探偵はBARにいる3(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『探偵はBARにいる3』予告編

探偵はBARにいる3(映画)の動画フルを安全に見る方法

『探偵はBARにいる3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『探偵はBARにいる3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

探偵はBARにいる3(映画)の内容

映画『探偵はBARにいる3』は、2017年12月に公開されました。

本作は、2011年の「探偵はBARにいる」、2013年の「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」に続くシリーズ第3弾。2013年の第2弾公開中に、第3作制作が決定するという人気ぶりです。

前作までの橋本一監督から交代し、本作では、2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」の演出を手掛けた吉田照幸さんが監督を務め、脚本は前作までと同様に、古沢良太さんが担当しました。

シリーズお馴染みの探偵&相棒コンビ、大泉洋さんと松田龍平さんの笑える絶妙なやりとりはそのままに、男同士の友情と美女をめぐる切ない人間ドラマが展開し、深い余韻を残す結末となっています。

共演には、北川景子さん、前田敦子さん、志尊淳さん、リリー・フランキーさんなど新メンバーのほか、田口トモロヲさん、マギーさん、安藤玉恵さん、篠井英介さん、松重豊さんなどシリーズには欠かせないキャラクターを演じる俳優陣も勢揃いしています。

 

東映の相棒、仮面ライダーなどと並ぶシリーズもの。今回から監督交代。テイストは引き継いでいるけれど、ハードボイルドさが少し薄れて、笑い要素が増えたのかなと思った。

アクションシーンが痛快!北川景子が本当に美しい!

前2作より、アクションシーンのリアリティが向上してる。スロー再生やカメラワーク、音響効果などにより重量感が増してる。テレビでの演出のキャリアが長い吉田照幸監督だけあって、テンポの良いドラマ運びはさすが。

切なさと脱力のラストなど、記憶に残るシーンもたくさんある。もちろん、冬の海でパンツ一丁になった大泉洋の熱演も最高!

大泉洋と松田龍平とのバディ感、ヤクザの松重豊との掛け合いが良い。松田龍平も松重豊も、大泉洋の無茶苦茶に呆れつつ、ちゃんとサポートとしてくれるので、そういう信頼関係の厚さも魅力のひとつ。

前田敦子のキャラクターも良かった。あの悪びれ無さと、小悪魔的な振る舞いは演技・演出の賜物だろう。

あらすじ

相棒・高田(松田龍平)の後輩・原田誠(前原滉)から、恋人・諏訪麗子(前田敦子)の行方を探してほしいという依頼を受けた探偵(大泉洋)

早速、麗子の家を捜索した探偵たちは、麗子がモデル派遣事務所という名の新手の風俗“ピュアハート”で働いていたことを突き止めへ潜入。トイレに行くふりをして店内を捜索していた探偵の前に、ピュアハートのオーナー・岬マリ(北川景子)が現われます。

ピュアハートのバックには、北城グループという北城仁也(リリー・フランキー)が社長を務める企業があり、さらに北城グループのバックには、ススキノに進出しようとしている関西系の暴力団・花岡組の存在があります。

探偵は北城グループの椿秀雄(坂田聡)が殺害され、運転していたトラックから毛ガニが盗まれたというニュースを新聞で知ります。新聞記者の松尾(田口トモロヲ)によると、椿は昔から北城の右腕だった男だったそうで、麗子と思しき女子大生と一緒にいたという目撃情報も。

北城の右腕を務めるほどの男が毛ガニの運び屋をするとは思えない。毛ガニの中には覚醒剤が隠されていたのではないかと探偵は疑い始めます。

探偵は、数年前、風俗嬢のモンロー(鈴木砂羽)に頼まれ、マリを助けたことを思い出し、モンローの元へ行き、マリのことを聞きます。

見どころ

変らぬコンビ

本作も変らぬ大泉洋さん扮する探偵と松田龍平さん扮する助手の高田の名コンビは見どころです。

今回は、高田の後輩からの依頼ということもあって、超マイペースな高田も、前作の「とりあえず戦えばいいんでしょ?」みたいなやる気の無さではなく、少し頑張っている姿が見られます。

一方、大泉洋さん恒例のサウナシーンは、本作にもあり、毎作同様、身体を作って挑もうとしたようですが、身体を鍛える段階でケガをしたということで、自分の老いを感じた大泉さんは、身体を作れないことから、”探偵の老い”をフィルムに焼き付けたそうです。

北川景子の美しさ

本作のヒロインは北川景子さん。色白の北川景子さんの美しさが真っ白な雪の中でさらに映えています。しかも様々な表情も見られ、美しい姿はもちろん、アクションや殴られる姿や、リリー・フランキーさんに髪を掴まれて投げられるという、体を張ったヒロインは見物です。

大泉洋さん曰く、殴られ方がなんでそんなに上手なの?と北川さんに思わず聞いちゃったくらい殴られ方が上手いようです。

日ハム

北海道日本ハムファイターズの監督である栗山英樹監督も本人役で出演しています。栗山監督は自身のトークショーが襲撃されるシーンに登場し、パニックとなった群衆とともに逃げ惑うという役どころ。

現役プロ野球監督のアドリブを交えた軽快な演技が見られます。

スタッフ

原作:東 直己「ススキノ探偵」シリーズ
監督:吉田 照幸
脚本:古沢 良太
企画プロデュース:須藤 泰司
音楽:池 頼広
主題歌:はちみつぱい「大寒町」
挿入歌:はちみつぱい「大道芸人」

キャスト

俺(探偵):大泉 洋
職業は「探偵」。ススキノの仲間たちからは「探偵」、「旦那」と呼ばれる。

高田:松田 龍平
探偵の相棒兼運転手。北大農学部の助手。

岬 マリ:北川 景子
モデル事務所ピュアハートのオーナー。

諏訪 麗子:前田 敦子
原田の彼女。

松尾 – 田口 トモロヲ
探偵の飲み友達で、北海道日報の新聞記者。

波留:志尊 淳
北城の部下。高田を圧倒する程の実力を持っている。

原田 誠:前原 滉
北大生で高田の後輩。

工藤 啓吉:斎藤 歩
北城の部下。岬マリと共に行動する。

椿 秀雄:坂田 聡
北城の右腕。

源ちゃんの舎弟:金子 大地

アルバイト店員:藤原 季節、小西 麻里菜

篠原 里美:横山 芽生
難病に苦しむ少女。

篠原 尚美:田山 由起
里美の母親。

モンローの夫:笠 兼三

聖子ちゃん:小島 達子
昔モンローと仲の良かったSM嬢。

大学教授:松本 直人

マリ似の女:利水 翔

バーテンダー:本間 一慶

モンデの客:オクラホマ、東 直己

源ちゃん:マギー
ソープランド・英雄好色の客引き。

峰子:安藤 玉恵
喫茶モンデの看板娘。激しめの露出で探偵を誘惑する。

ブッチョ:土平 ドンペイ
桐原組の構成員で相田の子分。

大畑:桝田 徳寿
探偵行きつけのバー「KELLER OHATA」のマスター。

北城の部下:天山 広吉

栗山 英樹:本人(北海道日本ハムファイターズ監督)

秋元 克広:本人(札幌市長)

ヤンヤン:今村 美乃
中国人の女性。

アカネママ:高橋 美津子

ホステス:小川 あゆ美

トークイベント司会者:油矢 紗也香

フローラ:篠井 英介
ゲイバーのママ。本名は靖太郎。

教頭先生:正名 僕蔵
ススキノの店を知り尽くす風俗王。

事務所マネージャー:野間口 徹
モデル事務所ピュアハートのマネージャー。

桐原組組長:片桐 竜次
札幌の老舗のヤクザ桐原組の組長。

モンロー:鈴木 砂羽
かつてススキノの女王と呼ばれた元娼婦。

相田:松重 豊
桐原組の若頭。探偵とは腐れ縁。

北城 仁也:リリー・フランキー
札幌経済界のホープと称される北城グループの社長。

 

『探偵はBARにいる3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

探偵はBARにいる3(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

大泉洋さん主演、北海道が舞台の探偵シリーズ3作目です。ヒロインは北川景子さん。先のシリーズとはまた形は違いますが、切なく悲しい真相に向かう物語です。北海道の景色もこれまでとは違う場所を見ることが出来ます。広い雪原での事件もありますし、スキージャンプ台や、漁船に裸で張り付けられている大泉さんもいます。サッポロファクトリーは、日本ハムのイベントがあり、大勢の人が集まる見応えあるシーンでした。1作目から出演している安藤玉恵さんと松重豊さん。この作品でも見れてうれしかったです。安藤さんは探偵がたまに立ち寄る喫茶店のウェイトレスです。胸元やお尻を強調したセクシーな服装で探偵を誘惑しています。勝手なイメージですが、ロシア系の雰囲気があって、これも北海道っぽいなぁと思っています。この喫茶店のナポリタンはまずいと探偵は言っていますが、それでもこの喫茶店へ来るのか、と思いながら見ています。松重豊さんはお顔のイメージそのままの暴力団の人です。サウナで探偵と色んな話をします。相棒の高田が、ニュージーランドへ研究に行くかもしれないという話が出ます。続編がもしかすると見れないのかもしれない、という心配はラストまで持ち続けることになります。

50代女性
50代女性

札幌すすきのを舞台に、大泉洋演じる探偵と、松田龍平演じる助手・高田が、事件に挑むシリーズの第3作。本作では、高田の後輩の恋人を捜す依頼を受ける探偵が、調査を進めるうち、札幌裏社会を牛耳る北城グループの殺人事件へと巻き込まれていくストーリー。北城に追われながらも、北城の愛人マリとともに真相を暴いていくこととなります。シリーズ3作目となり、おなじみのキャラクターたちの安定した面白さです。キャラクターがそれぞれ個性的で、キャストと見事に合っているところが、シリーズとなった要因のひとつでしょう。結構ジタバタする探偵と、常に飄々としている高田、2人の掛け合いも絶妙。アクションシーンが、シリーズ通して、しっかり本格的なのも魅力です。前2作に比べてハードな描写がやや少なめですが、見せ方も凝っていて、楽しめるシーンになっています。ストーリーも、前作の続きではなく独立した物語になっているので、前2作を見ていなくても分かります。今回のキャストでは、北城の愛人マリ役の北川景子がとにかく美しい。彼女くらい美しくなければできない役どころでしょう。切ないドラマを背負い、脆さと強さを表現しています。北城を演じたリリー・フランキーの狂気じみた悪人感も見事。冬の札幌の雰囲気や、雪の北海道の美しい景色を楽しめるのも魅力のひとつです。

 

30代男性
30代男性

個人的に札幌出身なので、同シリーズはすべて見るようにしています。ススキノの町で躍動する洋ちゃんと松田龍平良かったなー。実は二人で酒を飲みに行ったり飯を食いに行ったりするシーンにとても注目しています。今度札幌行ったときにはあの店いってみよう、とか、あの店いったことある!!すげー!!とか。映画の内容ですが、前回のヒロイン尾野真千子に引き続き、北川景子、綺麗かったー!雪のススキノに映える美女っぷりで釘付けでした。ピンチとチャンス、ピンチとチャンスの繰り返しで胸はどきどき、ところどころで間の抜けたような洋ちゃんのすっとぼけた演技で笑わせてもらい、松田龍平のぬーっとした気の抜けた中にも突然きらりと眼光が光る演技で興奮し、見終わった後は猛スピードで駆け抜けたような爽快感と、ちょっとせつない感動が残ります。ただのおとぼけ喜劇ではない、ただのアクションではない、ただの推理物ではない、町の魅力と人の魅力が組み合わさった、2度も3度も楽しめる極上の映画だと思います。もし札幌にいったことがある人なら、あ、あの立ち回りは南〇丁目の西〇丁目ではないか?なんていう楽しみ方もできると思うので、映画ファンの方はぜひ札幌にもいってみるといいと思います。

 

40代女性
40代女性

ススキノという退廃的な街を舞台に繰り広げられるハードボイルド作品。というか懐かしハードボイルド映画をわざわざやってます映画です。そこの微妙な空気感を楽しむ映画ですね。主人公の探偵の相棒高田君は松田優作さんのご長男松田龍平さんというのも、あ!そこ狙います?です。「探偵はBARにいる」も3作目、今回のヒロインは北川景子さんです。これがお美しいこと。表向きはモデル事務所しかし実態は…な会社のオーナーのマリ役ですが、オーナーの顔も、オーナー前の顔も、最後探偵に向ける笑顔もお美しすぎです。探偵が初めてヒロインに落ちちゃうのもわかりますね。探偵ものとしては今回ストーリーが若干粗い感じはしましたが、個人的には2度観てほしい。なぜこんな事件を起こしたのか結末を知ってから観ると、マリの悲しみ切なさが胸に響きます。探偵大泉さんのつぶやきも切ない。全編通して探偵が過去形で語るナレーションで物語が進んでいきますが、そのナレーションが素敵です。大泉さんは立ち姿も素敵ですが、声もいいですね。このナレーション進行もハードボイルドものの定番。主人公の声が良いのも必須です。もちろん今回も大泉さん体張ってます。極寒の海、漁船に括り付けられてますから。いつも強い高田君も健在ですが、今回はめっぽう強いハルという敵が現れます。でも最後は勝ちます。卑怯な勝ち方ですが、そこがこの映画のいいとこ。あ!エンドロールが終わるまで観ないとダメですよ。

20代男性
20代男性

このナンバリングに限ったことではなく、「探偵はBARにいる」シリーズは、冬の札幌に非常に魅力を感じさせてくれると同時に、映画を見終わった後はまるで自分がすすきのの街に行ってきたかのような気分にさせてくれます。大泉洋の大人の哀愁漂う演技も、普段バラエティなどで拝見する姿からは結び付かないかっこよさがあります。相棒役の松田龍平との掛け合いも健在で、クスッと笑えるシーンも多々ありますが、どこかハードボイルドを連想させ、劇中に流れているジャズのBGMがマッチしています。毎回ヒロイン役には豪華な女優が抜擢されているが、今回の3作目のヒロインは北川景子が起用されました。個人的に3作の中でも今回のヒロインの悲しい涙を誘う演技が一番心を動かされ、感動しました。また今作の悪役であるリリーフランキーの演技には絶妙に狂気感が伝わってきます。今回の3作目が大きく変わった点といえば、1・2の監督を務めた橋本一監督から、吉田照幸監督に変更した点です。個人的には前作までよりも初めから最後まで非常にテンポ良く、見やすくなったという印象でした。その分重い雰囲気が少しなくなったので、そこに魅力を感じていた方には物足りない部分もあるかと思います。全体的には前作を見ていなくても飽きずに最後まで楽しめ、札幌の街の魅力に引き込まれる映画だと思います。次回作も非常に楽しみなシリーズです。

30代女性
30代女性

新しい監督を迎えた3作品目、同じキャストからまるで違う作品に出来上がっていてビックリしました。前は、エロティックなシーンが多く、人間の欲望や暴力シーン満載でした。それにより、昔の昭和のレトロ感や夜のススキノを強く感じるものでした。今回は前より現代風に感じます。独特のクセもなく前回のようなバトルとエッチなシーンも少ないですが、俳優人の演技から昭和の雰囲気を感じことはできました。女性の私としては、とても見易く好印象でした。監督が違うという点で、前作と見比べるのも楽しさの一つに繋がると思います。高田の後輩の彼女探しから、変な事件に巻き込まれた探偵。しょっぱなから高田より強い敵の登場に、『この人、強いから無理』という、闘志を燃やさず降参する高田の潔さが清々しかったです。やばい話には突っ込まないがススキノの暗黙のルールなのに、やっぱり探偵はぐいぐい危険な方へさらに突っ込んでいきます。気づけば、冬の北海道で漁船でパンツ一丁にされているおもしろ映像に笑いました。敵でないはずの腐れ縁の若頭からのお仕置きシリーズは今回もまたド派手でした。今回のヒロインは北川景子のマリです。彼女の魅惑な演技というか、もう見た目が綺麗すぎて言葉が出ません。探偵は、もちろんこのヒロインに振り回されます。何を考えているかわからないマリの裏に悲しい過去のある事件でした。しっかりオチもあり是非最後まで観てほしい作品に仕上がってます。

40代女性
40代女性

まずはとってもおもしろかった!というのが最初の感想です。今回のゲストは北川景子で、あまり好きな女優ではなかったけれど、今回の作品でちょっと見方が変わりました。キレてるシーンでの迫力がすごかったです。複雑な事情があって、結局自分の子どもに良いことはしてあげられず、良いことをしようとした相手には慄かれるという悲しい女性でしたが、彼女の美しさがその悲しさを際立たせたと思います。また、探偵の彼女に対する気持ちのあたたかさには泣けました。それと、志尊淳がアクションを披露するというのも尊い。悪者役があんなに上手だと思いませんでした。狂人をやらせてもよさそう、とまた見方が変わりましたし、松田龍平演じる高田がいつもよりもやる気出してる感もよかったです。終盤の松田龍平と志尊淳の戦闘シーンは必見です。高田らしい反撃方法には大爆笑でした。あとは、レギュラー陣がもれなく登場していたのが嬉しかったです。松重豊さんが何も食べない映像を観たのは久しぶりで、なんだか新鮮でした。探偵の愉快な仲間であるオカマさん達もちゃんと出てきたし、キレのある演技には大変満足しました。それと、何と言ってもエンドロール後の映像がとっても良くて、またこの2人が観たいなと思いました。

 

まとめ

『探偵はBARにいる3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました