少女(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画 『少女』 予告編

少女(映画)の動画フルを安全に見る方法

『少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

少女(映画)の内容

2016年10月に公開された映画『少女』は、「告白」「白ゆき姫殺人事件」など、次々と大ヒット映像化作品を送り出している人気作家・湊かなえ原作の同名小説を実写映画化したものです。

本作は、「因果応報」をキーワードとした「死」にまつわるダークミステリー。三島有紀子監督により、ガラスのように儚く透明で純粋な17才の少女の中に潜む、トラウマや残酷さ、悪意の「闇」を艶美に繊細に力強く描写し、青春とミステリーを内包する極上のエンターテイメントを生み出しています。

主演は、若手実力派女優の本田翼×山本美月。「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望を持つ17才の女子高生役の2人が、それぞれの視点で多感な時期の心の闇を体現します。

世界観と、ストーリー、役者の演じ方どれも楽しめた。もっと評価されてもいい作品だと思った。

少女時代特有の残酷で美しい日常が、見ていてとても痛かった。主人公2人と同級生達の危うい関係に関わる稲垣吾郎さん演じる高雄さんが素晴らしい!

主人公は2人の女子高生の本田翼と山本美月。この2人が出てるので完全若い人向けかな?と思ったがそうではなく、しっかり女優を演じている。(女子高生としては無理あるが)

前半は凄く単調で冗長な感じがしたけど、稲垣吾郎さんが出てきたあたりから物語が締まって奥行きが出て、雰囲気が一気に変わった気がしました。

アンジャッシュ児島さんの教師も非常に素晴らしく、脇役の演技が光った作品だったと思います。

主役の2人の美しさはもちろんですが、「さすがに女子高生には見えなかった」という意見も目立ちました。JKを演じるには、ちょっと知的過ぎてたかも!?

また、稲垣吾郎さんやアンジャッシュ・児島さんの演技も注目されていましたね。

あらすじ

高校2年生の由紀(本田翼)と敦子(山本美月)は幼い頃からの親友同士で、それぞれに私生活での問題と、過去のあるトラウマから来る心の闇を抱えていました。

ある日、二人のクラスに転校生の紫織(佐藤玲)が転入して来ました。彼女から「親友の死体を見たことがある」という唐突な告白を聞いた由紀と敦子は、次第に自分達も「人が死ぬ瞬間を見たい」と思うようになっていきます。

やがて訪れた夏休み、由紀は小児科病棟でボランティアをはじめ、余命わずかな少年たちの死に立ち会うことで、自分の願望を満たそうとします。一方、敦子は、クラスメイトからの陰湿ないじめにより、精神的に追い詰められていたせいで、自分も誰かの死を見れば生きる勇気を取り戻せるのではないかと考え、老人ホームでボランティアを始めます。

しかし、その選択が、やがて因果応報とも言える運命の交錯により、少女たちが抱える闇は思いもよらない結末に向かっていき…。

見どころ

本田翼の怪演

主人公の由紀と、その親友・敦子を演じるのは、本田翼と山本美月。これまで2人は、「明るい」「爽やか」「元気」という形容詞の似合う健康的なイメージの人気女優さんたちですが、サスペンスともホラーとも言われている本作の劇中では、「地獄に堕ちろ」「死ね」「死体が見たい」などというダークなセリフも多々あり、2人がこれまでにない一面を披露しています。

山本美月さんは、以前にも映画「貞子vs伽椰子」に主演し、その恐怖の表情が正にホラー映画のヒロイン向きだと話題にもなっていたので、今回のいじめられる役は納得の好演でした。

本田翼さんについては、由紀が狂気を増していく姿は特に、今までの彼女のキャラを打ち破るかの様な怪演振りは見どころです。

スタッフ

原作: 湊 かなえ『少女』(双葉文庫)
監督/脚本: 三島有紀子
脚本: 松井香奈
音楽: 平本正宏
主題歌:GLIM SPANKY「闇に目を凝らせば」(ユニバーサルミュージック)

キャスト

桜井由紀:本田翼(子供時代:渡邊このみ
桜宮女学院2年生。敦子と幼なじみの親友。

草野敦子:山本美月(子供時代:原涼子)
桜宮女学院2年生。由紀と幼なじみ。

牧瀬光:真剣佑
由紀の恋人。

滝沢紫織:佐藤玲
由紀たちのクラスに転校してきた。

小倉一樹:児嶋一哉
国語教師。

滝沢芳也:菅原大吉

桜井慶子:川上麻衣子
由紀の母親。

岡田恵美:銀粉蝶
病院のスタッフ。

水森正代:白川和子
由紀の祖母。

高雄孝夫:稲垣吾郎
老人ホームの職員。

 

『少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

少女(映画)の感想

20代女性
20代女性

私は、映画『少女』を観て、「少女たちが抱える心の闇」と「儚い友情」が特に印象に残りました。まず、少女たちが抱える心の闇についてです。この映画では、女子高生たちが人の死に興味を持ち、人の死を見たいという欲望を叶えようとする姿が描かれます。女子高生たちは、それぞれに悩みも抱えていますが、クラスではあまり問題が無いかのように振る舞っています。そんな少女たちが、危険な欲望を胸に秘めてそれぞれの日常を過ごしていく姿が美しく、思わず見とれていました。次に、儚い友情についてです。この作品のヒロインである二人の女子高生たちは、いつも一緒に行動しており固い絆で結ばれていました。しかし、そのうちの一人がいじめられるようになると、もう一人は関係を絶つようになってしまいます。関係が絶たれる前に二人が楽しそうに笑いあっている姿と、関係が絶たれた後のいじめられた少女の悲しげな表情ともう一人の冷ややかな表情の対比が恐ろしく、胸が張り裂けそうになりながら観ていました。また、関係が絶たれた後のそれぞれのお互いに対する気持ちが、以前固い絆で結ばれていたと思えないほどすれ違っていて、その友情のもろさに悲しさを覚えながら観ていました。

50代女性
50代女性

映画館に貼ってあったポスターがとても綺麗で、山本美月さんのファンなので観ることを決めました。映画が始まってしばらくして原作を読んだことに気づきました。ミステリーじゃなくても物語は主人公を通して1人の中に色んな世界があることが分かります。子供の頃から仲の良かった敦子と由紀の間に転校生の紫織が入ってきて2人の好奇心を刺激する。主に刺激されたのは由紀のほうで敦子はいつも戸惑いながら同調してしまう。紫織みたいに「人が死ぬところを見たい」と由紀は病院の小児科、敦子は老人ホームへボランティアに行ったりする。物語の妙はお互いのボランティア先でそれぞれの関係者と出会ってしまっているところ。偶然とは狭い世界なんだな。これが男女の出会いなら運命の人となるかも。由紀も敦子にもお互いに言ってないことは幾つもある。秘密にしてる訳では無く、言う必要のないことだと思って。2人の少女の周りには悪意が満ちていた。それは因果応報と言う形でそれぞれに返って行く。由紀の書いた小説を盗んだ教師、小遣い欲しさに嘘の痴漢被害を訴えた紫織、因果は巡る。「イヤミスの女王」が言いたかったのは「因果応報」だけではなく、まだ色んなことが含まれていると思います。

 

まとめ

『少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました