ただ君を愛してる(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
ただ、君を愛してる – 予告編

ただ君を愛してる(映画)の動画フルを安全に見る方法

ただ、君を愛してる
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

ただ、君を愛してる
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ただ君を愛してる(映画)の内容

ベストセラー恋愛小説「いま、会いにゆきます」の市川拓司原作による小説『恋愛單眞もうひとつの物語』を映画化した純愛ムービー『ただ、君を愛してる』は、2006年10月に公開されました。

原作となった「恋愛寫眞 もうひとつの物語」は、広末涼子主演の映画『恋愛寫眞』のコラボレーション企画として執筆されたもので、主人公の役名や、写真がつなぐ関係、NYで発覚する真実などはそのままで、よりロマンティックさが増している仕上がりになっています。恋をしてはいけない運命にありながら、恋をしてしまった若い二人の切ないラブストーリーは涙と感動を呼び、作品の完成度や観客の満足度は非常に高い評価を受けています。

主演は、人気俳優の玉木宏と、今では映画界になくてはならない名女優に成長した宮崎あおい。共演には、当時注目の若手俳優・小出恵介や黒木メイサらが勢揃いし、数多くのヒットドラマを手がけてきた新城毅彦監督がメガホンを取りました。

宮崎あおいさんのキャラの可愛さでいきなり物語に吸い込まれてしまいました。

そして、エンディングに流れる主題歌で観る者を当事者のように包み込んでいき物語の終わりを共有できた良い楽曲でした。

宮崎あおいちゃんも玉木宏さんもキャラがしっかりまとまってて2人ともすごく可愛い。
まさに切なくも心温まるラブストーリー。

配役、物語の流れすべてハマってました。泣けるところはしっかり泣けました。
小説と映画がリンクするステキな作品でした。

純愛映画で一番好きな作品です。

なんといっても宮崎あおいさん演じる静流の演技というかセリフ、しぐさなどが観れば観るほど最後を思い出させて悲しくさせます。
でも、ラストはなぜか心が晴れて、背中を押してくれるそんな作品です。

あらすじ

カメラマンの誠人(玉木宏)は、自分の前から突然姿を消した静流(宮﨑あおい)と再会するためにクリスマスでにぎわうニューヨーク・ブルックリン橋の側で立っていました。

6年前の大学の入学式の時、誠は静流と出会いました。信号のない横断歩道を渡ろうと佇んでいた静流に、見かねた誠人が静流に話しかけたことがきっかけだったのですが、静流は誠人にひと目で恋に落ちます。

誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、静流もカメラを手にするようになり、二人は毎日のように森へ写真撮影に出掛けますが、誠人は同級生のみゆき(黒木メイサ)に片想いをしていました。

ある日静流は、誕生日プレゼントの代わりに、誠人に「キスして」とお願いをします。それは「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」になる事を静流は分かっていたのですが…。

見どころ

メガネのあおいちゃん

主人公の里中静流を演じた宮﨑あおいちゃんが「可愛過ぎる」と好評だったのですが、特に〝宮﨑あおいちゃんが眼鏡を取った瞬間〟に萌えた男子が続出しています。

メガネを掛けてても可愛いあおいちゃんですが、メガネを取る瞬間、お見逃しなく!

主題歌

本作の主題歌は、大塚愛の「恋愛写真」。自身が「私にとって最大のラブソング」と語るほど愛が溢れた切ない歌詞とメロディーが映画を引き立て、観る人の涙を誘っています。

実は、この映画の企画当初は「天国の森で君を想う」という仮のタイトルだっだそうですが、この曲のサビ部分の一節から『ただ、君を愛してる』に決定したというエピソードがあります。どうぞ、歌詞を噛み締めながら、映画の世界にどっぷり浸って下さいね。

スタッフ

原作:市川拓司「恋愛寫眞 もうひとつの物語」
監督:新城毅彦
脚本:坂東賢治
音楽:池頼広
主題歌:大塚愛『恋愛写真』(avex trax)

キャスト

瀬川誠人:玉木宏
カメラマン。腹部に皮膚の病気を抱えており、日ごろから塗り薬を塗っていた。その薬のせいで自分は臭い、とコンプレックスを感じ、人との接触を控えていた。

里中静流:宮﨑あおい
大学の同級生。誠人に一目ぼれし、自分もカメラを始める。

富山みゆき:黒木メイサ
誠人が想いを寄せる大学の同級生。

関口恭平:小出恵介

井上早樹:上原美佐

白浜亮:青木崇高

矢口由香:大西麻恵

薬屋の主人:森下能幸

葛西修:小林すすむ

 

ただ、君を愛してる
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ただ君を愛してる(映画)の感想

40代女性
40代女性

切なくて、なんだか胸が痛くなる映画です。最初は宮崎あおいのかわいらしさに惹かれて見始めましたが、どんどん引き込まれていき、最後には涙が止まらなくなりました。色で表すとセピア色とグレーが、とても澄んだブルーが混じりあったようなイメージ。青春とひとくくりにされがちな年代の残酷さや切なさ、はかないからこその美しさがよく描かれている作品だと思います。普通私たちは初恋から始まって一生のうちに何度かは人を好きになり恋をして、年をとっていきます。でもこのの映画の主題は「生涯ただひとつの恋」でその恋のためだけに生きることを選んだ女性の話です。自分がもし生涯でただ一回だけしかできない恋をするならば、この結末を選ぶ覚悟はできなかったと思いました。しかし、恋を知らずに長く生きていくことを選ばず、人を好きになったしまった以上その気持ちにふたをせずに恋のために生きることを選択した彼女の一生は、きっと誰よりもきらめいていたと思います。そしてこの映画で一瞬のはかなさを永久にとどめるために使われたのが写真でした。心の中までもさらけ出したように写る彼女の写真は一生彼の心の中に生き続けるし、これから出会うどの女性よりも彼の心をつかんで離さないのではと思いました。大塚愛の恋愛写真が主題歌です。切ないメロディーがとっても似合う青春の映画でした。

 

30代女性
30代女性

まずはじめに言わせてください。宮崎あおいちゃんが、とんっっっっっでもなくかわいい…っ!!!セリフひとつひとつの言い回し、何気ない仕草、キラキラまぶしい笑顔…癒されます、破壊力ハンパないです。では本題の映画の話に(笑)主人公の女の子、静流役を宮崎あおいちゃんが、恋のお相手の誠人役を玉木宏さんが演じています。最初に思いの丈を吐き出してしまいましたが、なんと言っても宮崎あおいちゃんのかわいさがあってこそ成立する映画です。嫌味っぽくなく、純粋すぎるくらい純粋な女の子を演じていますが、もう静流=あおいちゃんってしか思えないくらい、静流なんです。きっと、撮影中玉木さんデレデレだったんじゃないかなぁと勝手に妄想しています…。と、そんなことはさておき、少し真面目に話しますと、写真が大きく絡んだストーリーなので映像がとてもキレイです。切り取り方がとってもステキで、心にまっすぐに響いてきます。泣けちゃうシーンがあるのですが、そのシーンでさえも美しくて…ぐっときくるものがありました。アメリカに渡った後のお話しは、リアルなところを考えるとツッコミどころもありますが、そんなことは無視して物語として入り込んだ方が楽しめると思います。恋愛映画が好きな方、かわいいあおいちゃんに癒されたい方にぜひ見て頂きたいです!

 

30代女性
30代女性

タイトルだけで、大塚愛の主題歌が思い出されます。サビで『ただ、君を愛してる』と歌っていますが、それは映画のタイトルになり、曲のタイトルは『恋愛寫眞』。逆の方がしっくりくるなぁと、公開当初は思ったりしました。宮崎あおいの可愛らしさと、美しさ満載の映画です。大学生の頃はボブスタイルの髪もちょっとボサボサしています。眼鏡をかけていて、大学の講義中は睡魔に負けてカックンしてしまったりと、少し隙が多い女の子です。自分でも自分が年齢よりも少し幼いことを理解していて、いつか素敵な女性になりたいと思っています。そんな女の子を宮崎あおいが演じるので、そりゃ可愛いです。ずるいくらいに。ただ、玉木宏のような大学生にとって、女性として見てもらえないというのも何となく分かります。気付いていないだけで、好意はあるとは思うけど、なかなか難しいな、もったいないな、と思いながら2人で過ごす時間を見ていました。2人の可愛らしいキスシーンはとても印象的ですし、森の緑がとてもきれいで、大塚愛の曲ともとても合っています。好きな人に弱っていくところを見せたくない、という気持ちは多くの人が持つと思います。でも心細いから、頼れる人には側にいて欲しいと思う人の方が多いかもしれません。でも宮崎あおい演じる静流は、玉木宏演じる誠人と距離を置いてしまいます。その生き方が、成長した姿として写真に残ったのかなと思いました。しゃしんの宮崎あおいはとても美しかったです。

30代女性
30代女性

ピュア過ぎて胸が締め付けられるような映画でした。原作が大好きで、あらすじを知ったうえで観たのですが、それでも泣かされてしまいました。原作に流れる穏やかな愛の形の雰囲気がよく再現されていて、原作ファンの方もイメージを壊さずに観ることができるのでおすすめです。この映画の魅力はストーリーもそうですが、ヒロインの里中静流の持つ存在感です。ちょっと変わっていながら純粋でもあり、悲しい秘密も背負いつつ明るく振舞う彼女の魅力を見事に演じきった宮崎あおいさんは素晴らしいです。というよりもあまりに可愛すぎます。あまりネタバレになるので触れませんが、静流は劇中で猛スピードで大人の女性へと成長していきます。その途中段階での仕草や表情なども微妙に変わっていきますが、その時に応じた可愛さがしっかりと出ていたので本当に目が離せません。玉木宏さんや黒木メイサさんなど実力のある人が出演されていますが、ここは私の中で宮崎あおいさんの圧勝とさせていただきます。静流役に選んだキャスティングにも拍手を送りたいです。物語は玉木宏さんが演じる主人公と、静流の小さな恋愛エピソードが散りばめられていますが、その一つ一つに愛おしさを強く感じずにはいられません。映画のタイトルは原作本とはまったく違うのですが、このタイトルも秀逸だと感じました。

30代女性
30代女性

数年前に観ましたがまだ覚えています。ただただ宮崎あおいが可愛い。それだけを目的に観ても絶対損しないレベルの可愛さです。眼鏡をはずして「ん?」という仕草をするシーンがあるのですが、10年以上たっても脳裏に焼き付くレベル(自分は女性ですがそれでもかなりの衝撃でした)です。当時一緒に観た男性が今の夫なのですが、「好きな女優さんは?」というよくある質問に対して、「ただ、君を愛してるのあおいちゃん。宮崎あおいが好きなわけじゃなくて、あの役が抜群に可愛かった」と今でも言っています(完全同意です)。主題歌の雰囲気もとてもあっているので、それも大ヒットの理由なのだと思います。そして情景のきれいさ。数々のシーンに緑が多く映っている(植物)のですが、とてもきれいです。宮崎あおいの役の設定がわりとドリーミーで無理があるのに対し、自然の情景のミスマッチが逆に良い味を出しています。雨のシーンは涙を連想させるようで本当にきれいでした。また、最後の宮崎あおいの役が撮った写真が写るシーンがあるのですが、「あれこの子こんなにきれいだったっけ…」と驚きました。以上のように、ひたすら宮崎あおいの役が可愛いと言ってばかりですが、本当にそれを観るべき映画です。

40代女性
40代女性

誠人という名前ながら主人公は病気さえ持っていなければタラシとなるでしょう。何しろ役を演じるのは玉木宏さんと超イケメンです。好きな人がいながら他の女性との同棲生活を始めたりキスしたりと軽すぎる、それに対して宮崎あおい演じる静流の純粋さが可愛らしく可哀そうでした。彼女はいつまでも子供、大人になっては死んでしまうなんてまるでピーターパンのような存在です。それにしても、おなかに皮膚の病気を抱えていてという主人公に成長したら死んでしまうというヒロイン、変わった病気を抱えている二人が偶然出会うというのは現実的ではなくドラマの世界でした。好きな人が好きな人を自分も好きになりたい、そんな気持ちに達することはあるのでしょうか。好きな人が幸せでいてくれたらそれでいいと身を引く物語はあっても、それの一歩上を行く純粋さにはハッとさせられます。演じるのは宮崎あおいちゃんですから雰囲気と合っています。彼女のメガネ姿も新鮮、やっぱり可愛らしいのです。すでに意中の彼には好きな人がいて、なのに同棲生活をしてくれてヒロインの方は彼が好きな相手と仲良くなるとはかなり微妙な三角関係ですからこれからどうなるのだろうと目が離せませんでした。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『ただ、君を愛してる』を観て、「不器用な主人公の成長」と「ゆっくりと進む二人の関係性」が特に魅力的だと思いました。まず、不器用な主人公の成長についてです。この映画では、写真を撮ることが好きな主人公が、写真がきっかけで出会った女性と恋に落ちます。多くの友人に囲まれ順風満帆な大学生活を送りながらも、どこか自分に自信が持てなかった主人公が、明るく前向きな女性の影響を受け、不器用ながらも少しずつ夢のため、そして彼女との恋を実らせようとひたむきに努力していく姿が美しく、夢も恋も叶えて欲しいと思わず応援しながら観ていました。次に、ゆっくりと進む二人の関係性についてです。主人公とヒロインは、お互いのことを全く知らない状態から、写真のことを通して少しずつ仲を深めていきます。二人がお互いに相手のことや相手と過ごす時間を大切にしていて、少しずつ丁寧に関係を築いていこうとしていることが、ささいな会話や表情から読み取ることができて、もどかしさを感じつつも微笑ましく幸せな気持ちになって観ていました。また、二人でいる時特有の、自然体でほのぼのとした独自の空気感もあり、こちらものんびりと癒されながら観ていました。

 

40代女性
40代女性

タイトル通り純愛モノの「ただ、君を愛してる」。人と話すのが苦手な主人公、誠人を玉木宏さんが演じていましたが、声がめちゃくちゃいい玉木さんが無口な役ってもったいない~と思っちゃいました。でも大学の入学式で出会った宮崎あおいさん演じる静流と打ち解けていく様子は微笑ましかったです。嬉しそうにはにかんだりとほんとずっと見ていられる風景でした。ただ静流が想いを寄せていくのに対し、誠人には別に想いを寄せる相手がいるのが切なかったです。静流と話せたのは異性として見てなかったからなのかもしれませんね。可愛く幼い雰囲気がとっても好きでしたが、きっと静流のこころの象徴でもあったのだなぁと感じます。ただどこまでも健気だなぁと思ったのは、誠人が想いを寄せるみゆきと静流が仲よくなろうとしたことです。「好きなひとが好きなひとを好きに好きになりたかっただけ」ってほんとピュアですよね。深い~名言だと思いました。最後は、静流が行方不明になりますが、結局死んでいました。手紙が届いたのは一緒に住んでいたみゆきが協力していただけだったのですが、最初は恋のライバルだった?二人が最後は一番仲良くなったんだなぁと救われた気持ちでした。ラストは主人公がまだ残っている嘘の手紙を受け取るのですが、生きていると思っていた時と違いなんだか切なかったです。微笑ましく受け取ってはいましたが、この後どうやって気持ちを切り替えるのかなぁと思うとやるせないですよね。

 

40代女性
40代女性

誠人(玉木宏)のように大多数の男性は、静流(宮崎あおい)のような個性的な子よりわかりやすくみゆき(黒木メイサ)の方にときめくものだと思います。しかし、趣味も合うし互いにコンプレックスを持つ二人なので最初から結ばれていれば良かったのにと思ってしまいます。物語が進むにつれてどんどんその思いが強くなります。子供っぽいようで、ことあるごとに誠人を挑発する静流ですがそのアンバランスさが魅力です。一緒に住んでいても兄妹のようでありながら、みゆきに対してあからさまに嫉妬する静流をそれほど気にしてない誠人。その二人のやり取りが微笑ましいです。誠人が静流を始めて女性として意識するシーンは、静流の誕生日にあることをするシーン。恋人がいる誠人にお願いする静流もどうかと思いますが、このシーンで誠人の気持ちの盛り上がりを感じられました。物語が面白くなっていくのはこの後からです。静流は成長した自分を誠人に見てもらうことができて良かったと思います。しかし、誠人の気持ちを考えると胸が痛いです。そしてあの写真をみたみゆきも複雑な気持ちだったことでしょう。内容は少しもファンタジーではありませんが、とってもファンタジックに仕上がっています。

20代女性
20代女性

この作品は静流の無邪気なところが、見ていて可愛かったです。何に対しても興味津々なところや、いつも明るく笑うところが印象的です。少女感がこの作品とピッタリだなと思いました。病気のことがあるけど飾らないありのままの姿が良かったです。誠人と出会ってから日常がキラキラ輝いているところが素敵です。そして誠人は自分のコンプレックスがある中、静流との関係で少しずつ克服していくのがいいなと感じました。お互いに本当は誰にも知られたくないことがあるけど、そこが共通点となってわかり合える関係になったのが心にグッときました。二人でいる時間はなにより楽しそうで、見ていて暖かい気持ちになりました。儚さがある物語だけど、とても愛を感じるのがこの作品の魅力だと思います。二人の好きな想いというのを、ひしひし感じて思わず涙が出でてしまいます。また世界観が綺麗でおしゃれだなと思います。自然なところやレトロな雰囲気など、爽やかさもあって良かったです。カメラで写真を撮るところも、素敵だなと思いました。写真によっていろんな見方ができたり、写真から伝わってくるものもあって深いなと思いました。とにかくピュアで美しい作品だと思います。

 

まとめ

ただ、君を愛してる
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました