トリック2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
トリック -劇場版2-(プレビュー)

トリック2(映画)の動画フルを安全に見る方法

『トリック劇場版2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『トリック劇場版2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

トリック2(映画)の内容

『トリック劇場版2』は2006年に公開されました。2000年夏に放送された大人気テレビシリーズ『トリック』の劇場版第2作。公開前から、シリーズ最終作完結篇(?)として話題騒然となり、最終興行収入は21億円を記録しております。
本格的な謎解きミステリーと、登場人物のユニークさで独自の“濃ゆる~い”世界観を演出し人気となった作品です。

本作は劇場版シリーズ中で、最も死者数の少ない作品で、事件の舞台を【小さな離島】と【山間部の農村】の二等分した構成になっており、ラストシーン間近の奈緒子(仲間 由紀恵)の母親である里見(野際 陽子)が事件現場に現れる。というお決まりのパターンが無いなど、劇場版としてはかなり異彩を放つ作品であります。

監督は数々の名作を生みだした堤幸彦さん。ダブル主演である仲間由紀恵さんと阿部寛さんはもちろん、名わき役である生瀬勝久さんも続投!
本作では、片平なぎささんや平岡祐太さん。また芸能界を引退してしまった堀北真希さんも出演しております。

奇術をテーマにした作品なので、マジックがたくさん出てきますが、個人的には問題ないですが直ぐにネタバレしてしまうところは賛否が分かれるかもですね。
一種のマジックショーを見てる感覚にもなれるし、全体を通して、とても面白かったです。

ゲストも思いっきり、くだらないことをやってのけるすごい作品だと思います。

雑なつくり!低予算での作成!ぶっこみすぎなパロディ!だがそれがいい!これぞトリックだ!

シリアスなシーンにも小ネタを挟んでくるのは笑えます。また、選挙ポスターの面々など細かいところまでしっかり作ってるなと思いました。
個人的には「S字カーブをL字に曲がると…」が一番ツボですので、是非見てください!

おふざけ感を貫き通し、細かいセット・演出にこだわり、見る人を飽きさせない作りになっていますね。また、シリアスなシーンでの小ネタは、本作だから出来ることだと思います。

ただ、パロディの元ネタがわからない。などのコメントもあり、年代によっては分からないものがあるかもしれませんが、それだけ全年代の方が見ている証拠になっています!

あらすじ

今回の舞台は、関東沖合に浮かぶ小さな島『筐神島(はこがみじま)』と、依頼人の住む『富毛村(ふもうむら)』の2つである。

売れないマジシャンの山田 奈緒子(仲間 由紀恵)は、マジシャンのアルバイトを解雇されて生活に困っていました。そこへ物理学者である上田(阿部 寛)が現れます。

2人のもとへ青沼(平岡 祐太)と名乗る青年が訪ね、10年前に失踪した幼なじみの美沙子(堀北 真希)を助けてほしいとの依頼を受けます。美沙子は死んでいたと思っていましたが、最近になってSOSの手紙が届いたとのことです。

報酬は村に伝わる財宝と聞いた上田は当然のごとく奈緒子を巻き込み、美沙子を連れ去った霊能力者・筺神 佐和子(片平 なぎさ)率いる『箱のゆーとぴあ』と呼ばれる宗教団体が君臨する小さな島・筐神島に向かいます。

上陸後、あっけなく信者に見つかってしまった上田と奈緒子は、入信者だと装い潜入し、美沙子を探し出しますが、予想外で衝撃の結末を迎えます…

見どころ

剃刀キスシーン

キスシーンみたいな映像があり、お楽しみポイントです。

初々しいゲスト

若手女優としてブレイクしていた頃で、当時はまだ10代の堀北 真希さんが初々しい。また、イケメン青年である青沼役の平岡 祐太さんも当時20代前半と若く、多少のぎこちない演技は本作ならではでしょう!

スタッフ

監督:堤 幸彦
脚本:蒔田 光治
製作:早河洋・島谷能成

キャスト

山田 奈緒子:仲間 由紀恵
売れない自称『超実力派の有名マジシャン』で、生活費もままならないが、トリックやインチキを見破る目は確かであり、すぐ騙されてしまう上田をサポートする。

上田 次郎:阿部 寛
物理学者で本を何冊も出しているが、すぐに古本屋に出されてしまう。美佐子に対してはデレデレした様子を見せ、彼女の一言で思わぬ力を発揮する。

矢部 謙三:生瀬 勝久
事件をより複雑にしてしまう公安部所属の警部補。誰から見てもわかるズラを常にかぶっているが、本人は決して認めない。

山田 里見:野際 陽子
長野県で書道教室を営む奈緒子の母。凄く守銭奴であり、詐欺まがいの商売でボロ儲けしている。

筐神 佐和子:片平 なぎさ
様々な能力を持つ霊能力者。『箱のゆーとぴあ』と言う教団を作り、後継者として美佐子を連れ去る。

西田 美沙子:堀北 真希(大人) / 越井 真優(子供)
富毛村で暮らしていたが、子供の頃に連れ去れてしまう。

青沼 和彦:平岡 祐太(大人)/ 塩野 魁士(子供)
美佐子の幼馴染。美佐子からのSOSの手紙を受け取り、上田教授に助けを求める。

 

『トリック劇場版2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

トリック2(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

2時間サスペンスの女王片平なぎさがやっと登場という感じでした。片平さんの、胡散臭いかんじは素敵だったし、詐欺師っぷりもよかったです。でも、ストーリーはあんまり面白くなかったです。片平さんがなんで子供をさらっていったのかが理解できなかったし、あの村がなんなのかもよくわかりませんでした。あと、青年の7を抜かすというギャグも何がおもしろいのかわかりません。ちよっと寒いところの多い話だったと思います。劇場版1の超能力者大集合とは違う話をと思ったのでしょうが、敵を一人設定にして、劇場版のような派手で長い話をもたせるのは無理があったのかなと思いました。劇場版ではなく、テレビですればいいくらいのスケールの話でした。山田と上田のコンビはよかったです。敵が箱を使ったトリックを使っていて、その謎解きもマジックの種明かし感が満載でおもしろかったですし、上田が、女の子に見つめられて、はりきる描写もおもしろかったです。上田と山田のキスシーンもあったりして、二人のファンにはうれしい展開でした。いつもの面々がいつもらしい動きをするトリックファンが見たら、おもしろい映画だと思いますが、ファンじゃない人にはあんまりおもしろくない映画だったと思います。

20代女性
20代女性

私はこのトリックシリーズをドラマ版からずっと見ていて、相変わらずの世界観と独特な間を知っている人には特に面白く見ることができると思いました。冒頭での山田の客にムラのあるマジックショー、お母さんの習字教室での時事的な子供らしくない習字、当然のように山田の家に入りこみ、流しそうめんをたしなみ、なにやら難しいことを説明する上田…。いつもの流れを崩さず、かつ少しその時の情勢に沿ったくだらなさがとてもちょうどいいと思いました。そこから本編である「筺神島」へ舞台は移り、謎のポーズと掛け声を集団で練習する姿や教祖としてあがめられる場面で明らかに怪しい宗教で行われる不可解な助言がそれまた面白く、多少のユルさとちりばめられた小ネタに目が離せなくなる不思議な魅力があると思います。蓋をあければ大したことのないトリックをいかに素晴らしいものであるかを見せつけられているときは自分もその場で謎を解こうと考えながら見ていて、山田たちと同じ目線で話が進むのがとてもわくわくします。もし、このままギャグ路線オンリーで進めばこのトリックという作品は成り立たないと思いますが、教祖が最初に宗教を立ち上げ、超能力を使っていると偽ることになった流れはとても切なく、やるせない気持ちになるのは確かです。これが本当に暴いてもいい秘密だったのか?信者たちがよりどころにしていた宗教が消えることで本当によかったのか?そんな気持ちが沸き上がってきます。そしてそのあと矢部たちのくだらないやりとりやお母さんの叫びがそんな悲しいい持ちを消し飛ばしてしまうのにそれが魅力の一つとなりえるのはトリックでしか出ない味わいと面白さだと思います。劇場版2ではその味わいが余すところなく描かれていて何度見ても楽しめる作品だと思います。

50代男性
50代男性

初回の作品から見ているのだが、相変わらず上田と山田奈緒子の掛け合いが面白い。主人公二人がヒーロー、ヒロインでなく生活にも苦労していて欠点もいっぱい持っている設定が面白い。2人の会話を聞いてるだけでも笑ってしまう。マジシャンたちの競争というか、色々な過去を持って今に至るマジシャンたちの生きざまが描かれている。霊能力というインチキ商法で食べているのも居れば、山田と上田のように報酬を目当てにインチキマジシャンのトリックを暴いて人助けしようとする者もいる。会話や小道具、現実にはあり得ないような話の中で、次第に自称霊能力者匣神佐和子の過去が明らかになって、霊能力のトリックも山田奈緒子の種明かしによって分かってゆく。この映画の魅力は、トリックの謎解きと全編にちりばめられた細かいギャグにある。仲間由紀恵と阿部寛が二枚目、美人女優ではなくコミカルな演技をしているのも楽しい。会話が漫才風にボケと突っ込みをちゃんと踏襲しているのも今風なのではないか。山田奈緒子の言葉遣いも男風に演出されていてテレビドラマの路線をちゃんと守っている。堤幸彦の演出は、細かいデテールにこだわり、20世紀少年のような古き良き時代のなつかしさも味合わせてくれる。脱出トリックは一世を風靡した引田天功を連想させるものであり、流しそうめんや「よろしくね」の振り付けもシェ-を思い出させる20世紀の昭和の香りがする。なんか子供の頃に埋めたタイムカプセルを大人になって掘り出して、家に帰って自分の部屋でぶちまけたようなそんな作品だと思う。

30代男性
30代男性

劇場版2は筐神佐和子を中心とした箱を使ったエピソードの多い作品でした。箱にしがみついて移動したり、箱の底に抜け穴を作っていたりと、やや原始的な手段が多く使われているので、相変わらずトリックに関しては深く考えずに見ることができました。筐神に対抗して、窓と鏡を使ったトリックで村を消すシーンに関しては、単純にすごいなと久しぶりに驚きました。平岡祐太・堀北真希という2人はこういったギャグっぽい作品のイメージがなかったのですが、言葉の訛りの作り方も上手かったり、上田のギャグシーンに静かに溶け込んでいたり、意外に馴染んで見えました。「よろしくね!」のポーズは観た人がついつい真似しちゃいそうなほどしつこく使われ、まさかの訓練シーンまで用意されていて、かなり印象に残りました。1番笑えるのは、完全モザイク化したゲジゲジのような存在です。上田が箱から取り出したシーンから、いかがわしいものにしか思えない見せ方で始まり、自発的に動いて山田が捕まえるところまで、100%笑える映像になっていました。もう一つの見どころとしては、ウルトラマン・ワンピースのパロディーシーンです。うまいこと入れ込んで、笑わせてくれるなぁと毎回思います。「悪魔の実」×上田のコラボレーションは必見です。

20代女性
20代女性

今までのトリックをご存知の方のイメージだと、コメディに溢れた演出と致し方なのないような犯人の動機で最後は面白おかしく大団円という形だと思います。しかし、この物語は親子をキーワードととしたラストも少し悲しい展開になっており考えさせられるような展開です。勿論、導入部分は変わらずぬるいマジックから始まりますが滑車の原理や脱出トリック、ギミック等があぁなるほど!と分かりやすくかつコロッと信じてしまうような演出でもあります。実の娘に対して、酷い仕打ちをしてしまい、でもそれは自分が生きていく上では必要なことで、私があなたの本当のお母さんだよ、と言えない心情をつぶさに描いています。ラストのシーンではその娘に自分が誰かを殺害しようとしている瞬間を見られてしまい、最早正体を明かすことは出来ないけれど数々のヒントや違和感から自分が母親だということが分かり、けれども和解をすることなく終わってしまうのがもの寂しさを感じます。宗教によって縛られている人もいれば、それで生かされている人もいる。なんとも絶妙なバランスの間をとった物語です。でも変わらずおふざけがありよくわからないCG展開や無茶が生じているけどおもしろいシーンも盛りだくさんです。

40代女性
40代女性

売れないマジシャン・山田奈緒子と変わり者の物理学者・上田次郎のやり取りが最大の見どころといっていいトリックシリーズの中でも、秀逸の作品だと思います。二人のコンビのつっこみや相手への暴言もさることながら、ゲストキャラクターの筐神佐和子を演じる片平なぎさがものすごい存在感です。サスペンスドラマの女王と言われた片平なぎさが、筐神島という孤島でいかにも怪しげな霊能力者に扮しているのですが、一見違和感しかないはずなのに、トリックの世界観に見事に溶け込んでいて、さすがだと思いました。大真面目な顔でインチキっぽい宗教団体「箱のゆーとぴあ」の教祖として笑ってしまうような儀式や、意味のわからない生活様式など、これこそトリックだという安定のいかがわしさに、少しのミスマッチさもなく、堂々と登場する様は圧巻でした。ピンチになるとお約束の、自分だけが助かろうとする上田と奈緒子のやり取りも面白かったです。二人が筐神島に来ることになるきっかけとなった美佐子と佐和子が親子だったというのは予想の範疇でしたが、美佐子のために、最後まで自分が母親だと認めずに命を落とした佐和子の心情が切ないラストでした。しんみりした結末でしたが、東京に戻ると奈緒子のアパートが更地になっていて、行くところがなくなった奈緒子が上田を追いかけるシーンで締めくくりだったので、最後までトリックらしさを楽しめます。

40代女性
40代女性

売れない貧乳マジシャン山田と、自称天才物理学者の大学教授上田が数々のトリックを破るシリーズも6年目、「突然いなくなった依頼者の幼馴染を連れ戻す」ため筺神島に向かうところからすでにトリックは潜んでいます。この映画は、死者数も1名と少なく、山田のノリツッコミや上田のCGカンフー、筺神と山田のトリック対決の行方、所々に仕掛けられた製作者側のトリックにまんまとハマりながら、ワイワイ楽しめる映画でした。さすが6年目、二人の息もぴったりで、ご自身の演じているキャラクターをよく掴んでおり、出口の選択肢を選ぶ時には、そうそうそういうイメージ!と思わずクスリ。演者もスタッフも皆が色々トリックを仕掛けて楽しみながら作品を作ったような印象を受けました。また脇を固める矢部警部補、オタクキャラのアキバ、大家さん、母の里見など、個性豊かな人々も登場し、各々がトリックを仕掛けてきます。エンディングでもあっと驚くトリックが残されており、エンドロールやら、上田と山田の掛け合いやらで最後まで気が抜けません。ストーリーもテンポよく展開され、悲しさやシリアスな部分もほとんどなく、楽しさであふれています。タイトル通り、トリックがたくさん散りばめられたこの映画は、仕掛けられたトリック探しで何度も観たくなるような楽しい映画でした。

 

20代女性
20代女性

この映画は、タイトル通りトリックがメインとなった作品です。そんなこの映画では、数多くのトリックやマジックが取り上げられており、見ていてわくわくさせられました。実際に、どのようなトリックなのかを見ながら予想して楽しむこともできます。作品の中でトリックの謎解きが行われるので、それぞれの仕掛けには驚かされました。また、この映画では多くの場面でコメディー要素が取り入れられています。一見、シリアスな謎解き映画に思えますが、ふざけたように面白いシーンが半分近くあったりしました。なので、見ていて重苦しい雰囲気になることがなく、それがこの映画の良さでもあると感じました。また、主人公2人が謎に立ち向かっていくのですが、この2人のコンビ力も見どころです。こうしたコメディー要素満載な謎解き映画にも関わらず、作品中には切ない愛の物語も描かれており、このすべてをうまくミックスした素晴らしい映画になっていました。一つの映画で、こんなにもたくさんの感情を味わうのは初めてだったので、とても新鮮な気持ちになりました。そして、見終わった後には、なぜか勇気がもらえるそんな映画です。この映画は、ぜひたくさんの人に視聴してほしいと心から思います。

50代男性
50代男性

ドラマの時からのファンですが、これはファン向けの映画だと思います。いきなりミステリー作品として見た人は「?」となると思います。ただ、ファンからすると素晴らしい作品です。大仁田厚と「サンダーファイアー涙のカリスマ」やイナバウアーなどの独特なボケや、マギー司郎がマギー本人での登場。相変わらず「貧乳」となじられている、山田を演じる仲間由紀恵さん。そのお母さんである野際陽子さんが行う選挙活動などなど、ファンでなければ「何のことだかさっぱり」というシーンが序盤から続出します。それを乗り越えても、離島に渡ってからの推理場面も相変わらずのおふざけ交じりなのでファン以外は立ち入り禁止な感じです。しかし、途中から出てくる堀北真希さんが若い、そしてダントツに可愛いです。その後も片平なぎさの貫禄と、なぜかの「ユートピア推し」を見せられながらストーリーは進みます。正直、謎解きとかはどうでも良いのです。個人的には山田と上田(阿部寛)の関係が深まってくれることを願いながら見ていました。まあ、二人がくっつくはずはないとは思いながらですが。なので、ラストで山田が上田の乗る車を追いかける空撮のシーンでは、図らずも感動してしまいました。

 

30代男性
30代男性

この作品は映画にしてもドラマで感じられた良さや面白さをそのまま生かしていて十分楽しめる、むしろ2時間じゃ足りないくらいのクオリティがあるなあと思えました。このトリックシリーズでよくある、悪いことをして自分の懐や金儲けのために暗躍している霊能力者が今回の敵になるのですがリーダーの筐神佐和子演じる片平なぎささんがまたスマートかつ可笑しく演じてくるのがさすが2時間ドラマの帝王だなあと貫禄を見せつけられたような絶大なインパクトがありました。神のように佐和子様と周りがたたえる姿はまるで昔話題になったあの宗教のトップのようで恐怖もありましたがとりあえず面白く、また可笑しくちょっとドジなアナログ感のあるインチキ霊能力をえんじていて最終的な末路が少し残念なのは心残りでしたがとてもナイスな人選だったと思います。それを一生涯暴こうとするも的外れな上田先生も相変わらずの安定感がある一方で山田演じる仲間由紀恵さんに全てもっていかれるいつもの展開も観ていてワクワクさせられました。またまだ若かりし堀北真希さんがヒロイン的な役割でうっすら登場してくるのがとても新鮮で脇役に使われているのがもったいなんじゃないかと思えました。

 

まとめ

『トリック劇場版2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仲間由紀恵のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

阿部寛のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝
  • 真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝

生瀬勝久のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

野際陽子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • トリック1
  • トリック2
  • トリック3
  • 警部補 矢部謙三
  • DOCTORS 2 最強の名医
  • DOCTORS 3 最強の名医
  • 新春ドラマスペシャル DOCTORS~最強の名医~2015
  • DOCTORS 最強の名医 SPECIAL
  • 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房
  • サラリーマン金太郎
  • サラリーマン金太郎3
  • アットホーム・ダッド スペシャル
  • 7人の女弁護士(2006)
  • 7人の女弁護士(2008)
  • コントレール~罪と恋~
  • 必殺仕掛人

堀北真希のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

平岡祐太のU-NEXT配信作品

【映画】

  • しあわせのパン
  • NANA
  • 縁 The Bride of Izumo
  • 女の機嫌の直し方
  • Presents うに煎餅
  • 恋とオンチの方程式
  • トリック劇場版2

【ドラマ】

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました