男はつらいよ お帰り寅さん(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』予告映像

男はつらいよ お帰り寅さん(映画)の動画フルを安全に見る方法

『男はつらいよ お帰り寅さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『男はつらいよ お帰り寅さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男はつらいよ お帰り寅さん(映画)の内容

映画『男はつらいよ お帰り寅さん』は、2019年12月に公開されました。

本作は、1997年「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来22年ぶり、シリーズ50作目の新作として公開されました。現在のくるまやとそれを囲む人々の人間模様が、過去のシリーズ映像を絡めて描かれています。

監督は山田洋次さん、渥美清さんが演じた車寅次郎の甥・満男役はシリーズ27作目から出演している吉岡秀隆さんが演じています。また、満男の初恋の人イズミにはシリーズ42作目から出演している後藤久美子さんが扮し、そのほか、倍賞千恵子さん、前田吟さん、浅丘ルリ子さんなど豪華キャストが共演しています。

 

デジタル合成による渥美清の出現や満男の回想で歴代の名場面シーンが観られたりと山田洋次監督のこだわりが感じられた。主演の吉岡くんの成長を幼少期から振り返るのも楽しめた。

渥美清さんは亡くなっているし、安っぽい編集で仕上がっているのかなと思ったら、全く違った。さすが山田洋次監督作。

ほぼ当時からのオリジナルキャストを起用しながら寅さんを知らない世代でもついていける脚色となっていて楽しく観られた。

寅さんは1作も観たことがなかったから、どうなんだろうと思ったけど、ここまで感動すると思っていなかった。面白くて楽しくて感動して泣ける。そして幸福感に包まれる!

回想により過去の映像を散りばめ、渥美清の寅さんがよみがえった。
ストーリーはいたってシンプルで観やすい。
個人的には泉のヨーロピアンスタイルのキッスにドキッとした。

 

あらすじ

サラリーマンを辞めて、念願の小説家になった満男(吉岡秀隆)は、中学3年生の娘ユリ(桜田ひより)とマンションで2人暮らし。最新作の評判は良く、出版社の担当編集・高野(池脇千鶴)からも次回作の執筆を薦められるが、いまいち乗り気になれないでいました。

亡くなった妻の七回忌の法要で、久々に母・さくら(倍賞千恵子)と父・博(前田吟)が暮らす葛飾の実家を訪れた満男。法事の後、両親や親戚、付き合いの長い近所の人々と昔話に花を咲かせます。

それは、騒々しくて楽しかった伯父・寅次郎 (渥美清)との日々。あの寅さんへの想いが蘇ります。

書店で行われた満男のサイン会の列に並ぶ人々の中に、かつて結婚の約束までした初恋の人・イズミ(後藤久美子)の姿がありました。彼女は現在、海外でUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の職員となり、夫と2人の子供と暮らしていますが、仕事で来日中に偶然サイン会を知って訪れたのでした。

驚きながらも、再会を喜ぶ満男は「会わせたい人がいる」と小さなジャズ喫茶にイズミを連れていきます。そこには、20年以上前に奄美大島で会った寅のかつての恋人・リリー(浅丘ルリ子)がいました。

懐かしい人たちと寅さんのことを語り合い、満男たちの心にあたたかい何かをもたらしていきます。そして満男とイズミは、リリーから寅との思いがけない過去を聞かされます。

見どころ

回想シーン

本作は、山田洋次監督が今までに見たことのない作品が出来たと言うほどの奇跡の映画となりました。過去の作品の名場面を散りばめつつ、現代シーンと巧みに対比させながら、最新作の映画として完成させています。

本作では、しばらく旅に出たまま帰らない寅さんとの思い出を吉岡秀隆さん扮する満男が、シリーズを長年見続けてきたファンは懐かしさが感じられ、寅さんを初めて目にする人にも分りやすい4Kデジタル修復されたシーンを映し出しながら回想します。

雰囲気の良いセット

本作では、シリーズお馴染みの柴又の草団子屋「くるまや」はカフェへと改装されています。これはさくらが店を畳もうと考えたときに店員の三平の案で改装し継いだという設定になっているそうです。

カフェの内装は、東京・神田にある甘味処を参考に作られていて、流行のオシャレなカフェでは、「くるまや」ではなくなってしまうので、和風テイストになっています。

そのように、葛飾の諏訪家も時を経て住む人の年齢に合わせ、手すりを付けたり、立ち上がるのが楽なように椅子を置いてみたりと工夫を凝らしています。色々と改装されてはいますが、シリーズで寅さんが上がっていった階段はそのまま残されています。

桑田佳祐が歌う

主題歌「男はつらいよ」をサザンオールスターズの桑田佳祐さんが歌っています。これは、オープニングで歌唱して欲しいと山田洋次監督の要望で実現。桑田さん自身も寅さんファンだったこともあり、山田洋次監督との笑顔の2ショット写真もあります。

ただ、寅さんファンからは、渥美清さんの歌が良かったという声もあるようですが、寅さん風な色彩のジャケットを着て歌う桑田佳祐さんの姿も見どころとなっています。

スタッフ

監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
音楽:山本直純、山本純ノ介
主題歌:渥美清、桑田佳祐(オープニング)

キャスト

車寅次郎:渥美清
人呼んで「フウテンの寅」、通称「寅さん」。日本全国を商売の旅で渡り歩く渡世人。

車つね:三崎千恵子
寅次郎・さくらの叔母。

車竜造:森川信(第1~8作)、松村達雄(第9~13作)、下条正巳(第14~49作)
寅次郎の父の弟。「くるまや」六代目主人。

諏訪さくら:倍賞千恵子
寅次郎の異母妹。満男の母親。

諏訪博:前田吟
さくらの夫。

諏訪満男:吉岡秀隆
博とさくらの一人息子で寅次郎の甥っ子。いまは小説家。妻はなくなっていて娘と2人暮らし。

諏訪ユリ:桜田ひより
満男の娘。中学3年生。

窪田:小林稔侍
満男の義理の父親。

イズミ・ブルーナ(及川泉):後藤久美子
満男の初恋相手。

原礼子:夏木マリ
イズミの母親。夫とは離婚。

及川一男:橋爪功
イズミの父親。ケアセンターに入居中。

朱美:美保純
シリーズでお馴染みの、タコ社長の娘。

浩介:中澤準
朱美の息子。

タコ社長:太宰久雄
「くるまや」の裏手にある印刷会社社長。

源公:佐藤蛾次郎
柴又題経寺の寺男。寅次郎の事を兄貴として慕っている。

御前様:笹野高史
柴又帝釈天題経寺の住職。

先代の御前様:笠智衆
寅次郎を幼い頃から知っている。

リリー:浅丘ルリ子
寅次郎がもっとも思いを寄せた女性。ジャズ喫茶を経営。

トミー:松野太紀
ジャズ喫茶店員。

カフェくるまや店長・三平:北山雅康
第40作からくるまやの店員として登場し本作で店長に。

高野節子:池脇千鶴
しっかり者の担当編集者。

飯田:カンニング竹山
出版社の編集長。高野の上司。

山中:出川哲朗
出版社社員。

書店の客:濱田マリ

ケアセンターの職員:林家たま平

噺家:立川志らく

美佳子:倉島颯良
ユリの友人。

早苗:富田望生
ユリの友人。

 

『男はつらいよ お帰り寅さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男はつらいよ お帰り寅さん(映画)の感想

 

50代女性
50代女性

渥美清さん主演の「男はつらいよ」シリーズは結構観ていました。「俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ、分かっちゃいるんだ妹よ。」と歌われた妹、さくらは無事にお嫁に行っていて安心した記憶もあります。朝丘ルリ子さん演じるリリーさんと結ばれずにシリーズが終わったことが心残りでした。私は寅さんの甥の満男とは同世代。仕事や恋に悩んでいる姿を自分に重ね合わせてきました。だから、久々の新作にワクワクしていました。あの満男もアラフィフになっていましたが、相変わらず頼りないですね。しかも駆け出しの作家。妻を亡くした男ヤモメときています。難しい年頃の娘もいて大丈夫なの?と心配になってしまいました。そして、なんと昔の恋人と再会します。後藤久美子さんの美しさは息を飲みますねー。昔の泉ちゃんのままとはいきませんが、美魔女でした。この2人の不倫の恋の行方も気になったのですが、なんといっても満男は寅さんの甥っ子。寅さんのように相手の幸せが一番大事であり、それを願いつつ身を引きます。しかし、寅さんと違うのは別れ際に熱烈なキスシーンがあったことでしょうか。多くのマドンナたちに彩られた「男はつらいよ」でしたが、令和の時代の今、再びよみがえったことに感謝しかありません。

60代女性
60代女性

満男と初恋の相手泉との再会の流れのなか、数々に登場する、歴代マドンナ達の登場シーンはとても懐かしかしくもあり色々思い出しさせてくれました。寅さんを取り巻く人達との笑ったシーン、涙するシーン等、あの時のシーンが蘇りタイムスリップしたような感覚に入りとても心地良く見る事が出来ました。短気でお調子者だけど人情に熱い寅さん、人の良いおいちゃんとおばちゃん、しょっちゅうお邪魔するタコ社長などスクリーンの中で時代と共に生きている事とても嬉しく思いました。見応えありました。かつてのだんご屋はカフェとなり、茶の間には手すりを設置し、泉と母親との難しい関係、離れて暮らす親子ならではの苦しむ姿に現代社会を反映した山田洋次監督の繊細で鋭い目が輝いていました。妻の法要と泉との再会、満男演じる吉岡秀隆さんの自然体の演技、静かに迫ってくる見えない迫力に凄さを覚え感動しました。世界に羽ばたく女性として成長した泉の凛とした姿は、平成や令和の女性を象徴した姿なのだろう。年輪を重ねた満男らしい接し方、名演技でした。泉と再会している時の満男、泉を見送った後の満男、再婚を気にかける娘、親子だからこそ分かってしまう父親の変化に気付く娘の気持ち。娘ユリの健気さがジーンと伝わりユリ演じる桜田ひよりさんの瑞々しい演技に思わず引き込まれてしまいました。桜田ひよりさんがなびかせた新しい風素敵でした。満男がお父さんの顔になった時の娘のホッとした表情、父娘愛の温かさに心和みました。登場人物の優しい心に癒され存分にノスタルジックな世界に入ることが出来幸せな気分になれました。

20代男性
20代男性

私は、男はつらいよ世代ではありませんが、渥美清さんの演技とドラマ版の寅さんが好きで今作も視聴しました。過去作品の登場人物の今と4Kリマスターした寅さんを合成して描く本作ですが、山田洋次監督が奇跡の出来と自画自賛し、多くの映画評論家が絶賛しているようにとてもおもしろい感動できる映画になっています。吉岡秀隆さん演じる満男は、小説家として成功し、娘もいますが奥さんには先立たれてしまう。サイン会を開いた満男のもとには、初恋の人であった後藤久美子さん演じるイズミが現れ、そのイズミに連れられて寅さんの、かつての恋人である浅丘ルリ子さん演じるリリーに会いに行くというのが今作のあらすじです。全体的に悩む満男に、かつての寅さんがアドバイスを贈るという内容になっているのですが、これが満男のみならず視聴者の胸に突き刺さるようになっています。作中で満男がぼやく時もあるように、寅さん自身はろくでもない人間でただただ前向きなことしか言わないような人なんですが、それなのに不思議と背中を押されるような感覚を与えてくれるんですよね。世代ではない自分でも楽しめたこの映画、社会や人間関係で悩んでいる若い人にこそ視聴してもらいたいですね。

30代女性
30代女性

「男はつらいよ」シリーズが好きで、寅さんの大ファンです。なので22年ぶりの新作とあって公開をかなり楽しみにしていました。本作は山田洋次監督による「男はつらいよ」の50周年記念作品として制作されました。そのためか、まったく新しいストーリーというよりかはこれまでの「男はつらいよ」を懐かしい映像(回想シーン)で振り返るといった内容で、あんなこともあったな、こんなこともあったなと、登場人物たちと一緒に寅さんのエピソードを懐古するための作品という感じがしました。また、本作は寅さんが主役というわけではなくあくまで吉岡秀隆演じる満男が主役です。満男が「四角い顔のおじさん」寅さんを回想するシーンで昔のシリーズの映像が盛り込まれています。また、「おじさんだったらこんなときどうするだろう?」と満男が人生に迷って考えるシーンなどで寅さんの亡霊のようなものが部屋の隅にボーっと現れては消えるという演出があります。また、本作では寅さんがまだ存命なのか他界しているのかはっきり触れられていません。柴又の帝釈天の参道にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていて、二階の部屋は寅さんがいつ帰ってきてもいいようにそのままにしているようです。くるまやの裏手にある住居では寅さんの甥である満男の妻の7回忌の法事が執り行われました。サラリーマンから小説家に転進した満男には高校生の娘がおり、この娘がものすごく良い子です。しゃべり方が昭和チックというか、現代っ子にしてはちょっと違和感があるなという感じの古風な雰囲気。パパや祖父母に素直に愛情表現するところも、母親がいなくても父親思いの優しい子に育って、母親の代わりにハンカチや服にアイロンがけをしたりして小説家の父親を健気に支えている姿が、しおらしい昭和時代の理想の娘像という感じで、時代設定的に感覚にずれがある気がして気になりました。また、満男は小説の最新作のサイン会で、初恋の人で結婚の約束までしたイズミに再会します。満男は「会わせたい人がいる」と言ってイズミを小さなジャズ喫茶に連れて行くのですが、その店が過去に寅さんの恋人だったリリーが経営する喫茶店でした。 その流れで寅さんの過去の数々のマドンナたちとの恋愛回想シーンが流れます。全員ではありませんがとにかくたくさんマドンナたちが映像で登場します。これで寅さんが恋多き男であったということを表しているのでしょうが、どうしてもダイジェスト版のような雑な編集に感じてしまってイマイチでした。満男とイズミの久々の再開と恋愛模様もモヤモヤするというか、すっきりしない結末だったので、期待していただけにやはりストーリーとしてはかなり期待外れでした。ただ、往年の寅さんを懐かしむ、またははじめて「男はつらいよ」に触れるという人には、サクッと楽しめる作品でよかったと思います。

 

まとめ

『男はつらいよ お帰り寅さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました