点(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
『点』予告

点(映画)の動画フルを安全に見る方法

『点』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『点』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

点(映画)の内容

映画『点』は、2017年9月に公開された、26分で終わるショートムービーです。

SNSがきっかけで交流を深めるようになった主役の山田孝之とyonigeの牛丸ありさが、yonigeのメジャーデビューに合わせて実現した異色のコラボレーション。監督の石川慶が「yonige」のデビューアルバム「girls like girls」のリード曲「ワンルーム」の歌詞で描かれている世界観、物語から着想を得てオリジナル脚本を書き下ろしました。

高校時代に付き合っていた幼なじみの男女が再会し、揺れ動く繊細な感情をリアルに映し出した本作は、たった26分間で観る人の感情を大きく揺さぶり、想像を膨らませるものでした。

側から探り探り話し始めていく様子とか、お互いにとって1番核心をつくような話題に触れると、フッと間が空くような感じとか。初対面の人と話をするのとは少し違ったぎこちなさがとてもリアル。2人の間に本当いろんな事があったんだろうなと想像させるような間合いだった。

景色…古い散髪屋さん…自転車…ベンチ…
いろいろ空気感というのか、世界観がとても好きなものでした。

短編だけどとてもこの時間とは思えないほど説得力と余韻をもらえる映画だった。ちょっとした会話や間の取り方の中に2人の想いが交錯していてなんとも言えない良さがあった。山田孝之、上手いなぁ。

めっちゃ良かった。
短いなかでちゃんと分かりやすくて、2人のぎこちない会話がリアルで切なかった。

誰もが身に覚えのある微妙な空気感が伝わってきて、短い時間の中でも共感を呼んでいるようですね。山田孝之のぎこちない演技は絶妙ですね!

あらすじ

ある夏の日、田舎町で床屋を営む高志(山田孝之)の店に、幼馴染で高校時代の元カノ・ともえ(中村ゆり)が突然やって来ました。 14年ぶりに再会した二人でしたが、 「結婚式のためにうなじの毛を剃って」とお願いするともえに、高志は少し戸惑いながらも店の中へ案内します。そして、あの頃と今が交錯して会話はどこかぎこちなく・・・。

見どころ

観客の好奇心を刺激する

僅か26分の映画の中で、物語は1つの区切りを見せてくれますが、起承転結で言えば、「起承」だけ与えられて、「転結」がないように感じられるかもしれません。

14年前の二人の別れに何があったのか、映画の中では語られていませんが、青春時代の甘酸っぱい思い出と、もうあの頃には戻れない切なさやなつかしさ。そして、これから何か起きるんじゃないか?というほのかな期待にも似た余韻を残しつつ終わるところは、観客の妄想や好奇心を刺激し、「続きが観たい!」と思わされることでしょう。

スタッフ

監督・脚本:石川慶

キャスト

高志:山田孝之
田舎町で床屋を営む。

ともえ:中村ゆり
高志と高校時代に付き合っていた幼馴染。14年ぶりに高志の前に現れる。

母:天光眞弓

 

『点』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

点(映画)の感想

 

50代女性
50代女性

高校時代は恋人同士で幼馴染だった高志とともえの会話がぎこちないのは、14年振りだし照れ臭さがあったからでしょうが主役の二人のぎこちない演技がとても上手く、昔好きだった人と久しぶりにあったらこんなぎこちない感じになるだろうなと共感することが出来ました。二人の現状もあいまいな感じで進んで行くので見る側からいろいろな想像をすることが出来ました。高志は床屋の表札から家族構成は子ども2人の夫婦含めた4人家族と推測されますが家族が出て来るないので家族は出て行ってしまい一人なのかなど見ている側にいろいろな想像させてくれる面白さがありました。ともえも何度か携帯電話にメッセージや電話が着信するが、ひょっとして誰かと不倫しているのかと感じさせるシーンもありますが、ここも曖昧な感じで想像の世界が広がって行きました。短い時間にいろいろな想像を見る側にさせてくれる不思議な感覚の映画だと思いました。二人のぎこちない会話で映画は進んで行きこの二人が何か進展していくのかなども見る側の想像の世界をかきたててくれました。この二人のシーンだけで映画になることがまさに点というタイトルにふさわいい映画だなと思いました。二人の俳優さんが凄いなと思いました。

 

40代女性
40代女性

25分ほどしかない短編映画ですが、その半分までともえ(中村ゆり)と高志(山田孝之)がどの程度の距離感の知り合いなのかがわかりません。久しぶりってことだけはわかるので、それゆえにぎこちないんだなって思いますが、関係が分かった時にそれなのにこんな感じ?と思ってしまいました。それは、ともえと高志が純粋で慎重な田舎の子だからなのかなと感じましたが、それにしても、もどかしい気がします。そして結婚式のために一時的に戻ったともえに勘違いした高志でしたが、ともえも高志のこと勘違いしているような気がしました。「一人じゃ食べきれない。」って言ってたのにそこに疑問を持たないともえは高志のことそれほど意識していないのだと思います。しかし、素知らぬ顔している高志の方こそ、最初からともえを意識していました。そう思わせる中村ゆりさんの色気が凄いなと思います。短い映画ですが、夏の音や汗などで、みんな経験したことのある田舎の夏休みを体感できます。結婚式では、短く切り過ぎた前髪を友達に突っ込まれ高志の話になり、ともえの勘違いが正されてもう一度二人が会って何かが始まるんだろうなと映画の続きを自然に考えてしまいます。余韻を味わえる映画です。

30代男性
30代男性

胸がキュンとしてしまう映像でした。たった26分でこの表現はやはりすごいです。山田孝之さんここにあり、というようなちょっと変態とまで感じるような演技でした。わたしが男なので、どうしても山田孝之さんの目線で見てしまうのですが、気まずそうな感じのちょっとドギマギしているような心に余裕のないような演技がとても自然で感情移入できました。また舞台となっている町は決してわたし自身が育った町とは似ていないのですが、そこが昔のまま時がとまったような漫画の中にでもいるような不思議な感情を呼び起こす背景となっていて、がっちりはまっていました。田舎町の床屋で幼馴染で昔の彼女、なんてずばり同じ経験がなくても、子供から大人になったときにふとしたきっかけで昔のことが思い起こされたりした自分自身の経験が呼び起こされてしまって、ありきたりなワードですが、すげえエモいです!結婚式のためにうなじの毛を切って、からの昔を思い出して前髪もお願い、なんてやはり女性の気持ちは切り替えが早いということなんでしょうか。こんなことを言われてしまうともう何年も会っていない相手でもどうしても当時の感情が思い起こされてしまってぐらっと感じるのは男性特有のものなんでしょうか・・・。

30代女性
30代女性

特に何も特別なことは起こらずただ昔の元恋人同士の山田孝之さんと中村ゆりさんがぎこちない会話をして、床屋の山田孝之さんがうなじを剃ってあげるだけの映画なのに2人が生み出す空気感が温かくて心地よい映画です。なんとなく寝る前に見たいほんわかとしたショートフィルムです。中村ゆりさんの色気が終始赤いワンピースからこぼれ落ちるように漂っていて、何か起こるんじゃないかと期待してしまいますが何も起こりません。でもそこが大人の2人のちゃんとした距離感で温かく感じました。とにかく中村ゆりさんのうなじと生足が綺麗で、うなじのアップは美しすぎて見惚れてしまいました。きれいな映像と温かい雰囲気と2人のぎこちない会話をのんびり楽しむことができました。山田孝之さんの演技力には脱帽です。短い時間で理容士の高志の優しい人柄が読み取れました。ラストに流れるyonigeのワンルームという楽曲とノスタルジックな写真の数々も素敵でした。エンドロール後の山田孝之さんの表情もいいです。2人は今お互いの生活に満たされてるのかなとか、2人で甘酸っぱい青春を過ごして来たのかなといろいろな想像を掻き立てられました。何も起こらないところがこの映画の魅力でした。

 

60代男性
60代男性

実家に帰省したトモエが、学生時代の恋人で今は地元で理髪店を営んでいるタカシの店に「友達の結婚式で着物を着るからうなじの毛を剃ってほしい」と訪れたのは、トモエが妻子ある男性と付き合っていて、行き詰っている自分の想いから一時でも解放されたいという気持ちがあったのではないか。店の外に出て電話でやり取りする悲痛なトモエの話声を遠くに聞いてしまったタカシは戻ってきたトモエを拙いジョークで必死に笑わせようとする。そのシーンにはタカシの優しさがよく表れていた。自分の首の後ろにあるホクロがずっと嫌いだったというトモエに、「俺は好きだった。今でも好きだけど」という場面で初めてこの映画のタイトルの意味が分かった。「点」とはこのホクロのことなのだ。このトモエのホクロ(点)はお互いの淡い過去を共有し、このホクロは今、現実のふたりを交錯させている。学生時代前髪をタカシに切ってもらって失敗したことのあるトモエは、「点」の話の後「前髪も切って」と頼む。トモエ自身、これから自分はどうすべきなのか。それはタカシの理髪店をあとにするラストシーンによく表れていた。冒頭に記したように、短編映画だが色々な思いが凝縮されており、二人の会話のぎこちなさの中にも優しさやほほえましさが感じられ心休まる短編映画だった。

 

まとめ

『点』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました