旅のおわり世界のはじまり(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『旅のおわり世界のはじまり』予告編(6/14公開)

旅のおわり世界のはじまり(映画)の動画フルを安全に見る方法

旅のおわり世界のはじまり
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

旅のおわり世界のはじまり
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

旅のおわり世界のはじまり(映画)の内容

映画『旅のおわり世界のはじまり』は、2019年6月に公開されました。

この作品は、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年を記念し、両国が共同で制作・企画したものです。

監督・脚本は、2018年に映画「散歩する侵略者」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞された、黒沢清監督です。

映画「旅のおわり世界のはじまり」は、日本のテレビバラエティ番組の取材のためにウズベキスタンを訪れた女性レポーターが、現地の人々との交流を通して成長していく物語です。そんな主人公の女性を演じたのは、AKB48として一世を風靡し、現在は女優としても大活躍する、前田敦子さんです。

主人公が急激に成長するようなあり得ない設定ではなく、自然体で迷い、少しずつ成長していくからこそ、観客が自分と重ねて入り込めるのだと思います。一見の価値ありです。

前田敦子の新境地となった一作。字幕がないので、理解できない言語にさらされるかんじがとてもリアルで、主人公の混乱を共有できました。

無意識に誰もが持っている、差別や偏見を染谷さんがうまく表現していました。怖いもの・知らないものには近寄らない、知ろうとしない。そういう日本人的なスタンスと自分とを重ね合わせて、作品に入り込んでしまいました。

キャストが皆はまり役で、リアリティがありました。海外での怖さや不安、優しさなどが感じ取れました。特に、前田敦子の自然な演技に引き付けられました。はじめは憂鬱だった表情が生き生きと変化していく様子に胸を打たれました。

主演の前田敦子さんの演技力に高い評価が集まりました。アイドル時代の可愛らしい雰囲気も残しながら、演技派女優として力をつけてきた彼女の自然な演技に大注目です。

あらすじ

主人公・葉子(前田敦子)は、バラエティ番組のリポーターとしてウズベキスタンに来ました。カメラに向かって笑顔でリポートをする葉子ですが、予定通りの画がなかなか取れず、撮影クルー一行はどんどんイライラを募らせていました。

食事のためにバザールに向かう葉子ですが、バスに乗るのも一苦労。強引に商品を勧められたり、道に迷ってしまったり、異国の地での生活に疲弊していきます。同時に、葉子の本当の夢である歌手と、リポーターという現実の仕事とのギャップにも苦悩していました。

そのころ、撮影クルー一行はナボイ劇場を撮影しに訪れます。ひょんなことから自分自身でカメラを回してリポートすることになった葉子は、熱中しているうちに撮影クルーからはぐれてしまいました。挙句の果てに、警察に追われ、とうとう連行されてしまった葉子。果たして、葉子の運命やいかに…。

見どころ

主人公・葉子の心の成長

仕事で異国を訪れた葉子は、スタッフにも、現地の人々にも心を閉ざし、東京にいる恋人にしか心を開きません。自分の人生に苦悩する彼女が、異国での経験を通して、人の優しさや温かさに触れ、次第に自分を解放していきます。海外へ一度でも行ったことのある方なら、異国独特の疎外感や不安を感じたことがあるでしょう。多くの人が共感できる物語に仕上がっています!

黒沢清作品史上、最高傑作とも呼ばれる本作

黒沢清にしか撮れないといっても過言ではない前田敦子の自然な演技が際立っている本作。華奢でありながら、未知の世界へずんずん進んでいく主人公の姿に、不思議と目が離せません。前田敦子自身のドキュメンタリーなのでは、とも思える、黒沢清の世界観をぜひ感じてみてください。

スタッフ

監督・脚本:黒沢 清
音楽:林 祐介
特別協力:ウズベキスタン国家観光発展委員会

キャスト

葉子:前田 敦子
バラエティ番組のロケでウズベキスタンを訪れたレポーター。歌手になるのが夢。異国の地での過酷な仕事に疲弊し、苦悩する。

吉岡:染谷 将太
テレビ映えする撮れ高ばかりを気にするディレクター。

佐々木:柄本 時生
AD。天真爛漫な性格。

テルム:アディズ・ラジャボフ
通訳兼コーディネーター。ウズベキスタンの現地の人々との意思疎通に欠かせない存在。

岩尾:加瀬 亮
優秀なカメラマン。ベテランだが、どこか慣れきった無気力な仕事ぶり。葉子の相談にのる。

 

旅のおわり世界のはじまり
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

旅のおわり世界のはじまり(映画)の感想

 

50代女性
50代女性

仕事で異国を訪れた若い女性をえんじる演じる前田さんが、悩む女性の姿をしっかりと演じており内容がずっしりと伝わって来ました。人生に迷っている彼女が、さまざまな経験をしていくうちにウズベキスタンの人々の優しさと暖かさに触れて自分自身を開放して行く姿がストレートに伝わって来てとても良かったと思います。撮影のために嫌な仕事をさせられながらスタッフともきちんとコミュニケーションを取っておらず孤独な姿とバックに流れる音楽が一致しておりより一層主人公の孤独感が伝わって来ました。まるで前田敦子のドキュメンタリーではないかと思わせるくらい前田さんの演技がリアルで良かったです。ヤギのシーンが印象的で前田さんが野に放ってあげたヤギと思われるヤギが遥か彼方の草原を走っている姿が感動的でした。染谷将太さんが演じるデレクターさんが嫌な奴だと感じていましたが後半は、人間の弱さも演じておりさすが染谷将太さんは演技が上手いなと感じさせてくれました。映画というよりは、本当にドキュメンタリー番組を見ているような壮大な感じが良かったです。前田さんというとアイドルのイメージがありましたが、女優さんだなとこの映画で感じることが出来ました。

 

30代男性
30代男性

ウズベキスタンとの合作映画とのことで、舞台もウズベキスタン。しかも主人公がテレビ番組の取材でこの地を訪れた女性リポーターとのことで、知らない異国に足を踏み入れた日本人の視点を、見る側も共有することができたと思います。前田敦子さん演じるヒロインは、迷いに満ちた女性ですね。リポーターの仕事を言われるままにこなしつつも、自分の夢見ていたこととのギャップによって、熱意に大きく欠けている感じ。そもそも自分がどういう人生を歩みたいのか決めかねている部分もあって、脳裏には恋人の影もちらついて、まさに方向を見失っています。それがウズベキスタンの人々との出会いを通して、自分を見つめ直し、ある種の決意を固めてゆく様が描かれています。人はそれを成長と呼ぶのではないでしょうか? そういう意味では、まさにヒロインの人間としての精神的な成長を描いた作品と言えます。特に歌声に惹かれて、ナヴォイ劇場につい足を踏み入れてしまったシーンは彼女にとって人生の大きな転換点となったと思います。そしてもう一つ、この映画で特筆するべきは、全編に渡ってウズベキスタンでロケしたことによって得られた、壮大な自然や、異文化の香り漂う街の風景です。ある意味、ウズベキスタンという国のプロモーションともなっている映画だと感じました。

50代女性
50代女性

前田敦子さんが、自然体でいい味を出していて良かったと思いました。とても絵になる女優さんだと思いました。ミュージカル女優を目指していて、劇場で突然歌い出したり、大自然を背景に「愛の賛歌」を歌うシーンはすごかったです。TVレポーターとしてウズベキスタンでレポートするのですが、ラフな格好でナチュラルメイクだからこそ魅力が一層引き立っていたと思いました。前田敦子さんの魅力が全面に出ている作品だと思いました!染谷将太さんが、いつも撮れ高を気にしている吉岡を熱演していて、さすがの演技力で存在感頑張ってあってとても良かったと思いました。柄本時生さんが、とても気さくでテキパキしているADの佐々木を熱演していて良かったと思いました。人や国や全ての物事を、流れている情報や見た目などだけで判断するのではなく、自分の目で見て感じたことを大切にしなければならないというメッセージが、とても良くて共感出来ました。世界で活躍したいと考えている人には、すごく勇気を与える作品に仕上がっていると思いました。海外を1人で旅する寂しさ、怖さ、緊張感やワクワク感などが詰まっていて、ウズベキスタンに行ってみたくなる映画だと思いました。

 

まとめ

旅のおわり世界のはじまり
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました