天空の蜂(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『天空の蜂』予告編

天空の蜂(映画)の動画フルを安全に見る方法

『天空の蜂』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『天空の蜂』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天空の蜂(映画)の内容

映画『天空の蜂』は、2015年9月に公開されました。

原作は1995年11月に発売された日本を代表する小説家・東野圭吾さんの「天空の蜂」です。この映画は、原作発売から20年経ってからの映画化ということで、東野圭吾さんは「映像化など絶対に不可能だと思っていた」とコメントしています。

監督を務めたのは『TRICK』や『SPEC』でも監督を務めた堤幸彦さん。堤幸彦さんは今作で自身初の主要映画賞における監督賞を受賞しました。

キャストには主人公の湯原一彰役に江口洋介さんが抜擢され、そのほかにも本木雅弘さん、綾野剛さん、國村隼さん、佐藤二朗さん、仲間由紀恵さんなど超豪華俳優が登場します。

原子力発電という社会の問題が含まれている作品なので、難しい内容なのかと思うかもしれませんが、上質なエンターテインメントに仕上がっていて気軽に観ることができる映画になっています。

 

20年前の原作とは思えない。やはり東野圭吾はすごい。こんなに見応えのある映画は久しぶりな気がする。洋画を観てるみたいな迫力があった。

家族のあり方や原発の問題などいろいろ考えさせられますね。社会性のある映画かなと思っていましたが、そこまで堅苦しくならずに観れました。

まずは、自衛隊がかっこいい。原発作業員も職務に忠実だし、警察も渋く任務を全うする。そして、ほぼ想定通りの結末。エンターテインメントとしては、かなりの良作。ただ、2時間で収めるには無理があった気がします。もう少し長くても飽きずに観れたと思う。

2回観ましたが、わかっていてもハラハラドキドキの展開で手に汗握りました。キャストが豪華で一気に引き込まれてしまいました。

あらすじ

錦重工業に勤める湯原一彰は、自ら開発に関わった最新ヘリコプター「ビッグB」の納入式に来ていた。この5年間開発に没頭し、家族を顧みてこなかったため妻や息子との関係は冷めたものだった。

湯原は、コンピューターの自動制御を搭載した自衛隊用のヘリコプター開発に携わったことに誇りを感じる一方で、父親としての役割を果たせていないことに負い目を感じていた。

納入式を待つ湯原は、式典会場に置かれているはずのビッグBが動いている衝撃の光景を目にする。さらにビッグBの中には、湯原の息子・高彦が乗っていた。

息子をヘリから降ろすことができなかった湯原は自分を責める。

ビッグBが向かう先には、福井県敦賀市にある高速増殖原型炉「新陽」。さらにビッグBは新陽の上空800メートルで静止する。

「日本の原発を全て破棄せよ。従わなければ、大量の爆発物を積んだビッグBを原子炉に墜落させる。燃料が無くなるまであと8時間。あなたたちの賢明な決断に期待する。天空の蜂」

テロリスト「天空の蜂」からFAXが届き、日本中が混乱に陥るなか、湯原と原発の設計士・三島は高彦の救出と日本消滅を阻止するべく奔走する。しかし日本政府は、原発の安全神話のため廃棄に対して否定的な姿勢を見せていた。

湯原はビッグBの燃料が無くなるまでの8時間のうちに息子を助け、日本消滅の危機から救うことができるのか・・。

見どころ

東野圭吾の原作

原作「天空の蜂」は20年以上前に発売されました。当時から、原子力発電に対する風刺をしていた東野圭吾さんの問題提起力はすごいですね。

実際に原発事故が日本で起こってしまったので「改めて考えさせられた」という声がとても多いです。

湯原の家族に対する心境の変化

これまで息子に対して何もしてやれなかった湯原は、息子が危険にさらされて家族のあり方に気づき「ヘリコプターの開発者として事件に立ち向かう」から次第に「父親として事件に立ち向かう」ようになります。

仕事に没頭してきた男が、家族にしてきたことを悔いながら事件解決に奮闘する難しい役を、江口洋介さんが見事に演じています。

スタッフ

原作:東野圭吾
監督:堤幸彦
音楽:リチャード・プリン

キャスト

湯原一彰:江口洋介
錦重工業に勤務。奪取された新型ヘリコプター「ビッグB」の開発者。

三島幸一:本木雅弘
錦重工業に勤務。狙われた原発の設計者。

赤嶺淳子:仲間由紀恵
錦重工業に勤務。三島の恋人。

雑賀勲:綾野剛
ヘリコプター「ビッグB」を奪ったテロリスト。

佐久間:光石研
福井県消防課長。

今枝:佐藤二朗
福井県警警備課長。

根上:やべきょうすけ
三等空佐。

山下:カゴシマジロー
綿重工技術本部員。

上条:永瀬匡
二等空曹。

植草:松田悟志
一等空曹。

 

『天空の蜂』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天空の蜂(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

東野圭吾さんの作品はどれも大好きで、読んでいます。これは特に舞台が大掛かりで様々な所に許可を得なければならず映画化は不可能かと思っていたのに、まさか実現するとは驚きです。それだけ東野圭吾がビックネームだということなのでしょう。犯人の要求は日本全国にある原子力発電所の破壊、子供を人質とするやり方はダメですがそれくらいしないと原発が無くなることは無いのでしょう。綾野剛さんの人柄もプラスされて、厄介なことをやらかした犯人と言っても憎しみはありません。もう少しうまくやらないと欲求が通ることは無いだろうと、上手くいかないことを残念に思う気持ちさえありました。とにかく最初から目を離せない状態が続く、手に汗を握ってしまいました。超大型ヘリコプターとか、兵器類が大好きな男性陣にも好まれるはずです。というかこんなにもいろいろと紹介してしまって良いのでしょうか。そのまま犯人が捕まるのか千に1つの可能性ですが要求が通って原発の時代が終わるのか、そんな単純な話で終わることはなく、なんとそのヘリコプターには開発者である湯原の息子が乗っています。二転三転して最後まで我々を惹きつけて離さない、さすがは東野さんだと改めて感心しました。

30代女性
30代女性

原発の多い地域に住んでいるので、この作品には興味を持っていました。原発大国日本でこういったテロが起こったらどうなるのか…震災から私たちは何を学んだのかについて改めて問われた作品だと思います。東野圭吾さんの原作なのですが、世界観を壊すことなく見事に表現されていると感じました。江口洋介さんと本木雅弘さんはやっぱり渋い!そしてかっこいいです。困難に立ち向かう男性って言うのは見ていてうっとりしますよね。テロから人々を守ることができるのか、緊急事態時に求められることとは何かについて最後まで飽きずに見入ることができる作品でした。原作を読んだことのある方は分かると思いますが、この作品って映像化するのはものすごく難しかったと思います。そこを現代の技術を使って堤幸彦監督は見事に表現していたと感じました。映画館で見たときの迫力はいまだに頭から離れません。もちろん、家で見ても十分伝わってくる迫力満点なシーンがたくさんです。一人で見るのもオススメですが、誰かと一緒に見て、原発に支えられている日本人の生活について話し合ってみるのもいいと思います。便利を追い求めることの怖さ、便利を失うことによる犠牲、そこで働く人々、それに生かされる国民。現代日本の問題点について見事に表現した作品だったと思いました。

20代女性
20代女性

私はこの作品を一人で観に行きました。小説は読んでいたので、内容にはそんなに疑問を抱かず、キャストだけがすごく気になっていました。しかし、いざ映画が始まって話が進んでいくうちに段々怖さが増していくような感じがしました。ですが、途中から目を逸らした方がいいかも、と思いながらも結局最後の最後まで完全に見入っていました。話の展開が早くて一度では理解が難しかったのでレンタルをしてきて理解できるまで観ました。その時は家族も一緒に観たいと興味津々だったのですが、気づくとやっぱり怖い、と言われちゃいましたね。それでも私は原作のファンであり、好きな小説家の一人に挙げているのでなかなかいい作品に出合えたな、と思いました。家族からも夢に出てくるんじゃないか、と心配されましたが、実際には起こらないし架空の物語なので信憑性は低いし、近未来には起こらないだろうよ、と返事をしました。確かにあの映画のような出来事が日本中を震撼させたら、なんて私は考えたくないですね。架空の話だからこそ描くことができるんだと私は今でも思います。映画は終わってしまっても繰り返し小説を読んで世界観にどっぷりと浸りながら今後も生活していきます。

40代女性
40代女性

あの東野圭吾さんの描く小説を堤幸彦監督による映画化作品へ。過去に起きた原子力発電所の問題をテーマにしているものの、小説では非現実的な物語へと発展させている。東野圭吾さんが東日本大震災を機に起きた原発事故を取りあげ社会の在り方を描く。キャストにはあの江口洋介さん、本木さんのダブル共演が話題性をよんでいる。江口洋介さんのファンであったということから鑑賞しましたが、キャストが良いのでストーリー設定よりも俳優さんの印象がとても強いです。展開は現実ではありえないというのも、東野圭吾さんの作品の特徴でしょう。監督がそこを見やすくまとめているという印象がありました。キャストは地味なのですが、女優さんであれば仲間由紀恵さんとかも主演を潰さない感じで、薄い存在感がちょうどよかったです。他キャストの選び方にバランスが取れていると思うので、かなりの人数でしたが、とても見れる映画でした。この作品は社会派と言われがちですが、ちょっと違う印象です。過激なファンタジーものという印象があり、テーマは置いておいても内容はむちゃくちやな演出がまた非現実的で、そこが面白みになっているのではないかと思いました。深く考えずファンタジックと思えば面白い。

 

50代女性
50代女性

日本の政府官僚は人命よりも1日でも原発を止めないことを優先していたシーンなど、考えさせられることが多かったです。原発の抱える問題をしっかりと描いており、目を離せなくなる面白さがありました。本木さんの演技がとても迫真の演技で、自分が父親として息子を受け取めることが出来なかったシーンは涙が出ました。この映画の中には、原発の問題をはっきりと言い当てたようなセリフが多くありとくに印象的だったのは、「原発の恩恵を受けて無駄に電力を消費し、原発の近くに住んでいない人達だという」セリフも問題を言い当てている気がしました。テロと原発の問題を織り交ぜながら伝えたいことを、しっかりと伝えている気がしました。社会派の内容でありながら、エンタメ作品としても楽しむことが出来ました。江口さんと本木さんの豪華な共演も見ごたえがあり、二人の演技を堪能することが出来ました。江口さん演じる父親と本木さん演じる父親がしっかりと描かれておりこの二人の家族のこともしっかりと描かれていたと思います。原発のことをしっかりと描いているだけではなく、家族の問題など2時間という枠に多くの要素が織り交ぜられており見どころが満載の映画だったと思います。

30代女性
30代女性

原子力発電所に、ヘリを墜落させるというテロを止める話です。なかなか込み入っていてややこしい話でした。2時間で見せなきゃいけないから、ちょっとサクサクいくところもあったけど、息子を救えなかった父親の苦悩とかいろいろ盛り込まれていておもしろかったです。アクションについても、ビッグBから子供を救うという任務もあり、結構派手でした。ビッグB墜落とか迫力がありました。でも、救出劇のところで、実況みたいになる、ニュースみたいな感じで読まれるのはちょっと冷めます。なんか映画じゃないみたいでした。そこらへんは演出が悪いなと思います。あと、軍事ヘリが素人にジャックされたり、素人がそこまでできるかとリアルさを追求するとひどい話だとは思いました。ちよっとありえない話でした。でも、リアルファンタジーとしては、奇跡が起き、みんな助かってよかったなという感じなのではないでしょうか。本木雅弘さんや江口洋介さんなど、キャスト陣も素晴らしくそれなりに楽しめました。本木さんの父としての苦悩のシーンとかよかったです。人の命より、電気が大事なのか、原子力発電所の存在意義、考えだすと考えの止まらないテーマをうまくエンターテインメントにしていたと思います。

 

40代女性
40代女性

「天空の蜂」は東野圭吾原作の映画ということで興味を持った作品で、主演は江口洋介で、本木雅弘と初共演ということで話題でしたし、史上最悪の原発テロ事件解決を目指す人々の8時間を描いています。江口洋介はトレンディ俳優といったイメージが強かったのですが、改めてみると渋い役も演じられる俳優になっているし、本木雅弘に至っては元ジャニーズということを忘れてしまいそうな本格派の役者になりましたよね。原作のファンとしてはストーリーの緻密さはやはり原作にはかなわないと言えますが、スリルとアクション、迫力なんかはやはり映像の方があると言えます。犯人が「天空の蜂」を名乗り原発を廃棄を要求してくるのですが、それに立ち向かう男達が熱いです。ちょっと硬派な社会派エンターテイメントといった感じに仕上がっていて、楽しめる作品だと思います。ただ犯人サイドの動機にももう少し焦点を当てて欲しかったと思いますし、あの分厚さの小説を映画の尺に合わせるのはやはり難しいんだなとシミジミ実感しました。ですが東野作品の多くはドラマ化、映像化されていて小説とは違った魅せ方をしてくれます。それにビッグBの設計士湯本役の江口と原発の設計士三島役の本木は原作とのイメージのギャップは少なくいい配役だったと言えるのではないでしょうか。

50代男性
50代男性

高速増殖炉の上空でホバリングする無人の軍用ヘリコプター。国内の全原発を使用不能にしないとヘリを高速増殖炉に落すという犯人。福井県の高速増殖炉にはヘリの開発責任者であると同時に、息子が偶然にもヘリに乗ってしまった湯原(江口洋介)と、原子力技術者の三島(本木雅弘)が事件解決のためにやってきます。二人が旧知の間柄であること、しかも、妻の妊娠中に出張していた湯原に代わって三島が湯原の妻を病院に連れて行って湯原の妻と息子を救ったらしいことがわかります(ひょっとして昔二人は恋敵だった?)。そうか、二人は同じ会社の人で、この会社は原子力発電と軍需産業でもうけているのかと納得します。日本の重工業の暗部を示しているわけですが、軍需産業という暗部については、映画の前半で少し湯原が批判されるだけで相対的に軽く扱われています。しかも前半で湯原の息子をヘリから自衛官が救出するというハラハラもののシーンがあるのでますます印象が鈍くなるでしょう。では原子力発電の問題はどうあつかわれているのか。この映画は1995年という時代設定がなされており、その時点で原子力発電について問題提起をしたというかたちになってはいますが、映画の最後までじっくり見てほしいと思います。犯人のひょっとしたら誰に目にも触れることのない犯行声明が読み上げられます。犯人を原発安全神話に警鐘を鳴らした先覚者と見るのか、それとも彼のもったいぶった思い上がりにあきれるのか、試してみてほしいです。あるいは、1995年が阪神大震災と共にオウム真理教のテロ事件の年だったことを思い出すべきかもしれません。

60代男性
60代男性

映画『天空の蜂』は東野圭吾の作品を映画化したものなのでどのような映画に仕上がっているか興味を持って見ましたが、結論から言うと堤監督は期待を裏切らなかったと言いたいです。映画を観賞前と観賞後で感想が変わった映画のひとつです。観賞前はちょっと先のSF+テロ映画と思っていたのですが、実は東日本大震災時に発生した福島の原子力発電所事故から日本の原子力発電政策と今はやりの自動運転(ドローン)という二つの問題を提起した作品として観てしまいました。リコプター設計士を江口洋介、原子力機器の設計士を本木雅弘を演じ、江口洋介の熱さと冷静沈着な本木雅弘の演技がこの映画に緊張感と幅を与えて単なる原発政策を問う映画で終わらせていないところが観賞後に満足感を与えてくれます。また原子力発電所上空にテロリストが盗んだ自動運転でホバリングしたBの大きさも手伝ってか、原発上空は本当に大丈夫なのだろうかと思わせるところもこの映画の売りなのですが、タイトル「天空の蜂」恥じない作品に仕上がっていて思想映画だけではなく娯楽映画としても充分に楽しめる作品に仕上がっていました。少しネタバレになるかも知れませんが最期に友情を感じる場面があり後味の良さを残してくれます。

 

20代女性
20代女性

東野圭吾の小説が原作の映画です。原作に比べるとグロテスクというか怖い描写はあまりない、というか省かれているような印象でした。主演キャストは仲間由紀恵や江口洋介、本木雅弘といった豪華キャストが大集合しており、予告編を見たときから面白そうだと思いました。扱っているテーマが原発なのでテーマの内容が重い分、正直映画化はだいぶ難しいんじゃないかと思っていました。イメージとだいぶ違うなと思う部分はあったのですが、男の子が本当にかわいらしくて演技も上手だと思いました。詳しくはネタバレを防ぐため割愛しますが、自衛隊員が懸命に少年を救助しようとするシーンはドッキドキで手に汗握る瞬間だったのを覚えています。なんだか爆発シーンの演出や、自衛隊のヘリ、テロを計画する犯人の雰囲気が妙に見覚えのある映画のデジャブを感じると思ったら、こないだたまたま監督が20世紀少年の監督だと知って、妙に納得しました。20世紀少年が好きな人は何の違和感も感じずに楽しめる映画だと思います。他にもシン・ゴジラや東京原発など、同じテーマを扱った映画が好きな人にもおすすめ出来る映画だと思います。現代の話ですが、昭和のなつかしさがにじみ出ている不思議な作品です。

 

まとめ

『天空の蜂』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

江口洋介のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 黒革の手帖
  • アンフェアSP コード・ブレーキング
  • 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • しんがり~山一證券 最後の聖戦~
  • 逃亡者
  • はじめまして、愛しています。
  • なぜ君は絶望と闘えたのか
  • 私という運命について

 

 

本木雅弘のU-NEXT配信作品

【映画】

  • おくりびと
  • 日本のいちばん長い日
  • シコふんじゃった。
  • GONIN
  • ファンシイダンス
  • 226
  • 魚からダイオキシン
  • 遊びの時間は終らない
  • 陽炎

【ドラマ】

  • 坂の上の雲
  • 大河ドラマ 徳川慶喜

 

仲間由紀恵のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 天空の蜂
  • 武士の家計簿
  • 溺れる魚
  • SHINOBI
  • リング0~バースデイ~

【ドラマ】

 

光石研のU-NEXT配信作品

【映画】

  • カイジ 人生逆転ゲーム
  • カイジ2 人生奪回ゲーム
  • ヒミズ
  • 散歩する侵略者
  • しあわせのパン
  • それでもボクはやってない
  • モリのいる場所
  • 教誨師
  • 無伴奏
  • 感染列島
  • 四月物語
  • いちごの唄
  • パッチギ!
  • 天空の蜂
  • 蜜蜂と遠雷
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 Ⅷ 詐欺師の運命
  • あぜ道のダンディ
  • カケラ
  • スクラップ・ヘブン
  • サッド ヴァケイション
  • レンタネコ
  • はじまりのみち
  • 夏美のホタル
  • nude
  • たみおのしあわせ
  • 愛の小さな歴史
  • こおろぎ
  • 贅沢な骨
  • 亡国のイージス
  • 右向け左! 自衛隊へ行こう
  • セーラー服と機関銃
  • さまよえる脳髄
  • お盆の弟
  • パビリオン山椒魚
  • エクステ
  • シャッフル
  • オーディション (R-15)
  • わたしは光をにぎっている
  • シェイディー・グローヴ
  • 猿ロック THE MOVIE
  • 悪夢探偵2
  • チンピラ ~TWO PUNKS~
  • KT
  • 山のトムさん
  • カオス
  • キャッチボール屋
  • ひまわり
  • 帰郷
  • WILD LIFE

【ドラマ】

    • U-NEXT presents 君と会えた10+3回
    • U-NEXT presents あと3回、君に会える
    • 時効警察
    • 帰ってきた時効警察
    • 未解決の女 警視庁文書捜査官
    • デザイナー渋井直人の休日
    • コールドケース -真実の扉-
    • コールドケース2 -真実の扉-
    • 深夜食堂2
    • 右向け左! 自衛隊へ行こう
    • パンとスープとネコ日和
    • レディ・ジョーカー
    • 病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
    • 向田邦子 イノセント 愛という字
    • スケープゴート
  • 土曜ドラマ 監査法人
  • 春、バーニーズで
  • 奇跡の人

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました