種まく旅人 くにうみの郷(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「種まく旅人 くにうみの郷」予告編(60秒)

種まく旅人 くにうみの郷(映画)の動画フルを安全に見る方法

『種まく旅人 ~くにうみの郷~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『種まく旅人 ~くにうみの郷~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

種まく旅人 くにうみの郷(映画)の内容

映画『種まく旅人 ~くにうみの郷~』は、『種まく旅人』シリーズ第2弾として、2015年5月に公開されました。

監督は、2018年公開「花戦さ」で第41回日本アカデミー賞優秀監督賞を授賞した篠原哲雄さんが務めました。

物語は、淡路島を舞台に人と自然の再生を描いた人間ドラマとなっており、主演を栗山千明さん、彼女と知り合った桐谷健太さん、三浦貴大さんが初の兄弟役を演じました。他に、谷村美月さん、音月桂さん、根岸季衣さん、山口いづみさん、永島敏行さん、豊原功補さんと豪華俳優陣が脇を固めております。

主人公の心の変化や背景など、映画というより、まるでどこかの街の実話を再現映像にしました。といった感じで、凄くリアリティのある作品だと思いました。これからは意識して、日本で作られたものを買い、消費することで貢献していきたいです。

淡路島の素敵な山と海の暮らしを中心に描かれており、また頑張ろう!という気持ちで見終えることができました!

脚本が良いので主題が良く伝わってきましたし、役者さん全員の演技が見事。特に栗山千明さんはキルビルに出てたころの印象が強かったですが、こういった役柄にピッタリ当てはまっていて驚きました。

この作品を通じて『海苔の作りかた』と『かいぼり』を知ることが出来ました。伝統というのは素晴らしいものなんだと再認識させてもらいました。

あらすじ

舞台は、国生みの郷・淡路島。アメリカから帰国したばかりの農林水産省官僚・恵子(栗山千明)は、霞が関で政策づくりに携われると思っていた矢先、上司から「日本の第一産業をもっと知らなければダメだ!」と言われ、地域調査官として淡路島に赴任してきました。

若い女性官僚に戸惑う市役所の職員たちは戸惑いながらも恵子のことを受け入れました。恵子はリサーチを進めていく中で、兄でタマネギ農家を受け継いだ四代目・岳志(桐谷健太)と、弟で海苔の養殖をする漁業者・渉(三浦貴大)と出会います。

彼らは父の死から、口も聞かないほどの確執が生じてしまっておりました。恵子は二人との出会いをきっかけに、畑と海の双方にメリットがある淡路島の伝統行事「かいぼり」の存在を知り、今こそ復活させるべきだと直感し、この兄弟の協力を得るなど、前途多難なスタートを切りました。

見どころ

かいぼりとは

ため池の水を抜いて、溜った腐葉土などを流し出す維持管理作業のことを『かいぼり』と言います。兵庫県は、ため池の数が日本で一番多く、本作の舞台となっている淡路島だけで約23,000ヵ所もあります。

放置を続けると土砂などがたまり貯水量が低下するだけでなく、決壊の恐れも出てくるため、農家の方々が定期的にかいぼりを行わなければいけません。しかし、昨今の農業者高齢化に伴い、このかいぼりが行われない池が増加している事実があります。

かたや、海ではここ十数年の間にリンや窒素などの栄養塩不足が原因で、海苔の色落ちが深刻な問題となっております。かいぼりが行われた際に、海に流されてくる腐葉土はこれらの栄養素をたくさん含んでいる為、かいぼりの重要性がクローズアップされるようになりました。

昔からやられていた行事が、いかに大切かを教えてくれる作品となっております。

スタッフ

監督:篠原哲雄
脚本:江良至 / 山室有紀子
音楽:松永貴志
主題歌:にこいち「今日も風が吹く」

キャスト

神野恵子:栗山千明
農林水産省の地域調査官。日本の第一次産業の現状を知るため、淡路島への赴任を命じられる。

豊島岳志:桐谷健太
タマネギ農家の四代目。東京の広告会社にいたものの、父の急死をきっかけに跡を継いだ。

豊島渉:三浦貴大
岳志の弟で、家を飛び出し海苔の養殖業に転身したことがきっかけで兄弟間で口をきかなくなった。

桜井麻衣:谷村美月
桜井の娘で渉と結婚を前提に付き合っている。

桜井:重松収
漁業組合長で海苔の養殖場を営んでいる。

大島ハル:音月桂
地元の農水産物を使った創作料理店を営んでいる。

豊島志津子:根岸季衣
岳志と渉の母親。

尾形部長:山口いづみ
農水産部の部長。

太田忠志:永島敏行
恵子へ淡路島の赴任を命じた農林水産省の次官。

津守泰一:豊原功補
淡路島市役所のベテラン職員。

その他:日野陽仁 / 佐渡山順久 / 及川規久子 / 池田良 / 内藤章 / 金ヶ谷悦子

『種まく旅人 ~くにうみの郷~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

種まく旅人 くにうみの郷(映画)の感想

30代女性
30代女性

作品のキーポイントとなる、海苔作りの漁業、玉ねぎ作りの農業、どちらの風景もわかりやすく描写されていて、普段はなかなかみることのできない仕事をみれたのでとても興味深かったです。主人公の恵子の、物怖じせず思ったことをズケズケ聞いてしまう性格に、島の一部の人にも市役所の人にも疎まれているのが、彼らの表情からわかってなんだか寂しい気持ちになりましたが、それでもめげずに自ら身体を張って、島のために前向きに調査する恵子のブレない行動力や正義感には心うたれるものがありました。最初こそ疎まれているものの、段々と恵子の一生懸命さに周りも心動かされ、恵子への見方がいい方へと変わっていくことが物語の流れでわかってきて、気持ちがよかったです。また、父の死をきっかけに仲違いしていた岳志と渉の兄弟が、かい掘りをきっかけに元の仲良しに戻るまでの様子が、彼ら二人の表情によく表れていて、二人のわだかまりが溶けて本当によかったなと、母親のような気持ちで観入ってしまいました。さらに、作品ラストから恵子がさらなる活躍をみせてくれそうで、ますます期待が高まりました。淡路島に興味のある方、農業や漁業にも興味のある方、また、行動力溢れる主人公に元気をもらいたい方に是非観てもらいたいような作品です。

30代男性
30代男性

故郷に近しい場所である淡路島の映画とあって、「これは見ないわけにもいかない」と思い劇場に足を運びました。基本的には地域活性、第一次産業の課題に関する教科書的な物語。誤解を恐れずに言えば、文部省推薦って感じはありますね。特に悪い意味ではないですが、なんかこう、自治体への配慮が節々に感じられるというか。ただ、それ自体がいけないわけでもなく、描かれている主題はその通りだし、そのリアルに触れていない人からすると、これはとても社会に必要な映画であると言えます。教科書的ということは、それはある意味で、学校教育で教える価値があるほどの事実がここには描かれているということ。この映画を知らずして、日本の第一次産業を語ることなかれ、なんて言ってもいいかもしれませんね。こういってしまうと、勉強的に見る作品なのかなと思ってしまうかもしれませんが、ちゃんとストーリーは飽きさせない工夫もされていますし、自然の風景を主とした映像も美しく、長さを感じることなくスムーズに見れる作品に仕上がっていると思います。闇を深くえぐりだすって感じではなく、そこにはちゃんと救いのある展開になっているので、重たい気持ちにならずに鑑賞できます。読後感はむしろ爽やかです。ちなみに、淡路島特産のタマネギは本当に美味しいのでいろんな人に知ってほしいですね。

 

まとめ

『種まく旅人 ~くにうみの郷~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました