砂時計(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
砂時計(プレビュー)

砂時計(映画)の動画フルを安全に見る方法

『砂時計』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『砂時計』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

砂時計(映画)の内容

映画『砂時計』は、2008年4月に公開されました。

700万部を突破する芦原妃名子さんによる大人気同名コミックを原作に、映画『GANTZ』や『キングダム』など実写映画化に定評のある佐藤信介さんが、監督と脚本を務めました。

本作は、東京から島根に引っ越してきた14歳の少女が、自然豊かな田舎で自分の居場所を見つけ、砂時計をきっかけに宝物のような初恋を経験。真の純愛を映し出した涙必至の恋愛模様が描かれており、夏帆さん、松下奈緒さん、池松壮亮さん、井坂俊哉さんが出演しております。

青春時代の素敵な思い出と、大人になっても繋がっている心の関係がいいですね。今までは若い俳優さんが出演する映画やドラマはつまらなく思えてしまい避けてましたが、主演の二人の演技が素晴らしかったので、これからは気嫌いせずに観てみようと考えなおしました。

ワンカットずつ、丁寧に作り込まれているのが分かる映画でした。こういった日本だからこそ出来る職人技的な作り込みで日本のみならず世界を魅了していって欲しいです。

それぞれのキャストさんが良い持ち味を出していたと思います。特に、母親役の戸田菜緒さんと祖母役の藤村志保さんが好演しています。また、仁摩サンドミュージアムの巨大砂時計「砂暦」や出雲大社の大注連縄の風景、音楽も素晴らしく、心に強く残る映画だったと思います。

母が自殺することは、そうそう身近にあるわけではなく中々理解できませんが、夏帆さんが葬式で祭壇に向かって弱虫と言って涙したところはジーンと来ました。

あらすじ

杏(夏帆)の父・正弘(風間トオル)が借金を背負ってしまったことが原因で、両親が離婚することとなり、母・美和子(戸田菜穂)と二人で母の実家である島根県に引っ越すこととなりました。杏は引っ越しの前に母に砂時計を買ってもらいます。

島根に来た杏ですが東京で生まれ育ったため、田舎になじめない雰囲気で戸惑いを隠せずにいました。しかし、祖母・美佐代(藤村志保)や近所に住む同級生の大悟(池松壮亮)、藤(塚田健太)、藤の妹・椎香(岡本杏理)らと仲良くなっていき、自分の居場所を見つけていきました。

しかし、母は対照的に離婚後もずっと沈み込んだままでした。美佐代の愛情からくる叱咤激励や、杏の母を想う気持ちが美和子を追い詰めてしまっていたため、杏を置いて命を絶ってしまいました。

母の死を受け止めきれず、何も言えない気持ちに襲われた杏は、母に買ってもらった砂時計を母の遺影に投げつけ壊してしまいました。壊れてしまった砂時計を大悟は直し「ずっと一緒におっちゃるけん」と抱きしめ、二人は付き合うようになります。

ある日、長らく会っていなかった杏の父が現れ、複雑な思いではあったが、一緒に東京で暮らしたいという父の懇願を受け入れ、東京へといくことを決めます。杏の東京行きを受け止める大悟。杏はずっと大事にしていた宝物であり、大悟が直してくれた母の形見の砂時計を大悟に託し、東京へと旅立っていくのでした。

12年後、二人は同窓会で再会することになるも、そのとき杏には婚約者がいたのでした…。

見どころ

二人の杏と大悟

物語は【中高生編】と【大人編】があり、それぞれ別の俳優さんが演じております。大人編での杏役を松下奈緒さんと、大悟役を井坂俊哉さんが好演してくれております。しかし本作では、中高生篇の杏役を演じた夏帆さんと大悟役を演じた池松壮亮さんに注目していただきたいです。

若く瑞々しい魅力が溢れた杏。引っ越し先に慣れない表情から打ち解けていくまで。また、その後に起こる母の死を乗り越えられず、深い闇を抱えている役どころを非常に上手く演じておりました。そして、大悟の非凡なる存在感。またセリフだけでは描き切れない心の中を表現するのが見事でした。

佐藤信介監督

本作のメガホンを取ったのは、映画『GANTZ』シリーズや『図書館戦争』シリーズ、ドラマだと『ラッキーセブン』のシリーズ構成と演出を務めた佐藤信介さんです。

かっこ良くド派手なアクションのイメージが非常に強かったのですが、恋愛映画を手掛けていることが意外で、手広くなんでもこなせる方なんだなと感心しました。

映像の構成にかなりのこだわりを感じ、良く作られております。原作漫画が全10巻あるため、全てを映画内に収めるは現実的に無理ですが、しっかりと要点をまとめ、1つの作品としてしっかりと成立させた手腕は確かなものです。

佐藤信介監督のイメージがガラッと変わる作品となっております。

スタッフ

原作:芦原妃名子「砂時計」
監督・脚本:佐藤信介
音楽:上田禎
主題歌:いきものがかり「帰りたくなったよ」

キャスト

水瀬杏:夏帆(中高校生時代) / 松下奈緒(10年後)
両親の離婚を機に母の実家である島根に引っ越してきた。慣れない環境だったが大悟や藤、椎香のおかげで馴染んでいく。

北村大悟:池松壮亮(中高校生時代) / 井坂俊哉(10年後)
杏の同級生。杏のことをいつも気にかけている青年。杏に好意を抱いている。

月島藤:塚田健太(中高校生時代)
杏と大悟の同級生。高校は親元を離れて東京の学校に通っている。

月島椎香:岡本杏理(中高校生時代) / 伴杏里(10年後)
藤の妹。

水瀬正弘:風間トオル
杏の父親。多額の借金を負い、妻と離婚し杏とも離れることになる。

植草美和子:戸田菜穂
杏の母親。離婚を機に杏の祖母を頼って故郷の島根に引っ越してきた。

植草美佐代:藤村志保
杏の祖母。口では厳しいことを言いながらも芯は優しい。

佐倉圭一郎:高杉瑞穂

朝田リカ:倉科カナ

滝田:ト字たかお

大悟の父:赤堀雅秋

大悟の母:立石凉子

『砂時計』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

砂時計(映画)の感想

40代女性
40代女性

映画『砂時計』は、壮大なラブストーリーです。まるである人の人生そのものを傍観しているような、そんな気持ちにもなれる作品です。夏帆ちゃんと池松壮亮が演じる学生時代に始まり、大人になった二人を松下奈緒と伊坂俊哉が演じています。私はどちらかというと、夏帆ちゃんと池松壮亮のシーンが好きでした。二人とも若いのにすごく演技が上手で、二人が徐々に近づいていくところが、なんともドキドキして引き込まれた覚えがあります。夏帆ちゃんはどうしてあんなに色っぽいんだろう。瞳なのか口元なのか、妙な色気を感じます。相手役の池松壮亮も、絶妙な間がうまいんです。子役から培われたものか、天性のものなのか。ある意味、二人とも魔性っぽいですが(笑)今後の日本の映画界をけん引してくれる二人に間違いないとは思います。二人が過ごす島根県の景観が、本当に素晴らしくキレイで、映画館で癒された記憶があります。壮大な自然や町の優しい人たちに、夏帆演じる杏は助けられたんだろうなと感じました。大人時代もまた、しっとりとしていて、大人な雰囲気が印象的で、対比がうまく描かれていたように思います。本当に縁のある人とはいつかまた出会える。なんだかそっと教えてもらえたような、そんな作品です。とにかくスケールが大きくて、見応えのあるラブストーリーです!

 

40代男性
40代男性

原作の漫画は読んでいないのですが、放映されていたTVドラマを見ており内容は何となく頭に入った状態で映画を見ました。TVと違った点は、映画版の方が自然に囲まれた感じが強かったのと学生時代に重点を置いているなと感じました。学生時代を演じていたのは、夏帆で主人公が田舎暮らしに馴染めずにいた様子や、大悟たちとの友情を深めていく感じや母親が自殺してしまった時の憔悴した感じを上手く演じていたなと感じました。特に、母親が亡くなった後に父親に引き取られたため大悟と遠距離恋愛での苦悩が上手く演じられていたなと思いました。大悟と別れた後も大悟の事が忘れらず、上京してきた藤を付き合ったが大悟の影を追ってしまうなど杏の切なさが伝わってきました。大人になった杏を演じたのは、松下奈緒でしたが大分雰囲気が変わってしまっていたので夏帆がそのまま演じても良かったのではと思いました。婚約破棄で自殺未遂を起こした杏と再会した大悟が、再び気持ちを伝えあい付き合える様になったのは本当に良かったと思いました。2人の人生を砂時計に描写した作品でしたが、途中で別れもありましたがお互いずっと好きだった砂時計の様にリセットされて幸せな時間を過ごして行くというのが良い作品だと思いました。

30代男性
30代男性

両親の離婚によって住み慣れた東京を離れていく、ヒロイン・水瀬杏の不安げな眼差しから物語は幕を開けていきます。たどり着いた先は母・美和子の実家がある島根県で、都会生活に染まった杏がなかなか馴染めないのは致し方ありません。そんな杏を励ますために美和子が連れていく、巨大な砂時計のモニュメントが展示されている美術館・仁摩サンドミュージアムが神秘的です。お土産に美和子が買ってくれた小さな砂時計は、ストーリー上重要なキーアイテムとなるので覚えておいてください。友だち以上恋人未満といった関係が続いていく、北村大悟の存在も気になりました。杏に仄かな想いを抱きながらも、ストレートに気持ちを伝えることができない大悟が焦れったいですね。ふたりの間に割り込んでくる月島椎香、椎香の兄でもあり杏のことが好きな藤。4人の男女がほどよい距離感を保って織り成す恋愛模様が、やがてはバランスを失っていく展開が切ないです。10代の頃のセーラー服姿が初々しい杏を夏帆が、10年後の大人のファッションが似合うようになった杏を松下奈緒が。それぞれの世代を代表するふたりの女優さんが披露する、情感たっぷりとした演技と多彩な表情も堪能してください。

60代女性
60代女性

杏と大吾が出会った飯谷の町。田んぼと山に囲まれたのどかな風景、琴ヶ浜の海と砂浜、味わいのある川平駅など、温もりのある空間にとても癒されました。ぶっきら棒な大吾と杏の思春期真っ只中の恋が凄くピュアで、緑の自然な風景に溶け込む二人の瑞々しい演技がとても素晴らしく魅了されました。トラウマに苦しむ杏に「ずーと一緒におっちゃる」という大吾の優しさ、杏の幸せだけを一番に思う大吾の一途さに感動しました。一方杏は大吾の幸せを思い~もう手を離してもいいよ~という気持ちで別れを決断をした事に、どうして愛しい人を上手く愛せないんだろうと葛藤する杏の切ない気持ちに胸が痛みました。母の分身であった砂時計が壊れた時、生きる力を失くした杏。それを救ったのは杏の幸せを想い続けた大吾の愛の力だった。私は一人じゃないと気付く杏に「しゃんとせい」と言った病院での祖母の言葉印象に残っています。私にはこれしか言えんと言う祖母の姿から弱さの上に強く生きてきた祖母らしい凛とした生き方が見えてきたような気がしました。随分周り道した二人、12年前の約束がやっと実現気来た二人の幸せそうな笑顔に嬉しくなりました。海と砂浜の輝いた美しい景色と共に幸せな気持ちになりました。砂時計をひっくり返すと過去が未来になると言った無邪気な14歳の杏の成長、繊細な流れとても良かったです。一年をかけて砂を落とす「一年計」行って見たくなりました。

 

まとめ

『砂時計』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました