翔んで埼玉(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
『テルマエ・ロマエ』の監督が贈るディスり合戦開幕! 映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開

翔んで埼玉(映画)の動画フルを安全に見る方法

『翔んで埼玉』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『翔んで埼玉』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

翔んで埼玉(映画)の内容

映画『翔んで埼玉』は、2019年2月に公開されました。

原作は、人気コミック「パタリロ!」の作者である魔夜峰央さんの「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」。この作品が未完であることから、映画では原作をベースとした「伝説パート」と、映画オリジナルの「現代パート」を交錯する構成となっています。

埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリーが展開します。また埼玉と東京だけでなく、埼玉県への対抗組織に属する千葉県出身キャラクターも登場します。

監督は、「テルマエ・ロマエ」シリーズでもお馴染みの武内英樹監督が務め、二階堂ふみさんとGACKTさんのW主演となっています。なお、二階堂ふみさんが演じる壇ノ浦百美役は男役です。

 

魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのが良い。中でもGACKTに感心。マンガでしか成立しないような生き物を完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。

西葛西は千葉だと思っていた、というさりげない下町ディスとか、埼玉ディスの向こう側の群馬・茨城差別とか楽しかった。気軽に観られるのがイイ。

期待していなかったけれど、観たら面白かった。ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香などは出身地が合ってるのも良かった。関東の人が観たらもっと面白いんやろうな。

最高に笑えました。ガクトと二階堂ふみのぶっ飛び具合が素晴らしかったです。埼玉、東京、群馬、茨城、千葉の人しか共感とか面白さとか分からないかもしれませんが。

埼玉ネタや関東ネタが多く、関東圏一帯を知っている人にとっては、大変面白く観られて、それ以外の人の中には、笑いのツボが分からなかったと言う声も少々聞かれました。

あらすじ

埼玉県民は、東京都民からヒドイ迫害を受けていて、通行手形というものがないと東京に出入りできず、手形を持っていない者は見つかると、埼玉に強制送還されていました。

東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、埼玉県人を底辺とした頂点に立ち、生徒会長として君臨していました。しかし、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、2人は惹かれ合い、運命が大きく狂い始めます。

麗は、実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったことがバレて、追われる身となってしまいます。そんな麗に百美は地位も未来も投げ捨てついて行きます。

そんな2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)

東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、百美と麗は東京に立ち向かいます。

果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか!?

見どころ

自虐とディスり満載

この映画の最大の見どころとなる”埼玉ディス”。埼玉を知らないと笑えないという声もありますが、埼玉がどんなことを言われているのか知るだけでも笑えるはず。

劇中では「埼玉県民は草を食わせておけば治る」、「埼玉狩り」、「踏み草加せんべい」、「サイタマホイホイ」、「サイタマラリア」などの名台詞が登場し埼玉をディスっています。

ビジュアルが美しい

主要キャストは、まるで「ベルばら」のオスカル、宝塚スターのような出で立ちで、美しく決めています。しかもみなさんお似合い。

高校生役を演じた45歳のGACKTさん。45歳で高校生というのも、派手な衣装も違和感がなさすぎてただただ美しい。さらに千葉解放戦線のリーダー・阿久津翔を演じた伊勢谷友介さんとの色っぽいキスにも衝撃が走りました。忘れちゃいけない埼玉デュークの京本政樹さんもさすがに美しい

スタッフ

原作:魔夜 峰央(新潟県出身)「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」
監督:武内 英樹(千葉県出身
脚本:徳永 友一(神奈川県出身
音楽:Face 2 fAKE(Achilles Damigos:ギリシャ出身/実家埼玉県、Oh!Be:千葉県出身
主題歌:はなわ(埼玉県生まれ・佐賀県育ち)「埼玉県のうた」
挿入歌:さいたまんぞう「なぜか埼玉」

キャスト

壇ノ浦 百美:二階堂 ふみ(沖縄県出身
主人公。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長。

麻実 麗:GACKT(沖縄県出身
もう一人の主人公。白鵬堂学院に転入してきた容姿端麗なアメリカ帰りの青年。埼玉県の通行手形制度撤廃を目標とする「埼玉解放戦線」の主要メンバー

阿久津 翔:伊勢谷 友介(東京都出身
東京都知事の執事。埼玉とは違う形で千葉県の通行手形制度撤廃のため暗躍している。

壇ノ浦 建造:中尾 彬(千葉県出身
百美の父。東京都知事。裏では闇通行手形を発行し、不正に蓄財した金を金塊に代え、某所に隠し持っている。

壇ノ浦 恵子:武田 久美子(東京都出身
百美の母。執事の阿久津と「不適切な関係」。

埼玉デューク:京本 政樹(大阪府出身
伝説の埼玉県人。埼玉県人はどんなに東京人を装っていてもバレるが、彼だけは山の手の上流階級民のオーラすら感じさせバレない。

西園寺 宗十郎:麿 赤兒(奈良県出身
麗の父親。

下川 信男:加藤 諒(静岡県出身
白鵬堂学院の男子生徒。埼玉県出身者を隔離するためのクラスの生徒。

埼玉県人の青年:間宮 祥太朗(神奈川県出身
物語冒頭、非合法な方法で東京都へ足を踏み入れた男性。SATの埼玉県人狩りに遭い、連行される。

神奈川県知事:竹中直人(神奈川県出身)
この時代における神奈川県知事。東京都とは蜜月の関係。

浜野 さざえ:小沢 真珠(東京都出身)
千葉解放戦線員。

猿橋:岡山 天音(東京都出身)
西園寺宗十郎の側近。

 

『翔んで埼玉』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

翔んで埼玉(映画)の感想

20代女性
20代女性

とってもおもしろかったです。予告を見たときは、ただのコメディーかと思っていましたが、評価がすごく高かったため、気になり鑑賞しました。内容としては想像以上にぶっ飛んでおり、くだらないものではあるのですが、そんなぶっ飛んだ内容のストーリーを、Gacktを初めとする非常に豪華なメンバーが全力で演じていたため成り立っていました。これが無名の俳優さんだとここまでヒットはしなかったと思うので、出演していた俳優さんたちはすごいと思いました。Gacktは普段クールで一匹狼的なイメージが強いので、こんなぶっ飛んだ役をすることには正直驚きました。でもすごくはまり役で、彼以外にこの役がに似合う人はいないのではないかとも思います。物語ストーリーは突っ込みどころが満載で、現代と物語自体を行き来している演出の仕方もおもしろかったです。私自身関東の方には詳しくないのですが、そんな人でもクスッと笑えて楽しめる映画だと思いました。ストーリーのテンポも良く、飽きることなく楽しめる2時間になっていると思います。そして、あ~おもしろかった!と感じたあとの最後のはなわの歌がとにかく最高です。歌詞が面白すぎて、最後の最後まで楽しめる映画になっていました。

 

20代女性
20代女性

原作ファンなので、原作のイメージが壊れる作品になっていないだろうか?と警戒しながら視聴したのですが、想像以上に原作への愛やリスペクトを感じさせる作品になったいたので驚きました。百美役が女性という点にも若干警戒していたのですが、二階堂ふみさんが思い切りよく演じられていて、驚くほどに違和感を感じませんでした。むしろ、宝塚的な男役っぽい演技が世界観や原作の雰囲気にマッチしていました。麗役がGACKTという点については、この情報を聞いた時から「ああ…合うだろうな」と予想していたのですが、期待以上のマッチ感でした。あの年齢で高校生役を演じるのですから、むしろどこかに違和感があってもおかしくないのに、全く感じませんでした。ストーリー上で、原作から改変されている点もちらほらありましたが、それは映像化にあたって、そうすべきところをそうしている、という感じで、「このシーンが好きだったのに削るなんて!」だとか、「ここの改変はおかしいでしょう!」と思ってしまうようなシーンもなく、ナチュラルでとても良かったと思います。全編を通してギャグ超でありながら、みんなが全力で、耽美な世界観もキープされていて、まさに原作からそのまま飛び出してきたような作品だ、素晴らしい、と感じました。

30代女性
30代女性

埼玉という土地に何の縁もなかったのですが、この映画は楽しめました。
映画全体の雰囲気はまるでベルサイユのばらの漫画に出てくるようなゴテゴテの少女漫画なのですが、映画の細部にわたって埼玉や近県の特徴がとにかく誇張されており、思わず吹き出してしまうような演出が魅力です。二階堂ふみの男装や絶叫は同じ女性が見ても魅力があり、とんでもないことを言っているのについ応援したくなる不思議さを感じます。GACKTの美しさはより磨きがかかっているのに、おかしな内容を全力で演じている姿に感情が大渋滞です。後半は謎の疾走感に謎の感動が生まれて、見ごたえ十分。何度も繰り返し見たくなる映画です。この映画の大きな魅力はセリフの過激さにあります。CMでも使われていた、「埼玉県民にはその辺の草でも食わせておけ!」というパワーワードが気なってこの映画を見るきっかけになったのですが、これを言い放つ二階堂ふみが全力でふざけていてかっこいいのです。他にも映画中に出てくる名言は数知れずで、原作の魔夜峰央先生ワールドが余すことなく繰り広げられています。実写が失敗するといわれるこの時代に、こんなに実写にしてよかったと思う映画は他にはありません。見終わった後は誰かにこの映画の話をしたくてうずうずしてしまいました。

30代女性
30代女性

『飛んで埼玉』を見て、心の底から笑いました。この映画に興味をもったきっかけが、GACKTが宝塚のような恰好をして映画に出ている!しかも、すごい真面目な顔をしてくだらない事を言っている!と、とても興味が持ちました。映画の中のGACKTは外国語も堪能で、本当に新鮮でした。映画上では男性役のはずの二階堂ふみちゃんとのキスシーンにはにハラハラドキドキしました。その他出演されている俳優さんたちもすごい豪華なのですが、真面目な顔してずっとコミカルなセリフを言っているので、ずっと大爆笑してしまいました。私自身は、埼玉出身ではなく、千葉県出身なのですが、微妙な他都、県に対するコンプレックスなどとても上手に表現されていて、『わかる、わかる~!』って独り言を言いながら見てしまいました。そして、東京で働いている時、東京都出身の同僚になんとなく隣県を見下しているような事を言われたこともあり、びっくりしたこともあります。映画の中で、そんな東京都民の感情が上手に表現されていて、爆笑してしまいました。私の主人は、東京出身なのですが、ちょっと微妙な顔をして映画を見ていたのも、面白かったです。そして、埼玉県の方が、海がないことにコンプレックスがあるのは知らなかったので、他県を知ることができてよかったです。コンプレックスなど表現の仕方が大げさなのですが、それが嫌味ではなく、素直に笑ってしまいました。東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、それぞれの都・県民が郷土愛を持っていることを表現してくれてとても嬉しかったですし、最後まで楽しく拝見することができました。笑いたいときは、また観ようと思います!

40代男性
40代男性

映画『翔んで埼玉』は、徹底的に埼玉をディスりまくります。しかしながら埼玉愛にあふれる映画でもあり、見ていて痛快な映画です。映画で表現されている埼玉は東京から徹底的に差別されている、およそ現実離れした世界で表現されています。そのような状況下、主人公である麻実麗(演:Gackt)が東京都民しか入学できない(一部の埼玉県民も入学できますが、最底辺に追いやられています!)名門校・白鵬堂学院へ転入学してきますが、実は埼玉の地位向上をもくろむ役割を担っており、生徒会長の白鵬堂百美(演:二階堂ふみ)を味方に取り込みつつ諸悪に戦いを挑んでいきます。場面設定もあり得ないのですが、演じている役者さんのぶっ飛んだ様も見物で、とくにGackt演じる麗のナルシストぶりや二階堂ふみ演じる百美のドSっぷりは一見に値します。また、中ほどで埼玉vs千葉の抗争も描かれていますが、そのぶつかり合いもとてもおもしろいです。はじめは対立していた麗と百美、そしてバラバラだった埼玉勢が一致団結して東京に、そしてそれを操る勢力に立ち向かい、差別からの解放を勝ち取ろうとするとともに、それに続く埼玉の大いなる野望にも注目です。この作品は原作の漫画が話題となっていましたが、映画化するのはいろんな方面からクレームが入るのではないかと危惧されていました。まさか本当に映画化してしまうとは・・・。これを見た後の各方面の反応が心配です(笑)。とはいえ、第62回ブルーリボン賞の作品賞や第43回日本アカデミー賞の優秀作品賞を受賞するなど評価も高い作品ですので、思いっきり笑いたい埼玉県民にはおすすめの映画です!

30代女性
30代女性

もともと原作者の魔夜峰央先生の作品である「パタリロ」が好きで、「翔んで埼玉」も映画化になる前から知っていたのですが読んだ事はありませんでした。この度映画化されるということで楽しみに映画館へ足を運んだのですが、主人が乗り気ではなかったので1人で行って正解の映画だと思いました。魔夜峰央先生の作品は耽美な世界観とBL要素が魅力の作品が多いのですが、この作品も例にもれずBL要素が多く、いろんな意味で観ていてドキドキしました。特にGACKTさんと伊勢谷友介さんのシーンは、美しいのですが家族や友人と観に来ていたら少し気まずいくらいの場面もあります。主演の二階堂ふみさんは中性的な雰囲気で、スタイルやメイクが魔夜先生の作品に出てくるキャラクターの実写化にこんなピッタリな人はいないというくらいビジュアルが良かったです。また、GACKTさんも同じく、美しい容姿と色気のある話し方がとても世界観にマッチしていました。ストーリーとしては、埼玉県民がこれでもかというくらい差別されているのですが、なぜか埼玉愛を感じるというか、埼玉の方が観ても面白おかしく笑える最高のコメディ映画だと感じました。特に、最後あたりの群馬と埼玉が県出身の芸能人で合戦を行うシーンは爆笑ものでした。もしこの映画の地元バージョンが製作されるとしたら、絶対映画館に観に行くと思います。

 

40代女性
40代女性

映画館で公開されているときから観たいと気にはなっていたものの、正直あまり期待をしないでみた「翔んで埼玉」、いい意味でそんな思いをバッサリと裏切ってくれました!日本アカデミー賞の優秀作品賞をはじめとする賞を総なめした作品だけあり、想像を超える面白さに、見終わった後もしばらくは頭のなかから離れない作品でした。私は埼玉県民だからか、知っている地名がたくさん出てリアルに理解できたことも余計に面白かったのかもしれません。なので関東地方の方や、埼玉・千葉県民の方は、他県に比べより多く笑えるのは間違いない映画だと思います。内容としては大雑把に、「埼玉県をおちょくること」がテーマとなったお話。内容は本当にくだらないのだけれど、そのくだらなさに対して豪華すぎる俳優陣がド真面目に、振り切った演技をするから、余計に面白く、思わず笑ってしまう、そんな展開の映画。個人的には導入部の「現代パート」で繰り広げられる、熊谷市に住む菅原家の一家のくだりが好きです。島崎遥香さん演じる長女の菅原愛海と麻生久美子さん演じる母のやりとりが、なんとも平和な日常が演出されててホッとする。一度は観ておきたい、極上のエンタテインメント作品です。

30代女性
30代女性

翔んで埼玉の面白いところは、ずっとハイテンションな絵柄が続くところです。とりあえず埼玉をディスり過ぎだろ、とツッコミたくなるし、Gacktさんがとりあえず美しいのはまた目を引きました。w主演なのでもう1人も主演である二階堂ふみさんもかなり素敵で面白かったです。ここまで映画の中でふりきっている映画はなかなかないのではないだろうか、と思いつつ見ていました。伊勢谷友介さんもかなり素敵で、こんな役柄を演じられることがとても感動でした。今までのイメージではあまりなかったので、少し驚きと戸惑いもありましたが、似合っていたのがまた驚きです。二階堂ふみさんとGacktさんのビジュアルはかなり原作っぽく、まるでそのまま飛び出してきたかのようでかなり素敵でした。また他もにかなり有名な俳優さんが脇を固めていて、その中でも京本政樹さんが出演されていたことが面白かったです。元々お美しいですが、お年を召されていてもあんなに美しい役柄を演じられるなんてかなり驚きでした。こんなにも何も考えずにとりあえず楽しめる映画はなかなかないので、一人でひっそりと疲れた時に視聴するのがかなりオススメです。夜中に寝る前のぼんやりしている時が1番良いです。面白かったです。

30代女性
30代女性

舞台は存在しない架空の日本なのですが、とりあえずツッコミどころが満載過ぎる作品です。出身地や居住地をベースにとてつもない格差があり、差別が当然のようにある世界なのですが、埼玉県民に対する扱いが酷いし、雑過ぎます。ただ、それが非現実的な感じに振り切り過ぎていて笑わせてもらえる作品でした。埼玉の人は怒らないのかなと見始めは思ったのですが、ここまで『あり得ない』感じにアレンジされていたら、逆に称賛したい気持ちになりそうです。埼玉のお近くの群馬も秘境扱いで、同様にもう怒る気なんて起きないでしょう。お話ですが、麗は東京都の名門校に転入してきます。そこでは権力を欲しいままにしていた百美がおり、最初は反りが合いませんでしたが徐々に2人は仲良くなっていきます。埼玉の差別をどうにかしようと麗は奮闘していきます。そしてなぜか終盤に埼玉を筆頭に、千葉などを巻き込み東京へ大群が押し寄せるというような様相が見られます。最初から最後まで、頭を空っぽにしてただただ見るのをおすすめしたい映画です。麗と百美を演じるGACKTさんと二階堂さんのコンビも見どころです。GACKTさんは、実年齢には到底合わない高校生役ですし、二階堂さんは男子の高校生役でどこまでも壁をぶち破る作品だなと思わせる傑作でした。

 

20代女性
20代女性

「都内だと普通に見るのだが埼玉で見ると大爆笑する」とSNSで書かれていた通り、埼玉の映画館で見るとみんな笑いながら鑑賞していました。なぜここまで埼玉をディスるのか、何か恨みでもあるのかというレベルで虐げられていて、それが「わかる!」となるので面白かったです。個人的に千葉と埼玉でご当地対決をしていたのが好きでした。「この人は埼玉/千葉なのか」「ここでこの人出してくる?」といちいち突っ込みながら見ていました。市原悦子が出た時点で吹き出してしまいました。また、どちらの県もヤンキーのバイクやデコトラが並んでいて、県民性を感じました。群馬県が未開の地で登場したのもツボでした。原始的な生活を描いており、埼玉だけでなく群馬もディスるのかと徹底ぶりが最高でした。噂では、埼玉でロケをしようとしても田舎臭さが出ないので栃木や群馬をロケ地にしていたとあったので、それも面白いと思いました。最後の方で埼玉県民で団結するシーンがありました。埼玉が日本で一番市町村が多いので、色んな市町村で争いが勃発しており、その小競り合いも分かってしまうので笑いが止まりませんでした。これは埼玉県民であれば絶対見るべき映画だと思いました。

 

まとめ

『翔んで埼玉』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

間宮祥太朗のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました