虎影(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
斎藤工が忍者に!映画「虎影」予告編 #The Ninja War of Torakage #movie

虎影(映画)の動画フルを安全に見る方法

『虎影』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『虎影』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虎影(映画)の内容

映画『虎影』は、2015年6月に公開されました。製作の経緯は、三重県伊賀市で「伊賀の國 忍者映画祭」を開催するにあたり記念映画として企画された作品です。

監督は、特殊メイク、特殊造型に定評があり、映画『進撃の巨人』の特殊造型プロデューサーを務め、世界も注目する鬼才・西村喜廣さん。

主演は、天性の運動神経を活かした実力派俳優の斎藤 工さんで、特にアクションシーンは必見です。

本作は、世界各国の映画祭に続々と出品され、世界が注目する新時代のアクション・エンタテインメントが誕生しました!

前情報なしで何気なしに見ましたが、とても楽しめました。童心に戻れる作品で、是非とも続編がみたいです!

斎藤工ファンなら必ず満足します。アクションシーンや表情などカッコ良さが溢れてますが、その中のお茶目な彼も見れて最高です!

本作は「家族」がテーマになっていて、温かい作品だな。と思いました。嫌なことがあった時に、虎影のアクションシーンや虎影が妻や子供に対する思いを見て癒されてます。個人的には凄く好きな作品です。

全ておいて堅苦しさがなく、観る人を飽きさせない工夫がされている感じがあって私は好きですし、内容も良かったです。

ギャグ+アクション=香港映画という古き良き時代の挑戦的な作品となっており、難しいことなど一切考えずに観れる作品としての評価も情報に高いですね。

この作品は、観る度にまた観たい!と思えてしまう、懐かしさや家族愛を感じさせてくれます。

あらすじ

5年前、最強の忍であった・虎影(斎藤工)は忍の世界から相応の罰を受け、忍者家業から足を洗いました。今は、元くノ一だった月影(芳賀 優里亜)と一人息子・孤月(石川 樹)と農家として穏やかな暮らしをしていました。

ある日、かつて虎影の忍時代の女首領・幻斎(しいな えいひ)が現れました。彼女の目的は宝の地図を揃えることです。既に手にしている「黄金の巻物」には対となる「銀の巻物」があり、それを合わせると本当の宝の位置がわかるようになっています。
幻斎は、その「銀の巻物」を盗んでくるように虎影に依頼します。

しかし、忍の世界から抜けたのだからと断る虎影に、幻斎は彼の弱点である息子の孤月を誘拐しました。大事な息子のため、やむを得ず2日間で「銀の巻物」を盗んでくることを約束しました。

こうして、虎影は愛する家族を守るため、一度は手放した刀を再び手に取り、5年ぶりに忍としての仕事をすることになりました。

「銀の巻物」を盗みだし、大事な一人息子・孤月を取り戻すことが出来るのか?

見どころ

素敵な斎藤工が見れる

斎藤 工さんの趣味が合気道、カポエラ、ボクシングで、格闘技にも精通しているため、本作のアクションシーンでは、スタントマンを使わず自ら体を張っての撮影を敢行しております。
鬼気せまる表情など幅広い表現力が見られると共に、カッコイイ殺陣アクションが満載です!

そんなカッコ良さの反面、「うんこの何が悪い!!俺は狐月のうんこを一生懸命拭いた!!老後は妻のうんこを拭く!それが家族の絆」
など、今まで見たことのない、真面目な顔でのうんこ連呼などギャグシーンも見れます。

上戸彩さんと共演した『昼顔』のような、セクシー俳優のイメージとかけ離れた、斎藤工の新しい一面が見れる作品です。

秀逸なライバルたち

影虎のライバルである“鬼卍”一味は素晴らしく秀逸です。

“目なし”(演:水井 真希)。不気味キャラで子供が見たらトラウマになってしまいそうルックスの持ち主。監督の特殊メイク技術あってこそです。

鬼十字(演:清野 菜名)。唸るばっかしでセリフがひとつもなく、端役の一人ですが光るものがありました。そして、園子温監督からお墨付きのアクションシーンは本作でも健在です。

鬼卍(演:三元 雅芸)。虎影との戦闘シーンは非常にカッコいい。さらに、鬼卍と虎影が並ぶシーンは超絶カッコいいです!今までに、三元さんは、これまでにも忍者関連作品には色々出演されており、忍者のいろはを知っているからの動きに注目です。

スタッフ

監督:西村 喜廣
脚本:西村 喜廣 / 継田 淳
音楽:中川 孝

キャスト

虎影:斎藤 工
かつて最強と呼ばれた伝説の忍者。今は忍者家業から足を洗い、妻・月影と息子・孤月と農家を営んでいる。

月影:芳賀 優里亜
元くノ一。虎影と結婚する際、一緒に忍者稼業から足を洗った。

孤月:石川 樹
虎影と月影の一人息子。

東雲幻斎:しいな えいひ
昔、虎影が所属していた忍者集団・焔衆の女首領。

夜馬:鳥居みゆき
東雲幻斎の部下。

リクリ:津田 寛治
邪厳藩藩主で「銀の巻物」を所有している。

鬼卍:三元 雅芸
鬼十字:清野 菜名
虎影のかつてのライバル。今は、リクリに用心棒として雇われている。

謎の男 : 板尾 創路
物語の終盤に登場する

謎の男 : ジウン
物語の終盤に登場する

フランシスコ : 村杉 蝉之介
本作のナビゲート。“忍術(手裏剣)”についてのうんちくを語ったりしている。

羅厄 : 島津 健太郎

目なし:水井 真希

美穂土:屋敷 紘子

女楠 : 三田 真央

瑞希:松浦 りょう

徳三 : 仁科 貴

しの : 黒岩 桃子

長杏 : 若林 美保

耶巌衆 : 小場 賢

耶巌衆 : 石堂 夏央

烏丸ハヤメ:矢野 満咲起

焔忍者 : 江藤 修平

焔忍者 : 森田 将士

 

『虎影』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虎影(映画)の感想

20代男性
20代男性

人気イケメン俳優の斎藤工さんが主演を務める、アクションコメディの時代物映画でした。忍者を引退した斎藤工さん演じる虎影が妻と我が子を人質にとられ再び忍者に戻るお話でした。最初は斎藤工さんがカッコよく忍者っぽい方ならアクションで敵を倒す映画かと思っていましたが所々でゆるさのあるお話でした。アクションシーンもありますが、思わずクスッと笑ってしまうようなゆるさが見どころでした。しかし設定だったり物語の展開はかなり本格的な忍者映画だと感じました。かつては最強と言われた実力のある忍者が、今は貧しくても家族との幸せな時間を過ごしている。愛する家族のために再び剣をとりそこにまた新たな刺客が現れ闘う。簡単に言えばそんな内容でシリアスな部分や真面目な戦闘シーンも有るのですが、時より見せるコメディというかなんともいえないお笑いの要素がツッコミどころ満載な映画でした。100%コメディでも100%シリアスなアクションでもなく両方を半分半分融合させていて、そのギャップがまたよかったです。本格アクション映画なら大人の特に男性の好みかもしれませんが、この映画は私的にはお子さんと一緒に見るのもアリかなと思いました。是非機会があれば一度ご覧になってみてください。

 

40代女性
40代女性

時代劇も廃れてきている中で忍者ものというのは珍しいのではないでしょうか。ごく普通に日本の戦国時代かと思いきや、リクリという人物名や着るだけで力が増幅するという能力を持つ鎧などが出てきて微妙にファンタジー要素もあるのです。かつては最強の忍者だった虎影も引退して力は衰えているのでしょうか、忍者一家の息子が人質にまんまと奪われてしまうなんておまわりさんのいる派出所に忍び込んで盗みを働かれるようなものです。息子を盾に仕事をさせるよりも、幻斎がそのまま巻物を盗みに入った方が良いのではと思ってしまいました。その巻物とは銀の巻物、金と銀の二つを合わせると財宝の地図となるなんて設定もこの時代っぽさがありません。妙に現代チックで、だからこそ時代物は苦手だという方でも入り込みやすいのかもしれません。何しろ虎影だってあの斎藤工君です。闘いも正統派でグロさもなく、普通に観ることが出来ました。たった2日と期限を決めた意味はよく分からず、もう一度訓練をしてかつての力を取り戻してからの方が良かった気がします。ほどほどに力を抜いて、子供と一緒に観られるエンターテインメントです。きっとこの名前は赤影を意識しているのでしょう。

20代女性
20代女性

戦国、忍者という私が好きなテーマだったので見ましたが、思っていた映画と大きく違いました。戦いの中で生きる男たちの勇敢な姿が見れるのかと思っていましたが、ただただ派手なコメディでしたね。それは緊張したりハラハラするような内容ではなく、リラックスしながら見れるコミカルな映画でした。期待外れではありましたが、ギャグ映画としては最高の出来でしたね。日常で嫌な事があったり疲れている時に見ると元気になれそうです。CGや演出が低予算っぽいところも、この映画の大きな魅力なのだと思います。忍者にも家族愛があるんだなと、ほっこりするシーンもありました。最初からラストまでテンポ良く進んでくれるので、飽きる事なく楽しめたのは良かったです。身に付けた技術や能力も人間離れしているため、非現実的な要素が強かったです。強いしかっこいいけれど中身は普通の人間なので、デンパったりビビったりするのが面白かったです。ダサくて人間臭い斎藤工さんが、この映画の主人公なのですが…彼は素晴らしい役者さんですね。売れてかっこいいキャラクターを演じる事が増えてきても、こういうギャグ映画に出てくれるんですね。殺陣やアクションシーンも見ごたえあって良かったです。

30代男性
30代男性

隠棲していた最強の忍者である主人公虎影が、妻子を人質に取られてしまい、意に反して財宝の争奪戦への参加を強要される物語ですが、とにかく次から次へと襲いかかってくる刺客たちとの壮絶な闘いが連続します。「伊賀の國 忍者映画祭」の記念作品だそうですが、まさに忍者らしい特撮アクションシーンを見るための映画だと思います。スローモーションやCGなどを多用した特撮アクションは多彩で、殺陣にも力が入っていて、非常に見応えがあります。そして、そんなアクションシーンを全力で演じている主演の斉藤工さんの魅力も全開と言えるでしょう。美形な役者さんですし、壮絶な状況下で愛する者のために戦う男を真剣に演じている様は、本当に惹きつけられるものがあります。主人公は愛する妻と子を人質に取られた状態で、かなり残酷なシーンも多い映画なのですが、一方で時折挟まれる唐突なギャグシーンが笑えて、殺伐とした作品に一服の清涼剤とまでは行かなくても、ちょっとした小休止の役割を果たしていますね。シリアスかつ残酷な展開ばかりが続くと見ている方が疲れますし、こうした演出のバランスの良さは、見る側としてもホッとさせられました。正統派の忍者映画なのかどうかは分かりませんが、とにかく見応えのある作品と言えるでしょう。

20代男性
20代男性

2015年の忍者ものの映画で、主婦層に人気な若手有名俳優である斎藤工が主演を務めています。他のキャスト陣もなかなかユニークで、お笑い芸人とかも起用されており、いい感じに固まっていた記憶があります。日本の忍者映画らしく、巻物とかがキーアイテムになっています。家族を救うという目的もあり、日本人には馴染みやすい内容なんじゃないかと改めて思います。かなり真っ当で王道な忍者映画で、日本の著名な映画のパロディなんかもふんだんに盛り込まれており、そういったファン層に向けてのサプライズも手が込んでいる印象です。主演の斎藤工が元々好きでみたのもあるのですが、この映画ではキャラ崩壊ともいえるようなギャグもかましており、ますます好感度が湧きました。とても愛らしいキャラクターを演じていたと思います。これにはファンの皆様も同じように感じたのではないでしょうか。肝心の内容も面白くギャグ路線で明るい路線ながらもアクション面もしっかりとしており、観客を飽きさせないような構成になっています。もう簡単に言えば、お祭り映画を見ているような感覚に近いものがあります。放映から5年くらい経ちましたが、今見ても斎藤工がとてもかっこいいと思います。

 

30代男性
30代男性

B級もB級、これはどうしようもなくB級映画です。B級映画を見るときは、「B級なんだ!」「画づくりに期待しちゃいけないんだ!」「多少のことは目をつぶろう!」と心に言い聞かせるのが大切です。脚本が練られてないとか、設定がゆるいとか、映像がしょぼいとか、それはもう、言うだけ虚しくなるからやめた方がいいです。それをいくら掘り下げても、この映画は楽しく見れません。自分がB級を見る選択をするのなら、B級を愛情を持って楽しむ姿勢が大切です。それができないなら、B級を見るのに向いていないので、質の高いA級映画を見た方がいいです。同じ金額なんですから。では、この映画の魅力はなんなのか?その答えは斎藤工です。それだけです。あのかっこいい斎藤工がうんこについて熱く語るその様を暖かい目で見るのが、この作品の醍醐味です。そんな斎藤工、ガキつか以外で見れると思いますか?映画というジャンルでは、この作品でしか見られない姿なんですよ。うんこについて熱く語る斎藤工。彼のこっち側の魅力を引き出されているシーンを楽しむんです。彼の言葉に耳を傾けながら、「そうだよね、うんこって大事だよね」「そうだよね、うんこって家族だよね」と思うこと。それがこの映画に向き合う正しい姿です。呪怨の監督が悪ふざけしているのは無視しましょう。斎藤工の他に見所なんかありませんから。

50代女性
50代女性

斎藤工さんが、とにかくカッコ良かったです。アクションシーンが迫力があって、良かったと思いました。普通に生活していたのに、領主によって又呼び戻されてしまった時は、イヤなのに逆らうことができなくて、かわいそうだと感じがました。思いっきりふざけていて、ギャグもたくさんあって小気味よいと思いました。斎藤工さんが、強くて市井の人たちに対する思いやりにあふれる虎影を熱演していて、とても良かったと思いました。家族が大事という一貫した姿勢が強くて、あたたかい気持ちになりました。忍者の衣装とメイクが面白かったです。ハチャメチャな忍者映画ですが殺陣も良くて、ギャグも多くあって思った以上にとても良かったです。虎影が「どうしよう?どうしよう?お父さんどうしたらいいの?」と叫ぶところは、思いっきり笑ってしまいました。あたふたするのが、人間味があって愛すべき人だと思いました。ちょっとくだらないけれど癖になる、そんな感じの作品だと思いました。イケメンの斎藤工さんが、超真面目に振り切って演じているからこその不思議な空気感が、漂っていると思いました。鳥居みゆきさんが、独特の味を出して演じていて、存在感があったと思いました。

30代女性
30代女性

想像と違い最後まで笑って楽しめた作品でした。主演の斎藤工がとてもかっこ良かったです。忍者映画ということで、何となく時代劇的な落ち着いた作品を想像していましたが正反対。コメディアクションで面白さとテンポが良い展開、明るい映画でした。また斎藤工演じる忍者が弱々しい発言をしたり可愛らしい演技をしたりで忍者を身近に感じました。子どもの頃忍者といえばかっこよく行動の素早い素敵なイメージがありよく折り紙で手裏剣を作っては忍者ごっこをしていました。そんな憧れに近い忍者でしたがこの映画はそんな忍者のイメージを見事に崩してくれました。とても親近感がわく人間らしさたっぷりの忍者が可愛いとすら思えました。妻子を助けるために巻物を取りにいく内容ですが、主人公が奮闘する姿が本当にコミカルに演じられていて見ていて明るい気持ちになりました。斎藤工は色んな演技をしているけれど、この忍者役ははまり役だったのではないかと思います。斎藤工、忍者が好きな人はもちろんそうでない人もほっこりと楽しめる映画になっています。子どもと奥さんのために日々奮闘するお父さん。なんだか現代のサラリーマンに似た要素があるななどと思わせる作品でした。

30代男性
30代男性

僕が斎藤工に持っているイメージは映画やドラマで人気のイケメン俳優、まあ皆さんが持ってる印象と同じですね。あとは映画評論ができるほど映画に詳しかったり料理をしたり…あ、料理は別の人だったかもしれない。とにかくそんな斎藤さんが時代劇アクション映画で忍者を演じる、さぞかしかっこいいのでしょうなあ、と思ってみたら、これが実にばかばかしいベタベタのコメディー作品だった。僕ら日本人が「忍者が主役の時代劇」と聞いて連想するものとは、およそかけ離れている。またアメリカやヨーロッパといった外国の人たちの間でも忍者は人気だと聞きますが、彼らがイメージする忍者とも、また違うだろう。うーん、何かが違うぞ。これは誰向けなのだろう。低予算丸出しなのを隠していないし、出演者や作りてのメタネタ、楽屋落ち、グロ、お色気、下ネタetc.…そんな終始、独特のふざけきったノリの作品だが、見てると、そのノリがだんだんクセになってくる。何となく実写版「銀魂」をめちゃめちゃチープに、そしてキッチュにしたのがこれなんじゃないかという気がします。あと、鳥居みゆきって、結構奇麗でスタイルいいんだなあと思いました。しつこいほどの下ネタ連呼を許容できれば、楽しめるはず。

 

まとめ

『虎影』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

清野菜名のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 一期一会 ~キミノコトバ~

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました