妻と飛んだ特攻兵(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ

妻と飛んだ特攻兵(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『妻と飛んだ特攻兵』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『妻と飛んだ特攻兵』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

妻と飛んだ特攻兵(ドラマ)の内容

『妻と飛んだ特攻兵』は、2015年8月にテレビ朝日系列で放送されました。

原作は、日本のジャーナリストでありノンフィクション作家・豊田正義さんによる、衝撃の事実を迫った歴史ドキュメント小説『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』。

本作の物語は、終戦直後に起きたソ連軍の侵攻から避難民を守るため、最愛の人とともに戦闘機に乗って特攻した実話が描かれており、堀北真希さんと成宮寛貴さんがダブル主演を飾りました。他に、杉本哲太さん、八嶋智人さん、荒川良々さん、小西真奈美さん、高島礼子さん、國村隼さんと豪華俳優陣が集まりました。また、ナレーションを市毛良枝さんが務めており、物語の良さを引き出してくれております。

命が大事とかそういった安っぽい作品ではなく、忘れてしまった歴史を思い出させてくれる作品です。学校の教材として見せるのも有だと思います。是非、多くの方に見て欲しい。

仲間とはいえ、他人のために自らの命を犠牲にすることは、なかなか出来るものではないですよね。でも、こういった境地に陥らせてしまった戦争がなければ二度と起きないし、今後も絶対にあってはならないことだと、改めて感じました。

占守島は有名な話ですが、満州でもこういったことがあったなんて知らず、満州の悲劇を知ることが出来て良かったです。撮影もしっかりされており、出演者の表現がとても素晴らしかった。

戦争を経験したことがなく、特攻の話を聞いただけで無駄死にだと否定する方々は、本作を見てもそう思うのかな?改めて、犠牲になってくれた方々のおかげで今の日本の繁栄があるんだなと思うと感謝してもしきれないです。自分さえ良ければ良いや!そんな今の時代にこそ見てほしいドラマだと思いますし原作も、もっと多くの方に知れ渡ってほしいです。

あらすじ

1年ほどの訓練を受けると少尉になることができ、陸軍特別操縦見習士官の試験に合格した節夫(成宮寛貴)は親戚が集まる自分の祝いの席で遠縁の房子(堀北真希)と出会いました。死が隣り合わせだと自覚している節夫は結婚をためらっていました。そこへ、房子が結婚を申し込んできて二人は夫婦となりました。

昭和20年6月、節夫は関東軍の教官として満州におり、房子は節夫を追って単身、海を渡っておりました。無事、関東軍の本部で再会を果たせた二人は喜びを分かち合いましたが、特攻隊員である立場を思い節夫の顔は曇りました。

満州での新婚生活が始まりました。食べ物は豊富にあり空襲もない、まるで戦争を忘れてしまうほど、穏やかな生活を送っておりました。しかし、幸せな新婚生活も長くは続きません。

ソ連軍の脅威がついに侵攻を初めてきました。必死で開墾した田畑も捨て避難を始めます。そして、節夫たち関東軍にも出撃命令が下ります。房子の平穏な日々は早くも音を立てて崩れ去ろうとしていました…。

見どころ

夫婦…

本作のモデルとなった谷藤夫妻。二人の愛情の底が見えないほどの深さを感じ、こういった愛の形が戦時中にはあったのだと思い知りました。

どのシーンも観るのが苦しく辛かったですが、特にラストシーンの成宮さんが堀北さんに「もう君に寂しい思いをさせたくない」と伝え、一緒に新婚旅行に行くシーンがあります。胸が苦しくなります。

実在した谷藤夫妻の徹夫さんを成宮さん、朝子さんを堀北さん。この二人がなりきって演じてくれているのが凄く伝わってきます。色々と考えさせられますが、悲劇を二度と繰り返してはいけないと改めて認識させてくれる大作となっております。

スタッフ

原作:豊田正義「妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻」
監督:田崎竜太
脚本:岡本貴也
音楽:安川午朗

キャスト

主要人物

山内房子:堀北真希
死と隣り合わせにいると自覚する節夫に自らプロポーズする。

山内節夫:成宮寛貴
関東軍第五練習飛行隊のエリート教官。

道場一男:杉本哲太
関東軍第五練習飛行隊の部下思いの隊長。

関東軍第五練習飛行隊

西村強:八嶋智人
小熊勇:荒川良々
湯浅鉄男:堀井新太
木下達夫:三浦涼介
教官。

広田大樹:萩原利久 / 伊嵜充則(昭和42年)
少年兵。

満州開拓団

藤田秀雄:國村隼
団長。真知子の父。

伊予屋

重永キミ子:小西真奈美
藤田真知子:趣里
飛行隊馴染みの旅館。

その他

道場悦:羽田美智子
一男の妻。

井上ハナ:竹富聖花
湯浅と恋仲で結婚をしたいと思っている。

井上文子:高島礼子
娘・ハナと湯浅の結婚を反対している。

道場典子:徳永風歌
道場克子:長田莉乃朱
佐々木民夫:福本清三
藤田幸子:伊倉愛美
陳少年:徐斌
藤田昭夫:中村文徳
佐々木絹代:かわさき鈴乃
役不明:平岡拓真 / 松永渚 / 峰蘭太郎
ナレーション:市毛良枝

 

『妻と飛んだ特攻兵』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

妻と飛んだ特攻兵(ドラマ)の感想

20代女性
20代女性

私は、ドラマ『妻と飛んだ特攻兵』を観て、「戦争の厳しさ」と「夫婦の絆」が特に印象に残りました。まず、戦争の厳しさについてです。このドラマでは、戦時中を舞台にある夫婦の日々が描かれます。満州で軍隊に入っている夫は呼び寄せた妻と再会し、戦時中ながら初めて二人で暮らす幸せな時間を過ごします。しかし、そんな平和な時間も長くは続かず、戦争が激しさを増し夫も戦争に向かうことになってしまいます。夫婦の平穏で幸せな暮らしさえも奪ってしまう戦争の残酷さに、恐怖と憤りを覚えながら観ていました。また、激しさを増す戦争の描写に、目を背けそうになるような怖さを覚え、この中にいたらどうなってしまうのだろうと考えながら観ていました。次に、夫婦の絆についてです。夫婦は仲が良く、お互いを尊敬しあっています。夫は、妻と一緒に暮らしたいと考え妻を満州に呼び、妻も夫との再会を心から喜びます。二人がお互いを見つめる時の表情やささいなやり取りから、二人のお互いに対する愛情が伝わってきて、羨ましさを覚えながら観ていました。また、戦争の最中でもお互いのことを心配し無事を祈る二人の姿から、お互いの生存さえ確認できないことの辛さが感じられて、こちらまで悲しい気持ちになって観ていました。

30代男性
30代男性

ドラマ『妻と飛んだ特攻兵』の感想をまとめていきたいと思います。舞台となるのは第二次世界大戦の昭和20年。満州にて戦闘機パイロットとして任務に就いていた陸軍の山内節夫少尉は、着任時に結婚した妻・房子を満州に呼び、そこで夫婦生活を続け、穏やかな時間を過ごしてました。これからの将来の事や、この国での新しい未来の事など、至福の時間を過ごしていた節夫でしたが、時代はそんな一時の安寧を許してはくれず、激しい動乱が訪れようとしていました。日ソ中立条約を破棄して満州に侵攻するソ連軍によって、平穏な時間を壊され、妻と共に過ごすはずだった時間を壊されてしまう節夫は、戦闘機のパイロットとして戦う事となるのですが、大軍で押し寄せてくるソ連軍の猛攻に対抗する術はなく、多くの難民を生み出し、節夫は軍人としての決断を迫られていくと、物語が一つの終焉へと向かう流れは、戦争で喪われてしまう儚さが描かれ、節夫の妻である房子の儚くとも彼に対して堅信を貫こうとする彼女の意地と、戦争の無常さと残酷さなどが入り混じり、どうしようもない現実に直面しながらも、自分を見失わない誠実に生きようとする夫婦の絆がこの映画の中にこめられ、終戦を迎えていく中で、あの夫婦の残した想いが、後の時代にどう生かされていくのかと、そんな希望を託す物語としてみられます。

 

まとめ

『妻と飛んだ特攻兵』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました