旅猫リポート(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
福士蒼汰『旅猫リポート』長尺予告編

旅猫リポート(映画)の動画フルを安全に見る方法

『旅猫リポート』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『旅猫リポート』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

旅猫リポート(映画)の内容

映画『旅猫リポート』は、2018年10月に公開されました。

図書館戦争』などで知られる有川浩さんの小説をもとに映画化された作品で、猫好きの青年と飼い猫の絆を描いた感動ストーリーです。有川さん原作の映画『植物図鑑』でもメガホンをとった三木康一郎さんが本作品でも監督をされています。

主人公の青年・悟(さとる)を福士蒼汰さんが演じ、彼ともに暮らす飼い猫・ナナの声は高畑充希さんが担当しています。ドラマ・舞台・映画など幅広い分野で活躍されている高畑充希さんは、本作品での猫役に対し、猫がどう喋るかの正解が無いため演じるのが難しかったと語っています。しかし、さすがの表現力で見事に猫役を演じきっている印象です。

 

福士蒼汰の穏やかで自然な演技にホロリとさせられた。心あたたまる素敵な映画。

悟にもナナにも感情移入してしまって涙が溢れました。猫好きな方、動物好きな方にはより沁みる映画ではないかと思います。

優しい雰囲気と共に寂しさも漂う映画。猫が喋ったりするファンタジーチックなものはあまり得意ではなかったのですが、観終わった後に自分の人生も振り返れるような物語だった。

猫ちゃんが演技上手すぎてびっくりした!高畑充希さんの声もナナの感情が伝わってて来て違和感なく見られました。猫と人間の絆や友情が優しく描かれた素敵な作品です。

 

あらすじ

もともと野良猫だったナナ(声-高畑充希)は、ケガをしていたところを猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に救われ、悟の飼い猫として暮らしていくことになります。愛情をこめて育ててもらったナナですが、とある事情から悟はナナを手放す決断をすることに。ナナの引き取り手を探すべく、悟の旧友たちのもとへ訪ねる旅が始まります。

見どころ

温もりにあふれたストーリー

この物語は、ナナと悟の絆だけでなく、悟が少年時代を共に過ごした旧友たちとの友情や人々の温かさも描かれています。旅を追うごとに、悟という青年の心優しい人柄が感じられる心温まる感動ストーリーになっています。

猫の演技力

「猫の演技力がすごい!」という感想が多く見られた本作品では、映画『猫侍』などを手掛けるアニマルトレーナー・中村まゆみさんが演出に携わっています。猫がじっとしている様子は比較的映しやすいですが、ナナが走るシーンなどを撮影するのが大変だったそうです。そんな苦労がありながらも、ナナの感情が上手く表現されている作品になっています。猫好きの方にはとくにおすすめです!

スタッフ

原作:有川浩
監督:三木康一郎
脚本:有川浩、平松恵美子

キャスト

福士蒼汰(宮脇悟)
猫好きの青年で、幼いころにナナと出会い長年ナナと共に楽しく暮らしてきた。思いやりのある優しい性格。

高畑充希(ナナ-声)
元は野良猫で、交通事故でけがをしてしまったところを悟に救われた。ドライな性格でちょっと生意気なところもある猫。

広瀬アリス(杉千佳子)
悟の高校の同級生。

大野拓朗(杉修介)
悟の高校の同級生。千佳子と結婚し、ペンションを経営しながら犬や猫と暮らしている。

山本涼介(澤田幸介)
悟の小学校からの幼馴染。以前、悟と一緒に猫を拾ったことがある。

竹内結子(香島法子)
悟の叔母。悟が幼いころから一緒に暮らしていた。

前野朋哉(吉峯大悟)
悟の中学時代の同級生

田口翔太(宮脇悟-小学生時代)
二宮慶多(澤田幸介-小学生時代)
中村靖日(五十嵐)
戸田菜穂(神崎)
橋本じゅん(宮脇健悟)
木村多江(宮脇和子)
田中壮太郎(澤田慶介)
笛木優子(澤田洋恵)
沢城みゆき(モモ-声)
前野智昭(虎丸-声)

 

『旅猫リポート』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

旅猫リポート(映画)の感想

20代女性
20代女性

猫が好きなので、猫が出るから……という理由で観たのですが、最後のほうはぼろぼろに泣いてしまいました。主役である福士蒼汰さんのことを、この映画を見るまでほぼ知らなかったのですが、こういった役どころも丁寧に演じられる役者さんなのだなと思いました。主人公の相棒の猫の心の声の役が高畑充希さんなのですが、時にかわいらしく、時にちょっぴり生意気で、時に胸を締め付けるようで……と猫の動きにもよく合ったキャストだったなと思いました。ストーリーはよくある感動もの、と言ってしまえばそれまでですが、そこに猫がいて、猫の声が聞こえるということで、猫好きは観て損はないと思います。猫がひどい目にあうことはないので安心して観られます。また、色合いがはっきりした場面が多く、どれもとてもきれいなので、ゆっくりした気持ちになりたいときに観るにもおすすめの映画です。猫を飼ったことのある人は、このシーンの役者さんは猫のために頑張ったな……と思うシーンがいくつかあるので、そこにも注目しながら観てほしいです。音楽も優しいメロディーが多く、でも聞いているときゅっと胸を締め付けられるようで、観終わった後は猫にも人にも優しい人になろうという気持ちになりました。

 

20代女性
20代女性

この映画の魅力はなんと言ってもねこのナナです。猫好きには癒されポイントが満載でとてもほっこりします。また福士蒼汰さん好きにもたまらない作品です。高畑充希さんの声のねこナナととても優しい悟である福士蒼汰さんのやり取りに納得したり、笑ったり、泣いたり、感動したりと一緒に旅をしている気分になれます。2人の旅という名の人生を描いたありそうで今までにはなかった、最高にあったかい気持ちになれる映画です。風景も綺麗で猫もとっても可愛い、福士蒼汰さんもかっこよすぎて幸せな気持ちになりました。動物と人生を共にすることについても描かれており、人間側も猫側の想像の気持ちですが、確かにと思えるシーンがたくさんありました。大人も子供も誰が見てもわかりやすく感動できる作品です。悲しい場面もあり、涙が止まりませんでしたが、生きていたら遭遇する事だらけの日常のため、映画に入り込んで楽しめます。癒されたい時に観るのも良し、人生に疲れた時に観るのも良し、イライラした時に観るのも良し、どんな時でも心温まることのできる映画です。猫に興味がなくても旅に興味がなくても、出演者に興味がなくても観る価値のある映画なのでぜひ見て欲しい作品です。

30代女性
30代女性

猫好きな友人を誘って見に行きました。宣伝を見ると猫のナナちゃんが素朴で純粋に可愛いらしかったこと、自然が豊かなシーンが多かったこと、。そして福士蒼汰さんがナチュラルで、総合的にとても癒されそうな映画だなとの印象で見にいくことを決めていました。実際猫のナナちゃんの演技が上手で可愛いし、台詞も面白くて高畑さんの声ともマッチしていました。それできっと子供達にも楽しく見てもらえるのではないかと思います。でも映画の中心のテーマはやはり「旅」です。ストーリーが進んでいくにつれて様々な感情や思い出が蘇って来たり繋がっていきます。見ている自分を主人公の同年代の時に自然と重ねてしまいます。その頃自分が出会ってお世話になって来た様々な人々の顔や声が思い出されるようでした。彼らは今どうしているかなぁ、とか さりげなくサポートして気遣ってくれていたんだなぁと、短時間で色々なことが思い出されるという事でしょうか。。なんとも言えない不思議な温かい気持ちになっていきました。映画に出てくる人々がそれだけ温厚で親切な人ばかりだったということもあると思います。世の中現実はなかなかそうも行きませんが、1人の人の人生を取り巻く理想的な環境が丁寧に映し出されている作品だったので、貴重な作品だと思います。

 

20代女性
20代女性

私は、この作品を観て、「猫の可愛らしい姿」と「主人公の抱える秘密が明らかになる過程」が特に魅力的だと思いました。まず、猫の可愛らしい姿についてです。この作品では、主人公と飼い猫のナナの旅の様子が描かれます。ナナの気まぐれな行動や主人公とじゃれ合う様子が可愛らしく、癒されながら観ていました。また、ナナが人間の言葉で自分の気持ちを話す場面もあり、その見た目通りの可愛らしい話し方にも好感を持ちながら観ていました。次に、主人公の抱える秘密が明らかになる過程についてです。作品の序盤では、人間と飼い猫とのほのぼのとした旅のように描かれますが、次第に主人公がなぜ飼い猫を連れて旅に出ているかが明らかになっていきます。一つの作品の中で、のんびりとした旅の様子と秘密が明かされていくという謎解きの要素という違った楽しみ方ができる要素があり、最後まで新鮮な気持ちを保ちながら観ていました。また、秘密が明らかになるにつれて、主人公の表情が変化していく様子や主人公の周囲の人々が主人公を想う様子、ナナが主人公のことが本当に大好きなのだということが分かる様子が描かれ、その様子にこちらまで切なく胸が苦しくなりながら観ていました。

50代女性
50代女性

私は動物ものはドラマであろうと映画であろうと観ないようにしていた。幼いころから動物が大好きで何匹も犬を飼い、悲しい別れをしてきた。なので動物との別れのシーンはほぼ100%号泣する。しかし、この映画は私が大好きな女優高畑充希さんが猫のナナの声を担当していると知り、恐る恐る観てみた。なんとも切なくて悲しくて何度も泣いた。主人公、悟の境遇の過酷さにも胸が痛んだ。「こんなに優しくて素晴らしい人なのに何で病気になったの?何でナナを置いていくの?」と。今まで、私は置いていかれる立場だった。大切な家族以上のペットを置いて死んでいく気持ちはどんなだろう?きっと私がそうなったら悟のような行動を取るに違いないと思った。高畑充希さんの声はとても心にしみた。まさに猫になりきっていたし、素晴らしかった。才能豊かな女優さんだ。彼女を初めて知ったのは「3年B組金八先生」第8シリーズだが、いい女優に成長したなぁとまるで母のような感情を抱いてしまう。悟は短い生涯を終えたが、それでも「僕は不幸じゃない」と言い切った。そう、たくさんの人に愛された人生だったから。何よりナナを愛し、ナナに愛された。人生は長さではない、どう生きたかが大切なんだと実感した映画だった。高畑充希さんばかり書いたが、福士蒼汰さんの演技も素晴らしかった。

40代女性
40代女性

開始すぐに涙が出ました。犬猫を飼ったことのある人は涙なしには見られない映画です。悟(福士蒼汰)は、これでもかという感じで不幸に苛まれますが、それでも淡々を自分の人生を受け入れていている点は見習いたいです。ナナ(高畑充希)はふてぶてしくも優しく、猫を飼ったことがある人には「あるある」と見ていて楽しめます。悟のおばさん(竹内結子)と悟の距離感はちょうどよく、ベッタリと可愛がるわけではありませんが、心配し愛してくれています。母性というよりは父性のような見守る大きな愛情に感じました。気になる点は、千佳子(広瀬アリス)への気持ちです。最後のお別れの時に過去のことなのに千佳子に気持ちを伝えたのは、悟らしくないような気がしました。悟にとっては過去ではなく、好きになった女性は千佳子だけだったのかと思うと切ないです。千佳子も悟のこと好きだったけれど、結果的には杉(大野拓郎)を選んで正解だったと思います。悟の人生を映画を見る前に想像をしていましたが、畳みかけるような生まれついての不幸はちょっとショックでした。不幸な悟の人生ですが、それでもハチ、ナナ、両親、おばさん、友達はみんな悟を大好きでした。それだけで良い人生だと思います。涙活にちょうどよい映画だと思います。

40代女性
40代女性

サトルが愛猫をナナを引き取ってもらう旅に出る「旅猫リポート」。ナナの声を高畑瑞充希ちゃんがしていたのですが、とっても自然で驚きました。野良猫だったナナを5年間育てていたサトルはほんとうにいい青年だなぁと思いました。ナナと戯れるなんとも言えない優しいサトルの表情から過去に悲しいことがあったことなど感じませんでしたが、過去に辛いことがあったからこそ優しくなれたのかもしれませんね。引き取りを頼もう尋ねた同級生にも事情があり、色々大変そうでした。他にも訪ねて行きますが結局うまく行かず気の毒でしたが、ナナとしてはほっとしていたでしょうね。引き取り先を探しているわけが徐々に明らかになりますが、それがなんとも切なかったです。自分の身がそんな状況なのにひとりになるであろうナナのことを一番に考えているところに優しさを感じます。元々野良猫だったので飼ってくれるひとがいなくなってもなんとかなるのでは?と思いましたが、猫を飼うことで感じるしあわせや喜びもあると思うので色々考えさせられました。旅先での再会と交流はもちろんですが、都会では見られない風景が観れたりしたのも良かったです。最後はサトルの叔母、ノリコがナナを引き取ることになるのですが、ノリコは判事の仕事をしていてずっと一緒にいられないのもありナナが逃げ出しサトルの元へ。サトルの叔母だからそんな悪いようにはしないと思うけど、サトルと最期まで一緒にいたかったのかな?、動物への愛を通して、命の輝きの大切さを味わえる作品でした。ペットを飼ったことがなくても感情移入出来たので、きっと猫を飼っている方には涙なしでは見れないでしょうね。

50代女性
50代女性

「図書館戦争」「フリーター家を買う」がきっかけで原作者の有川浩さんのファンになり、「旅猫リポート」も読んで、とても感動した小説でした。普段は自分のイメージが先行してしまわない様に、映画を観てから原作を読ませて頂く事が多いのですが、この作品は逆になってしまいました。ですが、不思議と全てがイメージ通り、それ以上でした。主演の悟役の福士蒼汰さんはブリーチとは全く異なる弱々しく見えて芯の強い余命僅かな青年を非常に印象深く演じられています。飼い猫ナナ役の高畑充希さんは純粋に真っ直ぐに悟を思うナナを本当に純粋に真っ直ぐに演じられていて、悟の叔母役の竹内結子さんは不器用ながらも愛情深い、とっても人間らしい役柄を見事に演じられています。悟が訪れる旧友や親戚も純粋な悟を純粋に思いながらも、それぞれが何かを抱えて生きている様にも心を動かされます。「悟が助からない」事を友人の飼い犬がナナに告げるシーンは、本当に見事でした。ナナの悟を思う気持ちと深い悲しみが伝わってきて切なさで胸がいっぱいになりました。家を出て野良猫になってでも入院中の悟の側に居続けたナナを悟の最期に立ち会わせてくれた叔母さんの愛情と病院の方たちの粋な配慮に心から感謝しました。悟の純粋で真っ直ぐな生き様が亡き後も友人同士を強く結びつけている事も素晴らしいと思いました。思い切り泣いて、最後は心が温かくなる映画です。

30代女性
30代女性

「旅猫リポート」は大ヒット作家、有川浩さん原作の小説を映画化した作品です。車に轢かれ、大怪我を負った野良猫を拾った心の優しい青年、サトルと拾われた猫のナナ。家族となった2人の絆を描いたこの作品は動物ものですが、まるでヒューマンドラマのような感動があります。
野良猫だったナナは自分を救ってくれたサトルと家族になります。互いに大切な存在となった1人と1匹ですが、ある日サトルはある事情からナナを手放す決意をします。そしてナナの新たな飼い主を見つける為、サトルはナナを連れて旅に出ます。サトルがなぜ大切な家族であるはずのナナを手放さなければならないのか。その理由が分かると涙が止まらなくなります。
ナナは猫ですが、ナレーションという吹き替えもついているので見ている側にもナナの気持ちがダイレクトに伝わってきて、とても共感してしまいます。そして自分の死期が近い時、家族と同じくらい大切な存在のペットが残されたらどうするか、と考えさせられます。ナナには自分が死んだ後も、生きて幸せになって欲しいと願うサトルの気持ちにも共感してしまい、終始涙無くしては見られない作品です。サトルとナナの絆にも感動する作品ですが、映画の中に出てくる風景の美しさも素晴らしく心が洗われるような映画でした。

 

40代女性
40代女性

原作を読んでから映画を観たのですが、忠実に再現されていました。聞いた話によると原作者である有川浩さんが脚本も担当したそうです。原作のある作品は映画化になると脚本がかなり変わってしまうこともあるので、その点では忠実に再現されていて良かったと思います。猫目線でお話が進むというとてもチャーミングな作品です。猫好きの人にとっては可愛い猫が出てくるというだけで楽しめることでしょう。内容としては最初は面白いお話のように感じられます。しかし、だんだんと現実が分かってきます。なぜ、主人公は猫を手放そうとしているのか、その理由が分かります。後半は涙なしでは観られないことでしょう。心がほっこりする面もありますが、大泣きして感情そのままに吐き出すというのもいいかもしれません。優しいお話に触れたい人などにいいと思います。個人的には配役もとても合っていたように感じられました。主人公の福士蒼汰さんが特にピッタリだったと思うのです。また、いろいろなところを訪れるのですが、自然あふれるシーンが多く、私も一緒に旅をしたような気持ちになれました。雄大な景色を観られるだけでもお得感があります。この作品を観てからというもの命の大切や周囲の身近な人の大切さなどを考えるようになりました。

 

まとめ

『旅猫リポート』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

高畑充希のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 忘却のサチコ
  • ドラマスペシャル「忘却のサチコ」

【アニメ】(声の出演)

広瀬アリスのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ハラスメントゲーム
  • 愛を乞うひと
  • 釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 ~瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編~
  • わろてんか
  • 家康、江戸を建てる
  • ハラスメントゲーム 秋津vsカトクの女

大野拓朗のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

竹内結子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ステキな金縛り
  • イノセント・デイズ
  • 三谷幸喜「大空港2013」
  • 連続テレビ小説 あすか 総集編
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました