トリック1(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

トリック1(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『トリック1』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『トリック1』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

トリック1(ドラマ)の内容

『トリック1』は、テレビ朝日系列で2000年7月から9月まで放送されたフィクションテレビドラマシリーズです。「金曜ナイトドラマ」枠で放送され、平均視聴率 7.9%、最終話では9.9%を記録いたしました。

本作が最初の物語となっており、これをきっかけに大人気となったトリックはドラマシリーズが3期、2時間でのスペシャルドラマが3作品、劇場版が4作品放送されております。

シリーズから一貫して「奈緒子と上田vsインチキ霊能者」という図式を通しているものの、稀に犯人捜しから始まるパターンもあります。また「人間が引き起こす超常現象を解明していく」というスタンスですが、超能力を実感させるエピソードも存在します。

コメディ要素が全面的に押し出されている反面「犯人が逮捕前に死亡する」「事件解決してもなお被害者が救われない」など、シリアスなバッドエンドも持ち味です。

出演者には芸人、コメディアン、また過去に話題になったタレントらが多数起用されており、毎週視聴者を楽しませておりました。

 

トリックは名作です。20年も前の作品なのに古臭さがなく、今の価値観だったり、どの時代で見ても変わることなく面白いです。そして、若かりし頃の仲間由紀恵の美しさも見惚れてしまいますね!

ドラマは安っぽいものが多くてあんまり好きじゃない。ですが、この作品の売りは胡散臭さだと思い、その安っぽさがむしろいい味を出しているなって思い、価値観が変わりました。

山田(仲間 由紀恵)と上田(阿部 寛)の絶妙な掛け合いがとても面白いドラマです。どこがどう面白いか説明しろと言われると難しいです。山田と上田だからこそ面白いんだとしか言えないです。いい意味で非常に平和な作品。

トリックの中で、このシーズン1が一番面白いと思います。暗くて怪しくて不条理で、別の世界にトリップしたかのような雰囲気が、初期には色濃く漂ってます。

仲間 由紀恵さんと阿部 寛さんの絶妙な距離感と掛け合い、爆笑までとはいかないシュールな笑い、締めるときにはしっかりと締めるオチ、どれも癖になりついつい観てしまいます。ところどころに下ネタも有りますが、それもクスリと笑える程度のものです。

安定した内容が続き、飽きることなく最終話まで見終われる作品となっています。人気が高いのも納得です!

あらすじ

ある日、自称天才マジシャンである山田 奈緒子(仲間 由紀恵)は、いつも通りマジックショーを披露しますが、観客もまばらで一向に盛り上がりませんでした。見世物小屋のオーナーは、奈緒子に「華がない」と伝えクビにしてしまいます。さらに、「霊能力者のふりをして、これに出ろ」と週刊誌を見せます。

そこには、物理学者・上田 次郎(阿部 寛)が霊能力者を募集しており、彼に霊能力を認めさせることができた者は、賞金が受け取れるという旨が書いてありました。

金欠の奈緒子は、上田の元を訪れました。個性もなければ話術もない、だが才能はある奈緒子の奇術を、上田は本物の超能力者だと確信。上田は賞金をもとに、ある超能力者のトリックを暴くことを依頼しました。

この瞬間から、“霊能力”のウラに隠されたトリックを暴く、不思議なコンビが結成されました。遠隔透視、読心術、空中浮遊…、本当の超能力者かも?と不安に駆られながらも、2人は真実に向かって走り続けます!

見どころ

この物語の主題歌を担当した鬼束 ちひろさんが出演し、最終話のエンドロールにて主題歌の『月光』を歌唱しております。

このシーンのために、鬼束さん自身もロケに同行しております。

スタッフ

脚本:蒔田 光治(1~5話、9~10話) / 林 誠人(6~8話)
演出:堤 幸彦(1~3話、9~10話) / 保母 浩章(4~5話) / 大根 仁(6~7話) / 木村 ひさし(8話)

キャスト

山田 奈緒子:仲間 由紀恵
自称売れっ子奇術師の貧乏人。上田の相方として、インチキ超能力者のトリックを見破る。決め台詞は「お前のやったことは全てお見通しだ!」

上田 次郎:阿部 寛
日本科学技術大学の助教授で、自称天才物理学者。怪奇現象を見ると気絶し、簡単なトリックにすぐ騙されてしまう。事あるごとに奈緒子に頼っている。

矢部 謙三:生瀬 勝久
奈緒子と上田が事件に遭遇すると、なぜか決まって現れ、事態をさらに複雑にしていく公安部所属の警部補。

山田 里見:野際 陽子
奈緒子の母。奈緒子とは対照に金儲けが得意であり、彼女も奈緒子と同じく笑うのが下手である。

 

『トリック1』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

トリック1(ドラマ)の感想

 

30代女性
30代女性

主人公である仲間由紀恵さん演じる山田と阿部寛さん演じる上田の出会いが描かれており、今後続くシリーズの始まりとして見るべきだと感じます。売れないマジシャンである山田のお金に困った生活感がコミカルに描かれており、その弱みに付け込むように山田に仕事に依頼に現れる上田の姿が毎回見どころでした。登場の仕方が毎回独特で、阿部寛さんの個性的な演技にぴったりな役柄だったと思います。上田は自称天才物理学者であり超能力の類を信じないと言いながら、山田が見せた超能力と称するマジックにあっさり騙されてしまう姿は山田と上田の関係性が決まった決定的な瞬間に見えました。毎回研究費の高額寄付により承諾してしまった超常現象の調査依頼について、お金をちらつかせ山田に協力依頼を持ち掛けますが、実は怖いからというのが見え見えな上田の姿は可愛らしささえ感じました。調査に訪れた先で超常現象を次々と暴いていく山田の姿が見られましたが、解決しないまま犯人と思わしき人物の死や本当に超能力だったのではないかと思う結末にどこかスッキリしない感は残りましたが、残る不明確さが続く霊能力調査の伏線となっていたように思えました。個性的な役柄やコミカルな展開が見られながら、ハッピーエンドがないまさかの結末という、それまでのストーリーにかみ合わない展開が魅力に感じるドラマでした。

20代男性
20代男性

続編も多く製作され、テレビドラマだけでなく映画にまで進出しているTrickシリーズの元祖です。監督は「金田一少年の事件簿」「イニシエーション・ラブ」などのミステリ作品だけでなく「池袋ウエストゲートパーク」や「世界の中心で、愛をさけぶ」でお馴染みの堤幸彦氏。主人公を演じるのは仲間由紀恵さん、阿部寛さんと個性的な役柄の多いお二人です。なんと言っても二人の掛け合いが面白いですね。現代のドラマは勿論、YouTuberの映像を見ていても、編集の仕方はこの作品に通ずるものがあります。主人公二人の周りも、生瀬勝久さん、野際陽子さんと個性の光る役者さんが多いです。生瀬さんの演技力もあって、演じている警視庁の矢部の憎たらしさが非常に強くなっていると思います。内容に関してですが、初めの事件(母之泉)から結構攻めています。特にオチは、お、そうくるか…と言った感じです。勿論、現実にはあり得ない動きや設定なども多くありますが、登場人物の台詞回しやカメラワーク、ドラマならではのやり方で笑える部分がたくさんありますので全く問題ありません。あとは主題歌、鬼束ちひろさんの「月光」はとても有名ですね。エンディングの映像も相まって雰囲気がとてもあります。

30代男性
30代男性

人気シリーズとなった原点です。初期のトリックが一番好きというファンは多いです。独特の暗さというかシュールさが絶妙で、製作者の挑戦的な意気込みが最も感じさせられる作品だと思います。ギャグや小ネタが売りのドラマなのですが、その按配もちょうど良くクスッと笑わせてくれます。そしてシーズン1の特徴はストーリーのバックグラウンドがしっかり在ることではないでしょうか。山田の出所や能力の秘密はシーズン2以降では振られててきません。この作品にはそういった謎もあり見ごたえがありました。演出も今ほどくどくないのでシンプルなのも高評価です。トリックの大きな特徴は救いようのないラストなのですが、その後味の悪さもハッピーエンドの多い日本のドラマの中では新鮮に映るかもしれません。また、その救いようのないラストの後に流れる鬼束ちひろさんの月光がまた最高にいいのです。曲はもちろん映像もどこか良い意味で気味が悪く儚げでトリックの世界観にバッチリ合致しています。これ以降のシリーズも鬼束ちひろさんお曲が使われていますが、やはり月光が一番好きです。このように堤監督による独特の演出で多くのファンを生んだシリーズの原点にして頂点でもあり、これから先も決して時代遅れにはならず、語られ続けていくドラマだと思います。

20代女性
20代女性

20年前に放送され、ハマって見ていた作品です。仲間由紀恵さん演じるマジシャンの奈緒子と、阿部寛さん演じる物理学者の上田のコンビが非常に良いバランスで、テンポの良いやり取りがとても面白いです。天才物理学者であるにも関わらず、何でもすぐに信じてしまう上田の憎めないキャラクターに親しみを覚えます。また、その上田に対し、「そんな訳ないだろ」と、鋭く突っ込む奈緒子がカッコよく感じます。そんな2人のやり取りに、思わずクスッと笑ってしまいました。超怪奇現象のトリックを暴くという、少しオカルトチックなストーリーの中でそういう笑えるシーンがあるからこそ、怖がらず安心して見ることができている気がします。また、奈緒子の「お前のやったことはまるっと全てお見通しだ!」という決め台詞が非常に印象的です。エピソード途中には、怪しげでいかにも騙していそうな登場人物のトリックを、なかなか見破ることができず、もやもやとした気分を感じます。しかし、エピソード最終話には、奈緒子がカッコ良い決め台詞と供に、どんなトリックでも見破ってスッキリとさせてくれます。オカルトとコメディ、ミステリーの要素を上手く調和させた、非常に面白い作品だと思います。

30代女性
30代女性

初回はかなり引き込まれる内容でした。山田奈緒子役の仲間由紀恵さんがただただ不気味な笑顔を浮かべるのはかなり怖かったですし、頭が良さげで身長が高く口だけっぽい上田次郎役に阿部寛さん。なんだか凸凹コンビだな、という印象でしたが、かなり面白い導入。このまま見進めていたら何か面白いことが起きるのでは?と進めていくと、どんどん山田がおかしな方向へと向かっていきます。それもそのハズ、制作に堤幸彦さんのお名前があります。彼はこれまで手がけたドラマの中で美しい女優さん・カッコイイ俳優さんに変なあだ名や特徴を付けるのが通例でした。今回も仲間さん演じる山田には貧乳、阿部さん演じる上田は巨根となかなか見ることのできない秘密な特徴を前に押し出してきました。そのうち上田さんはその特徴で危機を脱出していたりするのですが。その他の脇役の人達もかなり豪華で、刑事の矢部役に生瀬勝久さんがいたり、毎回ゲストに有名な女優・俳優さんが登場するなど、ゲストもかなり気になる内容でした。話が進むにつれて、山田の父の死の真相だったり母の秘密が暴かれて行ってかなり面白い内容になって行きます。それに伴って山田もどんどんキャラ変していきます。それがかなり面白くてついつい見てしまうドラマです。

 

30代女性
30代女性

1の1話めの、母の泉は、その後の話にも関わってきて、制作陣も気に入ってる話なんだなと思いました。ここから全てが始まったのだから感慨深いです。山田と上田の出会いが、山田が霊能力者だと上田を騙して始まるってのもおもしろいし、上田が怖いことが起きると気絶するキャラも既に確立していたし、二人の掛け合いもすでに出来上がっていてよかったです。山田はまだまだ若く、知り合いが亡くなり、怯えたり、錯乱したりしていて新鮮です。矢部刑事も、第一部下の刑事も、結構、山田に絡んだりして、このころのほうがめだってた気がします。トリックらしい小ネタもこのころから顕在でした。村の案内板とか映して、小ネタを映したり、一瞬すぎて気が付かない人もいるだろうってところにも遊び心満載です。第一1シリーズの話はどれも好きですが、お気に入りはミラクル三井の話です。上田が捕まっちゃって、矢部刑事が上田の代わりに山田の相棒みたいに活躍する場面もあって、矢部ファンにはうれしかったです。矢部刑事は、いつも山田には冷たい感じでしたが、二人っきりだと結構いいコンビぶりでした。また、敵役のミラクル三井がわるいやつなんだけど、哀れで、切ない話で、気に入ってます。

60代男性
60代男性

「トリック1」は、2000年に放映されたテレビドラマですが、大いに好評を博したことから、続編となる連続テレビドラマが第3シリーズまで、またスペシャルドラマ3本に映画が4本、さらにはスピンオフ作品に至るまで、長期間にわたって多数の作品が製作され続けました。この大人気シリーズとなった「トリック」ですが、全編を通じての基本的な筋立ては、仲間由紀恵が演じる極貧のマジシャン山田奈緒子と、阿部寛が演じる物理学者の上田次郎が、手を組んで奇妙な難事件を解決していくという比較的単純なストーリーです。では、この単純な筋立てで、どうしてこれほどまでの人気を集めることになったのでしょうか?まずは、主人公たちのキャラクターの魅力だと言ってよいでしょう。カッコよさはまるでなく、何とも世間離れしたとぼけた味わいの人物像なのですが、キャラ設定の妙と演じる役者さんの演技力が相まって、違和感なく視聴者を引き付けていきます。言い換えれば「こんな人いる訳ない。」とならずに「こんな人がいたら面白そう。」と思わせてくれるのです。次に、それぞれの事件で扱われるミステリーのレベルの高さがあります。テレビドラマとしては最高レベルのグループに入るのではないでしょうか。一般の視聴者には、とても想像がつかないような技巧を駆使した仕掛けが盛り込まれており、謎が解明された場面での視聴者の納得感には十分なものがあります。加えて「お前のやったことは全てお見通しだ!」という飽きの来ない決め台詞や、他作品のパロディなど劇中にたくさん散りばめられた小ネタの面白さも忘れられません。その一方で、事件の背景に潜む人間ドラマもしっかり描かれていて、秀逸なエンディング曲と併せて、深い余韻を醸し出します。トリックシリーズは全編中どれから見ても楽しめますが、一つ選ぶならやはり時系列ということで、最初に放映されたトリック1から見るのがお勧めです。

20代男性
20代男性

記念すべきトリックシリーズの第一弾で、ビデオを借りて全部視聴しました。他のドラマには到底できないようなオリジナリティのある不気味で独特な世界観が築き上げられており、堤幸彦監督の優れたセンスと手腕が遺憾なく発揮されているなと強く感じました。主人公である山田と上田がどことなくリアリティさがあるキャラクターで、妙に生々しいのが堤幸彦監督らしいアクのある設定だなと感じました。劇中のエピソードで切り込んでいる題材もおどろおどろしいものがとても多く、そこにも優れたオリジナリティを感じました。直接カルト集団のような部落に足を運んで問題を解決しに行ったり、怪しい霊媒師や詐欺師と直接対決をし、時には命をかけてまで勝負をするなど見ていてハラハラドキドキし、手に汗握るような展開のものばかりで一話一話のエピソードがとても濃いです。そしてシーズン1で特筆すべきポイントといえば、クセの強い下ネタが劇中に多く出てくることです。このセンスがまた絶妙であり、とても強烈なので見ていてとてもインパクトがあり、しばらくゲラゲラ笑ってしまうほどです。ただ、エピソードによっては結末が後味が悪いものがあったり、そういった所でシリアスとコメディの上手い配分がなされていたと感じます。今なお見ても同じような作品がないことから、日本のドラマ史上に残る作品であり、改めて見てみても面白い作品に仕上がっているのではないかと思います。

30代男性
30代男性

最初の仲間由紀恵演じる主人公の山田さんの自宅アパートのボロさの衝撃は当時子供で観ていてもすごく感じてこんな狭い部屋にこんなきれいな人でも住むんだと妙な違和感を感じる設定に思えました。そのアパートの大家とのやりとりもいずれお馴染みにはなりましたがたまに登場するのがまた面白さを倍増させているように感じられました。後の旅先での相方ともいえる阿部寛さん演じる上田はガタイがよくてそこそこビジュアルもグッドな大学教員なのにパッとしない独特な雰囲気がシュールで印象に残りやすかったです。作中に出される上田の自己啓発っぽい本も実際に欲しくなってしまうほど可笑しかったです。頑固で理にかなっていることをいつも言っているんだけどもなんかビビっているふわふわしたキャラクターがなかなか面白かったです。この二人のやりとりがいつもコントみたいでいつ見ても飽きない安定感が作中に漂っていて90年代の名作ドラマシリーズの一つだと個人的に感じられました。また、毎回犯人役で登場してくるゲストもほとんどが有名かつ癖や特徴のある人を起用してくれたり変ななまえやインチキ臭い設定なんかをもじって展開させてくるのが当たり前になっているのもとても面白かったです。

20代女性
20代女性

トリックシリーズの大ファンですが、やはり1の魅力を書かずにはトリックの良さを伝えることはできません。大人気俳優の阿部寛さんと大人気女優の仲間由紀恵さんがメインというだけでも十分に見所ですが、やはり一番の醍醐味はその脚本にあります。サスペンス系のドラマではシリアスなシーンが多く、最初から最後まで気を張って見て疲れるというデメリットがありました。その点トリック1ではユーモアのあるギャグを織り込み大人じゃなくても楽しめるストーリー展開、笑いのツボを的確に捉えたセンスでしらけることもなく笑いながら見れるドラマは新しいジャンルを築いてくれました。多くのファンがいることやシリーズ化されていることからも人気の高さが伺えます。また、ギャグを組み入れることから予想外の展開や結末に辿り着くことがあり、「飽きの来ないドラマ」がトリックです。村の描写一つ取っても「昔からの習慣」や「村だからこその排他的な感じ」が上手く表現されていて、もしや今も日本のどこかには同じような風習の地域が存在するのではないか?といった漠然とした不安感も彷彿とさせます。
主人公が売れないマジシャンと言うのもサスペンスではなかなか聞かない設定で、展開が読めないのがこのドラマの面白いところです。

 

まとめ

『トリック1』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

仲間由紀恵のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

阿部寛のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 海よりもまだ深く
  • 花とアリス
  • ステキな金縛り
  • 疾風ロンド
  • 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
  • 祈りの幕が下りる時
  • カラスの親指
  • テルマエ・ロマエ
  • テルマエ・ロマエII
  • つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
  • チーム・バチスタの栄光
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 海辺のリア
  • 自虐の詩
  • ゴジラ2000ミレニアム
  • 魍魎の匣
  • 僕たちは世界を変えることができない。
  • 天国からのエール
  • 新GONIN1
  • 新GONIN2
  • 大帝の剣
  • バルトの楽園
  • 伝染歌
  • しあわせ家族計画

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝
  • 真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝

 

生瀬勝久のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

野際陽子のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 溺れる魚
  • いつまた、君と 何日君再来
  • 日本侠客伝 血斗神田祭り

【ドラマ】

  • トリック1
  • トリック2
  • トリック3
  • 警部補 矢部謙三
  • DOCTORS 2 最強の名医
  • DOCTORS 3 最強の名医
  • 新春ドラマスペシャル DOCTORS~最強の名医~2015
  • DOCTORS 最強の名医 SPECIAL
  • 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房
  • サラリーマン金太郎
  • サラリーマン金太郎3
  • アットホーム・ダッド スペシャル
  • 7人の女弁護士(2006)
  • 7人の女弁護士(2008)
  • コントレール~罪と恋~
  • 必殺仕掛人

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました