トイレのピエタ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
『トイレのピエタ』予告編

トイレのピエタ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『トイレのピエタ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『トイレのピエタ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

トイレのピエタ(映画)の内容

映画『トイレのピエタ』は、2015年6月に公開されました。

原案は、漫画家・手塚治虫さんが亡くなる前の日記に書かれていた作品の構成を、監督である松永大司さんが日記には登場しないオリジナルのヒロインを登場させ、恋愛を主体としたストーリーで脚本しました。

物語は、余命宣告を受けた青年と、ひょんなことから知り合った女子高生が、反発しながらも惹かれあっていく姿が描かれており、青年役をロックバンドのボーカル・野田洋次郎さん、女子高生を杉咲花さんが演じ、彼らの周りをリリー・フランキーさん、大竹しのぶさん、宮沢りえさんとベテラン俳優陣が脇を固めました。

主演を飾った野田洋次郎さんは俳優デビューとなりましたが、日本アカデミー賞をはじめ、報知映画賞、毎日映画コンクールで新人賞を獲得するなど、俳優としての新たな一面を開花させた作品となっております。

野田洋次郎さんの自然な演技に目が離せず、見終わった後に、自然と涙が流れてきました。またゆっくり観ようと思える作品でした。

映像美に、主演の二人の仲が良いとは言い切れない関係性が凄く魅力的でした。

日本人が持つ生死観を表現した素晴らしい日本映画になっていると思います。言葉や表現の一つひとつが印象的で、原案はもちろんですが、脚本と監督を務めた松永大司さんが天晴!これからの生き方をすごく考えさせてくれました。

RADWIMPSの大ファンで、本作はタイミング悪く中々見れないでいました。ですので、見る前から主題歌のピクニックを聞いてましたが、作品を見終わった後に聞いた印象とでは大きく変わりました。圧倒的な人気を誇る洋次郎を再認識できた一作です。

あらすじ

画家を目指し、将来を有望視されていた園田宏(野田洋次郎)は、描くのをやめて窓拭きのバイトをしておりました。美大時代の同級生であり付き合っていた元恋人・さつきと偶然出会い、自らの個展に来て欲しいと誘われますが、もう絵など見る気にもなれません。

ある日、ビルの壁に貼り付いて窓を拭く自分を虫のようだなと思っていたところ、突然倒れて病院へ緊急搬送されました。精密検査を受けると、結果は家族と一緒に聞かなければならないと言われます。実家の両親は遠方で煩わしい。

どうしようかと悩んでいると、病院のロビーで女子高生・真衣(杉咲花)の「制服が破れたから弁償して」と怒鳴り声が聞こえてきたので、宏は代わりに制服代を支払うから妹の役を演じてくれと頼み、二人で医師の元へと向かいました。すると「胃に腫瘍ができており、何もしないと3か月くらいの命です」と宏は余命宣告を受けます。

呆然とする宏に、真衣は「今から一緒に死んじゃおうか?」と言い、二人はバイクに乗りスピードを上げます…。

見どころ

目を見張る演技

キャスティングが見事です。既に多くの評価を受けているリリー・フランキーさん、大竹しのぶさん、宮沢りえさんなどは本作でも素晴らしい演技を披露してくれております。

その中でも注目なのは主演・野田洋次郎さん、ヒロイン・杉咲花さん、小児科フロアに入院している少年・澤田陸さんです。

野田洋次郎さんは自らの世界観を持ったアーティストなので、演者としても見事な表現をしてくれております。アーティストが主演を飾っているからと視聴を控えている方は、勿体ないので是非見て頂きたいです。

杉咲花さんは、普段はおとなしいイメージが強い女優さんですが、常になにかにイライラしている、思春期真っただ中の女子高生を演じておりました。カメラが回ると登場人物にスイッチできる彼女は、今後も期待ができる女優さんですね。

最後に、澤田陸さんは本作の中で苦しい表情は一切ありませんでした。いつも笑顔で宏を救ってくれる少年という、難しい役を好演しておりました。将来性を感じる彼のような子役を見ると良い意味でトリハダが立ちました。

ちなみに、ほんの少しですが病院の清掃員役で佐藤健さんも出演しているので、要チェックです!

主題歌

本作の主題歌『ピクニック』を披露しているのでもちろん“RADWIMPS”で、松永監督から野田洋次郎さんへ直々にオファーをし、作詞作曲を行い書き下ろした楽曲となっております。

主題歌『ピクニック』を聞くたびに“RADWIMPS”の楽曲ではありますが、本作の主人公である宏が書き上げたと思えてきます。

スタッフ

原案:手塚 治虫
原作:松永 大司「トイレのピエタ」(文藝春秋刊)
監督・脚本:松永 大司
音楽:茂野 雅道
主題歌:RADWIMPS「ピクニック」

キャスト

園田宏:野田洋次郎
画家の夢を諦めた青年。残り3か月と余命宣告を受け、死の恐怖に支配されている。

宮田真衣:杉咲花
ありのままの感情をためらいもなく相手に言える純粋な女子高生。

横田亨:リリー・フランキー
食道がんで入院しており、宏と同室のカメラを手放さない中年の男性。

尾崎さつき:市川紗椰
宏が美大に通っていた時の元彼女。

園田一男:岩松了
園田智恵:大竹しのぶ
宏の両親。

橋本拓人:澤田陸
宏が入院する病院の小児科フロアにある『院内学級』にいる少年。

橋本敬子:宮沢りえ
拓人の母親。

武田晴子:MEGUMI
宏が入院している病院の看護婦。

金沢:佐藤健
宏が入院している病院の清掃員。

水谷:古舘寛治
宏の主治医。

田中:森下能幸

トイレのピエタ(映画)の感想

20代女性
20代女性

すべてが綺麗で、すこし考えさせられる映画でした。公開当初にRADWIMPSの野田洋次郎さんが主演ということで観に行きましたが、つい映画の世界観に飲み込まれてしまいました。登場人物のちょっとした台詞や仕草、病院の部屋、学校のプール、アパートの部屋などすべてがとてもリアルで、登場人物をどこか身近に感じることができました。しかし、そんなリアルな描写の中にもプールに放たれる金魚や天井に広がる宇宙など、少し非現実的で芸術的で美しいシーンが非常に魅力的でした。主人公の野田洋次郎さんの演技が本当に自然体で、彼の素、彼自身をずっと見ているような感覚におちいりました。杉咲花さんのトゲトゲしく、叫ぶ演技や細かい目の演技がとても好きでした。野田洋次郎さんと杉咲花さんだけでなく、宮沢りえさんやリリーフランキーさんなど他にもたくさんの豪華キャストが出演していて、見どころ満載でした。なので、原作を読んだことがない方や特に野田洋次郎さんを知らない方でも楽しめると思います。ラストはRADWIMPSの楽曲で終わるのですが、あえて歌詞も載せられており、その歌詞がとても響きました。誰視点でも楽しめると思います。何か背中を押してほしい方にもぜひ観て欲しいです!

 

30代男性
30代男性

プールの中を泳ぐ金魚。その中心で胎児のようにまるくなる女子高生。この美しいワンシーンだけでも、見る価値はある。この映像の解釈は、きっと見た人の数だけ存在する。母体の中を再現しているとか、とある事件をモチーフにしているだとか。生きている実感なんて感じたこともなかった青年が、自分よりも年下の少女の大きな母性に癒されていくのが、なんとも不思議であたたかい。自分の人生のタイムリミットを知ってから、ようやくその実感が生まれてくるのはとても皮肉だ。だけど、生きることとはそういうことなのかもしれないとも思う。空気を実感するためには、空気のない場所に行くしかない。当たり前にあるもののありがたさをわかれと言われても、そこにあるんだから実感できるわけがない。誰だってそうだろう。人間の価値なんて、最終的には生きている間の地位や肩書きで決まるものじゃない。最後のその瞬間、本気で泣いてくれる人がいるのか、本気で自分の死に向き合ってくれる人がいるのか、それが一番大事なこと。この映画の主題は、きっとここにあるんだろう。生きている時間は、いつだって貴重だ。今ここに生きていることに感謝しなきゃと思わせてくれる優しい作品。

 

まとめ

『トイレのピエタ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました