも礼儀も正しい。町子とも人並みに話せるようになりました。

陽人は町子に好かれようと農薬を浴び続け、ついには心肺停止になってしまうのですが…。

見どころ

マツケンの好演

本作の中で、主人公・水木陽人の診断名は出ていませんが、おそらく“軽度発達障害”を抱えていることは安易に想像ができ、その難しい役どころを松山ケンイチ、通称・マツケンは見事に演じきっておりました。

海外でも、レオナルド・ディカプリオやダスティン・ホフマン、ジョシュ・ハートネットといた俳優たちが“軽度発達障害”の役を演じきっております。障害を持った方の役をいかに巧く演じられるかは、俳優の演技力をはかる際のひとつの目安になるかと思います。

本作のマツケンの演技は、海外のトップ俳優にも引けを取らない好演を見せてくれます。

衝撃のラストシーン

本作を最後まで見た大半の方は、結末に衝撃を覚えたことでしょう。

ここからは個人的な見解です。どんな姿であろうと、陽人は町子先生を助けたいということもあり、最終的に純愛が昇華したと考えました。しかし、本当の意味合いというのは、横浜監督のみぞ知るということです。

全体的に、爽やかな純愛映画となっております。

スタッフ

監督・脚本:横浜 聡子
音楽:大友 良英
主題歌:100s「そりゃそうだ」

キャスト

水木陽人:松山ケンイチ
農業を営む青年。言動や行動が子供じみている風変わりな人物。

神泉町子:麻生久美子
かねしろ幼稚園に来た新しい先生。

島田要:井浦新(旧芸名:ARATA)
交通事故で死亡した町子の元彼氏。その際に、首が無くなってまだ見つかっていない。

田中太:ノゾエ征爾
農薬を扱っている陽人の幼馴染。

柴田もつ:渡辺美佐子
陽人のおばあちゃん。

三上のカミサマ:藤田弓子
町のカミサマと呼ばれる祈祷師。

三沢:原田芳雄
三沢病院の院長。

『ウルトラミラクルラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ウルトラミラクルラブストーリー(映画)の感想

20代女性
20代女性

私は、映画『ウルトラミラクルラブストーリー』を観て、「ぶっ飛んでいるけれど純粋な主人公」と「真っすぐな恋の行方」が特に面白いと思いました。まず、ぶっ飛んでいるけれど純粋な主人公についてです。この映画では、青森で暮らす青年が東京からやって来た女性に恋心を抱いたことから物語が始まります。主人公は、子どものような純粋さを持ったまま大人になった人物で、子どもがするような行動を次々と起こし周囲を振り回してしまいます。それでも、恋心を抱いた女性に自分の気持ちを懸命に伝え続ける姿がコミカルで可愛らしく、思わず応援しながら観ていました。次に、真っすぐな恋の行方についてです。主人公に恋心を抱かれた女性は、主人公のあまりの変わり者ぶりに驚き、戸惑い距離を置こうとします。しかし、主人公と過ごす中でその純粋さや優しさなどの魅力に触れたり、自分に対して真っすぐに気持ちを伝えられたりするうちに少しずつ主人公に対する見方を変えていきます。一筋縄ではいかないながらも、主人公のひたむきな気持ちが恋を少しずつ進展させていく様子に、ハラハラドキドキしながら観ていました。また、二人で過ごしている時のほのぼのとした空気感に癒されていました。

30代男性
30代男性

この映画の異物感はものすごい。どの映画にも似ていない。毛嫌いする人がいるのもよくわかるし、その感覚はきっと間違ってないんだろう。正しくこの世を生きていくならば。しかし、この映画には、そういう正しく生きられないものが、正しく生きることができなくても認められる、受け入れられる、そういうやさしさがある。それをあたたかいと思うのか、そんなあたたかみは間違っていると思うのかは、これまで生きてきた人生とか、譲れない価値観とか、人それぞれ違うところに関わってくるので、それはもうしょうがないんじゃないか。どちらの感想にしても押し付けないのが大事かなって思う。単純に賛否が分かれる映画は世の中にいっぱいあるが、これは賛否とかそういう次元の問題じゃないかも知れない。これと同じような作品はもう出てくることはないんじゃないかとさえ思わせる特殊性がある。これはオリジナリティとかそういう言葉じゃあヌルいと思える。かと言って、「思いっきり変なものを作ってやろう!」とか、「世の中の常識から思いっきり逸脱してやろう!」みたいな変な気負いはなくて、むしろ「これが自然じゃないんですか?」くらいの感覚で異質なものを撮っているからすごい。ナチュラルに変態って感じ。これを才能と呼ぶのだとしたら、これはとてもややこしい才能を神さまからもらったんだなあと感じる。

40代女性
40代女性

松山ケンイチさん、麻生久美子さんどちらも好きな役者さんだったこともあり数年前観ました。今まで見た映画の中で5本の指に入る忘れられない映画になりました。松山ケンイチさん演じる主人公は天真爛漫で大人なのに丸切り小学生みたいな人で恋とか愛とかも意味がわからないようだったのが、生まれてはじめて好きになった人のために死ぬかもしれない手段に頼ってまで付き合おうとします。もう、壮絶です。惚れられた女性(麻生久美子)が、元の子供みたいな主人公は相手にせず、一般的な大人に見えるようになった時に恋に落ちるところは初めて見た当時はそんなに違和感や嫌悪感感じてませんでしたけど、今考えると業が深いです。その女性が失恋で意気消沈していたところに自分を手放しで好きだと言ってくれる人がくれば、恋愛関係になりそうですが、最初に好きだと言ってきた子どもみたいな人も、危険な手段で好きな人の好みのタイプに変わった人も同じ人物です。しかし、後者にひかれていくという。普通にある恋愛ものではない衝撃的な作品です。その人がその人であるということや、人間にとってだいじなものや、愛するということを考えさせられました。私の場合一番に感じたのは恐怖です。軽くトラウマになったと思います。見る価値は大いにありです。松山ケンイチさんも麻生久美子さんもキラキラしているし、松山さんにいたっては演技上手すぎて、そのせいで余計に哀しいし胸がぎゅっとします。

30代男性
30代男性

結論を先に言うならば、見る人によって評価が二分されてしまう作品でしょう。それも松山ケンイチさんが演じる主人公水木陽人のキャラクターを理解して受け入れられるかどうか次第だと思いました。水木陽人は発達障害を負っている人物で、何も知っていなければその言動は変人そのものです。それが農薬を浴びた事故をきっかけに、言動が普通の人間に変わってしまう、ある意味とんでも設定であり、見る側の価値観によって評価は全く変わってしまうことでしょう。ただし、一見まともそうに見えるヒロインの神泉町子も、事故死した元彼への未練をこじらせていて、かなり問題のある女性でした。そんな2人のラブストーリーな訳なのですが、いろいろぶっ飛んだ部分が多くて、ついてゆくのが大変です。ただ、そんなぶっ飛んだキャラクターを違和感なしに見せてくれる松山ケンイチさんの演技力は凄いなとも思いました。後、舞台が青森県ということで、登場人物たちは聞き取るのが困難なほどの方言を喋りまくります。翻訳が必要なんじゃないかと思えるレベルでしたが、そういう部分も作品の面白さの一部なんじゃないかと思います。まずは1度見てみて、自分に合うのか合わないのか判断して欲しい映画ですね。

 

まとめ

『ウルトラミラクルラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました