民王(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

民王(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『民王』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『民王』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

民王(ドラマ)の内容

ドラマ『民王』は、2015年7~9月にテレビ朝日にて放送されていました。

総理大臣とおバカな息子(大学生)の心と体がある日突然入れ替わってしまい、周囲の人々と協力しながら総理としての任務を果たしていくコメディドラマです。

直木賞、江戸川乱歩賞などの受賞歴がある人気小説家、池井戸潤さんの同名小説が原作となっています。

池井戸潤さんの作品といえば、堺雅人さん主演の『半沢直樹』や、阿部寛さん主演『下町ロケット』、嵐の相葉雅紀さん主演『ようこそ、わが家へ』など多くの作品が実写ドラマ化されヒットを連続しています。本作品『民王』も、深夜帯の放送でありながらも多くの反響を呼び、ドラマレビューサイト等でも非常に高評価となっています。

遠藤憲一と菅田将暉の演技が秀逸でめちゃくちゃ面白い!毎回笑いながら見ていました。

俳優陣の演技力の高さを実感した!池井戸潤さん原作のドラマが好きでこの作品も観てみたけど、半沢直樹や下町ロケットなどとは全然違った雰囲気のコメディ調で面白かった。

テンポが良くて最後まで全く飽きずに見られた。政治がテーマなのに重くないし年代問わず楽しめる作品だと思います。感動的なシーンもあってそれがまたすごく良かった!

菅田将暉さん目当てで見始めましたが、遠藤憲一さん、高橋一生さんなど豪華俳優さんたちの演技が面白くて、そしてなによりもストーリーが面白すぎてハマってしまいました。父と息子の入れ替わりって意外とないのでそれもまた少し新鮮だった。また見返したい作品です!

ドラマの口コミサイトで高評価を獲得している人気作品なだけに、絶賛するコメントが非常に多くみられました。池井戸潤さん作品と言えば半沢直樹や下町ロケットなどが印象的ですが、本作品は深夜帯ならではのコメディ要素たっぷりの作品となっています。

あらすじ

政権の支持率が歴史に残る低迷を続け、どん底の危機に直面する中で総裁選に立候補した武藤泰山(遠藤憲一)。政権のドン・城山(西田敏行)の力もあって見事総理大臣へと就任を果たした泰山でしたが、ある日突然息子の翔(菅田将暉)と体が入れ替わってしまいます。周囲の混乱を避けるべく、入れ替わった状態のままそれぞれの生活をこなしていかなくてはなりません。今までろくに勉強をしてこなかった翔は、政治の知識はおろか漢字もまともに読めず、総理大臣として失態を晒してしまいます。そんなことから、世間からは武藤総理ならぬ「ムノー総理」呼ばわりされてしまうことに…

見どころ

菅田将暉・遠藤憲一の入れ替わり演技

菅田将暉さん演じる翔は、美容やネイルアートなどに詳しい女子力の高い男の子です。また、気が弱く大人しい性格で、ふにゃふにゃと柔らかい口調でしゃべるのが特徴的です。そんな息子が総理を務める父と入れ替わってしまい、遠藤憲一さんがふにゃふにゃの弱々しい姿になるのがとても面白いです。一人二役演じているお二人の演技は見ものです。

スタッフ

原作:池井戸潤「民王」
脚本:西荻弓絵
演出:木村ひさし、本橋圭太、山本大輔

キャスト

遠藤憲一(武藤泰山)
内閣総理大臣。息子の翔と体が入れ替わってしまい、息子の代わりに就活をするが面接での傲慢な態度が目立ちことごとく落とされてしまう。

菅田将暉(武藤翔)
泰山の息子。ネイルアートが得意で、ゆるキャラなどのかわいいものが好き。弱気な性格でふにゃふにゃした口調で喋る。

高橋一生(貝原茂平)
泰山の第一秘書。非常に有能な秘書であり、無表情でクールな性格。泰山に対しても毒舌な一言をサラリと言う。

本仮屋ユイカ(南真衣)
翔の先輩。学生ながらに会社を立ち上げ、しっかり者で翔の憧れの人。総理大臣の仕事にやる気を見せない翔をサポートするべく、秘書見習いとして働くことになる。

草刈正雄(蔵本志郎)
憲民党の党首で、泰山のライバル的存在。泰山たちと同様、とある事情で娘のエリカ(知英)と入れ替わってしまう。

知英(村野エリカ)
翔の同級生。総理大臣の息子でありながら無知な翔のことを馬鹿にするような態度をとることが多い。蔵本と前妻との間に生まれた娘で、離婚したので父と名字は異なる。

 

 

『民王』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

民王(ドラマ)の感想

20代女性
20代女性

総理大臣とその息子が突然入れ替わるというすごい現実的ではない展開のドラマでしたが、思っていたよりもおもしろくて一日で一気に観てしまいました。私と同性代の息子がいきなり総理大臣になって国の政治を動かせって言われるとすごく重荷に感じて苦しみそうだなととても思いました。逆にいきなり母親とか父親が私の生活になるって考えたらいろんなことがついていけないんだろうなって思うので、すごく苦だろうなと思いました。説明しても中が入れ替わってるって信じてもらえないだろうからそのまま過ごすのが普通だと思うのですが、20代とかで総理大臣になるのはしんどいなと思いました。でも若者目線で国を変えていく姿にはすごいなと思いましたし、若者が活躍する世の中になっていった気がしたのでそこはすごくいいなと思いました。やっぱり国の長の言うことはすごいなと思わされました。漢字も読めない息子がいきなり総理大臣になるのはちょっとおもしろかったです。漢字が読めないのはすごく致命傷だし、ふりがなをふられているのは小学生の教科書みたいでした。私もあんな長期間とは言わないので一度でいいから私の意見で国を動かしたいなと思わされたドラマでした。

30代女性
30代女性

総理大臣である父親と大学生の息子が入れ替わってしまうストーリーであり、政治を全く知らない息子が国を総理として国民に訴える言葉は、知らないながらも国民に寄り添う身近な言葉に感じられ、父親が忘れていた政治的理想を思い出すきっかけとなっていました。しかし、息子は政治だけではなくそれ以外の学力の低さも見え、まさかの漢字の読み間違いやマナー不足な行動に入れ替わっている事実を知る側近の秘書が頭を抱える姿は毎回見どころであり、笑いどころでした。また、入れ替わり当事者である父親と息子の正反対の性格により、入れ替わると明らかに人が変わってしまう様子も面白く、遠藤憲一さんと菅田将暉さんの1人二役を演じる演技力の高さも見どころでした。入れ替わる瞬間の表情の変化は見どころで、一瞬にして変わったと分かる演技には驚きと感動を感じました。入れ替わった当初は強い戸惑いが描かれていましたが、回を重ねる毎に入れ替わったことで俯瞰的見ることができる自分の姿によって気づく大切なこと、そして再び親子間や夫婦間での絆を取り戻すきっかけとなる様子に入れ替わりは陰謀だったとはいえ、必要な出来事だったと感じました。入れ替わりの原因を突き止め解決できたはずが、再び入れ替わる予兆が見える結末に続編への期待が高まりました。読めない展開にワクワクしたドラマでした。

 

20代女性
20代女性

総理大臣で厳格な父親と泰山と、気が弱くてカフェでバイトをする翔が入れ替わる話ですごく面白かったです。二人の演技がすごくて、本当に入れ替わっているような感じがしたので演技力に驚かされました。お互いがお互いの生き方を嫌っている親子が、この入れ替わりを通じて理解しあっていくところが面白いと思います。厳格だった総理にかわって少しへらへらしながら国会に行く様子も笑えたし、素人ならではの意見が通ったり、新たな視点で発言できるところが面白かったです。そして逆も、すごく気が弱い翔に代わって、ハキハキと発言をしたり、就活中にも物怖じしない態度で発言してまわりが困惑する様子も面白かったです。何より翔を演じる菅田さんの顔つきだけで、今が泰山で今が翔でとわかるところが本当にすごいと思いました。目つきや仕草だけでもこんなに演じることが出来て演技力には驚かされました。そして、翔のことを嫌っていた泰山も彼には彼なりの考えがあることを知ってわかりあっていくところも面白かったです。そしてこのドラマに欠かせない秘書の貝原には癒されました。影でしっかりサポートするところはもちろん、寝る前のパジャマ姿がすごく可愛くてこのドラマで高橋一生さんのファンになりました。

20代女性
20代女性

このドラマは菅田将暉さん演じるバカ息子と遠藤憲一さん演じる総理大臣の父が入れ替わってしまうというお話なんですが、なにせ入れ替わったのがバカ息子と総理大臣なのでとにかく笑い転げてしまうほど面白おかしいドラマでした。出てくる人ほとんどと言っていいほどキャラが濃く、エンケンさんとの相性も良い為飽きることなく観れるドラマだと思います。素晴らしいキャストさん達の掛け合いのテンポが心地良く次々に笑いが生まれるので演じていてもきっと楽しいだろうなと思いながらこちらも楽しんで観れました。バカ息子の魂が入っているエンケンさんの演技が素晴らしく、総理、と呼ばれて手を上げてしまったり、あまりにもおバカすぎて漢字が読めず大事な場面に関わらずぽやーんとしたお顔をして貝原に呆れられてしまったり、好きな女性に対する不自然過ぎるちょっと怖い行動や、突然のラップ、ダンスなど盛りだくさんでエンケンさんがとても可愛らしく感じました。高橋一生さん演じる総理大臣の秘書、貝原もお気に入りのキャラなんですが、仕事はバリバリできて素晴らしい秘書なんですがエンケンさんが演じる入れ替わった状態のバカ息子に対しては当たりが強く、垣間見えるSっ気が堪りません笑その貝原にビクビクしながらもおバカな言動や行動をしてしまうエンケンさんがとても可愛らしく見えるのでその2人のシーンは特に楽しみに観ていました。

40代女性
40代女性

男女の入れ替わりというネタはよくありますが、父親と息子が入れ替わるという設定は斬新だと思います。その上、父親が総理大臣で、息子がちょっと頼りない乙女系男子という癖の強さが、コミカルさをさらに強調していると思います。息子・翔が乗り移った総理が、会見の場で漢字を読めなくて失笑されるシーンは、未曾有が読めなかった某総理を彷彿とさせてクスッと笑ってしまいます。こういうブラックジョークが時々出てくるところも、池井戸潤さんっぽいなと思います。ふたりの周りを固めるキャラも一癖ありますが、特に秘書の貝原は、こんなあり得ない非常事態でも一切動じず、冷静に突っ込みを入れられる度胸が素晴らしいです。当たり前のことを言っているだけなのに、一番まともな彼が最もシュールに見えてしまうところがまた面白いです。とは言え、やはり特筆すべきは、菅田将暉さんと遠藤憲一さんの熱演ぶりです。ふたりが入れ替わったと同時に、まるで別人のように豹変してしまうし、それが全く違和感がないところがすごいです。ストーリー的にはコメディかと思いきや、就活生の翔の悩む姿や親子の確執など、感情の起伏がリアルに描かれているので、共感できる部分も多く、意外と深い作品になっていると思います。

20代女性
20代女性

とてもコミカルに描かれており、テンポもよく、とても見やすいです。菅田将暉がまだ爆発的に売れる前でしたが、5年前でもさすがの演技力。入れ替わる前の弱気な大学生から、入れ替わった後の強気な総理大臣は、表情、歩き方、声の出し方まで全てが違い、まるで本当に入れ替わっているかのよう。一方の遠藤憲一もさすがベテランと言った感じで、入れ替わった後の弱々しい感じは強面の遠藤憲一からは想像し難いにも関わらず上手く演じている。親子で入れ替わるストーリーは、パパと娘の7日間でもあったが、それとはまた違った味があって面白い。ドラマを見るまで、原作が池井戸潤だとは知らず、未読だが小説の方も似たようなテイストで書かれているのだろうか?もしそうでないなら、ここまで面白く見れる作品に仕上げたスタッフに脱帽する。秘書である貝原もいい味を出している。こちらもまだ爆発的に売れる前だった高橋一生が演じているが、1歩間違えば地味になってしまいがちな秘書のポジションを上手く演じている。物語の邪魔をすることなく、いいアクセントになっていると言えるだろう。貝原主演のスピンオフも出ているのでそちらもおすすめ。深夜ドラマのため、放送回数は少なかったが、それが勿体ないくらい毎回楽しめ、あっという間に時間が過ぎる。

40代女性
40代女性

原作は池井戸潤、この方には珍しいコメディです。しかもおなじみのTBS日曜劇場ではなく、テレビ朝日での実写化です。ストーリーは遠藤憲一さん演じる、ワニ顔の総理大臣武藤泰山と、菅田将暉さん演じる、その心優しいおバカな息子翔ちゃんが、心と身体を取り替えられたことから起きるドタバタ喜劇です。翔の心で身体は泰山が、可愛いんです、すごく!その遠藤憲一さんが捨てられた仔犬のように目をウルっとさせてるとドSの敏腕秘書貝原茂平がガンガン指導を入れてきます。それに従っている姿は今にも「御意!」て言い出しそうでした。そして身体は翔ちゃん中身は泰山の菅田将暉さんが、ほとんど武将です!この後に制作されたNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の「井伊の赤鬼」こと井伊直政役のオファーはこれ見て決まったんじゃないのか?と言うぐらいの目ヂカラでした。本来の翔ちゃんは優しく穏やかな癒し系で、未曾有をみぞうゆう、と読んでしまう様な子ですが意外なポテンシャルを持っています。そして謎の多い秘書、貝原茂平。有能ですが実は毒舌でドS。さらっと酷いことを口にします。国会対応や記者会見などの事前準備を翔ちゃんに叩き込みながら、「貝原さ?ん、僕こんなこと覚えられませ?ん(泣)」「大丈夫です。総理だってまともに覚えちゃいませんから」総理本人がそこにいるのにです。こんな感じでテンポよく進んでいくんですが、なかなかに硬いテーマも入っています。政治、外交、経済などなど。おバカな翔ちゃんが何故最低賃金を正確に答えられたのか、この辺りも見どころです。

20代男性
20代男性

このドラマは,遠藤憲一さん演じる政治家の父と菅田将暉さん演じる大学生の息子の入れ替わりから始まる大騒動を描いた物語です。とても強面な遠藤さんが見せる可愛らしい表情,対してイケメン俳優の菅田さんが見せる鬼の形相など普段のイメージとかけ離れた演技が見られることが,このドラマの魅力の一つと思います。またそのほかにも,総理大臣の秘書役の高橋一生さんや本仮屋ユイカさん,韓国のアイドルグループKARAの元メンバージヨンさん,大物俳優西田敏行さんなど豪華俳優陣が出演しておりドラマ好きにはたまらないキャストになっています。特に高橋一生さん演じる貝原茂平はその独特のキャラクターでドラマを盛り上げ,多くの人から人気を集め話題になりました。高橋さんと遠藤さん,菅田さんの掛け合いは毎話クスッと笑ってしまうような面白さがありますので,このドラマの中で一番注目して見てほしいところです。厳格な政治家である父と,なよなよしている息子という対立した関係性が心身の入れ替わりを経て,お互いを尊敬し合うような和やかな関係にかわっていき,父が政治家として,息子が一人の男性として成長していく様は,見ていてどこかおかしくもあり温かな感動に包まれます。笑えて心温まる素晴らしいドラマです。

 

40代女性
40代女性

総理大臣の武藤泰山とその息子の中身が入れ替わってしまう、というストーリーですが、入れ替わりの話は比較的フィクションの中では多いかと思います。しかし総理大臣とその息子という設定が面白い。入れ替わった2人だけの秘密というわけではなく、官房長官や総理の公設秘書まで知っていて、国民にばれたら混乱をするということもあるので、必死に隠すというのも面白かったです。この総理の息子が漢字も読めないおバカさんで、総理の演説や国会でのやり取りの際にも間違った漢字の読みで対応をしてしまい、野党からは批難されます。公設秘書の貝原は原稿に読み仮名を付けなければいけないという手間まで加わってしまいます。しかし息子と入れ替わった総理大臣は心優しく、常に周りの人のことを考えられるようになります。どこか頼りなさはありますが、人のいい総理大臣になりました。実は入れ替わりは他のところでも起こっており、新しいタイプのテロ行為という形になっていました。様々なトラブルを親子で解決をしながら、国が抱えている問題とも直面し、その上でよりよい日本を作ろうとするために奔走する姿が面白かったです。登場をするキャラクターも濃かったのでその絡みも面白かったです。

50代女性
50代女性

『民王』は、父である総理大臣とその息子のおバカ大学生が入れ替わってしまうという奇想天外なお話です。この聞いただけで面白そうな入れ替わり役を演じるのが、遠藤憲一&菅田将暉です。この二人の演技が実に見事で、アッという間にドラマに引き込まれていきました。二人のばかばかしいくらいのシチュエーションを大真面目に演じ切るところが笑いを誘います。強面の遠藤憲一が頼りなさそうな大学生役を演じると、それだけで可笑しいです。華奢な菅田将暉が総理大臣然としている姿が、ユーモラスです。それでいて、各話で、社会や政治への不満を晴らしてくれるようなことを言ってくれたり、時には考えさせられる言葉を発してくれたりするのです。そのギャップがまたたまらく素敵なドラマだなあと思ってしまいます。そしてもう一人忘れてはならないのが、総理大臣秘書役の高橋一生の存在です。高橋は、おバカな大学生・翔が総理大臣を務められるように陰ながら支えていました。何を考えているのかわからないようなクールな表情なのですが、容赦なく毒舌を吐き、とても気になる存在でした。ちょっと立ち居ふるまうだけで笑ってしまうような挙動不審な感じは、彼独特の持ち味で大好きです。

 

まとめ

『民王』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

遠藤憲一のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 午前0時、キスしに来てよ
  • さくらん
  • シュアリー・サムデイ
  • 難波金融伝 ミナミの帝王16 非情のライセンス
  • 花と蛇2 パリ/静子
  • 明日の記憶
  • 花と蛇
  • 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!(声の出演)
  • 46億年の恋
  • 自虐の詩
  • 月はどっちに出ている
  • 陽炎3
  • 援助交際撲滅運動 地獄変
  • 援助交際撲滅運動
  • 突入せよ!「あさま山荘」事件
  • メアリと魔女の花(声の出演)
  • ブラックマネー
  • 犬、走る DOG RACE
  • 獣の領分2
  • きな子~見習い警察犬の物語~
  • ナニワの虎1
  • 金融腐蝕列島 呪縛
  • SS -エスエス-
  • 実録・青森抗争
  • (暴)マルボー組織犯罪対策本部捜査四課4
  • gift(ギフト)
  • 稲穂の無頼 ~死闘の果て~
  • 岸和田少年愚連隊 女番哀歌 (スケバンエレジイ)
  • 大帝の剣
  • 岸和田少年愚連隊 中華街のロミオとジュリエット
  • ナニワの虎2
  • (暴)マルボー組織犯罪対策本部捜査四課2
  • Jam Films S
  • 富江replay
  • 極道甲子園
  • ノーバディ
  • 捨て犬
  • 稲穂の無頼 ~哀しき相克~
  • 天国から来た男たち
  • 渡世無頼
  • 極道競馬 がぶノミ荒矢
  • 特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション

【ドラマ】

  • ドクターX ~外科医・大門未知子~(2017)
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~(2014)
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~(2013)
  • 民王
  • 未解決の女 警視庁文書捜査官
  • お義父さんと呼ばせて
  • 民王スペシャル~新たなる陰謀~
  • 未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2
  • ランウェイ24
  • 私のおじさん~WATAOJI~
  • 巷説百物語 狐者異(こわい)
  • 巷説百物語 飛縁魔
  • さすらい温泉 遠藤憲一

本仮屋ユイカのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました