タロウのバカ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
超過激!YOSHI×菅田将暉×仲野太賀『タロウのバカ』予告編

タロウのバカ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『タロウのバカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『タロウのバカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

タロウのバカ(映画)の内容

映画『タロウのバカ』は、2019年9月に公開されました。

本作は、「まほろ駅前多田便利軒」や「セトウツミ」を手掛けた大森立嗣さんのオリジナル脚本を映画化したもので、大森監督が20年間温めてきた作品です。

学校に行かず、自分の年齢もわからない少年が、2人の仲間たちと出会い、自由、絶望、青春、友情、恋愛、焦燥、刹那、希望をテーマに人間模様が交錯する純粋かつ過激な問題作。社会孤立、ネグレクト、犯罪、セックス、ヤクザ、暴力に満ちた世界が衝撃的に描かれた作品となっています。

主演には、300人以上の主役候補者の中から選ばれた今作で俳優デビューとなるファッションモデルでシンガーソングライターのYOSHIが抜擢されました。そのほか、高校時代からの大親友という菅田将暉さんと仲野太賀さん、奥野瑛太さん、豊田エリーさん、國村隼さんなどが出演しています。

 

いわゆるお行儀のいい映画ではない。最初から最後まで挑発的で、ずっと喧嘩を売られている気分になる。理由もなくこめかみに拳銃を突きつけられているような恐怖に似た感覚になる。

主演のYOSHIがなんか凄い。本当にそこらへんにいそうな子を捕まえて来たような感じ。表情、仕草、野生感がすごいのよ。この子のオーラと釣り合っていたのが菅田将暉と太賀。三者三様の闇って感じで引き込まれる。

始まってすぐ、残りの映像が不安になりました。とにかく嫌悪感しかなかった。普通に生きてきた人間には理解できない世界がそこにある。バイオレンスシーンが苦手な人は要注意。目を塞ぎたくなるシーンが多く衝撃を受けました。

菅田将暉の役がクズ過ぎて良い。この作品は理解するのが難しい。何かを感じろと言われているような映画だった。

映画というより、密着ドキュメンタリーみたいな雰囲気だった。目を覆いたい気持ちになるけど、こういう作品をあえて作る監督の感性は好き。

あらすじ

主人公のタロウ(YOSHI)には名前がなく、思春期のその少年は戸籍すらなくて学校に一度も通ったことがありません。そんな彼にエージ(菅田将暉)スギオ(仲野太賀)という高校生の仲間ができます。

それぞれに悩みがあるエージとスギオは、タロウと一緒にいるときはなぜか心が安らぎます。3人はあてどなく走り回り、遊び、その奔放な日々に心が解き放たれ自由を感じていましたが、ある日、偶然一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた過酷な現実と向き合うことになります。

やがて死の影と絶望がエージとスギオの身も心もボロボロにしていきます。それぞれが疲弊していくなか、“好き”という意味さえ知らなかった誰にも愛されたことのないタロウの心に未知なる感情が芽生え始めます。そして「社会的弱者の排除」、「育児放棄」、「反社会勢力の存在」に少年たちは苦しみ追いつめられて行きます。

見どころ

主演のYOSHI

YOSHIは、13歳にしてルイ・ヴィトンのディレクター・ヴァージル・アブローに独自のファッションセンスを賞賛され、ファッション業界で一躍有名になった人物で、その後も有名ブランドのモデルやショーへ出演し、活躍の幅を広げてきました。

YOSHIが主演に選ばれたキッカケは、大森監督が15、14歳くらいの大人でも子どもでもない、どこにも所属していない価値観をタロウ役に求め、オーディションをしましたが、なかなか思うような子に出会えなかった時、WWDジャパンのYOSHIの記事を見て、会ってみたいと思い連絡しました。YOSHIは、変に社会化されていなくて、自由でパワーがあって、まさにタロウがそこにいると感じたそうです。

大森監督が驚いたのが、YOSHIのリズム感。拳銃を持った瞬間、叫びながら一回転するYOSHIを見て、踊るように芝居する、この勢いがなくなったら全てが終わりだなと思い、YOSHIを受け止めて撮影していて、そんな、YOSHIの芝居は見どころです。

スタッフ

監督・脚本・編集:大森 立嗣
音楽:大友 良英

キャスト

タロウ:YOSHI
戸籍がなく名もない少年。母親は“よしずみ”と呼ぶ。一度も学校に通ったことがない。

エージ:菅田 将暉
柔道で挫折し、行き場のない悩みを抱え自暴自棄になり、暴力に走ってしまう高校生。

スギオ:仲野 太賀
エージと同級生。理性的で臆病だが危うさがある。洋子に想いを寄せている。

吉岡:奥野 瑛太
タロウ達と対峙する半グレ集団のリーダー。

恵子:豊田 エリー
タロウの母親。育児放棄している。

洋子:植田 紗々
エージ、スギオと同じ高校に通うピアノが得意な女子高生。援助交際を繰り返す。

藍子:角谷 藍子
タロウが知り合う少女。歌が得意。

勇生:門矢 勇生
藍子とカップルの少年。ダンスが得意。

【半グレ吉岡集団】
矢口:荒巻 全紀
井上:ACE
金田:葵 揚
吉岡と行動を共にしている。

鳥のようなおじさん:水澤 紳吾
タロウが街中で出会うおじさん。

柔道部の先生:池内 万作
顧問の立場を利用してパワハラする。

健:伊達 諒
エージが慕っている実兄。吉岡と面識がある。

ラブホテルの男:中島 朋人
洋子と関係を持つ男性。

自転車に乗った女:大谷 麻衣
被害に合う女性。

スギオの父親:水上 竜士
息子を案じて関係を断とうとする。

公園のおばさん:小林 千里
タロウに話しかけられる主婦。

拘置所に拝んでいる女:播田 美保
橋の上でタロウと出会う。

柔道部の男:原沢 侑高
威圧的なエージの先輩。

サラリーマン:伊藤 佳範
襲われる男性。

白塗りの役者のリーダー:村松 卓矢
タロウ、エージ、スギオたちに問いかける。

白塗りの役者たち:大駱 駝艦

小田:國村 隼
吉岡とともに裏ビジネスを生業とする。元極道。

 

『タロウのバカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

タロウのバカ(映画)の感想

30代女性
30代女性

若者という呼びかたがふさわしいかは分からないけど、まだ大人と言いきれない、しかしもうすでに子供ではない少年たちの、葛藤や、自由への渇望や、いびつな友情、恋愛への憧れ。気恥ずかしいほど純情な面と、相反する暴力性、そこにつけこむいわゆる大人たちとの諍い。交錯する人生を描きます。目新しいテーマとは言いがたいけれど、若者たちの悲しさや、押さえきれない衝動を、本作の役者たちがうまく作り上げたなという印象の作品です。モデル兼アーティスト、そのファッションセンスは世界的セレブの折り紙つき、という謎の触れ込み、YOSHIが主演に抜擢され、かつ好演をみせていました。菅田将暉と仲野太賀という、若手のライジングスターも良かったです。豊田エリーってかわいいですね。こういうやさぐれた疲弊した役も似合うんだなあと思いました。奔放な生活で、自由を手にいれたと思っていた若者たちは、やがて拳銃を手に入れてしまい、その歯車が急速にまわりはじめます。こどものネグレクト、犯罪など、さまざま暴力に満ちたシーンが描かれていて、R-15指定は仕方ないかなと思われます。こんな若者たちは現実にもきっといる、そしていったいどこに行くのだろう?という、もやもやとしたやるせなさの残る作品です。

 

30代女性
30代女性

名前も戸籍も、学校にすら通ったことのないタロウが他人とコミュニケーションを取るということはどういうことなのか、深く考えさせられるところが一番の見どころです。エージとスギオがタロウと友人関係を気づく過程は普段自分たちが友人づくりに苦労する「当たり前」な理由を含みつつ、「タロウ」だろうが「自分」だろうが、そういう人間関係の築き方が大切なんだよな、と実感するシーンがとても多くありました。今の日本でもこんなことって起こり得るの?と思いつつも、なんとなく、ないことはないような現実味のあるようなないような内容がまた興味をそそります。何気ないシンプルな題名「タロウのバカ」と聞くと、最初はたんなるおちゃらけ映画かと思ってしまうのを、鑑賞しているうちに、人間関係、生活環境など、シーンを追う毎に、徐々になんて深い題名なんだと感じられそこにもまた魅力を感じる作品です。注目俳優の菅田将暉さんと共演のモデル出身YOSHIさんもモデルとしてだけではなく、ありのままの演技が評価されたまさに一見の価値ありという作品に仕上がっています。異例な配役とも言われた映画ですがその分各俳優陣が個性的な面々を見せており、そういった点でもオススメな作品です。

 

40代女性
40代女性

救いようのないお話で、観ていて辛いです。どんなに苦しくてもハッピーエンドで終わるならいい、でも絶望的な最後なのです。ただこれが現実、豊かな国のはずの日本で必ずこういう子供たちはいることでしょう。それが当たり前となっている以上はそこから這い上がってくるのは難しいです。むしろ落ちていく一方で、周りにいるのも積となってくれるようなことは無い大人たちなのです。彼らがいなくなった時にこそ本当の平和で豊かな世界が出来上がったと言えるはずですが、無理だと思います。タロウを演じた俳優さんがすごい、本当にこういう境遇の子を探して連れてきたのではと思うほどリアルなのです。彼がいたからこそタロウは実写として生まれたと思います。強烈なる代表作と言えるでしょう。そして菅田将暉くん、いつまでも高校生役が似合い過ぎます。彼もまた若さとかっこよさだけで売るのではなく優れた役者さんだと思いますが、今回はタロウに押されていました。タロウにとって人を好きになるということの意味は分からないのでしょう。親があんなだから当然、でも友達の死を感じて悲しいという感情を手に入れただけでも大きな進化です。今後少しでもいいから幸せが訪れてほしいと思います。

30代男性
30代男性

正直、見ていてあまり良い気持ちはしない映画でした。主人公のタロウは、母親から名前もつけてもらえない、いわゆるネグレクトの状態で育った少年で、戸籍がなくて生まれてから一度も学校に行ったこともない無教育児です。そんなタロウが、それぞれに深刻な悩みを抱えている同世代のエージ、スギオという2人の少年と出会い、3人で友情を育みます。ここまでの展開だと、青春ストーリーが始まりそうなものですが、社会から顧みられない彼らを取り巻くのは剥き出しの暴力やセックスであり、次第に犯罪行為に手を染めざるを得なくなってゆきます。絶望的であり、まるで現代日本社会が抱えている闇の部分を見せつけられたみたいで、ドキュメンタリー作品のようにすら感じてしまいました。見たくはないけど正視しなければならない、そんなことを強く考えさせられる作品です。またこの映画で非常に驚かされたのは、主人公タロウを演じた主演のYOSHIという俳優さん。まだ10代の若さながら、本能や衝動で動く野生児のように育ったタロウを見事に演じ切っています。これほどの存在感を見せつけられるとは、本当に将来が楽しみな役者さんですね。それ以外の俳優さんたちもはまり役で、キャスティングにも大成功した映画と言えそうです。

50代男性
50代男性

主人公のタロウ(YOSHI)、高校の柔道部で怪我をして続けられなくなったエージ(菅田将暉)、そしてスギオ(仲野太賀)の3人を中心に描いた映画です。主人公のタロウは一度も学校に行ったことがなく、ほかの二人も高校で居場所がなく、それぞれ家庭でも居場所がありません。これまでのこのような映画の場合、つるんで遊んだり、何か目的をもって行動するところが描かれますが、この映画では反社会的なグループのお金を狙って襲撃したりと、日常的なところで犯罪も絡んできます。本人たちは普通に凶器を使い行動しますので、見ているほうは不安や恐怖を掻き立てられます。親も教師も3人には関心を持たず、エージの柔道部時代の仲間も部活を辞めたので冷たく接します。タロウの母親も子供に関心を持たず、タロウの背丈にあった服さえ与えないので、タロウは母親のシャツを着ていたりします。エージ役菅田将暉さんは、CMなどでも売れっ子ですが、このような役を引き受けたのは、現代の居場所のない若者たちに関して、いろいろな問題意識を持っていたのでしょう。監督の大森立嗣さんは、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(‘10年)で、施設で育った青年たちを中心にした映画を作りましたが、今回は親がいたり学校に行っていたりしても社会に居場所のない若者たちの映画にしています。

30代女性
30代女性

正直目を逸らしたくなるようなシーンがたくさんありました。しかし映画の向こう側から監督に目を逸らさずに見て欲しいというメッセージを突きつけられているような気がして最後まで目を逸らさずに鑑賞しました。主役のタロウを演じていたYOSHIさんはこの映画が初出演だったようですが、自然体すぎて怖いくらいでした。細身の体が痛々しくこの役にぴったりだったと思います。タロウと連むエージとスギオを演じていた菅田将暉さんと太賀さんはさすがでした。特に太賀さんは感情の表現も難しそうな役でしたが、切ない表情がとても印象的で映画の中で一番心に残った人物でした。タロウとエージとスギオの3人がバカをやる青春おしゃれムービーだと思ったら大間違いです。かなりの覚悟を持って観るべき深い映画だと思います。観終わった後はやりきれない気持ちになりました。いま現在もここまでの環境ではないにしても、気持ちのやり場を無くしてバカをやろうとしている人がいるのかもしれないと思うと胸が苦しくなります。タロウがダウン症の少女を抱きしめるシーンがとても悲しくて涙が出ました。社会の闇を観る人に刺激的に突きつける監督と役者たちの熱気を感じる映画でした。

 

まとめ

『タロウのバカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました