東京難民(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『東京難民』予告編

東京難民(映画)の動画フルを安全に見る方法

『東京難民』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『東京難民』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京難民(映画)の内容

映画『東京難民』は、2014年2月にR15+にて公開されました。

ホラー、推理作家である福澤徹三さんによる同名小説を原作に、映画『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した佐々部清監督がメガホンを取りました。

本作は、格差社会の中でもがく若者たちのリアルが描かれており、主人公の修役を期待の若手俳優である中村蒼さん。彼の周りを大塚千弘さん、青柳翔さん、山本美月さん、中尾明慶さん、金子ノブアキさん、井上順さんなど若手からベテランまで勢ぞろいしました。

大学生からホームレスに至るまでの若い男性の話ですが、これが私たちが受け入れた資本主義だから、這い上がるチャンスもあれば、同じく落ちていく穴もあるということを再認識させてくれる物語。R15+なのは一目瞭然ですが、むしろ道徳的とさえ思える作品でした。

嘘っぽく見えてしまいましが、これが現実だと突き付けられる物語。そんな中での鈴木さの温かい雰囲気が素晴らしかったです。

役者の皆さんの演技が良くて、内容もしっかり纏まっており全く飽きることなく見れました。大事なのは、いつでも前に向いて真っ直ぐ進むことであると改めて気付かせてくれた良作です。

映画も素晴らしかったですが、小説もあるのを知り読みましたが、こちらもまた傑作でした。怖くて面白くてためになる映画でした。

あらすじ

東京の大学に通う時枝修(中村蒼)は、どこにでもいる大学生。授業をサボって、合コンで盛り上がり。毎日気楽な生活を送っていました。ある日突然、授業料の未払いを理由に大学を除籍処分されてしまいます。

授業料や仕送りなどの生活費全般の面倒をみてくれていた父親に連絡しても繋がらないため、北九州の実家へ帰省すると、両親は借金を抱えて夜逃げしていたのでした。

当然、家賃の支払いもなくアパートを強制的に追い出されてしまった修はネットカフェに泊まりながら日払いのバイトでその場をしのいでいきます。

ある日、騙されて入ったホストクラブで高額請求をされ、払えるはずもない修は、その店で働くしか選択肢がありませんでした。しかし、働いていく内にホストの裏側を見てしまった修は無傷で抜け出すことが出来ず、ついにはホームレスにまで転落してしまうのですが…。

見どころ

見えない貧困とも言われている現代の格差社会の真実をリアルに描き出している本作。

救いようのない状況にまで追い込まれ、どんどんと転落していく有り様に恐怖を感じました。それは他人事ではなく、明日は我が身だと感じたからでしょう。

人生を甘く見ていました。と切り捨てることは簡単ですが、一度落ちるところまで落ちてしまうと、這い上がってくることが難しい各社社会の構造は簡単には変わりません。本作のメッセージは『生活困窮は誰にでも起こり得ること』だと思います。

今の自分の生活があるのは周りの人々が支えてくれてるからこそ。人と人とのかかわりの重要性だったり、何事も自分次第だからこそ賢く生きる必要性を感じる作品でもありました。

スタッフ

原作:福澤徹三
監督:佐々部清
脚本:青島武
音楽:遠藤浩二
主題歌:高橋優「旅人」

キャスト

時枝修:中村蒼
大学生。ある日、学費の支払いが滞っており除籍処分となる。両親は借金を抱えて夜逃げをして失踪してしまう。住んでいたアパートからも追い出されネットカフェ難民となる。

北条茜:大塚千弘
穏やかで献身的な女性。看護婦だったが瑠衣に誘われホストへ行ったことをきっかけに通うようになり、多額の負債を抱えてソープへと身を落とす。

順矢:青柳翔
瑠衣が指名しているホスト。チャラい風貌をしているが、夢はラーメン屋になること。

川辺瑠衣:山本美月
可愛らしく人懐っこい性格をしている。街で適当に声をかけて、食事をご馳走になる根なし草のような生活を続けている女性。

小次郎:中尾明慶
順矢の後輩で気弱なホスト。

児玉篤志:金子ノブアキ
ホスト店のオーナーでヤクザ。自らも中国で運び屋をやっており、現実の厳しさや深い闇を知る人物。

鈴本:井上順
ホームレスで修を助けてくれた優しい人物。

軽部:金井勇太

俊:落合モトキ

芹沢:田村三郎

長沼:岡村洋一

毛利:大谷ノブ彦(ダイノジ)

荒木:吹越満

警官:福士誠治 / 津田寛治

小早川:小市慢太郎

『東京難民』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京難民(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

感想といたしましては、東京難民のストーリーがリアルすぎて本当にびっくりしました。ある日ある大学生が退学になってしまうのですが、その理由が学費の未入金ということになって、両親は実家に行くともうすでにいなくなっていてもうすでにどうすることもできなくなっているというストーリーなのですが、親がいなくなってしまうと大学生はここまでピンチになってしまうということに考えさせられました。ここまで親に支えられながら生活しているんだなということがわかりました。また、中村蒼さんが主人公を演じているのですが、その演技がすごくリアルでここまで追い込まれていく主人公がすごくリアルでみていて飽きなかったです。また、表現の自由もすごく幅が広くて良かったです。また、大学を辞めてしまいそのあとはアルバイトに精を励むのですが、何事もうまく行かずに考え方も甘くてどんどん悪い方向に行ってしまうというのがストーリーなのですが、その結末がすごくリアルで考え方が甘いとここまでピンチになってしまうというのがわかりました。また、貯金の大切さも感じました。いざという時に貯金というものを持っているとなんとかなるんだなというのがすごくわかる映画でした。

30代女性
30代女性

大学除籍、父親の失踪、アパートを追い出されるという、いきなり”お先真っ暗”な始まり方でしたが、自分がもし修のような人生になったらと考えるととても怖かったです。つい最近までの幸せな生活が、いきなり奈落の底へと突き落とされたように一変していく様は、想像以上の恐怖心を感じると同時に、親のお金で大学に行けたことを改めて感謝する機会を与えてくれたような気がします。修がどんどん転落していく中で、周囲の人達の彼を見る目が、まるでゴミをみるかのような冷たい視線に感じられた他、これからの世の中、修のような人がどんどん増えていくのではないかという恐ろしさを、よく象徴している作品だと感じました。ティッシュ配りのシーンでは、自分も同じようなバイトをしたことがあったので、ティッシュをなかなかもらってもらえない修の大変さがとてもよくわかりました。バイトで色々と教えてくれた先輩が独自で作っているものを見たときは、修と同じく血の気が引いてしまいました。ラストで、修がホームレス達の優しさと、自分を許してくれた茜の優しさにも触れ、父親を探そうと決意する様子は、決して”終わっている”という感じはせず、むしろ生気に満ち溢れていると感じることができてとても嬉しかったです。人生何が起こるかわからないということを、強く考えさせられる作品です。

20代女性
20代女性

元々は本が原作の映画です。主人公は、大学生で父親が大学の学費を払ってくれなくて除籍処分になるところから始まります。主人公は、いろんな逆境に遭遇しますがその度に何とか乗り越えていこうとする物語です。逆境や嫌なことから逃れることができません。誰でも出くわしてしまうものだと思います。全体的にハッピーで明るい雰囲気がずっと続くような物語ではありません。むしろシリアスです。ですが、主人公がどんな問題が起きようと何とかして生き抜こうとしていく姿勢に少なからず力をもらえると思います。現在、若者世代は非正規雇用の増加に伴い、貧困化が取り沙汰されることがあります。お金がないということが、一体どんなトラブルを引きおこすのか。一見、希望など見えない様にも思えます。物語の中には足元を見て利用しようとする人間も登場します。しかし、そんな状況の中でも傷だらけになろうとも何とか一緒に乗り越えようとしてくれる仲間もいました。何とか仲間と共に前を向いて人生を生き抜いていこうとするところもとてもよかったです。悲しいようで希望も感じられるそんなストーリーでした。どれだけ辛く苦しいことがあろうとも、何とかして知恵をふりしぼり、解決しようと立ち向かえばきっと道が開けるとこの映画から学ぶことができました。

 

20代女性
20代女性

題名から、とても面白そうだなと興味を持ったので見てみました。期待以上のクオリティで大満足でした。大学の授業が未払いだと言われてから、どんどんどん底に落ちていってしまう過程が非常にリアルでした。中村蒼が、私が思っていた何倍も高い演技力を見せてくれたということもあり、映画を見始めるとすぐにストーリーに入り込んでしまいました。山本美月、金子ノブアキ、中尾明慶などほかに多くのお気に入りの役者たちが出演していて良かったです。この作品を見て、普段自分は何気なく毎日を普通に暮して過ごしていますが、それがいかに幸せで充実していることであるかがよく分かりました。それと同時に、自分はもっと毎日を大切に過ごしていかないといけないなと強く思わされたような気がします。ただ、どれだけ自分がお金に困ってしまう時がきたとしても、決してこの映画の主人公のように誰かの金儲けの話を簡単に間に受けてしまうことだけは避けようと思います。リアリスティックな物語が好きな人や、少し暗めな作品が好きな人でまだこの映画を見たことがない人は、ぜひ一度は見てほしいなと思います。現実味あふれる内容と、そのクオリティの高さに大満足すること間違いありません。

 

30代男性
30代男性

ごく普通の大学生の若者が、突然全てを失い、転落し続けてゆく話。学費未納で大学を除籍され、家賃未納でマンションを追い出され、ネットカフェ難民からホームレスにまで転落し、挙句の果てに逮捕までされる。主人公への容赦のない仕打ちの連続に、シンプルに酷いと思える一方、昔に比べると他人ヘの関心が低下し、冷淡ななった現代社会を率直に反映しているようにも感じました。同時に、主人公のように無意識のうちに親のような誰かに依存していることの怖さも感じました。主人公はまだ大学生だからまだ仕方ないと思いますが、大人になってから誰かに頼りすぎていると、その頼っている相手が突然いなくなったら一気に足元が崩れてゆくのです。私も生まれてから実家暮らしを続けている立場だけに、そういった意味で、常に自立心を育むことを意識しなければならないと思いました。映画自体は、全体的な説明調の演出が多くて、もっと自然に鑑賞側に意味を伝える演出もできたのではないかと思う一方、格差社会や貧困層の増加といった、今の日本社会が抱える闇は率直に表現できていたと思います。自立心を持つことの大切さを伝える意味で、大学生あるいは高校生といった、若者たちに見てもらいたい映画だとも思います。

50代男性
50代男性

東京難民は現代人が今までの生活ができなくなると、ここまで落ちていってしまうんだということを痛感させられた映画でした。しかもフィクションでありながら一つ一つの展開は実際に起きても不思議がなく、主人公の対応もあの年代であれば普通にありそうな気がしました。普通の大学生が仕送りがなくなったらどうするか、ここから全てが始まります。チャラチャラしていた学生ですからこの状況を理解してもどこか楽なやり方でお金を稼ごうとします。せっかく稼いでも怪しいと疑われてしまったり、可愛い女の子に騙されて持ち金を全て失ってしまいます。ホストにその流れでなってしまうのですが、ここからこの主人公の本当の人間性を感じる事が出来るようになります。女性が付いてくれるようになっても相手の事を考えているところがすごくいいんです。他の人も彼の優しさをだんだん感じで来るようになるところは、まだ人間として終わっていないんだなと思いました。でもやっぱり上手くいかないんです。傷つけたくないのに傷つく人が出てきてしまう所が切ないんです。ホームレスまで落ち込んで本当の底辺にいってしまいますが、彼はラストで人間とはどうあるべきかわかったんじゃないかなと思いました。

 

20代女性
20代女性

「生きるってなんだろう?」とか「生きる力ってなんだろう?」と改めて考えるきっかけを得た映画でした。いつか自分が母親になったとき改めて見たいと思いますし、R15指定の描写だけど自分の子供が中学生とか高校生になったときに見せたいなと思いました。主人公の大学生「時枝治」は、学費滞納でどんどんお金がなく落ちていくのですが彼は間違いなく物理的には生きています。でも彼は就職もぜず、職を転々とし、家もなく、自分を証明するものがない社会的には死んでいるような状態です。なぜ大学を経済的理由で退学になったとしても、正社員とか契約社員でも働こうとしなかったのか?それは甘さではないのか?と彼の選択に対して初めは思いがよぎりました。でも自分の大学生の時を思い出しても生きることはお金がないと生きられないということはわかるものの、社会的に生きることは知らないんですよね。器用に生きれる、社会的に生きるセンスを持っている人は、同じ境遇でもうまく切り抜けられたかもしれないけれど、全ての人がそういうわけではないし、全ての人がそういうことを教えてくれる大人に出会えるわけではないんと思います。そして、社会を構成している社会的に生きることができている大人は私が最初に思ったみたいに「甘いよね」という言葉で片付けてしまうこともあると思います。今こうして生きていられる、生き方を少しでも知ることができることに感謝をしながら、改めて社会的に生きることってなんだろうか、そして物理的に生きることとの自分の中でのバランスもちゃんと考え、とりたいなと思える作品でした。

 

40代男性
40代男性

どこにでもいる学生が、家族が原因で、身ぐるみをはがされ、落ちて、落ちて、落ちていく。どんどん底まで落ちていく。闇金ウシジマくんを読んだり見たりしているからか、こんな世界もあるんだろうなあ、と軽い気持ちで見始めた。この映画、本当に食べるに困った人たち、行く当てのない人たちの様々なケースを、相当数取材を重ねているように思う。序盤に出てくるマクドナルドで夜を過ごす人とか、話を読んだことはあるが、あれだけしっかり描くためには、時間をかけてその体験をした人に話を聞いたのだろう。『東京難民』には、底辺に落ちた側と、その人たちから搾取する側の二種類の人種が出てくる。搾取する側は、容赦がない。命ごと吸い取っていく。一方、搾取される側だが、これだけは手放せないというモラルを守っていく。主人公は、ある女性を底辺に引きずり込む。おそらく、底辺に落ちた女性は、浮かび上がることはないだろう。女性の人生を滅茶苦茶にしたのだが、終盤、看護師から風俗嬢となった女性に、主人公は贖罪と懺悔をするために会いに行く。このことで、風俗嬢になった女性は救われたのだろうか。主人公は、救われたのだろうか。自分が、東京難民にならないとはだれも言えない。明日は我が身だ。それが、この映画にどっぷりはまり込める理由だと思う。

40代女性
40代女性

当たり前だった毎日が突然亡くなってしまう。現代社会においての恐怖だなって思いました。そして何よりもお金って大事だなって。主人公の大学生の子も、しっかり貯金していたら、こんなことにはならなかったのだろうなって思います。お父さんの仕送りや、家賃に支払いをまかせっきりで、好きなことを自由にしていたのは、浅はかだったなって。でも、まあ世間知らずで育ってしまったのなら仕方のないことかもしれません。突然世間に放り出されて、家や着替えもままならない。これはかなり怖いなって思いました。ホストになっても、大稼ぎできるわけではないし、大酒の飲み過ぎで体を悪くするっていうのも怖い。私もお酒は好きで毎日飲んでいますが、気をつけようって思いました。そして何より貯金しようと・・・。主人公の男の子は、最初はダメな子だなあって感じでしたけど、物語が進むにつれて、ただ純粋でいい子なのだなって思いましたし、周りの同じようにお金で苦しむ人たちも一生懸命に生き抜いているのには、素晴らしいなと思います。就職して、安定した職業についているというのは幸せなことなのですね。会社の文句ばっかり言ってたけど、少し心が洗われた気がしました。

 

まとめ

『東京難民』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました