食べる女(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『食べる女』特報

食べる女(映画)の動画フルを安全に見る方法

『食べる女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『食べる女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

食べる女(映画)の内容

映画『食べる女』は、2018年9月に公開されました。

原作は、「失楽園」などの脚本で知られる、筒井ともみさんによる短編小説集『食べる女』『続・食べる女』で、本作の企画・脚本も担当されました。

監督は、3年B組金八先生シリーズなどを手掛け、9年ぶりに長編映画のメガホンを取った生野慈朗さんです。

映画『食べる女』は、東京の街で生きる8人の自由で孤独な女性たちが、それぞれに違う形の幸せを模索する日常を描いており、主人公の餅月敦子役を小泉今日子さんが演じ、ほか豪華女優陣が共演しております。

これだけ豪華な女優陣が揃っていますが、一番良かったのは沢尻エリカさんでした。やっぱ圧倒的に美しいし良い役者さん。
本人自身がいけないことをしてしまいましたが、視聴する側としては彼女の演技がもう一度見たいですね。

たまたま、何気なく原作を読んでいたので観ましたが、豪華な女優陣たちに見ていて飽きません。また時間があったら観ようと思います。

美味しそうなご飯がたくさん…最近のスーパーの総菜は美味しいもので溢れておりますが、やはり手作りには敵わないですね。本当に美味しそう!

人間模様が絶妙に描かれており、すごく良い映画だったと思います。

日本の食が世界に誇る理由がわかりますね。本当に見ていて美味しそうな料理ばかりでした!

また、登場する女性のそれぞれの悩みが、現代女性の悩みとリンクしており、共感される方が多いのも評価が高い一つの要因ですね。

あらすじ

東京の片隅に古びた日本家屋の一軒家、通称『モチの家』という古書店があります。そこを営む雑文筆家の“トン子”こと餅月敦子(小泉今日子)は、美味しい料理を作って、迷える女性たちにご飯を食べさせ、元気にさせることが生きがいです。

そんなトン子は、月に1度、悩める女性たちとおいしいものを好きなだけ食べる宴を開き、親友で『ごはんや道草』の女将・美冬(鈴木京香)と共に、手料理を振舞っておりました。

奥手で中年男性との恋愛関係に戸惑う圭子(沢尻エリカ)。刺激を求めてばかりで現在交際中の彼氏からのプロポーズに悩む多実子(前田敦子)。恋愛で失敗ばかりしているあかり(広瀬アリス)らが集まり、トン子が振る舞う料理に舌鼓を打っていました。

今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女性たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まります…。

見どころ

こだわった料理映像

本作で登場する料理は、なんと50品以上です。家庭料理にひと工夫された料理は、見ていてヨダレが止まりません。また、料理単品ではなく、それを美味しそうに食べてる彼女たちを見れば、心が満たされます。

完成披露試写会にて、沢尻エリアさんが仰っていました。
「現場が本当にこんな楽しいことはないです。終わったらみんな、控室に戻ったりとかするんですけど、戻らないんです。ご飯もあるし、みんななんか喋ってるし」

撮影現場は、通常ではありえないくらい和気あいあいで、「幸せな」現場だったそうです。観ていてるコチラ側まで幸せになれる作品となっております。

結婚の背中を押した映画

2018年7月31日に結婚報告を行った、勝地涼&前田敦子夫妻。間違いなく、二人の結婚への背中を押した作品になっております。

初めての共演は、2015年2月に放送されたドラマ『ど根性ガエル』で、久々の共演となっておりますが、二人の距離を縮める後押しになっていたでしょう。撮影のラスト近くでは、ごはんや『道草』のカウンターで、前田敦子演じる多実子と勝地涼演じる白石が並んでご飯を食べるシーンで、カメラが止まっても二人は親しく話していたそうです。

そんな、仲睦まじい共演を是非ご覧ください!

スタッフ

原作:筒井 ともみ『食べる女 決定版』
監督:生野 慈朗
脚本:筒井 ともみ

キャスト

餅月敦子:小泉今日子
古書店『モチの家』の女主人であり、雑文筆家。

小麦田圭子:沢尻エリカ
書籍編集者。敦子の編集を担当している。

白子多実子:前田敦子
製作会社のAP。敦子のことを人生の先輩として頼りにしている。

本津あかり:広瀬アリス
古着ショップの店員。『Barロマ』の常連客。

茄子田珠美:山田優
『Barロマ』の手伝い。現在4人目の子供がお腹にいる。

米坂ツヤコ:壇蜜
2児の母親。耳のパーツモデルをやっている。

豆乃・リサ・マチルダ:シャーロット・ケイト・フォックス
料理の出来ない主婦。美冬から料理を教えてもらう。

鴨舌美冬:鈴木京香
ごはんや『道草』の女将。敦子とは幼馴染。

タナベ:ユースケ・サンタマリア
冴えないオヤジサラリーマン。

豆乃修治:池内博之
IT会社重役でマチの旦那。別居中である。

白石:勝地涼
『Barロマ』の常連でシノザキに恋心を抱いている小学校教師。

シノザキ:間宮祥太朗
『Barロマ』の手伝い。

淳:真木蔵人
『Barロマ』のオーナー。

友太:小池徹平
アパレルメーカーの社員。あかりと仕事で知り合う。

矢々田:笠原秀幸
サラリーマン。道端であかりとばったり出会う。

桜井はる:小島聖
世界を旅する自由なママ。

由有羅:宇田琴音
桜井はるの一人娘。哲太と暮らしている。

哲太:遠藤史也
由有羅と暮らすはるの恋人。

米坂トキヲ:RYO(ORANGE RANGE)
ツヤコの元旦那でミュージシャン。

米坂リュージ:瀧 福之助
トキヲとツヤコの息子。

米坂ミドリ:鈴木優菜
トキヲとツヤコの息子。

お客さん:PANTA
古書店『モチの家』に何気なく立ち寄るお客さん。

『食べる女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

食べる女(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

タイトルの通り、美味しそうな食事がたくさん出てきます。美味しい料理を目の前にすると、誰もが幸せな気持ちになって元気になれるということが伝わってきました。そして、コンビニや外食で済ませることの多かった自分の生活も見直さなければと思える作品でした。時間をかけて料理をするということは、人間が生きるうえで必要なことであり、そおれが原点であるのだとも思います。日頃から体のためだけではなく、心のためにも手料理を自分に振る舞うことを心がけたいです。主演は小泉今日子だったのですが、彼女の本当の自宅を訪れているかのような気持ちになりました。それだけはまり役で自然だったのではないでしょうか。彼女を取り巻く人間模様も、それぞれのドラマがあって、最後はみんなが幸せになれるという素敵な展開でした。ユースケ・サンタマリアと沢尻エリカの組み合わせには、少し驚きましたがなんだかんだお似合いだったようにも思えます。豪華な女性陣が集まっては異性の話をするという女子会モードも、はたから見ている分には物凄く楽しめました。一つの作品の中にいくつものストーリーが隠されているという設定は見ていて飽きることがなく、良い手法だったと思います。

50代女性
50代女性

小泉今日子さんが、自然体で敦子を演じていて独特の雰囲気を醸し出していて、とても良かったとソリューションました。なんとなく樹木希林さんのように思えました。とても説得力のある素晴らしい演技力だと思いました。沢尻エリカさんが、とてもきれいで面白くて明るくてすごかった良かったと思いました。ツンとしていても、食いしん坊なのが隠せない演技がとても良かったです。鈴木京香さんが、安心した演技力で、さすがのベテランの雰囲気を出していて、良かったと思いました。和服姿が素敵でした。中年女性の可愛らしさをうまく出していたと思いました。広瀬アリスさんが、お酒と男にだらしないあかりをとてもいい味を出して熱演していて、とても良かったです。はまり役だと思いました。ユースケサンタマリアさんが、サイコパスのような雰囲気をうまく出していて、良かったです。前田敦子さんと勝地涼さんの、自然で微笑ましいやりとりが、とても素敵だったと思いました。自分が作った美味しい料理を食べて、好きな人と愛しあう。普通のことなのですが、なぜかそれでいいんだと思えました。平凡であることの幸せに改めて気付かせてくれる、あたたかい気持ちになれる作品でした。観終わった後、きちんと丁寧に手をかけて料理を作ろうと思わせてくれる映画です。

40代女性
40代女性

食べるって生きる上でなくてはならないことです。人間の場合はただ栄養を補う以上に心も満たす大切な儀式なのだなと思えました。美味しいものを食べたいという欲求は性欲と重なる部分があるのかもしれません。その姿を臆さず見せられる相手・お洒落なレストランだけでなく焼肉とかラーメンをもりもり食べていられる人と結婚したくなるのも当然なのです。小泉今日子さんをはじめとしてとにかく様々な女性たちが出てきます。鈴木京香さんに沢尻エリカさんさん・前田敦子さん・広瀬アリスさんや壇蜜さんと、皆さんそれぞれに美しすぎて、美味しそうな食べ物だけでなく彼女らに目も楽しませてもらえました。見た目や性格も異なるならセックスのありようだって違う、それぞれの愛について見つめなおしていく姿はエッセイ集とか見ているようです。意外とセックスシーンも多くてドキドキしますが、軽いタッチは入っていきやすいのです。20代から30代・40代と幅広い年齢層なのもいい、また違った年代になってからみたら昔とはちがう感想を持ちそうです。素敵なティーカップで紅茶でも飲みながら女性が一人でのんびりと楽しむのにピッタリな作品です。ご飯が美味しそうなので、食事もとりたくなります。

50代女性
50代女性

年齢や立場、抱えていることも様々な女性たちが集まってはおいしい食事をとりながら気兼ねなく過ごす様子が温かく面白いです。おいしいと心から感じるのは最高の幸せなんですよね。心を込めた料理は、こんなにも人の心を和ませ、豊かにさせるのだと改めて考えさせられます。反対に、ただお腹を満たすだけの食事が次第に心を冷たくさせ、あったはずの愛まで消え去りかねないことが怖くなるんですよね。マチルダが、夫の心を取り戻そうと一念発起するところが素敵です。協力する美冬の人情味にも打たれました。懸命に頑張り通したマチルダの愛の力に拍手です。料理を作れるようになったのももちろんすごいですが、その大切さを知った彼女自身の成長が晴れやかでした。圭子とタナベの関係も、どう発展していくのか注目していました。意外に合うふたりにときめきも感じますが、タナベの気持ちが今一つ掴み切れなくて、ちょっとやきもきします。圭子への思いが見えた時、ホッとして思わず笑顔になりました。それぞれが食を通じて、色々ありながらもずっと楽しい関係を続けていくんだろうな、とほっこりしますね。こんなお店があったら本当に人生素敵になりそうと思わせ、心地よい感動に包まれる物語です。

60代女性
70代女性

小泉今日子、鈴木京香、沢尻エリカ、壇蜜、山田優、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、名前を聞いただけでも「何これ?!」と思うほど、豪華で個性豊かな女優さん達が一堂に共演しています。その女優さん達がいったい何を食べるの?次から次へと出てくる!出てくる!美味しそうなお料理、食べ物、食材の数々。手羽先の岩塩焼き、太刀魚のムニエル、塩ゆで空豆、肉じゃが、サンドイッチ、酒饅頭、他にもいろいろ。小泉今日子が演じる執筆家、敦子(トンコ)さんを中心に、女優さん達が演じる個性豊かな女達の背景にあるそれぞれの切ないストーリー。人は嬉しくても悲しくても何かを食べる。出会っても別れても何かを食べる。恋をしててもしていなくても何かを食べる。その食べ物にもそれぞれ思いやストーリーがある。心のこもった美味しいお料理は、きっと人生まで変えてくれる力がある。シャーロット・ケイト・フォックスが演じるマチルダさんが言っています。「美味しいという言葉の意味がわかっていなかった。それは、自分の心と身体を知ること。」自分の心と身体を知るということは、本当に自分が何を求めているのか知るということですね。これから私も何を食べるか、三度、三度の食事を大切にしたくなりました。女優さん達皆さん美しかったですが、食べてる顔の表情が本当に素敵でした。

20代女性
20代女性

私は、映画『食べる女』を観て、「豪華女優陣の共演」と「食べることの大切さ」が特に印象に残りました。まず、豪華女優陣の共演についてです。この映画には、主演を務める小泉今日子さんをはじめ、前田敦子さんや広瀬アリスさんなど、数々の映画やドラマで活躍する女優さんたちが出演しています。女優さんたちが一堂に会することで圧倒的な華やかさがあり、さらにそれぞれの登場人物を魅力的に演じられていて、それらの女優さんたちの共演によって生み出される独特な美しさに魅了されながら観ていました。次に、食べることの大切さについてです。この作品では、タイトルにもあるように、食事をする場面が頻繁に登場します。食事をする際の人数や食事の内容、どんな感情で食事をしているかも様々で飽きずに観ることができます。食べることは私たちが日常生活で多くの時間を割いていることですが、その魅力について考える機会はあまりありません。しかし、この映画では食べることによって前向きな感情を得ることができたり誰かと繋がることができたりと、食べることによって私たちは様々な力を得られることを感じることができ、改めて食べることの大切さを感じながら観ていました。

30代女性
30代女性

8人の女性たちの日常を描く作品。この人たちが共演するんだ?という、ちょっと意外な人選な気がします。もっと小泉今日子さんの家が駆け込み寺みたいになっていて、みんなが続々集まってくるのかと思っていたら、意外と違いました。付かず離れずなスタンスで、キョンキョンにはああいうサッパリした役が似合っていますね。改めて「食べる」って大事だなぁ、と思いました。食が原因で恋人と別れたり、逆に付き合うことになったり。365日・3食あるんだからそりゃそうだよな、と納得。美味しいものを食べて元気になったり、私たちの生活から切っても切れないものですね。性描写が結構あったけど、それを含めて「食べる」なのかな。むしろ食べ物より印象に残っているかも。とはいえ激しい描写ではなくてライトな感じです。個人的には、壇蜜が怖かったです。いい方向に向かっていくことを願います…。終盤のちょっとした場面ですが、「食べる女」ならぬ、「食べる男」3人衆の方がおもしろそうだな…と思ってしまいました。あの後どんな話をしたんだろう…。女性目線で描かれていましたが、男性目線だとどういう作品になるのかな。淡々とした映画ですが、ちょっとあたたかくなれる作品だと思います。

30代男性
30代男性

筒井ともみ著「食べる女」を原作に作られた映画であり、監督は「3年B組金八先生シリーズ」の演出で有名な生野慈朗。小泉今日子が主演を務め、「食」の魅力をテーマにした作品。夫婦関係や家族関係、男女の恋愛など、日常の中で尽きない悩みを抱える女性たち。でもそれが「美味しいご飯を食べること」や「誰かのために料理を作ること」で、その間だけでも少し悩みから離れることができ、ただただ「満足感」や「幸福感」を感じることができるという。恋愛や家族愛には、それぞれの男女や家族の数だけ様々な形があるが、普段何気なくこなしている食事一つをとっても様々な背景や形、そして想いがあるのだと気づかされる。さらには、そんな様々な想いがあれど、「食」というのは人を裏切ったり傷つけたりすることはなく、結果的には人々に「笑顔」や「幸せ」を与えてくれるものだということにも気づかされるのが、この作品である。なぜか人間(特に女性)は、平凡な日常を脱するのに「恋愛」という一種の冒険を求めがちだが、「食」という安定した幸せの形があるのではないかということを提示しているようにも思えてくる。他キャストも鈴木京香、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスなど豪華女優陣が揃うが、それぞれが、近くによくいる女性像を心地よく演じているため、日常の中にある喜びという映画の身近なテーマに説得力を感じさせてくれる。

30代女性
30代女性

トン子役の小泉今日子さんと美冬役の鈴木京香さんの二人が歳を重ねてもより一層魅力的で見惚れてしまいました。いろいろな女性たちのそれぞれの生き方を「食」と「性」をテーマに描かれています。ほのぼのとした映画かと思いきや大人の女性向けの意外と深い映画でした。もちろん男性が観ても面白いと思いますが、大人の女性には共感できる部分がかなりあると思います。女性たちが繋がりを持っているれど、決してベタベタした関係ではなく必要な時には支え合う関係が理想的で素敵でした。美冬がトン子の話をマチルダにするシーンで「好きだなぁ」としっかり言葉にするところも可愛らしくて好きでした。本当に美味しそうなご飯がたくさん出てきて観ているうちにお腹が空いてしまいす。マチルダが作ったお味噌汁をトン子が飲んで美味しいというシーンで人の手で作られた温かいご飯はやっぱり幸せだなぁと感じました。登場人物たちがそれぞれ悩みながらも女性として強く生きている姿に勇気づけられました。もちろん男性にも男性の楽しみ方があると思いますが、女性として生きる楽しみ方がたくさんあるんだなぁとしみじみ感じられました。料理を丁寧にできる人は男性でも女性でも魅力的だなと思いました。ユースケサンタマリアさん演じるタナベが作るご飯がとても美味しそうでした。映画を観終わった後は自分も美味しいご飯を作りたくなりました。

20代女性
20代女性

小泉今日子さん演じるトン子は古書屋を経営しています。なによりも食を愛しているトン子が作る料理は絶品で夜な夜な悩める女たちが集まっては、トン子の料理を食べ、互いに慰め合うのが日課になっていました。人生の悩み、恋の悩み、性の悩みなど様々な悩みを抱えた彼女たちにいつもトン子は美味しい料理を振る舞います。断れない女、自分を好きになれない女、プライドが高くて素直になれない女、男を信じられない女、そんな悩みに対してトン子は「心が寂しかったら食べなさい」と言い優しく母のように包み込む様子がジーンときました。トン子の料理を食べた彼女たちは徐々に自分を取り戻し、自分に正直に生きるようになります。その成長していくシーンにとても勇気をもらいました。なにより本当に料理が美味しそうで、食べることの大切さ、楽しさも学ぶことができました。見終わった後、なんだか自分までスッキリしていて明日からも頑張ろう、と思える素敵な作品です。女性陣には、前田敦子さん、広瀬アリスさん、鈴木京香さん、山田優さんなど、男性陣には、ユースケ・サンタマリアさん、勝地涼さん、池内博之さんなど豪華俳優陣が勢揃いです。皆さんの演技力にも大注目です。

 

まとめ

『食べる女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました