天気の子(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
映画『天気の子』スペシャル予報

天気の子の動画フルを安全に見る方法

『天気の子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『天気の子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天気の子の内容

映画『天気の子』は、2019年7月19日に公開されました。監督は大ヒット映画「君の名は。」の新海誠監督。「君の名は。」以来3年ぶりに発表したアニメーション映画です。

しかも、新海誠監督みずから原作小説を書いていて脚本も手掛けています。原作小説は、映画公開1日前に発売され、2ヵ月で65万部を突破しました。原作小説では映画には描かれていないストーリーもあって、映画と合せて読むことで物語を深く知ることができます。

映画『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択していくストーリーです。新海誠監督は、この映画のことを、エンタテイメント大作として、面白く観て損はないけれど、”観た人の意見が分かれる映画”だろうとコメントしています。

どうして意見が分かれるのかは、ストーリーが王道の物語とは少し違って、”考えさせられる”という感想を持つ人もいるだろうと思ったから。この映画を観ている人に、「あなたならどう思うんですか?」と投げかける部分が強くあるようです。

 

映像が綺麗すぎる。あの世界観は観る人を惹きつけると思う。歌も映像と一体化していて、クライマックスのシーンでは涙するほど感動的だった。『君の名は』を越えた作品だと思います。

とてもいい話で感動しました。でも気づいたことがあります。ただ、ちょっと理解するの難しかった。「君の名は」の方が良いと思いました。

何回でも見られますし、不思議な事に見るほどに感動が深くなります。何度見ても!感動。間違いなく名作だと思います。何度も観ることをお勧めします。

映像と音楽に関しては文句無しの一級品だけど、共感できるキャラクターがいなかった。「君の名は」の方がいいのかも。

新海誠監督の予想通り、感想は賛否あるようです。前作の「君の名は。」と比べる人も多くいました。そこにも賛否あり、「君の名は。」の方が良いとか『天気の子』の方が良いなど。また『天気の子』は、理解するのが難しくつまらなかったというコメントや、何度も観たら感動するよというアドバイスするコメントもありました。

あらすじ

2021年6月。高校1年生の夏。離島から家出し、東京にやってきた森嶋帆高は、フェリーで知り合ったライターの須賀圭介の零細編集プロダクションで住み込み働き始めます。

その夏、関東地方は、異常気象で長期間に渡り雨の日が続き、一時的な晴天を呼ぶ「100%の晴れ女」という都市伝説が流れます。そんな中、帆高はある事件から天野陽菜という少女と出会います。陽菜は祈ることで短時間、局地的に雲の晴れ間を作る能力を持った「晴れ女」でした。

陽菜は小学生の弟、と2人暮らしをしていて、経済的に困っている様子を見た帆高は、晴れ女の能力で商売をすることを提案します。その後、順調に「晴れ女」の仕事は増えていき、神宮外苑花火大会を晴れにする仕事の際、テレビに放映されて仕事依頼が殺到し休業します。

その後、帆高の家族が帆高の捜索願を出していたことや陽菜と出会った時の事件のことで帆高が世話になっている圭介の元に、警察が捜査に訪れ、帆高は圭介から事務所を追い出されます。

そんな帆高は、児童相談所が介入してきて、姉弟が引き離されそうになった陽菜と凪とともに逃げ出します。逃避行中、異常気象で夏なのに雪が降り出していました。陽菜の身体は「晴れ女」の能力の代償として薄く透明になり始め、そして夜が明ける前に陽菜の身体は消失してしまいます。

翌朝、警察が来て凪は児童相談所へ、帆高は警察署へ送られますが、それぞれ脱走し陽菜が晴れ女の能力を得た廃ビルへ向かいます。警察に追われながら、廃ビルの屋上にある神社にたどり着いた帆高は、祈りながら鳥居をくぐります。すると、帆高の身体が遥か上空へとワープ。積乱雲の上に囚われていた陽菜を救い出すことに成功。そして、2人が神社に戻されると雨雲が空を覆います。

帆高は再逮捕された後、高校卒業までの期間、保護観察処分を受け、離島へ戻されました。陽菜を救出した後から降り始めた雨は、それから2年半の間、止むことなく降り続きました。

見どころ

映像美と音楽

一番の見どころは、観た人が誰でも認める作画の美しさや映像美。東京を中心にリアルな街並みを描いていて、看板や建物、現地を知ってる人なら思わずニヤついてしまうほど鮮明です。

「晴れ女」の陽菜が「ねぇ、今から晴れるよ」と言うと少しずつ雨が止み、美しくキラキラと光り出す街並みなど、素晴らしすぎてため息が出てしまうほど。

また、その美しい映像に流れるRADWIMPSの音楽は、歌詞も良く、さらに音楽がかかるタイミングが絶妙です。

前作のキャストも登場

映画『天気の子』には、前作「君の名は。」の主要メンバーも登場しています。存在感のあるキャストもいれば、セリフがほとんどないようなキャストも。見逃さないように、よーく映像を見ていて下さいね。

スタッフ

監督・原作・脚本:新海 誠
製作総指揮:古澤佳寛
音楽:RADWIMPS

キャスト

森嶋 帆高(もりしま ほだか)声:醍醐 虎汰朗
主人公。高校1年生。普段は律儀な性格ですが、憧れの女の子・陽菜が絡むと法律違反も躊躇しない性格に変貌。

天野 陽菜(あまの ひな)声:森 七菜
ヒロイン。中学3年生。1年前に母親を病気で亡くしている。スナック菓子などのありあわせの食材を上手く用いて料理を作る。

天野 凪(あまの なぎ)声:吉柳 咲良
陽菜の弟。小学生。恋愛経験が豊富で、小学生らしくない大人びたことを話す。

須賀 圭介(すが けいすけ)声:小栗 旬
有限会社K&Aプランニングを経営する中年男性。娘の萌花を溺愛。妻の明日花は他界。

須賀 夏美(すが なつみ)声:本田 翼
圭介の姪。大学生。圭介の事務所でバイトしている。バイク運転のスキルが高い。

須賀 明日花(すが あすか)
圭介の妻。故人。旧姓:間宮。萌花を生んだ後、事故で夭逝。

須賀 萌花(すが もか)声:香月 萌衣
圭介と明日花の娘。喘息持ち。

間宮夫人(まみや)声:島本 須美
明日花の母。須賀萌花の祖母で養育権者。

立花 冨美(たちばな ふみ)声:倍賞 千恵子
老婦人。立花瀧の祖母。

安井刑事(やすい)声:平泉 成
高井と共に捜査する老刑事。

高井刑事(たかい)声:梶 裕貴
安井と共に捜査する若い刑事。

 

【前作「君の名は。」より】

立花 瀧(たちばな たき)声:神木 隆之介
冨美の孫。前作「君の名は。」の主人公。(出演場所:祖母の冨美宅)

宮水 三葉(みやみず みつは)声:上白石 萌音
前作「君の名は。」のヒロイン。(出演場所:ルミネ新宿2内のジュエリーショップ)

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)声:成田 凌
三葉の高校時代の同級生。(出演場所:台場のフリーマーケット)

名取 早耶香(なとり さやか)声:悠木 碧
三葉の高校時代の同級生。(出演場所:台場のフリーマーケット)

宮水 四葉(みやみず よつは)声:谷 花音
三葉の妹。高校3年生。(出演場所:学校のベランダ)

 

『天気の子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

天気の子の感想

40代男性
40代男性

2019年公開の映画で、監督が「君の名は」の新海誠さん、音楽はRADWIMPSの野田洋次郎さんで話題になりました。まず音楽は野田洋次郎さんらしい世界観が広がりファンにとってはたまらない仕上がりになっています。また、映像も新海誠さんらしいとても美しい映像で、特に空の描写は本当に美しいです。音楽と映像が絶妙にマッチしているので見ているとこの二人の世界に引き込まれていきます。物語は、思春期真っ盛りで大人をいまいち信じられない主人公と、親を亡くし弟を守らなければならないヒロインが出会い、大人の力に頼らず一生懸命に生きていく姿を描かれています。タイトルの「天気の子」とあるようにヒロインは必ず天気を晴れにすることができる「晴れ女」の能力を持っています。ヒロインは力を持ち、主人公は力の友好活用法を考えることでなんとかやっていました。この映画の印象的なシーンでヒロインは「祈る」ことで力を発動させることができました。しかし、彼女は自分を犠牲にして天気を晴れにしていました。最後は消えて無くなるのですが、主人公もまた自分の人生を犠牲にしてヒロインを助けています。世界は二人の力では何も変わらなかったのですが、二人はお互いを差し出すことで二人の人生を変えることができたのは、見ていたこちらも救いでした。君の名はとはちょっと違うイメージでしたが、この作品も見ていて感動させられる映画でした。

30代女性
30代女性

子どもが商売をするなんて、危険だし、フィクションならではの設定だなと思いました。ファンタジーはファンタジーでいいけれど、リアルファンタジーにしてほしいというか、天気を操れる子がいる以外はリアルな世界観にして欲しかったなと思います。晴れ女ビジネスなんて怪しいものが成り立つのかも疑問です。晴れても、偶然だろって言われて、料金を踏み倒されそうだと思いました。でも、誰か一人を犠牲にして世界を救うくらいなら、その子が生きている方がいいというのは、若い男の子の考えそうなことだし、そういう話があってもいいかなと思いました。たしかに、なんであの子が犠牲になるのか、よくよく考えるとひどい話です。東京は半分沈んでしまって悲劇ですが、天災だし仕方がなかったのかもしれません。へんに綺麗事をいうお話よりぜんぜんいい帰結でした。今までの物語と違う結末でびっくりしました。なかなか良かったと思います。でも、やっぱりアニメぽい話というか、よくわからないところもあって、君の名は。ほど万人受けしないのではないかなと思いました。また、RADWIMPSの曲が至る所で流れ、まるで、PVのようで気になります。挿入歌ってそういうことじゃないと思います。そりゃあ、いい曲をながせば、それなりにドラマチックにはなるけど、ちょっと気になりました。

 

40代女性
40代女性

大ヒット映画の「君の名は」とはまた違った東京、でもそこに三葉や彼女の祖母が出てくるので事前にこちらも見ていると更に楽しめます。お互いに会えたことでハッピーエンドとなった作品ですが、将来的にはこんな異常気象に苦しめられることとなると思うとちょっと切ないです。ずっと雨が降り続いてその大半が水没してしまうことに、それでも彼女を選んだ帆高を偉いと思います。なぜ彼女はこのような運命を背負うこととなるのかの説明はよく分からないですが、やはり新海誠監督面白かったです。鉄砲が落ちていたりといったところも現実の東京と違う、地方の人がこんな怖いところなんだと思ってしまっては困ります。雨は止まないまま、本当の意味でのハッピーエンドではなくその後の東京が心配です。雨が全く降らないのも困りものですが振り続けるのも恐ろしいことなのですね。映像の美しさも新海監督ならでは、晴れの日がこの映画を観ることで一層好きになりました。やはり参考にした現実の風景とかあるのでしょうか。聖地巡礼してみたいです。愛の力が上回ることで雨が止むというのが従来の映画ですが、そんなうまい話は無くそのまま振り続けるという描き方は斬新に思えました。

20代女性
20代女性

前作の『君の名は。』を観て新開監督の世界観に惹かれ公開すぐに映画館に足を運びました。前回と同様に映像と音楽の融合、そしてその美しさにただただ引き込まれてしまいます。緊張感がありひやひやするシーンや、雨が上がって日が差し込んでいくシーンなど音楽でこんなに印象深く表現できるんだと1シーンずつ感銘を受けていました。雨の映像も美しく、場面によって顔色を変えているのも素晴らしく思います。グランドエスケープが流れるシーンでは鳥肌が立ち気が付いたら涙が流れていました。そしてなにより登場人物が魅力的です。陽菜はまさに理想の女の子でとてもかわいらしく帆高とのやり取りを見ているとほっこりします。大人たちはあっさりしているんだなと思いながら観ていると後半でぐっと印象が変わります。2、3週目となると序盤の言葉にもこんな気持ちが混じっていたのかなと考察でき、違った目線で見ることが可能です。背景なども目を凝らすと小ネタが仕込まれておりそれを探すのも醍醐味なので何回観ても楽しめる映画になっていると思います。初めて観たときは気が付いたら時間が経ってしまいエンドロールになると終わってしまったんだなと切なくなりしばらく椅子から立ち上がれずにいました。『君の名は。』を観て面白いと思った方にはもちろん、映画の世界に引き込まれたい方に間違いのない作品だと思います。

30代女性
30代女性

始めは見ていてワクワク、笑いもあり、和やかな話なのですが、途中からシリアス度が一気に増し、目が離せない展開へと発展していきます。陽菜の持つ不思議な力の謎。そして、その力は一体どうなってしまうのか、帆高は陽菜を救う事ができるのか、最後まで目が離せない展開となっています。そして、やはりこの映画の見どころと言えば、新海誠監督作品の特徴ともいえる、映像の美しさが魅力です。彼の手掛ける今までの作品はもちろんですが、それを超える美しさ、息を飲むような映像美がこの作品には表れていると言っても過言ではありません。普段は憂鬱に感じてしまう雨も、新海監督の手にかかれば、雨粒の美しさが引き立つのなんの。ぜひこの映像美を体験していただきたいです。雨のシーンではないのですが、特に雪の降る東京のシーンの美しさはぜひ見ていただきたい。そして、今回のテーマは「天気」という事なのですが、本当にこのテーマは、とても考えさせられるものでした。昨今の異常気象を考えると、まさにこれは、アニメの世界の話だけではないのでは?という錯覚にも陥るような作品でした。もちろんアニメらしい、SFの要素もたっぷりで楽しめるのですが、まるで現実の世界のようなリアルな映像が、現実世界ともリンクさせてしまう、不思議な作品です。とはいえ、そんな固い気持ちを持たないでも、十分に楽しめるこの作品ですので、ワクワク、ハラハラの展開と映像美の感動をぜひ味わって欲しい作品です。

30代女性
30代女性

帆高は、田舎から東京へ家出をしてきた16歳の高校生です。作中では彼が故郷でどんな扱いを受けていたのか詳細は分かりせん。しかし、単身行き当たりばったりに近い感じで家を飛びだしてきたのを見ると、耐え切れない何かが地元にあったのでしょう。彼が東京に来た当初は、東京独特の文化、空気感に打ちのめされている様が見ていて胸が痛くなりました。しかしそんな中でも圭介達、陽菜達と運よく出会って彼は楽しくて穏やかな日々を過ごすことが出来ます。帆高にとって居心地の良い生活を過ごしていくうちに、だんだんと帆高の周りの人の血縁関係、悩み、ジレンマなどを知っていきます。この作品の大きなテーマは『陽菜が天気を操ること』です。陽菜が『晴れ』にすることによって人々が笑顔になる反面、その代償として彼女の命は削られ、人柱になる運命を背負います。それをどうにかしようと、帆高が奮闘する姿に勇気を貰えました。帆高を見ていると、若さゆえの後先考えない勢いに眩しさを感じました。羨ましいとすら思えます。そんな彼に感化された、いわゆる大人陣営の圭介や夏美の行動にも、共感出来ました。大人になると、色々なことに対してブレーキがかかるし、思考が固まりがちです。そんな時にこの作品を見ると、心がリセット出来そうだと思えました。

40代女性
40代女性

人生の中で、誰にも縛られず自分の意思で思いのままに行動を起こせたことがありますか。今ある現状から逃げ出して、新しい世界を見つける旅にでてみたいそう感じたことは誰にでもあることだと思います。新しい世界のスタートを切って、自分ですべてを作り上げていく勇気はあっても実行が難しいのが現実です。特に青春時代では、勇気をもって実行に移した経験がよくも悪くも、その後の人生の糧となることは間違いありません。天気の子は、主人公の少年が高1の夏に離島から家出し、東京で生活をスタートさせるところから始まります。どんなことが待ち受けるのか期待に胸が膨らみます。生活の基盤を作ることが未成年では難しいのが現実ですが、難しい状況を乗り越えてえ何とか生活している少女と少女の弟との出会いによって勇気づけられます。少女には不思議な能力がありますが、とても前向きで明るい性格です。少年は彼女の魅力にどんどんひかれていきます。少年と少女のたくましく生きて何とか頑張ろうと這い上がる姿に感動を覚えます。雨が続いて気持ちがどんよりしがちな時にに、ふと晴れ間が訪れて、さらに差し込む光の映像がとてもきれいで観ているだけで心に光が差し込む印象を受けました。映像に入り込んだ錯覚を覚えます。

30代男性
30代男性

前作である「君の名は。」が記録的な大ヒットになり、それを踏まえての映画放映になりました。音楽関係はRadwinpsが担当し、声優はオーディションで決定した二人を採用しました。作品を通して、どうしても君の名は。と比べてしまいますが内容はよくできていたかなと感じました。オチが印象的であり、そう終わらせたのかとびっくりするような終わり方でした。個人的には、面白かったと思いますが、評価は分かれると思います。ヒロインはものすごく魅力的であり、新海誠監督作品の中ではトップクラスのキャラでした。ストーリー全般としては、前回の入れ替わり物がかなり引きの強い設定だったのに対し、わかりやすい「天気を操る女の子」というのもよかったかなと思います。キャラが立っていて全員が魅力的であったと思いますが、声優陣、特に本田翼さんの演技は最悪です。棒読み、キャラにあってない演技と散々でした。であれば声優を使った方が良かったかなと感じています。主人公である森嶋帆良もよかったですが、新海誠監督の特徴である男性キャラはキャラが薄いというのは際立っていました。前回の君の名は。と同じようなキャラになっていたと思います。絵のきれいさはものすごく映画館でみて感動しました。

 

60代男性
60代男性

私は男性ですが、マジ最後まで泣きっぱなしでした。大好きな監督の琴線と触れるものがあるのでしょうか。前作と比べるとか皆さん良く言いますが、比べる必要は全くありません。この作品はこれだけで全く違う世界を描いていると思います。ですから、今回も前回も最高の作品と言えます。主人公の中には確固とした祈りの精神のようなものがあり、しかもそれが中心にしっかりと存在しています。私が思うに、この世の中で起きていることは、善も悪もなく、ただただ全力で繁栄したり衰退したりして動いて繰り返すということを、思想として、深い思いとして、少年が叫び続けていると考えました。世界には芸術や文学や音楽という文化がありますが、映画の世界だけを取り上げると、恋愛スタイルはほぼ踏襲しつくされていると思います。ところがどっこい、この作品を見ていると、これからでも無尽蔵に恋愛ストーリーは、世界の人の数ほどあるのだということを、この映画は教えてくれているような気がします。とにかく冒頭にも言いましたが、深海監督の美学が手に取るようにわかるので、涙暇なしでした。やはり、人間は生きているだけで、儲けもんなんだということなのでしょうか。宇宙は愛そのものということを、深海監督は表現していると感じます。みんなが見てくれれば私は嬉しいです。

40代女性
40代女性

君の名は。で話題になった監督だったので、上映が始まりすぐに映画館に足を運びました。始まりは、何だか神秘的。何を意図しているのかな?と思いました。そして、1人フェリーに乗って島から出てきた高校生の男の子、いろいろな人との出会います。怪しげな働き口も見つけたり。ある女の子と出会って、男の子の生活は楽しいものになっていきます。女の子が祈るとあのおなじみの曲に合わせて、天気が回復します。曲の効果が抜群でとてもワクワクします。まさに天気の子。でも、穏やかな毎日が変化していきます。わくわくからドキドキ、というか、どうなってしまうんだろうとソワソワします。いろいろな困難が始まります。そして、この映画の中で一番衝撃的なあのシーン。びっくりしたし、ショックでした。男の子は女の子を助けられるのか、たくさんの困難があって、ハラハラします。どうしたら助けられるのか見当もつきませんでした。東京の広範囲が水につかってしまいます。お年寄りが、昔はこのあたりはこんなふうに海だったのを埋め立てていたんだよ。元に戻っただけ。というようなことを話していました。なんだか考えさせられるセリフでした。最後は、あーよかった。と思いました。安心できる終わり方でした。とても面白かったです。

 

まとめ

『天気の子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

森七菜のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • エール

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました