富江 最終章(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ホラー・パニック
Tomie: Forbidden Fruit (2002) ㅡ Trailer (Español)

富江 最終章(映画)の動画フルを安全に見る方法

『富江 最終章 ~禁断の果実~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『富江 最終章 ~禁断の果実~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

富江 最終章(映画)の内容

映画『富江 最終章 ~禁断の果実~』は、2002年6月に公開されました。

原作は、30年以上ホラー漫画を執筆している伊藤潤二さんのデビュー同名作品です。

監督は、中原俊さんが務め、漫画で描かれいている恐ろしい世界観を美しく、そしてグロテスクに表現しております。

物語は、初恋の相手“富江”という名前を、自分の娘に“登美恵”と名付けた和彦。時は経ち、高校生になった登美恵の前に現れたのは、父・和彦の初恋の相手である25年前の富江でした。富江に魅了された父娘が操られていくホラー作品となっております。主人公・富江を安藤希さん。もう一人の主人公・登美恵を当時17歳の宮崎あおいさんが演じており、初々しくもしっかりとした演技を披露してくれております。

國村隼さんの演技は見事ですね。表情と声の使い方で、こうも気味悪く演じれるものかと。

グロいシーンはありますが、そこまでグロくもないし、エロくも、理不尽でもなく、後味も悪くない作品となっていて、個人的には好きですし、面白かったです。

宮崎あおいさんが好きという理由から、ホラー系は苦手ですが見てみることにしました。ホラーというよりファンタジーに近い作品かなと思いました。
デビュー間もないのに、登美恵という少女を魅力たっぷりに怪演しているので、是非多くの方に見て欲しいです。

富江シリーズは全て見ましたが、一番良かった。富江役の女優さんがイメージにぴったりな気がしました。特に、寝転がって本を読んでる姿は、原作のまんまで思わずドキッとしてしまいました。

原作の富江を忠実に再現した安藤希さんと、もう一人の主人公である登美恵を演じた宮崎あおいさんの演技に関して評価が非常に高かったですね。

ストーリーに関しては、ホラー要素が薄いので、万人に見られる作品になっているかと思います。

あらすじ

孤独な女子高生・登美恵(宮崎あおい)は、学校でもイジメられてしまう典型的な地味な女の子です。彼女は小説家を目指しており、物書きをしている間が現実逃避できる唯一の時間です。

ある日、登美恵の前に富江(安藤希)と名乗る謎の美少女が現れます。同じ名前という気安さから仲良くなり、登美恵は富江の奔放な性格に惹かれて友達になりました。

やがて、登美恵の家を訪れる富江を、父・和彦(國村隼)が見て愕然としてます。富江は和彦の25年前の初恋の相手で、既に死んでいるはずなのです。すると富江は和彦に接近し「初恋をやり直そう」と誘い掛けて、邪魔になる登美恵の殺害を要求します。

見どころ

原作に忠実な雰囲気

中原俊監督は、人間関係の描写に注力して製作されたそうです。

地味な登美恵を演じる宮崎葵さんと富江を演じる安藤希さんの絡みを強調した作りになっており、百合っぽい雰囲気があります。二人で過ごす時間も伊藤潤二先生の原作にイメージにピッタリとハマっております。

そして最も注目して欲しいのは、登美恵の父・和彦を演じた國村隼さんです。富江に魅了され変わっていく國村隼さんの狂気さをヒシヒシと感じます。漫画のジワジワとくる不気味さがいい感じで表現されております。

また、タイトルで『最終章』とありますが、シリーズは完結しておらず、作品は継続して制作されておりますので、機会があれば本作含め、是非ご覧ください!

スタッフ

原作:伊藤 潤二「富江」
監督:中原 俊
脚本:藤岡 美暢
製作:土川 勉 / 松下 順一

キャスト

富江:安藤希
登美恵とは正反対な自由奔放で、登美恵と同年代の美しい女性。

橋本登美恵:宮崎あおい
地味な眼鏡っ娘で内気で地味な高校生。小説家を志望している。

橋本和彦:國村隼 / 斉藤亮太(回想)
登美恵の父。娘が連れてきた友だちが、自分の初恋の女性・富江を見て驚く。

田島雅夫:藤間宇宙

京子:藤本由佳

恵:ニ宮綾香

智子:太田千晶

鈴木:渡辺哲

製氷会社の客:坂田雅彦

登美恵の母:森崎よしえ

智子の恋人:珉和

スカウトマン:吉末明仁

管理人:田村泰二郎

公園のおばさん:松本じゅん

『富江 最終章 ~禁断の果実~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

富江 最終章(映画)の感想

30代男性
30代男性

何度殺されても死なない絶世の美少女、富江。その富江シリーズの人気作です。今作の富江は安藤希がつとめ、もう一人の”とみえ”、橋本登美恵役には宮崎あおい。その宮崎あおいの父親役には國村隼という俳優陣です。まず注目したのは、登美恵役の宮崎あおいが作り出す、いじめられっ子。これはこの人にしかできない内向的な少女を演じ、見事にいじめられてます。また、そんな登美恵の心の隙間に入り込む富江が、まさに妖艶。公開当時は、少女同士のレズビアン的な関係性が、今ほど当たり前ではないという風潮があった時代。タイトルの禁断の果実は、少女たちの織り成す、あやうさや色っぽさを表現していると思いました。また、富江が美しい少女にしかできない妖しさで父親にどんどん近づいていく様は、男性なら羨ましい、女性ならこういう子いるなーと思うはず。ただ、物語のペースがたんたんと進むのでそこまでホラーという印象はなく、登美恵の家を中心に出来事が進むのもあり、シングルファーザーの家とはこのようなものか、父親って大変だな、娘ってこんな感じか、などと感じた方が強いかもしれません。クライマックスは、父親の本当の優しさといじめられっ子の登美恵がだんだんと芯の強さを発揮していく、その流れに引き込まれました。ラストにかけての富江最終形態への登美恵の攻撃。やはり宮崎あおいがこの役で良かったと感じましたよ。ただのホラー映画ではない父と娘の映画、「富江最終章 禁断の果実」1回観てみてください。

30代男性
30代男性

一目見た者を幻惑する妖艶さと、幾度となく再生を繰り返す強靭な生命力を持ち合わせたダークヒロイン・富江に圧倒されました。記念すべき実写化第1作の菅野美穂からその時代を象徴する数多くの女優さんたちが演じてきた富江に、本作品では安藤希が抜擢されています。これまでのシリーズでは数多くの男たちを手玉に取ってきた富江が、今作では夢見がちな女子高校生をターゲットにしていてひと味違いますよ。同じ「トミエ」でありながら引っ込み思案な性格の橋本登美恵役は宮崎あおいで、ブレイク前の初々しい演技と表情は貴重です。登美恵の父・和彦とも因縁浅からぬ仲のために、親子2代に渡って富江に振り回されていくことになりますね。橋本一家の母親は既にこの世にいないために、どことなく和彦と登美恵の間にも距離感があるのが気になりました。学校にも居場所がなく自宅で小説を執筆することだけが慰めの登美恵、製氷工場での過酷な労働に身も心も冷えきった和彦。誰しもが日常に抱いている虚しさや、ふとした瞬間に感じる孤独に富江は容赦なく侵入してきます。登美恵と和彦が恐るべき富江の誘惑を断ち切って、父と娘として向き合うことができるのか見届けてあげてください。

 

まとめ

『富江 最終章 ~禁断の果実~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました