手紙(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
手紙.mp4

手紙(映画)の動画フルを安全に見る方法

『手紙』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『手紙』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

手紙(映画)の内容

映画『手紙』は、2006年11月に公開されました。

本作は、直木賞作家・東野圭吾による同名のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を、犯罪加害者の親族の視点から、その心情の動向を丹念に描いた作品です。

キャストは主人公の犯罪者の弟役に山田孝之。強盗殺人を犯した罪で服役囚となった兄役に玉山鉄二。ヒロイン役は沢尻エリカと、若手人気俳優が顔を揃えています。また、共演者に吹石一恵、風間杜夫、吹越満、高田敏江など、豪華な面々が顔を揃え、重いテーマでありながらも、随所に笑いを盛り込んだ見事な演出が光っています。

犯罪者の家族も含めての償いとはなんなのか。辛く厳しく重いヒューマンドラマ。それでも希望を失わせない、愛と憎しみを考えさせられてしまう名作だった。

私は、この作品を全く知らなかったのですが、とにかく深い思いと感動をし自然に涙がこぼれました。
ラスト。玉山さんの合掌シーンはずごい!!!

加害者、加害者家族、被害者家族の葛藤がどうしようもないくらい辛く、救いようも無い。いつまでたっても続く負の連鎖は、逃げることすら出来ない。
そんな中にある色々な愛の糸に感動してしまう。自然と涙が出ていました。

玉山鉄二さんと山田孝之さんの切なく、そして意を決して行きていこうとする演技に涙しました。沢尻エリカさんの暖かい演技にもほろり。

何度も観てしまう大好きな映画です。

あらすじ

工場で働く20歳の青年・直貴(山田孝之)には、刑務所に服役中の兄・剛志(玉山鉄二)がいます。弟の大学の学費を手に入れるため、強盗に入った家で誤って殺人を犯してしまったのです。

幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることが夢だった直貴でしたが、獄中から月に一度兄から届く手紙に現実に引き戻され、そんな兄のせいで人生が狂わされてきました。大学進学のみならず夢や仕事、恋愛など全てを諦めていた直貴。それでも、理解してくれるく由美子(沢尻エリカ)。愛する女性との幸せまでもが脅かされた時、直貴は剛志との縁を切るために、獄中の兄に宛てて手紙を出す決意をするのですが……。

見どころ

ラストシーン

加害者、加害者家族、被害者家族のどうしようもなく辛い姿が描かれている本作ですが、全くの作り話として捉えることは出来ず、もしかしたら自分に降りかかってくるかもしれない状況ですよね。

それだけに、重く心を揺さぶります。特にラストシーンは涙無しでは見られません!

スタッフ

企画:永江信昭、熱田俊治
プロデューサー:朴木浩美、橋口一成
助監督:高橋正弥
音楽プロデューサー:志田博英
主題歌:高橋瞳 「コ・モ・レ・ビ」
挿入曲:小田和正「言葉にできない」 / 若山かずさ「縁切寺」ほか全12曲

キャスト

武島直貴:山田孝之
2人暮らしの兄が殺人を犯し、服役する。大学を諦め、友人の寺尾とお笑いコンビ「テラタケ」を結成。

武島剛志:玉山鉄二
直貴の兄。直貴を大学に行かせるための金欲しさから強盗殺人を犯す。刑務所から直貴に手紙を送り続けるが、やがて直貴から離別の手紙が来る。

白石由実子:沢尻エリカ
直貴に一方的にアプローチする関西弁の女性。

中条朝美:吹石一恵
直貴の恋人。

中条:風間杜夫
GSコーポレーション専務。朝美の父。

嘉島孝文:山下徹大
朝美の婚約者。

寺尾祐輔:尾上寛之
直貴の同級生。お笑いコンビ「テラタケ」の相方。

緒方:高田敏江
被害者。緒方忠夫の母。

緒方忠夫:吹越満
剛志の犯罪被害者の息子。

平野:杉浦直樹
直貴の勤務先「ケーズデンキ」の会長。

ケーズデンキ店長:小林すすむ

倉田:田中要次
直貴の仕事場の先輩。過去に千葉刑務所に服役。

バーのマスター:松澤一之
直貴のバイト先のマスター。

神山裕子:石井苗子
お笑いコンビ「テラタケ」の所属事務所社長。

 

『手紙』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

手紙の感想

 

50代女性
50代女性

主人公の武島直貴は犯罪を犯した兄・剛志が刑務所に入り、手紙を通して兄弟の絆を強く結びそして次第に距離が離れてしまう内容に涙が流れた。両親を亡くした二人は、直貴の学費を工面していたが、民家に入りお金を盗んだが、持ち主に見つかり誤って刺してしまう。強盗殺人は罪が重く刑務所生活は長く、直樹との手紙だけが唯一楽しみだったのだろう。直貴は進学も諦め仕事を始めるが、友人とお笑いの世界に入り恋人も出来て順調に自分の力で幸せを掴んでいく。次第に剛志との手紙も滞り、もう剛志のことなど忘れていくよっても仕方がないと思っていた。大好きだった兄が弟のため、許されることがない犯罪だったが、この兄弟をいつか誰かが助けてくれるのだろうと期待した。そんな直貴も剛志の犯罪が世間に知られ、もうどこに行ってもこの事実から逃れることが出来ない現実に絶望感を感じてしまう。しかし、剛志の所には手紙が届いていた大きな存在が、再び直樹経ち直していく姿に小さな幸せがあった。もう二度と剛志と面会することもなかったが、思わぬ形で二人の再会が起こる。誰よりも信頼し合って生きてきた二人が、こんな形で再会を果たし感動するクライマックスが待っていた。この時まで剛志が玉山鉄二が演じているとは気づかず、影の存在がとても大きく見えるシ-ンだった。

50代男性
50代男性

観終わって胸が締め付けられるような、それでいて救いを受けたような映画でした。「犯罪加害者の家族は自身が何もしていなくても、これほど長く苦しい思いをしなくてはならないのか?」この映画を観ての素朴な疑問でした。確かにこの兄(武島剛志)は人を殺してしまいました。しかし、そこに至るまでには切実な事情もあり彼の苦悩も充分理解出来るのですが、世間はそんなところまで配慮してはくれません。そして弟(武島直貴)の苦しみはもっと深いもので、自分を隠して偽りながらでないと生きていけないことも理解出来ますが、これも世間は配慮してくれません。犯罪を犯して自分を苦しめた兄を深く憎み、それでいて兄が犯罪を犯した理由が自分のためだっと知り、とても複雑な感情の中生きていく弟の姿は、自分ならどうする?と重ねて観てしまいました。海外では犯罪加害者家族に対するケアプログラムや支援があるらしいのですが、日本でそのような話を聞いたことがありません。確かに犯罪を犯した者へは厳罰というのが正しい方針だと思いますが、それをその家族にまで受けさせることがこの国の正義のあり方なのかどうかという点はきちんと決めておくべきだと、この映画を観て感じました。そして、最期の弟の決意で救われたと観終わって感じました。

30代女性
30代女性

殺人罪で捕まった兄のせいで残された弟の辛い運命を辿る事になる半生を描いた東野圭吾先生の名作の実写化です。原作を読んでからの視聴でしたが、辛いシリアスな展開も文字で追うよりも映像として見た方が、こちらの心情とは関係ない流れの良さで小説よりも良い意味で逆に見やすかったという感想です。山田孝之さんの内に込めた震えの表現が見事でした。胸が痛くて、救いらしい救いの展開も少なめなので暗い話があまり好きではないという方にはあまりオススメできません。しかし原作を知っているという方には是非ともオススメです。というのもこの映画ならではの原作にはないオリジナル脚本であるラストシーンが最高なのです。個人的にはそこが映画の一番の見所です。最後の山田さんと玉山さんが涙を流すシーンは視聴者もハンカチ必須の号泣ものです。脚本内容ももちろん文句はありませんし、この映画の主題歌となっている小田和正さんの「言葉にできない」の曲の入り出しと玉山さんのカットインが見事すぎて、涙と同時に鳥肌が立ちます。このラストシーンのためだけに長い長い二時間を耐え忍んだと言っても過言ではありません。人生は長いからこそ多くの辛さと一握りの希望で支えられているとテーマが見事に表現された名作です。

 

50代女性
50代女性

犯罪被害者家族も悲劇ですが、犯罪加害者家族はもっと悲惨だと感じました。なぜ、兄は弟の為に盗みをしたのだろう?自分が身を粉にして働いて大学にやろうと思わなかったのか?優秀であるなら学費免除の特待生や奨学金なども利用できるはずです。新聞配達しながら大学に通っている苦学生もいます。このような犯罪の影には、救済措置があるのにその知識がない、人に頼ることが出来ないなどの構図があります。もし、盗みに入らなかったら、殺人を犯すこともなかったはずです。その後の兄弟の人生も平穏だったでしょう。強盗殺人犯の弟はそれでも生きていかなくてはなりません。自分の為に兄が罪を犯したという十字架を背負いながら。兄は刑務所の中で罪を償ってはいてもいわば現実逃避が可能です。三食食べ、寝る場所もあります。しかし、弟は違います。後ろ指を指されながらも逃げることは出来ないのです。生きるために。この映画を観て、犯罪加害者家族の救済が必要だと強く感じました。家族も被害者です。結婚相手や子どもにまで偏見が及ぶことはあってはならない、と思いました。頑張って真面目に生きる人々全てが報われる社会の構築が必要です。しかし、未だ日本では犯罪加害者家族への誹謗中傷は絶えません。悲しい現実です。

30代男性
30代男性

人は誰でも多かれ少なかれ「わたしのせいじゃないのに…」と思った経験があるのではないでしょうか?この映画はそんな感情の中でどう生きて、どう向き合っていくかを描いた作品です。「わたしのせいじゃないのになぜこんな目に会わなければ…」という感情と「わたしのせいでもある…」という感情の狭間で揺れ動く主人公と、その周りの人間模様がとてもせつなくて、でも見終わった後にはどこかすっきりとしたような不思議な気持ちになりました。人生をやり直したいとか、過去に戻りたいとかいう気持ちは誰しもあると思いますが、後悔だけでは人は決して前へは進むことができないということがよくわかりました。個人的に主演の山田孝之さんの演技が好きで出演している作品を多く見てきましたが、やはり演技が素晴らしいです。表情・声のトーンの使い分けが素晴らしく、特に近年よく演じていらっしゃる少し影のある役をさせたらこの方の右に出る俳優さんはいないのではないかと思います。最後に、作品背景である殺人事件というものは現実世界では目を覆いたくなるような悲しく恐ろしいニュースが目に入ってきますが、そういう殺人事件の裏にはこの映画で描かれているようなことが実際にあるのだと改めて気付かされ、考えさせられる機会になりました。

30代女性
30代女性

ベストセラー作家、東野圭吾の小説を実写映画化した作品。二人っきりで生きてきたはずの兄がある日、強盗殺人犯として捕まったことで弟である武島直貴の人生は大きく歪められてしまいます。直貴は兄の剛志が殺人犯として逮捕されたことで彼とは縁を切り、一人で生きていこうとしますがそこには「犯罪加害者の家族」というレッテルがつきまといます。直貴が人生の大事な場面で上手くいきそうになると彼の兄が殺人犯であるという事実がばれて、全てが駄目になり直貴はその都度絶望します。せっかく夢を掴みそうになる場面でも彼の兄の犯罪が明らかになり、その夢をあきらめなければならなくなるシーンではそのあまりの理不尽さに見ている側が辛くなります。なぜ自分が犯してもいない罪で責められなければならないのか、これは理不尽な差別だと憤る直貴ですが、そんな彼に世間から見た犯罪加害者の家族について率直に意見を言われたことで直貴は自分の考えを見直します。直貴には世間からの冷たい仕打ちがつきまといますが、それでも彼の味方でいてくれる親友と妻のたった二人の存在は小さな救いになります。そしてラストは思いもよらない展開が待っていて、その結末には思わず涙が止まりませんでした。最後まで見るとタイトルの「手紙」の本当の意味が分かり、とても切ないです。

50代女性
50代女性

この映画は、山田孝之さんと沢尻エリカさんの代表作にしたいくらい二人の演技が光っていました。山田さんは、強盗殺人の罪で服役している兄を持つ直貴の苦しみだけではなく、自分のために罪を犯してしまった兄への申し訳ない思い、反対に兄を恨む気持ち、兄と縁を切ってでも幸せになりたいという我儘な欲望、挫折、改心といった複雑で難しい心理をよくぞ表現したと思います。また、沢尻さんは直貴の事情を知る前も、知った後も、直貴に恋人がいるときも変わらぬ愛情で直貴を優しく支える由美子を十分に演じ切っていました。直貴が歩道橋から破り捨てた兄の手紙の切れ端を、車が走る中「そんなことしたらあかん」と叫びながら拾おうとする沢尻さんがとても素敵でした。撮影当時は19~20歳だった筈ですが、その若さで由美子のマリアのような包容力を表現できる沢尻さんはやっぱり凄い女優さんです。また、脇を固めるベテラン俳優陣も素晴らしかったです。中でも、直貴が勤める電気店の会長を演じた杉浦直樹さんはとても印象に残りました。電気店に勤める直貴が、兄のことが原因で店舗から倉庫に異動になったことで、由美子が直貴には内緒で直訴の手紙を出し、それを読んだ会長が網入りのみかんを片手に直貴の様子を見に来るのですが、会長は直貴を慰め同情し元の部署に戻すのかと思いきやそうではなく、今回の人事は会社としては避けられないことであり、逃げずにそれを受け入れ、ここから始めることが大事だと諭します。その物言いはとても優しく、とても温かく、直貴の心だけでなく私の心にも強くに響きました。そして杉浦さんにとってはこの映画が遺作となりました。

30代女性
30代女性

山田孝之が、人と距離を置きながら工場で働く姿が印象的です。最初は、何故こんなに暗いのか、人と関わらないのか、と興味をそそられました。話が展開していく中で、それは明らかになっていくのですが、その理由もまた圧倒されました。食堂で働く沢尻エリカが出てくるのも今となっては見モノかもしれません。山田孝之も、沢尻エリカも、まだ若かったですね。山田孝之が芸人を目指し、大ブレイクしたときに、山田孝之の秘密がネットにばらされてしまい、結婚も仕事にも影響が出てしまうところは、心が痛みました。悲しい物語ですが、引き込まれ感は半端ないです。さすが東野圭吾、という感じです。タイトルにもある通り、この映画は手紙を通して物語が進んでいきます。刑務所という場所がポイントになっているので、手紙、という形になっているのでしょう。普通の生活であればスマホやメールがありますが、刑務所では使えませんから、手紙なのでしょうね。物語のラストに、刑務所で山田孝之が芸を披露する場面、そしてその描写はとても泣けました。これまでの山田孝之の葛藤、そして手紙のやりとり先である兄の葛藤、二つが描かれていて、とても感動的なラストシーンでした。心に残る映画でした。

 

20代女性
20代女性

主人公である武島直貴を演じるのは、現在缶コーヒージョージアのCMでお馴染みの山田孝之である。彼の出演する作品でポピュラーな『クローズZERO』や 『闇金ウシジマくん』 からのギャップをとても感じた。この映画のオープニングは手紙を読むシーンから始まった。冒頭からから心をぐっと掴まれ、自然に作品の中に引き込まれていった。主人公・直貴は決して多くは語らないタイプであるが、表情やオーラなどから話さずして語ってしまうという雰囲気があった。ここから役者・山田孝之の凄さを改めて実感できた。人殺しの弟というレッテルを貼られ、自分が守らなければならない最愛の妻や娘にまで差別のレッテルが貼られてしまうことに気づいた直貴か下した決断がとても胸が締め付けられる思いになったが、しかし、自分で選択をしその中で前を向いて進んでいく男らしい覚悟や強さを感じた。ここから究極の選択肢が与えられた時には、自分と向き合い考え、選んだものこそが正解なのでないかということを感じた。ただ選ぶだけではなく自分と向き合い自分の心に手を当てて考え答えを出すという重要さに気付かされた。”二兎追うものは一兎も得ず”といつことわざがあるように、生きていく中で欲をかいて2つのものを手に入れようとした時、結局何も手に入らず、自分の気分が落ち込み周りの環境にも影響していき負の連鎖が続いていくということが考えられる。大切なものを守り抜くという強い信念をもち生きていく直貴がとても凛々しかった。たとえ差別に立ち向かうため絶縁したからといっても直貴にとって兄はたった1人しかいない兄であることには変わりない。この記憶は弟 直貴の頭だけではなく心に刻まれているために忘れていくことはないだろうし、剛志な特別な存在であるからさこそ、自分のこれまでの人生、兄の行い、世間の目、家族対する差別、など全てを受け入れることができたのだろう。 どこか切なくも強く優しい物語であった。

20代女性
20代女性

数ある東野圭吾の作品の中でも、切なくて心に残るストーリーでした。殺人って犯してはいけない罪で、加害者を見る目というのはとても冷たいものですが、
このドラマの殺人はすごく、考えさせられるようなもので、涙が止まりませんでした。直貴役の山田孝之さんの演技もリアルでした。加害者の弟として世間の目に耐えながら生きてく姿、とてもリアルに感じて素晴らしい演技だったと思います。そして、由美子役の沢尻エリカさんも、直貴のことを理解してくれていて、
見ていく中で、由美子は直貴にとってとても必要な存在で、直貴の妻は由美子でないと務まらないと思わせるような存在感でした。そして母になってからの表情とかも、素晴らしい演技で、子供が事件のことでいじめられた時も、逃げずに立ち向かう姿が母親として力強くてすごく感動しました。剛志役の玉山鉄二さんも、映画の世界なのに、その演技に魅了されて剛志はなんでこんな生き方なんだろうとか、同情してしまう気持ちとかが生まれ、本当に悲しくなってしまうほどでした。刑務所に直貴が訪れて芸人としてネタをするシーンがとても印象的でした。悲しいストーリーではありましたが、見てよかったと思える映画でした。

 

まとめ

『手紙』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました