NHKスペシャル7/4「タモリ×山中伸弥 人体VSウイルス コロナ」の見逃し無料動画配信と再放送情報|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『NHKスペシャル』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『NHKスペシャル』の番組内容

私たちは本当にこの世界を知っているでしょうか。激変する社会、生きる人々のリアル、そして大自然のスペクタクル。地を這う取材と圧倒的な映像、想像を超えたストーリー体験があなたの生き方をも変えるはずです。

引用元:NHK

『NHKスペシャル』7/4の番組内容

「タモリ×山中伸弥▽“人体VSウイルス”驚異の免疫ネットワーク」
世界で感染者1000万人を超えた新型コロナウイルス。なぜ日本人は重症者が少ないの?何が症状の重さを左右するの?治療の決定打はどんなもの?世界が注目する疑問に、タモリ×山中伸弥の二人がとことん迫る。カギを握るのは、驚くほど精緻な仕組みを進化させてきた人体の「免疫」と、それを巧妙にかいくぐるウイルスの特殊能力の攻防だ。ミクロの激闘を最新の顕微鏡映像と高精細なCGで完全映像化し、ナゾの解明に挑む。

引用元:NHK

『NHKスペシャル』7/4の出演者

【司会】タモリ,山中伸弥,赤木野々花

【出演】石原さとみ,福岡堅樹

【語り】桑子真帆,仲野太賀

『NHKスペシャル』7/4の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年7月4日(土) 午後7:45~午後9:00(75分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年7月12日(日) 午後4時00分~ 午後5時15分

 

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『NHKスペシャル』7/4の感想

40代女性
40代女性

山中伸弥教授とタモリさんの2人の落ち着いていながら、時折ユーモアを交えて話してくれるシリーズは、とてもわかりやすいので大好きです。山中伸弥教授は、これまでにも、新型コロナウイルスについては、独自の考え方を発表したりされていましたが、研究者として、このウイルスの正体がわからないことについて、本当に悔しいと感じていらっしゃる様子が伝わってきました。そして、ラグビーから引退することを発表した福岡堅樹さんも、医師を目指しているだけあって、とても興味深そうに話しを聞いていて、もう新型コロナウイルスのようなウイルスに人類が襲われることはない方が良いのですが、もし次にまたこんなことになったときは、医師として福岡堅樹さんがいろいろな番組に出演して、解説をしたりするのかもしれないなと思いました。石原さとみさんは、男性ばかりだと華がないということでキャスティングされているのかもしれませんが、大したことはしていないので不要だったと思います。この番組を見るまでは、新型コロナウイルスとの闘いは、いつまで続くのだろう…と気が遠くなるような思いでしたが、「スーパー免疫力」が早ければ今年中に出来るかもしれないと聞くと、わずかですが光明が差してきたような気がしました。ただ、地域や民族により型が違うということなので、日本人に合うものは、日本人かもしくはアジアの人に合うものが見つかれば良いなと思いました。

40代男性
40代男性

ウイルスといえば、今は新型コロナウイルスのことが真っ先に思い浮かびました。現在は、解禁がなされて徐々に経済活動が再開されてきていますが、感染者の数が日毎に増えているのが気がかりな状況です。旅行のことや買い物のことを考えて、気が緩んでいることに気がつかされますが、この病気のワクチンや薬はまだ開発されておらず、ソーシャルディスタンスなどの地道な予防対策を継続しなければならないことを再認識しました。さて、番組では、山中教授が人の体に備わっている免疫機能について、いかに高度な仕組みを持っていて、日常に潜むたくさんのリスクから常に体を守り続けていることを紹介してくれました。まさに、生きているということ、ただそれだけで素晴らしい奇跡なんだなと思いました。と同時に飲酒や夜更かしやファーストフードなどで自らの体を自らが傷つけているのではないかと思いました。野菜などの健康によいものを摂取することと、生活リズムを良いリズムに保つことが大切だと思いました。当たり前のことを当たり前にやっていくことは、地味で退屈だから、なかなか難しいと思うけれど、あまりにはめをはずしてしまうことは控えなければならないと思いました。

50代男性
50代男性

【ウイルス・人類の経緯】40億年も前からウイルスは存在し、人間は単細胞生物の時代から共存していたことを始めて知りました。人間は単細胞から多細胞生物に進化を遂げながらウイルスと戦う専門の細胞(好中球など)を分化させ、対応してきたのはすばらしいです。でもなぜコロナウイルスは簡単に退治できないのかが疑問です。【ウイルスの退治方法】人間の中には好中球(食細胞)とT細胞、B細胞がウイルス退治に影響していることがわかりました。好中球はウイルスを食べて退治するに対し、T細胞はウイルスの情報を受け取って別の方法でウイルスを退治するらしい。B細胞はウイルスの情報をうけ抗体をつくることができるらしくその抗体がウイルスが細胞に入り込み鍵を無能にしてしまうということがわかり体はよくできているなと感心しました。【コロナウイルスの現状】現在1000万人の人が感染し、そのうち50万人の人が死亡しています。また南米の方では新しい遺伝子をもったコロナウイルスが発見されているらしく、まだまだ今後も猛威を振るいそうな予感を感じました。一方で死亡者の情報からいろいろな薬の使用が検討されていることもわかり勉強になりました。【今後の目標】しばらくは現在の状況が続くと思うので、今回の放送で学んだことを活かし、新しい生活スタイルに対応していきたいと思います。コンピュータを始めとした電子機器が使えないと何もできないことになりそうなので今後も努力していきたいです。

20代女性
20代女性

とても興味深く、おもしろく、そして何より「もうすぐ新型コロナウイルスに勝てるかもしれない」と勇気をもらえる医療ドキュメンタリーです!人間の体の免疫細胞がこんなにもハイクオリティで、まるでゲームの主人公みたいにかっこいいものだったことにきっとあなたも驚きますよ!ウイルスが体の中に入ってきたとき、細胞たちは体を守るべくいっせいに働き始めます。いつもゴロゴロしている自分が申し訳なくなるほどの働きっぷりです。人間がまだ単細胞生物だったころからのウイルスとのあくなき戦いからも目が離せません。もうなんだか少年漫画のライバルですかというくらい、数十億年にわたる戦いを通してお互いの能力を高め合っています。ウイルスから人間の細胞が盗んだ能力もあるんですよ!また、番組では未だ猛威を振るう新型コロナウイルスの謎にも迫っていきます。なぜ重症化する人としない人がいるのか、日本で重傷患者や死者が少ない理由は何なのか、有効な対策は見つかるのか、そうした疑問への答えが世界の医学者たちの最新研究から見えてきます。私が一番興味深かったのは「細胞の手の形」です。細胞に手があるなんて驚き!そしてその手の形は人によって様々なんですって!医療の話なのに難しいところが一切なく、見終わったときには自分の体の中の細胞たちが愛しくなりますよ!

50代女性
50代女性

新型コロナウイルスは私たちの生活を一変させました。もう、あのように無防備だった生活には戻れません。思えば人類は数々のウイルス、細菌と戦ってきました。今、現在も戦いの最中ですが。この番組を観て、この新型コロナウイルスがインフルエンザや風邪とは全く違うとわかりました。私は自分の免疫力を高めれば防げると思っていました。多くの日本人がそう思っているでしょう。しかし、新型コロナウイルスが自己免疫力を欺く力があるとすれば話は全く違います。「正しく知って正しく恐れることが大切」とよく言われていましたが、まさしくその通りだなぁと感じました。しかし、気を付けないといけないのはまだ研究中であるということです。免疫とはまだまだ未解明なこともあり、あくまでもこういう説があると思いながら観る方が誤解はないです。山中伸弥教授も感染症の専門家ではありません。しかし、ノーベル賞を受賞された方なので言葉に重みはありました。新型コロナウイルスが感染拡大を広げている今、どこにも逃げる場所などありません。このような番組を制作していただいて(研究途中であるため、見解は変わるかもしれませんが)知識を身に付けるしかありません。残念ながらどんなに辛くても悲しくてもこのウイルスと共に生きるしか残された道はないのですから。

60代男性
60代男性

世界で1000万人以上が感染し50万人以上が命をコロナで奪われました。第一次世界大戦頃のスペイン風邪より手ごわいと思います。一方で人体には2兆もの免疫細胞が様々な細菌やウイルスと戦っているのは、驚きでした。しかしコロナウイルスは、かつてない程、免疫の防御を突破する強力なウイルスのようです。山中教授が奥が深いと言っていたように、いくら科学が進歩しても、人類は環境を破壊し、世界を征服した気分になっていますが、これは自然界からの人類への「復讐」なのかとも思います。感染のプロセスもビジュアルにわかりやすく解説されたいました。気道の繊毛をウイルスが通過し肺の奥に到達しウイルスの突起が肺胞細胞の突起、レセプターに結合するようですが、そもそも肺胞細胞のレセプターはコレステロール等を取り入れる働きがありますが、コロナウイルスの突起が細胞に「誤認」させて細胞内に侵入し1000倍増殖し細胞外に飛び出し別の細胞に取り込まれる知能犯のような手ごわい存在だと理解できました。他方で肺胞細胞から血管内のマクロファージとも言う食細胞に感染情報となるインターフェロンが分泌され食細胞がウイルスを貪食します。ところが症状の悪化は東大医科研の佐藤医師がウイルスの遺伝子が免疫細胞をすり抜けて、インターフェロンの分泌が10分の1に低下し食細胞が機能せず、2日で1万倍にウイルスが増殖にすると解明したのは興味深いです。しかもウイルスの遺伝子に雑多の種類があると判ったようです。エクアドルの医師が発見した若年令患者から抽出されるウイルスの遺伝子がインターフェロンの分泌が20分の1に低下するタイプでした。ウイルスの変異株が増えているようです。そうなると、ワクチンを開発してもインフルエンザのように様々な変異株に対応したワクチンでないと十分な効果がないのではとの疑問も生じます。それがコロナ感染の症状が出なくても、見せかけの無症状、無症状でも感染力がある理由のようです。8割が無症状という中国のデータとも整合性があります。他方、日本人は重症化しにくいファクターXがあると山中教授が述べていたのも興味があります。第二の免疫として食細胞が情報をキラーT細胞に渡し、キラーT細胞がウイルスを破壊します。ところがウイルスがキラーT細胞のレセプターを破壊してしまい、破壊を免れるようです。そこでB細胞が抗体を産生して抗体がウイルスを捕捉して細胞への感染を防ぎます。そしてT細胞とB細胞が情報を保持する獲得免疫が出来るようです。ところがコロナは、はしかウイルスのように終生免疫にならないのが手ごわいです。一旦、PCR法で陰性になっても再燃とか再発例もあります。4月時点で、日本でも退院した1000人中125人が陽性化していました。抗体による効果が半年とも言われています。本当に知能犯ぶりには驚いてしまいます。更にドイツハンブルグで多くの死者の病理解剖で肺血栓塞栓症が起きていました。サイトカインストームから血栓ができていて、免疫の過剰亢進による自爆攻撃です。どうすれば自爆攻撃を防げるかよくわかっていないようです。しかし医学も進歩しアクテムラ、ステロイドが免疫を抑制し、フサンも血栓予防になります。アビガン、イベルメクチンも有効性が着目されているので、希望はあります。悪い事ばかりのウイルスかと思ったら、人類はウイルスからも学んでいたのも判りました。精子が卵子が合体するプロセスがウイルスが細胞に取り込まれる仕組みと同じでした。胎盤に必要な遺伝子や記憶細胞の遺伝子もウイルスから取り込み、腸内細菌や常在細菌もウイルスの影響があるようです。他にも医学ではウイルスのベクターを使って遺伝子操作による細胞の大量培養にも活用されています。番組の後半で、山中教授が指摘していたファクターXの謎につながるヒントは興味深かったです。感染患者の中でも抗体量が平均の10倍以上産生できる患者もいました。B細胞とのレセプターが地域や民族の差があるようです。免疫細胞の型、HLAの違いによる種差かも知れません。山中教授がIPS細胞を使って免疫力の強い細胞の増殖をさせる実験もしているというのは興味あります。いまや、人類は自然から様々な挑戦を受けているのですが、山中教授の述べたように人類の知恵を使えば必ず、克服できろのだとの希望も湧いてきました。最後にラグビーの田村選手がこれから医師を目指す決意を述べていたのは、微笑ましかったです。

 

まとめ

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました