ツレがうつになりまして(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『ツレがうつになりまして。』予告編

ツレがうつになりまして(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ツレがうつになりまして。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ツレがうつになりまして。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ツレがうつになりまして(映画)の内容

映画『ツレがうつになりまして。』は、2011年10月に公開されました。

原作は、細川貂々さんの30万部を超えるベストセラーとなったコミックエッセー。監督を務めたのは、2004年「半落ち」や2014年「東京難民」などを手掛けた佐々部清監督

夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。

主演の夫婦役には、2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」でも夫婦を演じた宮﨑あおいさんと堺雅人さんが、絶妙なコンビネーションで演じています。

 

このような題材の作品は少ないので、うつや会社に行けない状況の人の事を知れるというのは素晴らしい事だと思う。医療用の教材にもなるのではないかと思う。

宮﨑あおいが可愛いすぎる!ほっこりして胸が温かくなる映画だった。
人を理解するために寄り添う大切さを教えてくれる。

うつを理解して夫を支える妻と、ありがたいと感じながら何もできない悔しさに苦悩する夫。味方になる人が側にいるって素晴らしいと感じる。
自分も会社で病みそうになり、妻が支えてくれて乗り切った過去がある。堺雅人演じるツレの気持ちがわかり涙した。

本作を観てこんな奥さんがいたらいいなと思いました。辛い時、一緒に寄り添えるパートナーって良いですよね。

あらすじ

クレーム係の仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)は毎朝お弁当まで作ります。一方、晴子(宮﨑あおい)はマイナス思考で怠け者の漫画家。ツレに甘えてのんびりと暮らしていました。

ある日突然、ツレが真顔で「死にたい」と言い出します。激務とストレスによる心因性うつ病「心の風邪」で半年から1年半かかると診断。

結婚5年目でありながら、ツレの変化に全く気付かなかった晴子は、自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫ります。会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていきますが…。

見どころ

再共演の夫婦役

冒頭でも紹介した通り、主演の夫婦役を演じた宮﨑あおいさんと堺雅人さんは、大河ドラマ「篤姫」依頼、3年ぶりの共演となりました。

本作のオファーがあった時に、お互い再共演とあって、何の心配もなく夫婦役ができるなと思ったそうです。堺雅人さんは病気する役だったので、「安心して不安になれた」そうで、そんなふたりの信頼し合った芝居は見どころです。

あの人も出てる!

宮﨑あおいさん演じるハルさんの友人役で、長髪姿の吉田羊さんがハルと喫茶店で会うシーンに出演しています。

吉田羊さんは、2007年に映像作品を中心とした活動へ進出していて、本作に出演時は、NHK大河ドラマなどに出演し、有名になり始める頃。吉田羊さんの貴重なブレイク間際の姿は見どころのひとつです。

スタッフ

原作:細川貂々「ツレがうつになりまして。」「その後のツレがうつになりまして。」「イグアナの嫁」
監督:佐々部清
脚本:青島武
音楽:加羽沢美濃(編曲:海田庄吾)
イメージソング:矢沢洋子「アマノジャク」

キャスト

髙崎晴子:宮﨑あおい
通称ハルさん。売れない漫画家。

髙崎幹夫:堺雅人
通称ツレ。真面目なサラリーマン。

髙崎和夫:津田寛治
幹夫の兄。

栗田保男:大杉漣
栗田理髪店経営。ハルさんの父親。

栗田里子:余貴美子
ハルさんの母親。

津田部長:田村三郎
ウェブソフト・ラボラトリー勤務。ツレの上司。

小畑:中野裕太
ウェブソフト・ラボラトリー勤務。ツレの部下。

三上隆:梅沢富美男
ウェブソフト・ラボラトリーの顧客。

加茂院長:田山涼成
加茂クリニックの院長。

杉浦:吹越満
加茂クリニックの患者。

川路:犬塚弘
ハルさんの行きつけの骨董屋。

君塚:山本浩司
ハルさんの連載雑誌「コミック☆キラリ」の担当編集者。

書店の次男坊: 伊嵜充則
栗田理髪店に雑誌を届ける書店の次男。

市毛加奈子:吉田羊
ハルさんの友人。

編集者:伊藤洋三郎

【そのほか出演者】
水谷あつし、蟹瀬レナ、一木恵里花、中田あゆみ、奏谷ひろみ、緒沢あかり

 

『ツレがうつになりまして。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ツレがうつになりまして(映画)の感想

 

50代女性
50代女性

ハルさんもツレさんもかわいい。かわいくて、やさしくて、素敵な二人なのにどうしてツレさんがウツになってしまったのか。ウツになった人が悪いのではなく、ウツになるまで追い詰められてしまったことが悪い。悪いこととは闘うだけでなく、時には逃げることも必要だ。そんなことを優しく教えてくれる映画です。かわいい2人が時には傷つき、苦しみながらもお互いを支えあって生きていく姿に、人と関わって生きていくことは時には苦痛でもあるけれど、でも人と人との関わりこそが人を救ってくれるのだと感じました。自宅で一緒に過ごす時間が増えると、嫌いなわけじゃないけれどイラッとする気持ちもよく分かります。一方で、うつ病になったことはないけれど、うつになったら毎日当たり前のように思ってきた仕事や通勤など日常生活の全てがものすごい恐怖になるんだろうなとも感じました。うつになった人も、パートナーがうつになった人もどちらもつらいんだなとよく分かりました。ハルさんの髪型やファッション、2人の暮らす部屋のインテリアも素敵で、ストーリーに関係なく、もっと見ていたいと思うほどです。でもやっぱり、かわいい2人の笑顔が一番素敵で印象に残る作品です。

 

40代男性
40代男性

同じ体験をした方、又はしている方、自分がうつ病になってしまった方は、ぜひ見てもらいたい作品です。「身内などがうつ病になった時のリアリティあるお話」と言いたいところですが、ちょっと盛っています(映画だから仕方ない)。全てがハッピーエンドになるとは思っていませんが、うつ病に陥っている方の考え方を変えてくれるきっかけになってくれるかもしれません。うつ病になってしまった人、それを支える家族と両方の視点から描かれており、思わず納得する内容も含まれていて、今後、誰もがかかりうる可能性を秘めているうつ病というものに関して、どう気持ちを持っていけばよいか、アドバイス的なところもあります。この作品で多くの人にうつ病というものに対して理解していただき、正確な知識を身に付けてもらいたいと思います。ストーリーは、ある日突然バリバリだった人がうつ病にかかってしまい、本人、家族を含めたホロホロくるような家族愛(恋人愛?)となっています。同様の体験をしている、した方は泣き所が多く、なかなかストーリーが前に進まないかもしれませんが、1度は見ておいて損はない作品です。余談ですが、主演を演じる堺正人は、いつもバリバリのサラリーマンなどを演じている人なので、そのアナザーストーリー的な感覚もちょっと感じる部分も面白いです。

 

20代女性
20代女性

自分自身もうつ病になったことがあり、やはり「うつ病」というのは明るい話題にするのがすごく難しいはずなのに、この映画はとても楽しくストーリーが進んでいくので、うつ病経験者もそうでない人も楽しく見ることができる映画だと思いました。この病気は目に見えるものではないので本人だけでなく、それを支える周りの人たちも苦しむことが多いと思うのですがこの映画は目線がうつ病になった主人をもつ奥さんなため、ぜひともこのような病気をもった患者を抱えている家族さんにも見てもらいたい作品だと思います。話自体が重くなりすぎないようにできるだけ軽快に、楽観的な感じをみせつつ、やはり実体験に基づいているため的確なアドバイスをそこここにちりばめており、見終わると今まで自分が考えすぎていたのではないかという思いと、もっと肩の荷を下ろしてラフになってもいいんじゃないかという思いがわき上がってきました。今やうつ病はいつ誰がなってもおかしくない病気と言われているくらいよく見られる病気なので、これまでこのような経験をしたことがない人にもぜひ知ってもらいたいし、実際周りにそのような人がいるかたにはちょっとしたバイブルの一つとして見てもらいたい作品だと思います。

40代女性
40代女性

漫画を見て満足していたので、実写版は避けようと思っていたのですが、映画版のキャストを知り見てみることにしました。期待通り、宮崎あおいさんと堺雅人さんの自然な演技に引き込まれました。まぁ現実に沿っている分、決して希望に満ちた内容ではありませんが、それが嘘くさくなくていいなと思います。この作品は、確かにウツになったツレ(夫・堺雅人)の話ではあるのですが、フォーカスされているのは、ツレを見守るハルさん(妻・宮崎あおい)のほうです。ウツが悪化しないよう、相手を守り、できる限りサポートすることは確かに大事ですが、それには限界があります。ウツのツレの言葉を、宇宙語をしゃべっていることにして聞き流すシーンには「それでいいよ!」と大きく頷いてしまいました。だって人間ですもん、夫婦ですもん、弱っているときに相手をサポートすることは大事ですが、かといってサンドバックになる必要はないと思うのです。ところで、この作品を見る前は、ウツというと頑張りすぎの真面目な人がなるものという勝手なイメージがありましたが、誰しもがなる可能性があるんだなと改めて気づかされました。楽天家?のハルさんも、ツレに引っ張られてウツっぽくなっちゃってましたし、人間、一生のうちのどこかでこうやって何かにぶち当たってしまうことはあると思うんですよね。今だったらコロナの影響で先が見えないこととか、子供と旦那が家にいて、気が休まることがないとかがきっかけで、誰しも発病する可能性があると思います。映画の初めはもどかしくてイライラさせられるところもありますが、最も避けなきゃいけないこと(=共倒れ)に気づき、それを防ごうと孤軍奮闘するハルさんを応援したくなること請け合いです。

20代女性
20代女性

気分が落ち込んでいるときにこの映画を実話からの作品だと知ってうつってどんな状態なんだろう?と思って鑑賞しました。きっと現実はもっと複雑で私には想像できないようなこともあったと思い、知識としてというよりも難しいことは考えずに物語としてみることにしました。宮崎あおいさんが演じる奥さんのハルさんの一生懸命で感情的だけど愛情深くて芯の強いところや堺雅人さんの演じるツレのプレッシャーを感じてしまうどうしようもない気持ちなど、映画を観進めるうちに感情移入して心が締め付けられるような気持になり涙しました。ただ、ところどころユーモアがあり笑えるところもありほっこりするシーンもあったりと、笑ったり泣いたりで感情がとても忙しかったです。最終的にはこころが温まるというか優しい気持ちになれて、映画を観る前まで落ち込んできたのですが、すこし前向きになれた気がします。わたしの家族にはうつになった人はいないけど、自分がもしうつになったり家族がうつになったら私はどんな対応をするのだろう、ということも考えさせられました。やはり難しいことはわかりませんが、全くわからなかったことを知るきっかけにもなったし、この映画を観てよかったです。

40代女性
40代女性

うつという、少しばかりネガティブな病気になったご主人と彼を支える奥さんのお話です。どんな精神的な病気もそうですが、家族の関わり方は、とても大切なんだと改めて感じました。もちろん、奥さんも最初から上手くいったわけでなく、むしろ上手くいかないことの方が多かったかなと思います。でも、そこから諦めるのではなく、続けていくにはどうしたらいいかと考えて、実行してみる、それに尽きるのかもしれません。それにしても、この主役二人のキャスティングは良かったと思います。宮崎あおいのとぼけた感じでいて意外としっかり者な様子がとてもよく出ていました。また、真面目だけど、ひょんなところが面白くおかしいご主人が堺雅人もはまり役でした。この二人でなかったら、この映画はこんなに素敵な物語になっていなかったのではないかと感じます。うつというものがどんなものであって、周りの人や本人もどうしているのかを世間的にアピールできたものにもなっていると思います。周りを見回せば、決して少ない病気でもないのですが、何となく目を逸らしてきた気がする分野だっただけに、原作を書いた細川貂々先生も含めて、尊敬の念に値します。うつになっても大丈夫かもと少し楽になったお話でした。

40代女性
40代女性

ツレがうつになりましては、漫画を見たことがありぜひ映画も見たいと思っていました。そんな時に映画化されたと知り、とても嬉しかったです。だれでも欝になるようなことがあると思います。周りの人たちは、びっくりします。そしてなんとかして上げたいと、本人と一緒に苦しむことになりますね。しかしその中で、生きているとだんだんと自分がしたいことがわかるようになり、欝になったことも受け入れることができるようになります。人として、どんなことが理想なのだろうかと、この映画を見て考えさせられることが多かったです。そして楽に生きたらいいんだと思うことができたので、とても楽になれる映画でした。本当のうつの場合は、これをじっくり見ることができないかもしれません。しかしその時期を過ぎると、こんな気持ちはよくわかると思えるのです。人は、人により助けられる、ひとりでは生きていくことができないと、改めて感じさせらました。病気と闘うのは大変ですが、その病気がうつの場合は治ると思わないほうがいいですね。それを一緒に気長に気持ちを持って、一緒に生きていくみたいな軽い気落ちになることがいいかもしれないと、これを見て思うことができました。

50代女性
50代女性

もし、重いうつ病のご家族をお持ちの方がこの映画を観たら、リアリティに欠けるとか、そんなに甘くないといった批判があるかもしれません。しかし、これは飽くまでドラマであり、うつ病の過酷な現実を伝えるための映画ではないので、一事案として冷静に評価しようと思います。うつ病になった時、原因が分からないことも多いと思いますが、このご主人・ツレ(堺雅人)の場合は原因となる要素がありすぎでした。家で漫画を描いている妻・ハルさん(宮崎あおい)を気遣って、お弁当は自分で作り、その中には曜日ごとに決めてあるチーズを入れ、ネクタイも曜日ごとに替えて、会社に行けばクレームの電話を丁寧に対応する毎日。几帳面、神経質、過度の思いやり、不満は漏らさないという危険要素をたくさん抱えて、爆発して当然です。ただ、ツレがラッキーだったのはハルさんのような奥さんがいたことです。もともとこの夫婦の間には微妙な距離があり、あまり干渉しない関係だったせいで、ハルさんがツレの病気に気付くのが遅れ、観ていてイライラしましたが、病気を知ってからのハルさんの対応は見事でした。ツレを過度に気遣い献身的に接するようなことはしないで、近付き過ぎず離れ過ぎず、ツレが働かなくても生活できる方法を考えたことで共倒れを回避したような気がします。ちょっと個性的な夫婦でしたが、素敵な物語でした。

30代女性
30代女性

堺雅人がうつになる夫、その妻宮崎あおいの目線で生活を描いています。堺雅人演じるツレは会社員ですが、とても仕事がやりにくそうでした。クレーム対処の担当ですが、ご本人の優しい気質もあって辛そうでしたし、休むことを許されない環境や上司の理解も得られません。うつ病の人にとっては、休むことが必要という診断そのものが本人にとって自分で自分を追い詰めてしまうようなところがあるような気がします。ツレもそのような人かもしれないと思いました。つらい状況を支え、うつ病によいとされる情報を探して実行してくれる宮崎あおいはほんとうに優しいなぁと思いました。納豆や卵が良いというのは、実際そうだとも聞きます。日記をつけるというのも、うつ病の人にとっては大変な作業なんだろうなと思いました。そして2人が暮らす家がとても素敵です。こぎれいで、本棚が高く、あたたかい雰囲気があります。堺雅人のエッセイでも、この家のセットの雰囲気の良さに触れられています。イグアナを飼っているということが、少し個性的な2人かもしれないという印象でした。ラストは、漫画家である宮崎あおいのマネージャーとして社会復帰を果たします。自分に向いている仕事を探すことも、心の健康にとって大切かもしれない、と考えました。

40代男性
40代男性

不思議な静けさのある作品です。だれでも精神的に追い込まれた気分になることがありますが、そういったときにお守り代わりになる可能性のある作品です。落ちついた感じと、追い込まれて酷いうつ病になったとしてもまだ希望があるんだという事が分かる作品です。宮崎あおいが演じる妻の献身的なすがたや笑顔に威力があります。うつ病のリアルな情報が盛り込まれています。自分がうつ病になったり、家族がうつ病になったりする可能性は0ではありません。そういう時にどう振る舞うべきか、情報が盛り込まれています。ストーリーは本当に単純です。主人公である宮崎あおいの夫(堺雅人)がうつ病になるという話です。うつ病もわりと重い感じのものです。この映画の原作は実話を元にしたものです。出てくる情報はリアルなものばかりです。どんどん弱っていく堺雅人の姿がリアルです。相当念入りな役作りをしたのだと思います。最初にDVDのパッケージを見た時は、NHKのドラマ篤姫と同じキャストなので笑ってしまいました。しかも今回も堺雅人は宮崎あおいに気を使わせるという設定です。今度はすごくいいホームドラマとして仕上がっており、見る価値のあるドラマです。最初に書きましたが本当にやわらかい雰囲気のまま終わります。

 

まとめ

『ツレがうつになりまして。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました