奥田民生になりたいボーイ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』予告編

奥田民生になりたいボーイ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

奥田民生になりたいボーイ(映画)の内容

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は、2017年8月に公開されました。

原作、人気コラムニスト・渋谷直角さんによる同名漫画作品を、「モテキ」「バクマン。」を手掛けた大根 仁さんが監督・脚本を務めて、制作されました。

奥田民生に憧れを持つ雑誌編集者が、女性ブランドのプレスモデルをしている女性に振り回される姿を描かれたラブコメディー作品で、主人公・コーロギを妻夫木聡さん、プレスモデルを水原希子さんが演じております。他には、新井浩文さん、安藤サクラさん、天海祐希さん、リリー・フランキーさん、松尾スズキさんと邦画界を代表する豪華俳優陣が集結しております。

自分も狂わせガールみたいな女性に振り回された過去があるので、悲しいかなコーロギに共感して観ることが出来ました。
水原希子さんの可愛らしさが特に際立っていた印象で、そりゃ振り回されるは…とも思いました。

主人公とヒロインのやりとりを見るのがキツくなるようなものもありますが、そこは奥田民生さんの音楽が救いになっている部分があります。

上っ面だけを着飾ってる人たちを皮肉ったコメディー作品へと、うまく纏めてくれてますね。楽しい映画でした。

男ってバカだよね。という部分を観れて沢山共感出来ました。あるよねー!っといったことが続いて面白かったです。

あらすじ

飾らない奥田民生のスタイルに痺れ、中学生のころから崇拝する35歳の雑誌編集者・コーロキ(妻夫木聡)。おしゃれライフスタイル雑誌の編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも、おしゃれに馴染んでいき奥田民生みたいな編集者になると決意します。

ある日、仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかり(水原希子)に一目惚れをします。先輩記者は、手強い相手だと忠告するも、全く聞く耳を持たない状況です。しかし、この出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのでした…。

あかりに似合う男になろうと、仕事に力を入れては、嫌われないようにデートにも必死になりますが、全て空回り。あかりの自由奔放な言動に振り回され、いつしか心も身体もボロボロに。

コーロキはいつになったら「力まないカッコイイ大人」。そう、理想の奥田民生みたいな大人になれるのか?そして、もがく先にあかりとの未来はあるのでしょうか?!

見どころ

監督からオファー

大根監督は『モテキ』のような30代の男女ラブコメがまた撮りたいという思いを募らせておりました。その際に原作を知り発売当初から渋谷直角さんに映画化の打診をしていたそうです。

大根監督といえば『モテキ』や『バクマン。』『SCOOP!』などの漫画雑誌や情報誌などの編集部を描くことを得意としており、本作も編集部を舞台にしたストーリーが展開されております。

原作との比較

話の大筋や根幹にあるテーマなど、原作にかなり忠実に作られております。漫画版になかったシーンの追加や、カットされたエピソードなど多少ありますが、原作者・渋谷直角さんが脚本協力に入っているので、原作の要素の取捨選択が良く出来ております。

原作漫画より、性愛描写が増えており、水原希子さん演じるあかりの色っぽさが実感できます。またクライマックスでは、男たちがあかりをどう見ていたかに主眼を置いた回想が描かれており、あかりの内面をより未知なものにしてくれております。

奥田民生の曲

原作でも奥田民生さんの曲の歌詞が登場しますが、本作では15曲もの楽曲が劇中で使用されております。また、原作とは使われているところが変わっている曲もありますので、是非確認してみてください。

スタッフ

原作:渋谷 直角「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」
監督・脚本:大根 仁
音楽:岩崎 太整

キャスト

コーロキ:妻夫木聡
ライフスタイル雑誌「マレ」に異動になった雑誌編集者。中学生のころ、奥田民生の着飾らない自然なスタイルに衝撃を受け、彼のような男になりたいと思い続けている。

天海あかり:水原希子
女性ブランドのプレスをしている。

木下:松尾スズキ
ライフスタイル雑誌「マレ」の編集長。

ヨシズミ:新井浩文
ライフスタイル雑誌「マレ」の先輩編集者。

江藤美希子:天海祐希
あかりが務める会社の社長。

倖田シュウ:リリー・フランキー
フリーライター。

美上ゆう:安藤サクラ
最高に素晴らしいものを書くコラムニスト。ですが、原稿提出が遅いのが難点。

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

奥田民生になりたいボーイ(映画)の感想

30代女性
30代女性

なぜこの映画をおすすめしたいかというと水原希子ちゃんの魅力が最大限詰まった映画だからです。スタイル抜群とてもキュートで可愛い希子ちゃんに翻弄される妻夫木くんとの掛け合いが楽しい映画になっています。水原希子ちゃんは何人もの男性を翻弄してしまい最終的に殺しのシーンなどもあってグロい所もありますが、可愛いから許せちゃうそんな映画になります。女性でも憧れる希子ちゃんのファッションも詰まった大作だと思います。雑誌にも映画公開近い時はたくさん出たり、別途専用の雑誌も出たり私は見まくっていました。男だったら誰しもこんな女性に翻弄されて見たいと思うのではないでしょうか。また、その挿入歌として奥田民生の歌が合うんですよ。昔よく聞いていた歌が現代に蘇ったようにいろんなシーン別に厳選してあって素晴らしいです。キラキラした世界で働く希子ちゃんと真逆の妻夫木くんがまさかの恋に落ちていく様が素敵です。おすすめのシーンは妻夫木くんと希子ちゃんがお泊まりした後に電車沿いを歩いてバイバイするシーンがあるのですが、そこの希子ちゃんの笑顔めちゃくちゃいいです。
悪気のないくったくない笑顔に心が持っていかれること間違いありません。

40代女性
40代女性

ユニコーンと奥田民生さんファンとしては、全編ずっと民生さんの曲が聴けるのがまず楽しいです。原作も「あーこういう人いるいる」と思って読んでいたので、大根仁さんが映像化してくれて嬉しいです。奥田民生になりたいボーイは、私の周りにもいます。その、なんかモヤモヤする感じを、妻夫木聡さんがよく出していると思いました。妻夫木さんがこんな人だと思われたらあまり得ではないかもしれませんが、すごくリアルな感じがしてやっぱり上手いなあ。私の知っている奥田民生になりたいボーイは、なんかいつも「俺本当はできるんだけど力抜いてるだけだからさ」という雰囲気を演出していて、ファッションもすごく気にしているくせにラフを装っていて、コーロキとほんとよく似ています。こういう、年はとっても男性ではなく「男子」な感じのオトコノコたちの心の中は、単純なようでいつもよく分からない。もしかすると本人もよく分からないまま行動しているのかもしれなくて、そんな男子が頭で考えるのをやめて行動を起こすときがとても面白かったです。水原希子さんはプレス役ということでファッションが興味深かったです。生身の女の子というよりはアイコンのような存在に感じましたが、それがまた出会う男すべて狂わせるガールの必須要素なのかもしれません。

30代女性
30代女性

奥田民生が何かわからず映画を視聴しましたが、それでも充分に楽しめました。理由としては、奥田民生に憧れる雑誌編集者の役を妻夫木聡さんが熱演していたことが大きかったと思います。他にも、奥田民生の曲が作中に使用されていることで、奥田民生を少し知ることになるきっかけにもなりました。奥田民生が好きな人や興味がある人は、きっとこの場面で理解や共感するんだろうなと思うシーンが作品全体を通して度々あり、好きな人や興味がある人はもっと楽しめるんだろうなということも思いました。奥田民生を知らない人でも、妻夫木聡さんの情けないキャラは、妻夫木聡さんの表現力を感じました。心情にリアリティがあり、作品を面白くしていて見どころでした。狂わせガールの美人役を演じる水原希子さんは、演技というよりかは、水原希子さんがとにかく可愛いく、セクシーでした。小悪魔を通り越していきすぎている部分もある役でしたが、水原希子さんにあった役だったと思います。「モテキ」シリーズを作った監督の作品なだけあって、「モテキ」を観た人ならなんとなくわかるような似た雰囲気がありました。コメディ感漂いつつの恋愛映画で、楽しめながら観れたなと思います。

 

40代男性
40代男性

原作の漫画が好きで映画も観ました。主役が妻夫木聡ということに、若干の違和感を感じていましたが、映画が進むにつれ、それはなくなり、すっかりハマっていることに気づきました。どこか頼りなく、まわりの人に振り回され、それでも奥田民生に憧れることで持ち直す話は、映画ではどこか「漫画的」な印象を受けましたが、そういうものと受け取ってしまえば、立派なコメディーとして成立していたと思います。画面の色が派手派手しい印象があり、目が疲れるような感覚もありましたが、おしゃれぽい演出なのかもしれません。原作の軽いタッチながらも「人って怖い」みたいな、ドロドロとした感情を引き出す感じは映画にはなく、印象はだいぶ違うものになりましたが、それは原作が好きすぎることが原因だったのかもしれません。またたくさん奥田民生の曲が流れ、ポスターやCDなどもたくさん出てくるのですが、「奥田民生」でなくてもいいのかも、と思ってしまいました。でも、そういう「軽さ」も含め、原作の「不条理感」と通底しているようにも見え、不思議な映画に感じました。そして、水原希子さんの演技に賛否があるようですが、私にはとても可愛らしく、この映画にはぴったりだったように思えました。

20代女性
20代女性

私は、 映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観て、「雑誌編集者の振り回されぶり」と「予測不可能な恋の行方」が特に印象に残りました。まず、主人公の振り回されぶりについてです。この映画では、奥田民生に憧れる雑誌編集者が、ファッションプレスの女性に一目ぼれをしたことから物語が始まります。雑誌編集者の恋心が実り二人は付き合うことになりますが、女性の自由奔放な言動に次第に振り回されていきます。付き合う中で次々と明らかになる女性の姿に翻弄される雑誌編集者の姿が大げさなほど振り切れていてコミカルで、何度も大笑いしながら観ていました。次に、予測不可能な恋の行方についてです。女性に振り回されながらも交際を続ける雑誌編集者でしたが、実は複数人の男性たちと交際していることが発覚し、女性を巡る複雑な恋愛バトルに巻き込まれることになります。雑誌編集者の恋はどのような結末を迎えるのか、先の読めない恋模様にハラハラドキドキしながら観ていました。また、雑誌編集者が自分の恋心すら見失ってしまう場面もあり、女性への恋心そのものが続くのか否かも気になり、雑誌編集者の言動にも注目しながら夢中になって観ていました。

 

40代女性
40代女性

雑誌「ポパイ」や「オリーブ」を愛読していたことがある層にはグッと刺さる映画です。オシャレ系ライフスタイル雑誌の編集とアパレルの美人プレスの恋愛というファッション業界にはありがちな世界観が面白おかしく描かれていて、ストーリーはもちろんのこと出演者のファッションや水原希子のコーディネート&小悪魔っぷりが最大の見所。脇を固める俳優陣にも天海祐希や松尾スズキ、リリー・フランキーら一癖ある演技派がズラリと揃い、タイトルにもある奥田民生の色とりどりの楽曲とともにひたすらポップかつコミカルな玲愛模様が繰り広げられます。監督が「モテキ」の大根仁監督なのでモテキのノリが好きな方にはたまらないかと。なお、映画内で描かれるキャラクターと俳優さんのキャスティングがぴったりで、どこか情けない主人公のコーロキ役の妻夫木聡さんの必死さやおかしみがとてもリアル。一方でみんなから(言葉通り)愛される水原希子ちゃんのダークな一面もしっかり垣間見え、可愛いだけじゃなくちょっと腹黒いヒロインがバッチリはまっています。どうすれば奥田民生みたいに自然体でかっこよくなれるのか、いや、果たしてなれるの?無理じゃない?と見ながら突っ込んでしまうストーリーから目が離せません。

 

30代女性
30代女性

憧れの奥田民生…女性の私からしても、その気持ちよく分かります!もう「奥田民生になりたいボーイと…」というタイトルをみた時点で、これは見なくては!と思った作品でした。映画の全編で奥田民生さんの曲が次々に流れる(たしか15曲!)なんて、贅沢すぎます。もちろん曲は途中で切れてしまいますが…聴き始めたら最後まで聴かせて欲しくなります。同じく大根仁監督の「モテキ」も素晴らしい曲がたくさん流れて展開していく映画だったので、同じように楽しめました。主人公コーロキを演じる妻夫木聡さんのコメディ演技も最高でした。ちょっとダメ男なコーロキを、あのカッコいい妻夫木さんが演じているので、見応え抜群でした。30代になっても理想を追いかけてもがき続けているコーロキの姿は、同じ30代としてグッときました…。20代の頃とはまた違って、焦りも感じている今の自分と重なり切なくなりました。そして水原希子さん演じる天海あかりの、掴みどころのない悪女ぶりも、見ていて気持ちがいいくらいでした。実写であのクオリティーを出せるのは、たしかに水原希子さんくらいしかいないのではと思います。とてもハマっていました!最後のシーンもほろ苦く、流れてくる奥田民生さんの名曲「CUSTOM」にも、ジーンとさせられました。

30代女性
30代女性

まず、目に飛び込んできた映画のタイトルに心奪われてしまい、ストーリーも面白そうだったので観てみました。いやー、最初から最後までとにかくこコーロキは振り回されっぱなしで、とんどんあかりの虜になって、まるでアリ地獄にハマって抜け出せない感じでした。奥田民生に憧れてファッションを真似てるけど、ちょっとイモっぽい感じが可愛らしいかったです!あかりは初めは可愛い小悪魔くらいかなと思っていたら、恋愛に関しては気分屋で相手を振り回す、本当に出会う男すべて狂わせガールでした(笑)え、あの人も、あの人も、狂わせちゃったのかい!って感じです。いやー、怖い怖い。水原希子ちゃんの可愛さを存分に楽しむには申し分なしですね。甘える時の表現や、可愛らしい仕草は女でもハマっちゃうと思います。ストーリーは、惑わす女が悪いのか、それを見抜けない男が悪いのか?正しい答えはないと思うけど、女としては、何故もっと早くゆうの良さを見抜けないんだよ!っとツッコミを入れたくなりますね。男は、女の見た目に騙されて中身を重視していないのかもしれないですね。もし、見た目普通の女があかりと同じことやったら、確実に振られますね(笑)この映画でを観れば、女の本当の生態を学べるんじゃないでしょうか。

 

30代女性
30代女性

大人になっても格好いい大人になりたい!と中学生のような事を思う主人公。私も良い歳なのに大人になりきれていないと感じる為この痛さが自分のように思えました。そこへ現れたキラキラした女性。最近インスタグラムにはこのようなモデル並みに綺麗な、ファッション関係の人が沢山いますよね。そんな人の日常を垣間見るような気持ちで観ていました。ひとつひとつの仕草がそれは惚れてしまうでしょ!というような計算された動き。それは男の人狂わせるでしょう。でもリアルなのが案外こういう女の子は女だけの飲み会ではさばさばとしていて好かれている!っていうこと。そうじゃなきゃ仕事うまく行きませんもんね。実在のインスタングラマーたちの顔がちらちらしました。全方位にうまく出来る女の人に憧れはありつつ、大変そうだなと思いました。妻夫木の若者おじさん感が良かったです。もう少し落ち着いた心で暮らせたら彼は楽だろうと思います。彼だけじゃなく周りの渋い大人まで振り回しまくるこの女性は笑えました。渋く見えているだけで案外中身は皆、主人公のように青臭い事を考えているのかもしれません。振り回されまくる感じや挿入歌、軽いノリで楽しく観られる映画でした。漫画家の女性とのやり取りも楽しかったです。あっと驚くこともあり。観終わったあとの気持ちはなんとなくひとつの青春の終わりというか、切なくもなりました。

 

30代女性
30代女性

キャストの配役がぴったり合っていると感じました。登場する男たちを狂わせる魔性の女役の水原希子さんの魅力に圧倒されました。スタイルは良いけれどセクシーなイメージはあまりありませんでしたが、溢れ出る色気が女子目線で見てもドキドキしました。キュートな笑顔の中に溢れる色気とどんな服も本当に素敵に着こなしてしまうあかりの役は水原希子さんでなければできない役なのではと思わせるほどでした。いろんな表情の水原希子さんから目が離せませんでした。スラッとした長い足がとっても綺麗で印象的でした。妻夫木聡さん演じる奥田民生に憧れるコーロキのゆるさも憎めない可愛らしさを出していて魅力的でした。キスシーンで恋に慣れていないコーロキの必死さが出ていてなんだか妙にリアルでちょっと笑ってしまいました。ヨシズミを演じた新井浩文さんがコーロキからあかりとの交際を聞いた後の反応がめちゃくちゃ怖くてそこから映画の雰囲気が変わりこの先どうなっていくんだろうと興味を惹かれました。松尾スズキさん演じる木下の気持ち悪さもいい意味で最高でした。ラストは予想外の展開でかなり衝撃的でしたが、劇中で流れる奥田民生さんの音楽に最後もしっかり癒されました。

 

まとめ

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました