天使にラブソングを(吹き替え)動画無料フル配信|日本語字幕もDVDレンタルよりオススメ

コメディ
天使にラブ・ソングを… (吹き替え) – 予告編

天使にラブソングをの動画フルを安全に見る方法

『天使にラブ・ソングを…』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『天使にラブ・ソングを…』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天使にラブソングをの内容

映画『天使にラブソングを』は、1992年製作のアメリカ映画です。映画『ゴースト/ニューヨークの幻』でアカデミー助演女優賞を受賞し人気者となったウーピー・ゴールドバーグ主演のコメディ作品です。

主役のウーピー・ゴールドバーグの姿を見ると、とんねるずのノリさんを思い出す!なんて人もいませんか?(過去に、とんねるずのパロディーでノリさんがウーピー・ゴールドバーグのマネをしていました。映画「ゴースト」のマネだったかもしれませんが。)

映画『天使にラブソングを』は、アメリカでは6ヶ月を記録する大ヒットロングランとなり、日本でも大ヒット。日本語吹替版で1996年4月にテレビの「金曜ロードショー」で初回放送されました。

この映画のヒットの秘密は、迫力満点のゴスペル。修道院のシスター達が歌うゴスペルは日本のゴスペルブームの火付け役にもなりました。

他にも、お堅い修道院と外からやってきたウーピー・ゴールドバーグが演じるデロリスとのギャップがコミカルに描かれていて、ウーピー・ゴールドバーグの演技も面白いけれど、歌うシスター達も個性的で次から次へと面白くて気になる人が出演します。

こういう型にハマらないところ、センスの良さ、迫力がアメリカという国の象徴ですね。見終わった後の爽快感といい素晴らしい映画でしたね。

時代とか、世相とかではない。 単純に名作でしょ。 いつ観ても「カッコいい」

最初自信なかった女の子が後半自信持って自分らしくアレンジして歌っているところがもう好き。

音楽の授業でこれに出会えて良かった

この映画は名作だ!とか、絶対見た方がいい!などお勧めする人のコメントも多くありました。また、学校の授業で見た!とか、学校の帰りの音楽だったなど、学校でも利用されていたようで、何かをやる”キッカケ”になったり、何かを心に”思ったり”する影響力のある映画だということがわかりますね。

あらすじ

ナイトクラブで歌手をしているデロリスは、マフィアのボスであるヴィンスの愛人。ある日、ヴィンスが裏切り者を始末する殺人現場を目撃したことでデロリスはヴィンスに命を狙われることに。

重要参考人として警察に保護されたデロリスは、ヴィンスの裁判が開かれるまで聖キャサリン修道院に匿われることになります。シスターとして振舞うことを余儀なくされたデロリスは堅苦しい生活に嫌気がさしますが、聖歌隊の指揮者を任されたことで、歌手としての本領を発揮します。

自身のノウハウから下手クソな聖歌隊を鍛え上げ、退屈な聖歌をモータウンミュージック(ソウルミュージック風)の替え歌にアレンジして派手なパフォーマンスを繰り広げ、保守的で厳格な修道院長との対立をよそに、一躍町中の人気者になり、最初は嫌気がさしていた修道院のシスターたちと一緒に歌うことで固い絆で結ばれていきます。

そんなある日、警察内部の情報が漏れデロリスが誘拐されます。そこに居合わせたシスター・ロバートも巻き添えでさらわれてしまいましたが、デロリスの機転で逃げ出すことに成功。そのシスター・ロバートの報告でデロリスの素性に対する疑いが持ち上がります。

修道院長の口から彼女の本当の素性を知らされた修道院のシスターたちは動揺しますが、例え本物のシスターでなくとも自分たちを教え導いてくれたデロリスを救うべく、一丸となってヴィンスのアジトへ乗り込んでいきます。

見どころ

クラブ歌手と修道院というギャップ

日本人に「修道院」というと馴染みがあまりない人も多いと思いますが、修道院と言えばキリストの教えを守りきちんとした共同生活を送ります。修道院で生活しているシスターにとって恋愛や結婚はタブー。一方、ナイトクラブ歌手は、恋愛はもちろん!飲酒はもちろん!というところで、真逆にあるはずのクラブ歌手が修道院のシスターになるというギャップが見どころです。

聖歌隊のシスターたちの個性

キャスト紹介に登場しなかった聖歌隊のシスターたちも個性豊か。1000人の中からオーディションで選ばれたそうです。選ぶ時に一番注目したのは「個性」。

年齢層は、中年から老人くらいで、聖歌隊の元指揮者・メアリー・ラザラス役のメアリー・ウィックスが当時81歳で、ピアノ担当・メアリー・アルマ役のローズ・パーレンティは当時80歳。その他の聖歌隊シスターの中の一番小柄で身軽なソプラノパートの年長者のおばちゃんは、当時79歳。スゴい!

映画を鑑賞した人のコメントにも、例えば「2列目右から3番目のシスターが可愛い!」とか、「ピアノの人大好き」など、聖歌隊シスターの個性が光っていてファンが大勢いますね。

他にも、ウーピー・ゴールドバークの”してやったりのドヤ顔”が好きとか、ローマ法王が手拍子するとこ好きなど、魅力がたくさん散りばめてあります。

劇中歌

一番の見どころとなる劇中歌。『天使にラブソングを』には、挿入歌として下記の楽曲があります。

・Hail Holy Queen(サルヴェ・レジーナ)
・My Guy(My God)
・I Will Follow Him リトル・ペギー・マーチ
・Rescue Me
・Just A Touch Of Love
・Gravy

デロリスが下手クソだった聖歌隊シスターたちを鍛え、つまらないシンプルなコーラスをソウルフルにアレンジし歌う賛美歌は必見です。パフォーマンスもgood!思わず歌いたくなるはずです。

スタッフ

監督:エミール・アルドリーノ
脚本:ジョセフ・ハワード
音楽:マーク・シャイマン

マーク・シャイマンは、「シティ・スリッカーズ」、「アダムス・ファミリー」、「パッチ・アダムス」などの映画音楽も制作していて、ミュージカル「ヘアスプレー」でトニー賞とグラミー賞を受賞しています。

キャスト

デロリス・ヴァン・カルティエ/シスター・メアリー・クラレンス:ウーピー・ゴールドバーグ
メインキャラで、黒人クラブ歌手だったけれど、シスター・メアリー・クラレンスと名乗ってカトリックの修道院にかくまわれることに。

ヴィンス・ラ・ロッカ:ハーヴェイ・カイテル
マフィアのボス。デロリスを愛人に持ち、殺人現場を目撃させた張本人。デロリスたちを追い詰める。

修道院長:マギー・スミス
聖キャサリン修道院の院長。保守的で厳格で真面目な性格。口調は丁寧ですが毒舌交じり。

メアリー・パトリック:キャシー・ナジミー
ぽっちゃり体系の陽気なシスター。踊りが上手で身軽。性格は陽気でマイペースで優しく茶目っ気も有。楽しすぎて暴走することも有。好物はアイスクリーム。

メアリー・ロバート:ウェンディ・マッケナ
最年少のシスター。性格は引っ込み思案で不器用。歌声が監督のイメージとは違ったため歌唱はアンドレア・ロビンソンによる吹き替え。

メアリー・ラザラス:メアリー・ウィックス
聖キャサリン修道院のシスターでかなりの年長(当時81歳)。好物はシロップをかけたアイスとピーカン味のアイス。性格はやや気難しい。

メアリー・アルマ:ローズ・パーレンティ
ピアノを担当していて補聴器をつけた小柄な年配のシスター。補聴器のスイッチを度々入れ忘れてしまう。

エディー・サウザー:ビル・ナン
事件の捜査とデロリスの警護を担当する警部補。

オハラ司教:ジョゼフ・メイハー
聖キャサリン修道院の司教。保守的な考え方に固執しない柔軟さを持つ穏やかで優しい性格。

 

『天使にラブ・ソングを…』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天使にラブソングをの感想

20代女性
20代女性

誰もが一度は聞いたことがあるあの曲がテーマソングの、大好きな映画です。ギャングの恋人だった主人公が、あることで命を狙われるようになり、修道院へ身を隠すのですが、その主人公が修道院とミスマッチすぎて本当に面白いです。元々が不良なので素行もあまりよくないのですが、なぜか淑女の修道女たちと仲良くなって慕われます。そのきっかけとなるのが歌で、音楽は人を繋げる!を実感できる作品です。有名な讃美歌もジャズを交えたノリの良い音楽にアレンジされていたり、サントラを聞くだけでもとても楽しい気持ちになれます。クライマックスははらはらどきどきの展開で、修道女たちの意外な活躍ぶりに思わず笑ってしまいます。見た後に楽しかった!という気持ちになれる素敵な作品です。

40代男性
40代男性

偶然殺人事件を目撃してしまったしがないクラブ歌手が慌てて逃げ込んだ先の修道院で常に大騒動を巻き起こしつつながらも、特技の歌を生かして聖歌隊を立て直しコンサートを大成功させるまでを描いた大ヒットコメディで、主役を演じたーピー・ゴールドバーグが”独壇場”ともいえる「賑やかでそそっかしくて憎めない」愛すべき芸達者ぶりを披露している。当初こそ厳格そのものの修道院に馴染めないゴールドバーグは軋轢も生むものの、閉ざされた感すらあった修道院に”いい意味”で次第に風穴を開けていく様子がテンポ良く描かれ、その一挙一動が修道女と同時に観客にも元気を与えてくれていて、何度観ても爽快感が味わえる作品に仕上がっている。

 

20代女性
20代女性

すごくおもしろい、そしてとても素敵なミュージカル映画だと思います。すごくいいテンポで進んでいく感じとか、歌も全ていいところとか、たくさん笑えるところとか、すごくいいところがたくさんあって、かなり古い映画だと思いますが、色あせないおもしろさだと思います。この映画が私にとっての初めて見た、実写のミュージカル映画だったのですが、この映画の良さを知って、ミュージカル映画をたくさん見るようになったほどでした。修道院が舞台となっていて、日本人にとってはあまり馴染みがない感じもしますが、そんなこと関係ないくらいにおもしろかったです。古き良き、すごく楽しく明るい気分になることができるミュージカル映画だと思います。

50代男性
50代男性

天使にラブソングをは、舞台となっているのは修道院ですが、そこは、歌とアメリカンジョクに溢れていました。上手にコメディー要素が含まれていて、楽しく視聴できました。修道院にいる女性たちの喜怒哀楽がデロリスという女性により引き出されていきます。また、聖歌隊という形で、歌を発表するのですが、だんだんと聖歌隊の歌が上達していく様子はおもしろく見られました。その歌を聞くと、どんどんゴスペルの魅力に引き込まれました。チャペルで歌う歌は、聖歌なので厳格で上品なものを想像していましたが、この映画での歌は、まるでミュージカルのような雰囲気だったのが良かったです。特に気弱な女性で最初は弱々しい声しか出せなかった女性が、徐々に大胆になっていき、歌が上達するプロセスは見ていて気持ちが良かったです。

30代女性
30代女性

すごく面白い映画です。感動、愛、ミュージックを楽しめる映画でした。ウーピゴールドバーグのみんなをまとめる優しさや、心の強さ、愛に心うたれました。歌う事は、素晴らしい、歌うことは、ハッピーそんなメッセージをこの映画から知りました。また歌も美しく聞いていて、涙が出てしまうくらい、聞き惚れました。クラブ歌手だったMaryは見てはいけない現場を目撃して、命を狙われてしまう。逃げこんだ先が修道院。そこから始まるウーピーの面白く、独特のキャラクターがでていて、また見所です。色んな、困難があったりなかなかうまくいかない事もあり・・。でもラストシーンのコンサートは、成功!すごく感動シーンでした。自分も、修道院に入って、シスターになり、歌を歌うのもいいなぁ。と思いました。

30代女性
30代女性

ウーピー・ゴールドバーグのハチャメチャぶりが楽しい映画で、歌の素晴らしさや音楽を共有する楽しさを改めて教えてくれました。ギャングボスの愛人役デロリスはクラブシンガー。そのボスの彼の目から逃れるため、匿ってもらった所が修道院。修道女とはかけ離れた世界に生きてきたデロリスと、修道女達の所作の違いが実に面白いです。その驚き方など、ウーピー・ゴールドバーグの表情豊かな演技で、ぐっと惹き付けてくれます。そして、修道院聖歌隊の歌を初めて耳にしたデロリスは、もっと上手く歌えると自分の歌手の力量を発揮し、的確なアドバイスをして、成長させて行きます。その画期的な歌い方に心が躍りました。歌うことが楽しいと言わんばかりに歌う者の笑顔を引き出し、またそれを聞く者の心も豊かにしていく力は素晴らしいと思いました。修道院長としては、楽曲を替え歌にしたり、派手にするデロリスのやり方には賛同してませんでしたが、これが民衆にウケるとは頼もしい限りでした。観た後、清々しい気持ちになれます。

20代女性
20代女性

主人公のデロリスはたまたま事件に巻き込まれ、修道院に身を隠すことになります。バーで歌手をしていた彼女にとって、修道院は厳格なルールに縛られた場所であり、最初は全く馴染むことができていませんでした。しかし、合唱隊の立て直しをすることになってから、デロリスの面倒見の良さが発揮されていきます。決まりに捉われない、自由な精神で、デロリスは歌い、行動します。そこには純粋に、歌うことへの楽しみがあり、人への想いやりがあります。そんな彼女によって、シスター達もそれぞれの悩みから解放されていくのです。自己主張できなかったシスターが、大きな声で明るく歌えるようになったり、厳しかった修道院長がデロリス救出に尽力したり、次第にみんな変わっていく過程に、とても励まされます。大切なのは、自分が何を好きで、どう生きていきたいのかということではないか、と思わずにはいられないです。どうしても辛くなった時や立ち止まってしまった時、私はこの映画を見たくなります。デロリスの歌声が、言葉が、振る舞いが、私にとってのラブソングだと感じます。

40代女性
40代女性

ミュージカルとコメディが組み合わさったこの映画、大好きです。ウーピー・ゴールドバーグの迫力が最高、無宗教といった状態の日本だといいのですがこんなにしっちゃかめっちゃかのやり放題で教会とかから叩かれなかったのか、ちょっと心配なくらいです。強引ともいえる流れながら、どんどんと引き込まれてきます。特に素敵なのがやはり歌、あんなにへたくそだったのがこれほど素晴らしくなるのは出来過ぎながら、感動してしまいます。特にあの声が全然出なかった自信の無かった女の子が、真ん中でソロを歌うまでに成長する姿は素敵です。あの曲、私もぜひ合唱してみたいです。お堅いだけだった修道院長さん、その硬さはそのままに変わっていく様子もいいです。

 

30代男性
30代男性

映画「天使にラブ・ソングを…」は、名作中の名作だと感じています。シスターの大冒険映画なのですが、ただただ明るくん楽しめる映画になっています。何度観ても観終わった後は、気分が上がっており、いい気分で一日いられるのが気にいっています。音楽もいいですし、怖いシーンがあまり好きではないビビリの自分には、緊迫したシーンもないですし、軽快な音楽とともに冒険が進められていくのがいいです。初めて観る人は、初めの10分ほどはこの映画はどうなるのだろうと不安になってしまうかもしれませんが、そっからは面白い展開になってハマっていくと思うので、最初は辛抱して観てください。笑いあり、涙ありのコメディ作品になっています。

20代女性
20代女性

タイトルとはまた良い意味でイメージが違う作品です。ある理由から命を守るために修道女として生活し出す主人公ですが、退屈な毎日を歌で変えていきます。パワフルな女性が多くて、ちょっと疲れたときなどに見ると自然と笑顔にしてくれる作品ですね。ミュージカル調で作られているのですが、とにかくみんな歌うことが上手ですしダンスも上手なので見ていて自分も混ざりたくなります。楽しそうに歌う姿がとても印象的でしたね。修道女って本来大人しく正しくあるべきという堅苦しいイメージがありますが、そのイメージが180度変わりますよ。1度見たはずなのに何度も見てしまいたくなる作品です。強くなりたい、明るい気持ちになりたい女性の方にはぜひ見てほしいです。

まとめ

『天使にラブ・ソングを…』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました