打ち上げ花火(アニメ映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』予告編

打ち上げ花火(アニメ映画)の動画フルを安全に見る方法

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

打ち上げ花火(アニメ映画)の内容

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、2017年8月に公開されました。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」は、1993年にフジテレビのオムニバステレビドラマの一篇として放送され、テレビドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞しました。当時は若手のテレビドラマ監督・脚本家であった岩井俊二さんの作品によるもので、1995年には映画が公開されました。

それを原作に、2017年にアニメ監督である新房昭之さんが総監督を務め、映画「モテキ」、「SCOOP!」、「SUNNY」など数々のヒット作を生み出している大根仁さんが脚本を担当、原作者でもある岩井俊二さんのアイデアを取り入れながら作り上げました。

登場人物に声を吹き込んだのは、広瀬すずさんと松たか子さんなど、声優としても活躍している女優2人と、本作で初声優となる菅田将暉さん、ほかにも声優界のトップランナーでもある宮野真守さんや梶裕貴さんなど。

また、本作のために書き下ろされた楽曲、DAOKO×米津玄師による主題歌「打上花火」は公開前より話題となりました。

 

昔のTVドラマはたしか、キャストも中学生以下の設定だった様な。アニメでは16歳という微妙な思春期を感じ取る映画だと思った。ノスタルジック的に思春期を思い出させる。そんな映画だと思う。

親友同士が同じ人に恋をするストーリー。主人公は思いもよらない現実への後悔の想いと、不思議な玉の力で時空を超えた世界へ。映画のタイトルにもなっている打ち上げ花火は、現実世界と変化させた世界の違いを上手く描く象徴になっていると感じました。下から見える花火と、横から見る花火の見え方にも注目です。

とにかく絵がきれいで、夏の暑さよりも懐かしさを感じさせる、美しい夏の情景がとても印象的でした。前半は典道や祐介やなずなに共感しながら見ました。また、魅力的なキャラや絵づくりも実にシャフトらしく、いい意味で独自の世界を描いていたと思います。

大変面白かった。たくさんある「もしも」の世界。些細なことで世界は大きく変わること、映画全体を通してそのメッセージが伝わってきた。特にラストシーンの沢山の世界が一気に見られるシーンでは、たくさんの「もしも」の世界に思いを馳せました。

本作で初共演となった広瀬すずさんと菅田将暉さんにも注目が集まったようで、しかも、菅田将暉さんは、初声優作品で、しかも声変わり前の声を出そうと若作りしていたそうです。しかし、菅田将暉さんの声と中学1年生男子の役柄が合っていなかったというコメントも少なからずありました。

あらすじ

夏休み、とある海辺の町。花火大会を前の中学校の登校日。典道(声:菅田将暉)祐介(声:宮野真守)は校内のプールで、2人が密かに想いを寄せるなずな(声:広瀬すず)に遭遇します。

2人は、なずなの前で、50メートルの競泳対決をすることに。典道は水中ターンに失敗し祐介に敗れますが、泳いでいる途中、水中で不思議な玉を拾います。一方、先にゴールした祐介は、なずなから花火大会に誘われます。

放課後、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんな中、典道は、なずなから「プールで勝ったほうを花火大会に誘うつもりだった」ことを知らされます。しかし、なずなの目的は、母親の再婚が決まり転校することから逃れるため家出をすることでした。

「かけおち、しよ」

なずな典道を誘い、町から逃げ出そうとしますが、母親に連れ戻されてしまいます。それを見ているだけで助けられなかった典道

「もしも、あのとき俺がプールで勝ってたら」

なずなを救えなかった典道は、もどかしさから、なずなが海で拾った不思議な玉を投げつけます。すると、いつのまにか、典道祐介と共にプールに戻され、水泳対決をします。何度も繰り返されるおなじ一日の果てに、なずな典道がたどり着く運命は?

そして、打ち上げ花火は、果たして横から見たら、丸いのか、平べったいのか?花火があがる時、恋の奇跡が起こります。

見どころ

広瀬すずのなずな

ヒロインのなずなは中学生ですが、精神年齢が少し上で、いたずらっぽいのが魅力的な女の子。一言一言をためながら、もったいぶりながら喋る広瀬すずさんの声が、自然な雰囲気で重みを出しています。妙に色っぽい中学生の声だと注目を浴びました。

実写をアニメにリメイク

通常はアニメを実写化しますが、本作は逆で、実写をアニメ化しています。これには、20年以上前のテレビドラマがあまりに完璧で触れなかったからだとか。

そこで、本作のプロデューサーを務めた川村元気さん、新房総監督、岩井俊二さん、脚本の大根仁さんを含む数人でアイデアを出していく作業を3年ほど行い、アニメ版リメイク映画が完成しました。岩井俊二さんも大根仁さんも映画監督として数多くの作品を世に出しています。ここに集まった合計3人の映画監督たちが、意見を出し合い名作を作り上げました。

スタッフ

原作:岩井 俊二(ifもしも「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」)
総監督:新房 昭之
脚本:大根 仁
企画・プロデュース:川村 元気
音楽:神前 暁
主題歌:「打上花火」DAOKO×米津玄師

キャスト

及川 なずな:広瀬 すず
主人公の中学1年生。美しいクラスのマドンナ的存在。母親の再婚から逃れるために駆け落ちを企む。

島田 典道:菅田 将暉
中学1年生、なずなのクラスメイト。密かになずなに想いを寄せる。

安曇 祐介:宮野 真守
中学1年生、なずなと典道のクラスメイトで、典道の親友。典道同様、なずなに想いを寄せている。

田島 純一:浅沼 晋太郎
典道のグループのムードメーカー。

和弘:豊永 利行
クラスメイト。

稔:梶 裕貴
クラスメイト。

三浦 晴子 先生:花澤 香菜
なずな・典道・祐介のクラスの担任。

なずなの母:松 たか子
再婚するなずなの母。

 

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

打ち上げ花火(アニメ映画)の感想

 

20代女性
20代女性

新海誠監督の大ヒット映画「君の名は。」と比べられがちなこの作品ですが、私はとてもおもしろく、見応えのある作品だと思います。「君の名は。」や「時をかける少女」など、時間を巻き戻したりその日をやり直したりする映画がありますが、“もしも玉“という「もし?だったら」という世界に行ける不思議な玉を使うのがこの作品のおもしろい所です。「世界平和と自分の大切な人のどちらを救うか」のような内容の物語が好きな人は、この作品をおもしろいと感じるはずです。主人公の典道とクラスのアイドル・なずな、典道のライバルの祐介との甘酸っぱい恋愛模様と、なずなの複雑な家庭環境、自分の力では変えられない現実を目の当たりにする中学生である典道となずな。中学生という大人になりきれない、でも子ども扱いもされなくなるような複雑な年齢の少年少女が織り成す様々な物語に恥ずかしさを覚えつつも、どこか気持ちに共感し、報われてほしいと願わずにはいられません。映画だと少し駆け足気味な部分もあり、繋がりがよくわからない所も出てきます。同名のノベライズ本も出ているので、映画を観た後に読めば「ここのシーンはこういうことだったのか」と補完することができますし、読んでから映画を観ると物語をスムーズに理解できて楽しめるでしょう。映画とノベライズの両方併せて楽しむことをお勧めします。また、この作品は作画が非常に綺麗に作られています。タイトルにもある花火の映像は臨場感が溢れて引き込まれてしまいますし、なずなの登場シーンも神秘的で美しく、なずなの魅力を際立たせています。物語、アニメーション、音楽と楽しめる所が盛り沢山ですので、普段アニメを観ない方にも是非観てほしい映画です。

 

30代男性
30代男性

昨今の長編アニメ映画ブームに乗って制作されたような映画で、作画などはとても綺麗で見ていても素晴らしいと思えるほどでしたが、終始、見ている側に何を伝えたいのかよくわからないストーリーの映画だったと思いました。制作会社がテレビアニメなどで定評のある会社やスタッフが大勢、名を連ねていたので期待していたのですが、全くの期待外れのストーリでとても残念に思いました。この手の長編アニメ映画全般に言えることなのですが、本職の声優さんを使わずに俳優や女優の方を声優として起用するパターンが多くあってこの映画に関しても同様でした。もちろん主演の役者さんの演技が下手という訳ではなくてアフレコとなると勝手が違うようで見ていてキャラクターのイメージと声が全く合っていない所が凄く違和感があって見ていてその辺りがとても気になってしまいました。せめてこの辺りはアフレコに慣れている本職の声優さんを起用して貰いたいと思いました。そうでなくてもこの映画はストーリーが破綻しているような展開の物語だったのにそれに拍車をかけて声がキャラクターと合っていない役者を起用したせいで余計にこの映画の評価を下げてしまっているような気がしてしまいました。

50代女性
50代女性

もしものパターンが二つあり、それぞれAパート、Bパートとして展開していくのが面白い構成だと思いました。小学生の男の子2人が同じ女の子を好きになり、プールでの勝負の勝敗で勝った方と彼女は一緒に駆け落ちをすることになりました。女の子の過程は複雑で、その影響なのか、その子がとても大人びているようにみえました。そもそも小学生で駆け落ちを考える発想が凄いと思いました。彼女の両親が離婚をし、彼女は2学期から別の学校へ転校することになりました。ですが、彼女はそれが嫌だったようで、駆け落ちをしようと思ったようです。夏休みの話らしい、花火の話題が同時進行していくストーリーが良かったです。花火はどこから見ても、同じような形に見えると思うのですが、小学生にとってはこれは大きな疑問なのだと思いました。確かに、小学生は大人が思っている以上に、いろいろなことに興味があり、敏感かもしれません。二人の男子だけではなく、その友人たちも登場し、いかにも小学生らしい会話をしていました。ですが、競争に勝った男子は友人と花火には行かずに、好きな女子と一緒に駆け落ちをする方を選んでしまいました。小学校高学年の設定だと思います。ちょうど思春期が始まった頃で、彼は友情よりも恋心を優先したような気がしました。

20代女性
20代女性

正直、タイミングが悪かったのかなと思いました。公開前に君の名はが公開されキャストの演技力や世界観にみんなが驚き大ヒットした後に『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が映画館でとなると、同じような技術でプロの声優さんをキャスティングをしてラストに残ったものがシンプル過ぎて価値の値段をつけづらかったなと思います。もし、これ単体なら、声優のファンが盛り上げてくれたのかもしれないと思います。時空を超える演出や、たまの不思議な力が何を意味するのか、こちらが感じることができなくて、本当は何か意図していたのかもしれない、評価するにも批判するにも決断を下すには正直材料が少ないのではないかなと思います。もとになった作品が岩井俊二監督という意味でも、今の世代に伝わるほどわかりやすいものではなかったのかなと思います。何か元があったり、すでに先行リリースがある作品は、どうしても力が弱くなってしまったり、脱力感が出てきてしまって、世界観を観客側に伝えるまでのパワーがないのだと思います。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』もオリジナルをなぞるように作ったがゆえに味が薄まって不味いと感じたのかもしれないと思います。

30代女性
30代女性

まず見終わって最初に思ったのは、広瀬すずちゃんの声かわいすぎる!ということ。いつも彼女の演技を見ていると、移り変わる表情や美しい仕草に目が行っていましたがアニメでの声優なので声だけ聞くとそれがかなり新鮮に感じました。すずちゃん、声優としても開花しそうですね。そして菅田将暉さんは何をしても上手すぎです。欠点がないとはこのこと…と思えてきます。ストーリーは、オリジナルの方は見たことがないので予備知識なしで挑みました。大人になる前の悶々とした日々を生きる少年少女の葛藤がすごく伝わってきて、見ていて苦しくなる場面も。この子たちくらいの年齢(中学生)だった頃って、自分と向き合うの辛かったな~ということを思い出させてくれました。この映画、小中学生のお子さんを育てている親たちが見るのもいいと思いますよ。特に子供が反抗期を迎えたという人にはおすすめ。登場人物の揺れ動く気持ちを見ているうちに、自分たちが中学生のときもそうだったなということをきっと思い出せると思います。あと、やっぱり素晴らしいのが主題歌。米津玄師さんの才能が溢れ出していて映画館の帰り道口ずさんでしまいました。映画全体の雰囲気にマッチしていたし、物語の余韻を十分に感じさせてくれるものだったと思います。

 

30代女性
30代女性

アニメや漫画から実写化するのではなく、実写ドラマが原作の作品からアニメをつくるという試みがおもしろかった。原作の実写ドラマ版では表現するのが難しいような、ファンタジーな描写や映像美をアニメならではだからこそ表現出来るところがおもしろい作品だと思った。実写版を知っている人は実際の雰囲気や登場人物がアニメになるおもしろさを見られるし、原作ドラマの実写版を知らない人でも予備知識を持たずに先入観なく見られるのがよかった。個人的には実写版の奥菜恵がアニメになるとこうなるのかと感じる楽しさがおもしろかった。主演2人の声優を務めた広瀬すずと菅田将暉の演技力や、アニメならではの背景の映像美や音楽もよかった。特に米津玄師が作詞作曲を務めた主題歌の「打ち上げ花火」は作品の雰囲気をそのまま表現していて何度でも聞きたくなる良さがあった。作品の中での映像や音楽の雰囲気や高校生ならではの登場人物達のすれ違いなど、ひと夏の青春を思い出させるようでいてとても素晴らしかった。作品の原案を作った岩井俊二監督のファンだけでなく、アニメの総監督の新房昭之ファンや声優を務めた広瀬すずや菅田将暉のファンも楽しめる作品だったと思う。

30代男性
30代男性

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」本作は1993年にフジテレビで放送されていたテレビドラマ作品『if もしも』が原作となっています。オムニバステレビドラマとして最初は制作され、複数の可能性がある若者の未来を、儚くも想いや願いが叶わずとも、これからの先には希望が無限にあると伝えた青春群像劇とも言える作品として脚本が描かれています。思春期の想いを抱いた主人公の少年・典道と祐介を軸に、幼馴染の少女なずなとの約束を、もし守ったならと、また守らなかったと、結末が二つに分かれ、片方では彼女との約束を守れずに、また親友を失望させてしまい、全てを失う結末を迎えてしまいます。しかしもし彼女との約束を守ればと、その先に幸運があるのかと思いきや、子どもゆえの現実に打ちのめされ、なずなとの想いを突き通す事が出来なくとも、悔いのない結末を迎えられたと、満足を得るのですが、それが儚く夏の夢として消える想い出となってしまうと、結末としては幸福になれたのかと考えてしまうも、本作を見て感じるのは、かつては青春の中に思い悩んだ、誰しもが抱いていただろう若狭の情熱だと言えます。もしやり直せたらと、過ぎてしまい、後悔をするも、取り戻せない時間だからこそに色褪せない夏の想い出を感じさせてくれる、そんな映画です。

20代男性
20代男性

岩井俊二が原作で、君の名は。ブームの真っただ中でその勢いもあり、当時とても注目されていた気がします。私もそういった高い話題性にに大きく影響され、劇場に足を運んで見に行きました。広瀬すず、菅田将暉等の売れっ子若手キャストを声優に起用しながらも、宮野真守や花澤香菜等のアニメ界でもトップクラスの実力と人気を兼ね備えたキャストが見事にかけ合わさっており、それも大きなニュースとなったのが記憶に新しいです。君の名は。に比べるとポップな面は薄く、見る人を選ぶ感じはありますが、その分独特なテイストや雰囲気に包まれており、より中毒性のある世界観になっていて、思わずファンになってしまった方もとても多いのではと思います。作り手は絶望先生や物語シリーズなどで人気の高いシャフトが制作しており、そちらでも話題になりました。実際シャフト独特の作風と、クオリティの高さはこの作品の大きな目玉になりました。音響や主題歌に至るまで質の高いもので飾られており、すべて含めて楽しめるエンターテイメント作品になっていたと思います。もう三年の前の映画にはなりますが、夏にピッタリな作品になっており、これからの季節にまた見返すのもいいのではないのでしょうか。

40代男性
40代男性

映画館ではなくレンタルで視聴しました。若者(学生)が時間を巻き戻して失われたものを取り戻そうとする、という物語の構成が「時をかける少女」や「君の名は。」に似てるな?と感じました。(映画の公開時期的に「君の名は。」の二番煎じかと思いましたが、調べたら元ネタは「打ち上げ花火?」の方が先でした。)主人公の声優を菅田将暉さんが演じられており、主人公は中学生なのでちょっと大人っぽすぎて違和感があるという声を聞きますが、私はあまり気になりませんでした。中学生になったらほとんどの子供は声変わりしてますし、そこから声が劇的に変わることはありませんからね。中盤少し盛り上がりに欠ける気もしますが、最後がどうなるか気になって目が離せません。ネタバレになるのであまり書けませんが、最後はタイトルの通り打ち上げ花火を色んな角度から見れるですが、ここの花火の表現がとてもすばらしく、ここだけでも見る価値があったなと思います。あの年代ではありがちな、女の子の方が妙に大人びていて男の子が子供っぽい。だけどあることをきっかけに男の子が急に大人びてくるという、私を含めていい年の大人がみるとちょっとムズムズする様な、若い頃をちょっと思い出してしまう様な展開が好きな方にはお勧めです。

30代女性
30代女性

1993年に放送され、岩井俊二監督のテレビドラマということで、当時幼い私は姉が見ている横で何となく見ていた覚えがあります。その時の主役が奥菜恵さんて可愛いと思っていました。今回はアニメ映画化ということて、話題に。そして、米津玄師さんとダオコさんのコラボの主題歌と、アニメーションの美しさがマッチしていて、青春時代の淡い体験が細かく描写されていて、とても良かったです。中学生たちは花火を見学するのに、横から見たら丸いのか?平たいのか?という話題で盛り上がっていましたが、そんな議論をする頃が一番輝いて見えたのは、無知な子供たちが自分も持っている知識と短い人生経験の中から判断する自分なりの意見を、遠慮なくぶつけられるからだと思いました。生きていく上で自然と身につけてしまった忖度など子供には関係ありません。そんな真っ直ぐな心をまだ持つ彼らだから、今回のように駆け落ちなんてことをやってみようと行動に移せたのだと思いました。クラスのアイドル的存在のなずなに広瀬すずさんが声を担当。顔も可愛い上に声までこんな可愛く、少女の感情を上手く注入していたと思いました。なすなに誘われた駆け落ちの相手役に、典道役を本作が声優初挑戦となる菅田将暉さん。カメレオン俳優と名高い彼は初挑戦ながらも少年の幼さを表現出来ていたのではないかと思います。ひと夏の経験はこんな映画のように美しくあったら良いなと思いました。

 

まとめ

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

広瀬すずのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • なつぞら

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました