東京グール1(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
映画『東京喰種 トーキョーグール』特別予告編

東京グール1(映画)の動画フルを安全に見る方法

『東京喰種トーキョーグール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『東京喰種トーキョーグール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京グール1(映画)の内容

映画『東京喰種トーキョーグール』は、2017年7月に公開されました。

原作は、石田スイさんのデビュー作で、世界累計発行部数3000万部突破の超人気コミックがアニメ、舞台、ゲーム化を経て待望の実写映画化されました。

監督は、CMやミュージックビデオ、ショートフィルムなどの演出を多数出掛け、本作で初の長編デビューを飾る萩原健太郎さん。

主人公のカネキ役は原作者・石田スイさんによる熱烈なラブコールを受けた実力派俳優の窪田 正孝さん。さらに、原作でも人気の高い亜門鋼太朗役を劇団EXILEのメンバーである鈴木 伸之さんが、亜門の上司役で本作のキーマンでもある真戸呉緒役を大泉洋さんと豪華俳優陣が起用され、迫真の演技で作品の世界観を作り上げております!

窪田の演技力が凄過ぎた件。もう原作超えてるよ…びびり方、悲しみ方、ネジが飛んだ笑い方…もう金木だ…原作ファンに答える為に本気で取り組んでし、それを見抜いてたのか石田スイ先生は流石だなって思った。

窪田くんも東京喰種も好きだから、実写化で窪田くん叩かれちゃうのかな…と思いながら、観てみましたけど、個人的には全然悪くない、むしろ期待度以上だったし、あんまり悪い評価もなかったからダブルですごく嬉しかった!本当に良かった!

単なるアクション映画じゃなく、illionの主題歌がバラードっていうとこが映画に深みを出してると思う。
キャストも知名度や派手さに頼らず実力派を揃えているし、全員上手いのが台詞だけで伝わってくる。実写化嫌だったけどこれ観てたら今後は期待が持てそうだ。

アニメを観ていたので実写化するのは絶対に無理だと思っていましたが驚きました。ストーリーがまだまだ続くので,続編が楽しみです。

これだけ忠実で原作愛に溢れた映画は初めて見ました。近年の実写化映画の中では忠実でずば抜けてクオリティの高い作品かと思います。

続編である東京喰種 トーキョーグール【S】も素晴らしかったので、是非!

あらすじ

ごく普通の人間と同じような形態を維持しながら、人間に紛れて生活をするもう1つの生き物“喰種(グール)”

人間と彼らを見分ける方法がたった1つだけあり、それは人間が食べるものが食べられないという事だ。水とコーヒー以外で人体に摂取できるのは“人体のみ”という、正体不明の怪物と人間は捕食関係になっていました…

ある日、カネキ(窪田正孝)は喰種のリゼに襲われてしまいます。しかし、工事現場で突如落下してきた鉄骨によってリゼは下敷きになり死亡。カネキは瀕死の状態となります。そこで、リゼの臓器を移植されカネキは“半喰種”となり生き延びました。

身体の一部が“半喰種”となってしまったカネキは、人間としての食事が取れなくなり、唯一の捕食“人体”を食らって生きるかの苦悩と葛藤の日々が始まります…。

見どころ

喰種の真骨頂であるマスク

東京喰種の特徴でもある「マスク」を含めた衣装に注目して頂きたいです。

本作の衣装は、レディ・ガガなど世界的有名人の衣装も手がけるデザイナーであり、原作の大ファンだという森川マサノリさんが担当しています。

また、森川さんは「作中内でのマスクや衣装は原作のイメージから膨らませて仕上げた映画オリジナルのものです」とコメント。さすが原作ファンだけあり、イメージ通りのマスクや衣装となっております。

より一層、本作を盛り上げてくれています!

主題歌は話題の「illion」

「illion」といってもわからない方が多いかと思います。

アニメ映画『君の名は。』の主題歌「前前前世」を世に送り出した、4人組ロックバンドのRADWIMPSのボーカルであり作詞作曲を手掛けている野田洋次郎さんがソロプロジェクト「illion」として本作の主題歌「BANKA」を書き下ろしました。

「BANKA」という曲名は、『挽歌』=人の死を悲しみ悼む歌からきているかと予想されます。言葉使いの上手な野田さんらしい楽曲となっており、東京喰種としっかりマッチしております!

スタッフ

原作:石田 スイ「東京喰種トーキョーグール」
監督:萩原 健太郎[40]
脚本:楠野 一郎

キャスト

金木研(カネキ):窪田正孝
普通の大学生でしたが、ある事故がきっかけで「半喰種」になってしまった主人公。

霧島董香(トーカ):清水富美加
ヒロインで、半喰種になった金木がアルバイトすることになった「あんていく」の先輩店員。彼女は生まれながらの喰種。

神代莉世(リゼ):蒼井優
金木が喰種になる原因となった女性であり、物語のカギを握る人物。

亜門鋼太朗:鈴木伸之
アカデミーを首席で卒業したエリート。喰種対策局に所属する上等捜査官。

真戸呉緒:大泉洋
喰種対策局のベテラン捜査官。亜門とコンビを組んでいる。

笛口リョーコ:相田翔子
雛実の母。防御の面で優れていたため攻撃力がなく、人間が狩れないことから喫茶「あんていく」でお世話になっている。

笛口雛実(ヒナミ):桜田ひより
喰種の少女。父を失い人間を狩れなくなったことから喫茶「あんていく」に母とともにお世話になっている。

芳村:村井國夫
「あんていく」の店長であり、半喰種として思い悩む金木のよき理解者。喰種のなかでも一目置かれた存在。

四方蓮示:栁俊太郎
喰種の食材となる人間の遺体に関する調査などを担当して、「あんていく」の店長・芳村のサポートをする。

古間円児:浜野謙太
珈琲の淹れ方に定評のある「あんていく」店員であり、喰種。

入見カヤ:佐々木希
「あんていく」古株メンバー。非情に物静かで大人としての余裕も垣間見える落ち着いた喰種。

西尾錦(ニシキ):白石隼也
20区所属の喰種。金木より1つ上の学年で同じ大学に通っている。

ウタ:坂東巳之助
4区でマスク屋を営んでおり、強烈なビジュアルとは反対に穏やかな性格の喰種。

草場一平:前野朋哉
三等捜査官。亜門の正義感に触れ尊敬しる。

嘉納明博:岩松了
嘉納総合病院の医師で教授。

永近英良(ヒデ):小笠原海
金木の唯一の親友であり人間。カネキが人間らしさを保つための重要な人物。

小坂依子:古畑星夏
トーカの親友。思い込みが激しい性格。

小倉久志:ダンカン
喰種研究の権威。コメンテーターとしてテレビに出演している。

 

『東京喰種トーキョーグール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京グール1(映画)の感想

20代男性
20代男性

東京喰種初の実写に踏み込んだ意欲作です。私は連載当時から東京喰種のファンであり、退廃的な世界観と緊迫感の溢れたストーリー展開が大好きでした。実写化するとのことでどういうものができるのか心配や期待の入り混じった感情に包まれていました。実際見てみるとかなり期待以上のものが出来上がっており、思わず感激しました。まず主演や脇役含めて豪華なキャスト陣が、個性的な登場人物たちとイメージと非常に合致しており、高い演技力を持って演じきっていたのが好印象でした。ルックスも華やかな人が多かったのでまさに東京喰種の耽美的な世界観にぴったりでした。さらに一番期待していたのがアクション面でしたが、これについても予想以上のクオリティでした。CGなどの最新技術を駆使しており、原作やアニメに全然負けないような迫力を生み出していました。全然しょぼさがなく、実写版においても臨場感たっぷりでした。あとは世界観の構築においても手の抜いた感じがないのも良かったです。どうしても原作がグロテスクなので、表現に規制が入るのではと不安でしたが、そこに関しても十分にバイオレンスさを描いていて安心しました。次作にて都合によりキャストが一部変わりますが、それを踏まえてもとても良い実写版となっていると思います。

40代女性
40代女性

娘が漫画版「東京喰種トーキョーグール」を持っていたので軽く読んだことはありました。なので気持ち悪いけれどまあ大丈夫だろうと映画を観た結果、怖いものやぐろいものが苦手な私は激しく後悔しました。映像や音が加わると別物です。もちろん漫画で読みながら頭の中でイメージはしているのですが、ここまで具体化はされていませんでした。骨が砕かれる音とかリアルで、怖いもの大好きな方はきっと大喜びされることでしょう。将来的に匂いまで画面で再現できるようになったら、気持ちの悪さに吐いてしまうかもしれないです。でも、生きるために我々が鶏肉や魚を食べなければならないのと同様に彼らは人間しか食べられないのです。活け造りとかやっている時点で残酷さは同じ、考えさせられました。こちらは食べられる側となってしまいますが、グールを敵とは思えないです。共存というのは難しいのでしょうか。特に大変なのが半グール、元々普通の人間だった場合には捕食するという行為は恐怖でしかありません。でも食べなければ自分が死ぬ、葛藤しながら変化していく主人公の気持ちがよく分かって演技力が素晴らしかったです。見た目的にもカネキそのもの、窪田正孝さんでピッタリでした。

30代女性
30代女性

石田スイ原作による人気作「東京喰種トーキョーグール」を実写化した作品。人間社会で密かに人間を食べて生きる怪人「喰種」のいる世界。主人公の金木研(カネキ)はある日、女性の喰種に襲われたことにより重症を負うが、病院で女性の臓器を移植されたことにより一命を取り留める。しかし目覚めたカネキは喰種の臓器を移植されたことにより以前とは全く違う体質となり、人間を食べなければ生きていけない「半喰種」という存在になってしまう。原作の東京喰種の持つ、ダークで禍々しいけれど、どこか美しいような世界観が見事に表現されていて迫力があります。主人公のカネキを演じた窪田正孝さんは原作者が希望した配役ということもあり、まるで原作からそのまま出てきたようなビジュアルが素晴らしいです。人間でありながらも「人間を食べたい」という欲求や飢えと戦う主人公の苦悩と葛藤を持前の演技力で表現している姿は圧巻でした。ヒロインの霧島董香役を演じた清水富美加さんも原作の雰囲気に合っていて、とてもよかったです。東京喰種という原作を知らない、読んだことのない人でも、ダークで美しく物悲しい世界観の雰囲気は圧巻で、とても見ごたえがあるのでオススメです。

20代女性
20代女性

原作をよく読んでいてこれをどう表現するのかと不思議に思っていましたが、かなり面白かったです。松田翔太さんがかなりの変態っぷりを表現していて最高でした。ただの変態ではなく上品さも出しているところが素敵でした。月山が金木のことを大好きなのはものすごく伝わってくる映画でした。もちろんそれだけではなく、アクションシーンもすごいです。うまくCGを使っていてそれぞれの特徴である武器を表していたりと不思議なものでした。役者の上手な演技と器用なCGを組み合わせて素敵なものになっています。映画の内容は原作を一部分だけを抜粋してのものでしたが全部を実写化として見たいと思わせてくれるようなものでした。あんてぃーくのみんなが凄く素敵です。ぐろさもしっかりとあって面白いです。気持ちが悪くなるほどではなかったため程よく見ることができます。この映画に出ている人は原作などで想像していた人物像を上手に表してくれているので最高です。また、トーカちゃんが本当にかわいくてそこばっかりを見ている部分もありました。金木を見捨てられないところやしっかりと守ってくれたり時には厳しく扱ってくれるトーカちゃんが本当にかわいくて素敵な女性でした。本当に面白い映画です。

 

30代男性
30代男性

もともと原作の大ファンということもあり、映画化されてからすぐに見ました。東京グールは週間ヤングジャンプで連載された大人気漫画です。原作中で描かれる激しいアクションの描写を目が、実写でどのように表現するのかがとても気になっていましたが、CGのクオリティや俳優陣の動きといい大変すばらしかったです。人間とグールをめぐるヒューマンドラマでありながら、アクションと哲学的な要素も含まれ、見どころ満載の作品です。本編は原作でも非常に人気のあるストーリー部分であり、内容を知っているファンからみても、最後まで目が離せない展開でした。キャストに関しても、カネキくんや董香ちゃんをはじめとする俳優陣の再現度が非常に高く、特殊メイクを絡めたグールの再現度もかなり高いです。原作のイメージをしっかりと踏襲しながら実写ならでは味わいも見られこれだけの俳優陣のチョイスはさすがだと思いました。特に董香ちゃんファンの方は必見です。本作は事前知識のない方が見ても十分に理解でき、大変面白い内容になっていますので、まだご覧になっていない方は是非とも楽しんでいただきたい作品です。また壮大なストーリーですので、続編が楽しみでしかたないです。

 

30代男性
30代男性

「東京喰種トーキョーグール」は、実写版の初の東京喰種の作品でしたが、実写版として見てもそこまで違和感はありませんでした。人間とは違う喰種の生態やアクションシーンなどを描く映画だったために、実写化するにあたっては、どんな雰囲気になっているのか?は疑問だったものの、アニメと同じような感じで見られたと思います。ストーリーに関しては、この映画は実在の人間が演じているため、原作やアニメ以上に喰種への肩入れのような部分が強くなった気がします。主人公が喰種として描かれ、その周辺人物も多くが喰種という状況の中なので、喰種が中心の世界に見えてくるという感覚があったのです。喰種は人を殺しているとしても、それが喰種にとっては常識であり、生きるために必要なことというのは、自然に受け入れられた気がしました。むしろ人間が喰種を憎み、排除しようとする状況がどうしても悪に見えてしまう、人間が生きるために脅威な存在を排除することがとんでもない罪な行為に見えてしまう、この作品ではそういう感情も芽生えたと言えます。人間が主人公だったら違った感情が出てきたのでしょうけど、喰種が主人公だからこそこういう感想を抱いたと言えたと思うのです。どういう視点で物語を描くか?というので、視聴者の感覚が変わるという部分を実感した映画だったと思います。

20代女性
20代女性

原作の漫画を読んでいますが、かなり忠実に再現されていると思いました。主人公の窪田さんは本当に漫画から飛び出てきたかのようまビジュアルでキャスティングはぴったりだと思いました。人間が半分グールになってしまった苦しみをよく表現できていると思いました。元人間であるがゆえに両方の気持ちがわかるカネキは、もっとグールの生態を世間に伝えてほしいとも思いました。人間を食べるために襲うものばかりではないという認識がまだまだ人間側にはないので、グールというものを見つけるとすぐに対策委員の人が殺そうとするのがすごく違和感がありました。何も悪いことをしていない笛口親子がその例です。父を想ってお花をあげたいという心を利用して場所を特定することにすごく腹が立ったし、あんなに小さい子供の前で母親を殺すことがすごく悲しかったです。グール捜査官も命がけで戦っていることはわかるけれど、話が通じる場合もあるのだから一度話をしてみたらいいのにと想いました。カネキはその点で、グール捜査官と戦うときに涙を流しながらに訴え、捜査官の心に残っていたのでこれから人間とグールが分かち合える社会が生まれればいいなと本当に思いました。そしてひなみちゃんには幸せになってほしいと思いました。

 

50代女性
50代女性

この映画を見ていると、自問自答してしまいたくなりました。人間は生きるために、牛や豚、鳥などの肉を食べて生きています。この映画の中のグールという存在は人間を食べて生きる種族でその中にも、積極的に人間を食べるグールと自分が殺すのが嫌だから自殺した人を食べるグールなどいろいろなグールがいます。しかし、結果的には人間が生きるために食べるのと同じでグールも生きるために食べるとなるとなると人間との共存は出来ないということになってしまいます。しかし、そうはいっても窪田さん演じる主人公は人間だったのに死にかけてグールの臓器が移植されたことで半グールになってしまうあたりはよく考えられている設定だと思いました。蒼井優さんの演技が本当にすごく、彼女が本当に大食いにしか見えませんでした。残酷なシーンも結構ありますが、グールという世界観ではそれが当たり前の世界なんだと考えると抵抗感なく見ることが出来ました。原作を読まずにこの映画を見ましたが、窪田さんが想像以上に演技がうまく怖さも感じました。とくに人間である時とグールである時の性格がまるで違い迫力を感じました。もし本当にグールが人間界にいたらと思うと怖くなりました。

30代男性
30代男性

この映画に登場する喰種(グール)という存在。人肉しか食べることができない存在であり、主人公の金木研という青年は喰種になったことでその食性に苦しめられます。しかし人は牛や豚、鶏の肉や魚といった他の生物を当たり前のように食しています。人間を食べることも本質的な残酷さに変わりはないように思いましたね。もちろん法律的な問題はあるのでしょうが、それを乗り越えれば残るのは倫理的な問題だけです。人肉を食べることの心理的障壁とは一体何なのかと考えさせられてしまいました。そんな喰種は人間に害をなす存在として駆除の対象となっており、喰種となった者はその正体を隠して生きていかなければなりません。主人公は喰種となっているので迫害される側の視点で、物語は進むのですが、現実のいろんな社会問題を考える上でも、こういう視点を持つことは大事になってきますね。原作は漫画でありアニメなのですが、世界観の設定や、主人公の苦悩が上手くまとめられた脚本だと思います。戦闘シーンについては少しチープな印象は否めませんでしたが、主演の窪田正孝の鬼気迫る演技を初め、役者さんたちの演技で上手くカバーできている映画だと思います。多くの漫画・アニメ作品の実写化が失敗している中、この作品は原作ファンから見ても成功と言えるのではないでしょうか。

20代男性
20代男性

一つの映画作品として見ても、原作ファンとして見てもとても面白く興奮する映画でした。キャストの面々とキャラのマッチングもバッチリハマっており、賛否両論あるであろう最近の実写映画の中では群を抜くクオリティの作品だと思います。東京喰種の大きなテーマとして、人間に最適化された弱肉強食の世界の中で、姿形のみ人間と同じである喰種(グール)という存在はどのように生きていくのか、というものがありますが、その得体のしれない怖さと何故か自分がグールになってしまったらという想像を掻き立てられてしまう緊迫感が見事に再現されていました。実写映画のリアリティをこのような形で伝えられるとは!と久しぶりに驚かされました。更にはキャストの方々のアクション・演技も凄まじく、特にアクションはスタントなのかCGなのか見紛うほどのクオリティ。メインキャストには窪田正孝さん、清水富美加(千眼美子)さんなど今が旬の若手の俳優陣が多く名を連ねていますが、作品自体が非常に個性的な世界観なのもあり、今まで見たことのないような演技が見られるのではないでしょうか。シナリオ面は原作・アニメファンにこそ語りたい点が多々あるのですが、是非とも作品に触れて欲しいという願いをもって割愛します。ダークファンタジーと実写ならではのリアリティを見事に融合した作品です。

 

まとめ

『東京喰種トーキョーグール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

清水富美加のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 素敵な選TAXIスペシャル
  • となりの関くんとるみちゃんの事象
  • 叡古教授の事件簿
  • 家政夫のミタゾノ

【アニメ】(声の出演)

  • 龍の歯医者

【イメージ】

  • 清水富美加『Popping Time』
  • 清水富美加『Popping Smile』

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました