天使にラブソングを2(吹き替え)動画無料フル配信|日本語字幕もDVDレンタルよりオススメ

コメディ
天使にラブ・ソングを2 – 予告編

天使にラブソングを2の動画フルを安全に見る方法

『天使にラブソングを2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『天使にラブソングを2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天使にラブソングを2の内容

映画『天使にラブソングを2』は、1993年12月にアメリカで、日本では1994年6月に公開されました。この映画は前年に公開され大ヒットとなった『天使にラブソングを』の続編として、前作とほとんど変らないキャスティングの映画となりました。

前作でも好評だったコーラスなど歌唱シーンはもちろん見応えのあるままで、高校を舞台とした青春映画風作品に変っています。また前作で、最年少シスターだったメアリー・ロバートの歌唱を吹き替えていたアンドレア・ロビンソンが主人公たちとは違う修道院のシスター役で出演し、一節だけですが、劇中で歌も披露していて、前作のメアリー・ロバートの歌唱ファンにとっては楽しみのひとつとなりました。

また、前作の賛美歌をソウルミュージック風などゴスペル調にアレンジしたのに対し、今回は高校生が出てくることで、ラップやR&B調に変化していきます。

前作を経て、修道院長がデロリスに寄せる信頼が確固たるものになっていて嬉しい。今回もステージでのシーンにじわっと来るが、前作のシスター達が生徒達に変わった感じなので、1の方がインパクトは強いかも。R&Bアレンジすごく楽しい!!

前作よりも先にこっちの方を見たのですが、前作を見た後に見返すとやっぱり全然違いますね!キャラクターに愛着があるから映画に対する情愛が変わります。本当に素敵な映画です。

少し出来すぎてて学園モノとしてはあまり好きじゃないけど、ミュージカルとしてはよかった。音楽の質も高いしおもしろい。

1の方が好きかな。でも音楽シーンは楽しい!

1992年に公開された『天使にラブソングを』の衝撃が強く、『天使にラブソングを2』と比較する人が多くいて、前作のストーリーの方が面白かったというコメントが目立ちました。

しかし、この映画の大ヒット要素でもある”歌唱シーン”は、前作同様に満足行く内容だったようですね。

あらすじ

ラスベガスで成功を収め、二流スターとして忙しい毎日を過ごすデロリスに、修道院のシスターたちが訪れ、社会奉仕先の高校の悪ガキ達に手を焼いて疲れきっていると言います。院長からも頼まれ、デロリスは援助の要請を受け入れ、シスターになって、母校でもある高校へと向かいます。
歌手としての経験と修道院の聖歌隊を立て直した経験を買われ、音楽クラスの担任となったデロリスでしたが、あまりの生徒たちの悪ガキぶりに根負けし、さじを投げてしまいます。
しかし、学校が今学期で閉鎖されると知ったデロリスは、状況を打開するために生徒たちで聖歌隊を結成することを提案。当初は乗り気でなかった生徒も学校が閉鎖されると知り、聖歌隊の活動に力を入れ始めます。
ただ、その中の女子生徒・リタだけはデロリスの教えが気に入らず授業を放棄し孤立。しかし、リタが歌手になる夢を母に否定され反抗的な態度を取っていたことを知ったデロリスは、少しずつリタに働きかけることでリタは心を開いていきます。
そして、全員揃った聖歌隊で挑んだ校内コンサートは大成功となりサンフランシスコで行われる聖歌隊のコンテストへ向けて意欲を高めていきます。コンサート間近となりましたが、やはり、リタの母親は聖歌隊活動を認めてくれず、リタの出場を辞退させます。思い悩んだリタは母親のサインを偽装しイベントへの参加の同意書を提出。デロリスも偽装だとわかった上でリタをメンバーに入れます。
コンサートの日、高校のクリスプ理事長は、デロリスがギャングの愛人だったことを知り出場を止めさせようと校長と現地へ向かいます。しかし校長は子供たちの生き生きとした姿を見て思い直しコンサートに出場させてやろうと決心。同時に着ていた神父たちと一緒にクリスプ理事長をクローゼットに閉じ込めてしまいます。
そして、無事に生徒たちのパフォーマンスが始まります。

見どころ

映画『天使にラブソングを2』の見どころは、鑑賞した人のコメントにもあった通り「歌」。1000人の中から選ばれたメンバーだけあって高校生聖歌隊の歌声は鳥肌モノ。

Oh Happy Day

冒頭で動画をご紹介してしまいましたが、アマール(ライアン・トビー)がソロパートを歌う「Oh Happy Day」は、賛美歌をもとに書かれ過去にはR&Bチャートで2位を獲得した楽曲です。なんといってもデロリスとの掛け合いがカッコイイ!

「Joyful, joyful」

この曲は「第九」をアレンジした著名な賛美歌のひとつ。リタ(ローリン・ヒル)のソロから始まりアップテンポなゴスペル調にアレンジし、生徒たちのダンスやラップ、最高に上手い歌声は感動します。客席に映る神父が少し涙していたり、生徒に指揮するデロリスが温かい!

「His eye is on the sparrow」

他にもリタとターニャの教会でのデュエットも素晴らしいHis eye is on the sparrow。この曲はゴスペル讃美歌です。

スタッフ

監督:ビル・デューク
脚本:ジェームズ・オア
音楽:マイルズ・グッドマン

キャスト

シスターたち

デロリス・ヴァン・カルティエ/(シスター・メアリー)クラレンス:ウーピー・ゴールドバーグ
二流スターとして忙しい毎日を過ごしていましたが、デロリスの母校の高校が荒れていて手助けするため、シスターとなって始動。

修道院長:マギー・スミス
聖キャサリン修道院の院長。荒れた高校を助けるためデロリスにその高校の教師になるよう懇願する。

(シスター・メアリー)パトリック:キャシー・ナジミー
ぽっちゃり体系の陽気なシスター。滅多に怒らないのに、高校の生徒達は3度も怒らせたらしい。

(シスター・メアリー)ロバート:ウェンディ・マッケナ
年若いシスター。将来の夢のことで思い悩むリタを心配する。

(シスター・メアリー)ラザラス:メアリー・ウィックス
デロリスの親友でもあるシスター。年長で大柄。車の運転が好きだけど、あまり上手ではない。

(シスター・メアリー)アルマ:ローズ・パーレンティ
ピアノを担当していて補聴器をつけた小柄な年配のシスター。前作同様、補聴器のスイッチを度々入れ忘れてしまう。

高校生たち

リタ・ルイス・ワトソン:ローリン・ヒル
クラスの中心的な黒人の女子生徒。夢は歌手になること。夢を母親に否定され思い悩んでいる。ちなみに、ローリン・ヒルは当時人気急上昇だった3人組ヒップホップ グループ「The Fugee」のメンバー。

ターニャ:ターニャ・ブロント(タニア・ブロントと表記される場合もあります)
リタの親友の大柄な黒人の女子生徒。リタの才能を認める存在。リタと教会でデュエットをするシーンでの歌唱力が高い!

ウェスリー・グレン・”アマール”・ジェームズ:ライアン・トビー
アフリカの英雄シャカズールの誇りを常に抱く黒人の男子生徒。ライアン・トビーは、ヒップホップ/ R&Bトリオ「Cith High」のボーカル。

リチャード・”スケッチ”・ピンカム:ロン・ジョンソン
スケッチブックを常に持ち歩く黒人の男子生徒。フランケイとラップを披露する。

フランケイ:デヴィン・カミン(フランキーとも表記される場合もあります)
教室にステレオを持ち込んで、ラップを歌う白人の男子生徒。軽薄なお調子者。お得意のラップを披露する。

マーガレット:ジェニファー・ラブ・ヒューイット
茶髪の白人の女子生徒。授業中に化粧をし始める。

マリア:アランナ・ユバック
赤みのある茶髪の女子生徒。メリーさんの羊の曲を知らなかった事や好きな歌が古いラブ・ボートだったことで、周りから少しバカにされてしまう。

その他の大人たち

フローレンス・ワトソン:シェリル・リー・ラルフ
リタの母親。リタの歌手の夢を否定していたけれど、舞台デ歌うリタの姿を見て応援するように。

クリスプ理事長:ジェームズ・コバーン
高校の理事長。高校を閉鎖し退職金で楽な暮らしをしたいと考えていて生徒からも嫌われ者。

モーリス神父:バーナード・ヒューズ
高校の校長。保守的なスタンスでデロリスの活動を認めなかったけれど、生徒が歌う姿を見て応援し始める。

イグナティウス神父(数学教師):マイケル・ジェッター
禿げかけた細身の髭の神父。デロリスや生徒のため、クリスプを部屋に閉じ込めます。ドアにはサラミで鍵をする。

ウォルフガング神父(料理長):トーマス・ゴチャック
ドイツから来た料理人で、ソーセージ料理しか作れないらしい。

トーマス神父(ラテン語教師):ブラッド・サリヴァン
大人しい性格ですが、運転すると人格が変る。少しコワモテな神父。

『天使にラブソングを2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天使にラブソングを2の感想

 

40代男性
40代男性

今回デロリスが向かったのは、荒廃した地域の高校です。授業にやる気を見せずくすぶっている生徒たちに、彼女は聖歌隊をすることを勧めコンクール出場という目標を掲げます。そして、コンクールに向けた練習を積み重ねることで、生徒たちの立ち直りと成長を描いた作品です。
この作品の最大の魅力は、なんといっていも歌唱シーンです。今回もゴスペルの魅力が最大限に引き出されています。もちろんデロリスやシスターたちが歌う場面もありますが、今作では生徒たちに注目しましょう。物語で生徒たちが歌に対して真剣に向き合っていくにつれ、彼らの成長に比例し歌唱シーンも盛り上がっていきます。生徒の中にはローリンヒルなどの後にスターとなる実力者が多く出演しており、彼らのパフォ-マンスは圧巻です。物語の最後にあるコンクールでのステージは、音楽に興味がない人にも必ず見て欲しい最高のシーンです。

20代女性
20代女性

1を観てこの映画が大好きになりました。2は1とは違って若い世代もハマると思います。天使にラブソングを2で最も有名な逆と言えばOh Happy Dayですが、この曲を歌うシーンは誰もがリピートしたくなるような鳥肌が立つ場面です。不良の寄せ集めようなクラスがだんだんと一致団結していく様子は日本のドラマでいう、ごく○んみたいで面白いです。ウーピー・ゴールドバーグ演じるシスターに対する生徒からのいたずらは何度見ても笑えます。聖歌隊といったらキレイな声で聖歌や讃美歌を歌うちょっとお堅いイメージでしたが、この映画ではヒップホップやR&Bを混ぜて歌っているので楽しいです。最後の音楽コンクールでの曲もぜひたくさんの人に観てほしいです。見終わった後は、なんとも言えない感覚になる映画だと思います。

30代女性
30代女性

ラスベガスのショーでスターであるデロリスがシスターマリークラレンスとして、前回あまり歌が上手くない聖歌隊を歌とダンスでゴスペルのように華やかにし、人気の聖歌隊にしました。今回は勉強を全くしない高校の音楽の先生として、聖歌隊を作って全国コンクールに挑みます。前回もとても素敵な歌とダンスでしたが、今回も負けずと素敵な歌とダンスが出てきます。おばあちゃんシスターたちが歌うところも素敵ですが、高校生たちがメインなので友情とプライドと親の思いの中で揺れ動く心情などが青春だなと感じます。その中で努力を重ね、落ちこぼれと言われていた生徒たちが立派な聖歌隊として成長していく姿は感動します。最後のコンクールで、デロリスが一人一人の個性を出すために聖歌服を脱げというシーンがかっこよくて好きです。こんな先生がいたら、これからの人生変わるだろうなと思いました。最後のコンクールで皆の個性が爆発して歌うシーンは圧巻です。終始笑いがたえない、だけど少し涙ありの楽しい映画です。

20代女性
20代女性

不朽の名作、第二弾です。一作目で活気を取り戻したシスター達が、主人公・デロリスが去ったあとも精力的に活動していたことに一作目ファンは胸を打たれるとおもいます。そんなシスター仲間とデロリスの息の合った楽曲もさながら、今回のメインとなる学生達の力強い歌声に圧巻です。荒んだ心の問題児たちが、音楽を通してデロリスやシスターの明るさと優しさに触れ、最後には満たされた心持ちで全力のパフォーマンスで観客を魅せます。この作品の素晴らしさは、各登場人物の成長を描きながらも、決して彼らの個性を潰さないところにあります。初めて本作を観た学生の頃も、大人になった今も、いずれの世代であっても心を揺さぶられる笑顔いっぱいの作品です。

30代女性
30代女性

前作同様、この映画の最大の魅力は本格的なコーラスのシーンです!この映画を初めてみたとき、私は洋楽にはほとんど興味がありませんでしたが、当時話題の若手や、全米オーディションを勝ち抜いてきた実力者を揃えての合唱だったと後から知り、なるほど納得でした。そんな情報も知らずにみたので、ただの不良にしか見えない(笑)子供たちが、少しずつ心を開いてゆく過程で、口を開けばその一人一人が様々なジャンルの音楽を口ずさみ、主役のデロリスと同じ気持ちで、その溢れる個性と可能性に感動しました。実力派の彼らがひとつになって作り上げるコーラスは圧巻です!また、若者が学校や家庭で抱えるジレンマから逃げずに真正面から向き合うデロリスと、彼女の強さと優しさによって生徒たちの心が変化してゆく様もリアルに描かれ、音楽と青春物語が見事に融合した作品です!

 

40代男性
40代男性

1993年公開のウーピー・ゴールドバーグ主演の映画です。この映画はキャスティングがとにかく素晴らしいです。ローリン・ヒルや、ベイビーフェイスなどこの映画の後実際に活躍がめざましい人たちが目白押しで出演しています。映画の内容もとても希望のある物語です。悪ガキたちが通うハイスクールを更生するためにシスターが聖歌隊を作ってそこでは子供たちがそれぞれで問題に立ち向かい最後はみんなで目的に向かって頑張っていくという王道の話でありますが、全員が歌唱力が高いので歌を歌うシーンはとても見応えがあります。途中にラップが入ったりしますがいちいちかっこいいです。個人的には最後のところでローリン・ヒルが独唱するシーンはとても好きです。

40代女性
40代女性

大好きな「天使にラブ・ソングを」の続編です。主役はやはり迫力満点のウーピー・ゴールドバーグさん、この方の作品というと一番にこれが思い浮かびます。修道院とかは日本人にはなじみのない世界、だからこそ第1話は面白いけれどどこか遠いお話でしたが今度は学校がテーマなのでより身近になります。と言っても悪ガキっぷりが半端ない、さすがはアメリカです。シスターたちの歌声がまとまってくるにつれて、ウーピー・ゴールドバーグの破天荒さに感化されていくのもちょっと強引でしたが不良生徒たちの変化は更にありえなさたっぷり、でもやっぱりその世界で楽しめるのはストーリーが本当に面白いからこそでしょう。もちろん素敵な歌声も健在です。

30代女性
30代女性

この映画めちゃくちゃ好きです!ウーピー・ゴールドバーグの映画はたくさん見てきましたが、その中でも1、2を争うほどです。おすすめポイント1つ目は学園ものであること。コンテストに出るお話なので少しずつ絆が深まっていくところがいいです。2つ目は、キャストが豪華であること。主演のウーピー・ゴールドバーグをはじめ、ハリーポッターシリーズが好きな人は誰もが知ってるであろうあのベテラン女優や、海外ドラマの主演女優も出ているので、有名人を探すのも楽しいかもしれません。3つ目はなんといってもやはり歌でしょう。1作目でも聖歌を大胆にアレンジを加えリズミカルに歌いあげていましたが、今作はさらにパワーアップしています。(ラップまで聴けます!)なんといってもローリン・ヒルの歌声!素晴らしくて何回でも聴きたくなります。実際私はサウンドトラックを買って何度もリピートしました。夢を追いかける葛藤、仲間と1つの目標に向かって頑張る姿、それを明るく励ます先生(シスター)たち。まだ見たことのない方は、ぜひ見てください。(私は書いてるうちにまた見たくなってきました!)

30代男性
30代男性

ウーピー・ゴールドバーグ主演の大ヒットで前作とあわせて不朽の名作です。ウーピー・ゴールドバーグ演じるデロリスの力強い歌声と説得力のある喋り方、そして誰をも惹きつける人懐っこさ、もうこの主人公だけで名作間違いなしです。ストーリーは前作の一年後を描いていて、ラスベガスにいるデロリスがキャサリン修道院がピンチだということで仲間たちにヘルプをされるところから始まります。そして今回は学園モノとして手強い悪ガキどもがたくさん登場するのですが、デロリスの強引だけど愛情あふれる教育でみんな改心していく様子を描いていています。中にはアメリカで当時から問題になっている人種差別問題なども暗くならないように触れていて社会派の作品でもあります。

30代女性
30代女性

ラスベガスでショーガールとして働く主人公・デロリスが型破りなシスターとなって展開していくストーリーが面白く、主人公演じるウーピー・ゴールドバーグのコミカルな演技に笑いが止まりませんでした。シスターとして母校である高校の学校閉鎖を阻止しようと聖歌隊を結成し、歌を通して学校閉鎖阻止を働きかけるデロリスの頼もしさや手が付けられなかった生徒たちが歌を通して心通わせていく姿には胸が熱くなりました。歌によって自信や魅力に気づき変わっていく生徒たちの様子に胸が高まったのを覚えています。聖歌隊が評判となりコンテストに出場した際、他の高校の実力の高さから自信を無くす生徒たちが見えましたが、デロリスのかけた言葉によって笑顔が戻った生徒たちの姿にデロリスの愛情深さを感じました。その後のステージで披露した歌声は素晴らしく、ダンスやラップなどを取り入れた型破りな聖歌隊の姿に自由を感じ、デロリスの手腕を感じました。笑顔で楽しそうなデロリス、生徒たちのステージでの姿が印象的で、歌唱後の会場中の拍手にステージの素晴らしさをより実感しました。歌によって導かれる様々な幸運に感動する映画でした。

まとめ

『天使にラブソングを2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました