太陽を掴め(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『太陽を掴め』映画オリジナル予告編

太陽を掴め(映画)の動画フルを安全に見る方法

『太陽を掴め』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『太陽を掴め』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

太陽を掴め(映画)の内容

映画『太陽を掴め』は、2016年12月に公開されました。

脚本・監督は、多摩美術大学の卒業制作「雲の屑」が、第27回東京学生映画祭実写部門のグランプリと観客賞を受賞した中村祐太郎監督。音楽を題材に、都会に生きる若者たちの日常を鮮烈に描き出したストーリーです。

主演は、2013年に松田美由紀さんが代表を務めるオフィス作のオーディション500名の中から選ばれ俳優となった吉村界人さん、共演は、岸井ゆきのさん、浅香航大さん、柳楽優弥さん、古舘寛治さんなど実力派が脇を固めます。

 

吉村界人本当にかっこいいなー!アテ書きなの?吉村界人以外のキャスティングは無理でしょと思うほどハマり役。不器用で痛々しくて真っ直ぐでユミカに想いを伝えるところはなんか泣けてくる。

歯がゆくリアルに描かれていた。こういう事って実際に日本のどこかで起こってそうだし目が離せなかった。
浅香くんが、いい演技してた。浅香くんはどちらかというと “いい人” より “少し嫌な人” の方がハマるのかも!複雑で痛くて歯がゆい映画だった。

ロックバンドの歌詞に出てくるようなストーリー展開。SEX、ドラック、ロックンロール。10代~20代前半に観ていれば、感情移入や共感できる部分もあるだろう。柳楽優弥が出てる場面だけ雰囲気が変わってた。やっぱり圧倒的な存在感がある。

賛否わかれるようですが、前提として登場人物の人格や倫理性の評価と作品自体の評価は分けて考えて欲しい。その上で、確かにちょっと腑に落ちない箇所もあったけど。

あらすじ

元子役のミュージシャン、ヤット(吉村界人)、彼を撮り続けているフォトグラファーのタクマ(浅香航大)、その元恋人ユミカ(岸井ゆきの)は、高校時代の同級生で昔からの友人。タクマが撮る写真は評判よくヤットの人気に繋がっています。

ユミカに片思いするヤットはタクマに複雑な気持ちを抱いていて、彼のことを気に掛けるユミカもタクマと中途半端な関係を続けていました。

ある日、薬物のブローカーでもあるタクマが自宅でサラ(三浦萌)プル(森優作)と盛り上がっているところへ、ユミカが訪ねてきます。

見どころ

ヤット役の吉村界人

本作を製作しようとした経緯は、中村祐太郎監督の「雲の屑」がオープニング作として上映された「MOOSIC LAB 2015」という新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画の際、主演作に参加していた吉村界人さんと中村監督が出会い、音楽の話などし意気投合したことからスタートしました。

そのため、ヤットのキャラクターは吉村さんをイメージして作られています。中村監督は、吉村さんとヤットは、自分に正直に生きる点や素直な気持ちで仲間と対峙しているところなどが似ていると語っていますが、吉村さん曰く、自分はヤットに近くないとか。ヤットのように喜怒哀楽を表に出せないそうです。

そんなヤットを演じた吉村さんの喜怒哀楽を表に出した真っ直ぐで熱い演技は見どころです。

叙情的でエネルギッシュな劇伴

劇中で流れる伴奏音楽は、エレクトロ・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のリーダーでもあるピアニカ奏者の池永正二さんが担当しています。

「宮本から君へ」では、ドラマも映画でも劇伴を担当し、幻想的な音楽によってエモーショナルな世界観を彩りました。本作でも叙情的でエネルギッシュな伴奏音楽で映画を盛り上げます。

スタッフ

監督:中村祐太郎
脚本:中村祐太郎、木村暉
音楽:池永正二

キャスト

ヤット:吉村界人
元子役のミュージシャン。ユミカのことが好きで、タクマに対して複雑な感情を抱いている。タクマの義理の母親であるキョウコと愛人関係にある。

タクマ:浅香航大
ヤットなどミュージシャンを撮影するフォトグラファー。ユミカの元恋人で別れてはいるけど仲が良い。母親のキョウコとは血が繋がっていない。

ユミカ:岸井ゆきの
タクマの元恋人。ヤットのライブにも顔を出す。

ユウスケ:柳楽優弥
ヤットを見守る謎の男。

サラ:三浦萌
タクマのドラッグ仲間。

プル:森優作
タクマのドラッグ仲間。

キョウコ:内田淳子
タクマの義理の母親。ヤットのプロデューサーでヤットと愛人関係にある。

タクロウ:松浦祐也
弟のヤットを脅迫し金を要求する。

フミヤ:古舘寛治
ユミカの父親。

 

まとめ

『太陽を掴め』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました