NHKスペシャルの見逃し無料動画配信と再放送情報6/20コロナと水害|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『NHKスペシャル』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『NHKスペシャル』の番組内容

私たちは本当にこの世界を知っているでしょうか。激変する社会、生きる人々のリアル、そして大自然のスペクタクル。地を這う取材と圧倒的な映像、想像を超えたストーリー体験があなたの生き方をも変えるはずです。

引用元:NHK

『NHKスペシャル』6/20の番組内容

「新型コロナと水害危機~あなたは命をどう守る~」
毎年のように大きな被害が出る梅雨や台風の時期。今年は新型コロナの影響が加わったことで、いっそうの注意が必要だ。3密のおそれが指摘されるのが体育館や公民館などの避難所。多くが収容人数の見直しを迫られている。避難所以外にも逃げる「分散避難」も検討されているが、場所の確保や支援体制の構築など課題は多い。コロナ時代の出水期、どうすれば命を守ることができるのか。実践的な備えを最新の知見とともに考える。

引用元:NHK

『NHKスペシャル』6/20の出演者

なし

『NHKスペシャル』6/20の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年6月20日(土) 午後9:00~午後9:50(50分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年06月25日(木) 午前0:50~午前1:40 (50分)

 

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『NHKスペシャル』6/20の感想

40代男性
40代男性

避難所といえば、思い浮かぶのは、まずは、学校の体育館であろう。そのつぎに公民館かと思われる。いずれも地域に必ずあるもので、かつ、地域のイベントなどでよく利用されていてなじみのある施設なので、自治体があらかじめ避難場所に設定している。毎年、梅雨前線による大雨や台風の接近に伴う大雨で、浸水する恐れが高まると避難所が開設されている。もっともイメージしやすいのは、体育館で段ボールなどで間仕切りされた家族単位の区画が割り当てられるというものだと思う。たいてい、地区ごとに大まかにエリアが決められていて、受付で地区と名前や人数などを告げると、どこそこの辺りへ行くように指示される。大雨による浸水で避難所にくる人は、川沿いの低い土地がある地区か、土砂崩れの起きる恐れのある崖に近い地区の住民に限られることが多いため、避難所の中に、全部の地区を対象とした地区割りを考えてはいないと思う。このため、避難所が満杯になるほどの人数が避難してくることはなかなか無いと考えて良いと思う。したがって、地区割りの際に、密集を避けるように、体育館の対角に避難してくる人が多いと思われる地区を設定するなど、対策することは可能だと思う。また、体調の悪い人は、別の施設を用意しておくなど、事前の準備が必要だと思う。

60代男性
60代男性

去年、夏の台風19号による千葉県を含めた風水害の記憶も新しいですが、今年はコロナ感染のリスクも重なって複合災害の怖れがあります。タイムリーな企画だと思います。東日本大震災以来、さんざん聞かされてきた想定外という言葉は、もう聞きたくない気分です。アナログな対応の後手後手の行政にも呆れました。今回、大阪の淀川流域が具体的な想定地域になりましたが、避難所での3密を避ける2mの確保、換気の確保など予想以上に難しいのが、理解出来ました。公共施設、ホテル、旅館、学校や会社など分散非難の為の場所確保は予想外に大変そうです。事前にハザードマップに載っていないリスクも事前に調査をしなければいけないとの指摘もあり、コロナ感染リスクと被災リスクのどちらを優先させるのかも難しい選択だと思います。どうしても集団避難所に行かなければならない場合、大毛氏が提唱した避難所での被災者の健康問診によって感染者、有症状者、濃厚接蝕者、ゾーニングして隔離する方法は、ある程度有効かと思います。換気についても病院のオペ室のように送風と排気ができる置換換気、いわゆる第1種換気体制が必要のようです。更に、共用部の消毒、手洗い、段ボールによる仕切りなど数限りがなく、自治体が本当にここまで対策がとれるのか不安です。一方で、非難を早期に行えるように防災科学研究所で線状降水帯の発生を15時間前に予測する実験が行われている例や東大の研究で24時間前に予測する試みは興味深いです。今回、コロナ感染で、日本は韓国等に比べITの普及の遅れを感じましたが、住民にメールで通知して、非難を早く行い、行政がGPSによって避難民の分布を把握し、怪我や病気の悪化があればメール通知で救助に行けるトリアージを行う体制まで持っていけるのではないかと思いました。今回、漸く、コロナ感染の実態把握の為にCOCOAというシステムが立ち上がりましたが、プライバシー保護の問題もありますが、災害の場合にも個々人のレベルまで情報把握を落とし込んだ綿密な防災対策の為にも活用できないかと思いました。その上で、岐阜大学の小山氏が言ったように日頃から地域の人と人の顔の見える関係が大切だという意見は納得出来ました。

50代男性
50代男性

水害など災害への備えをどうするかだけでも大きな問題ですが、ここに新型コロナウイルス感染についても配慮する必要性が出てきて、自分でも漠然とは大変だと感じていました。番組を見ることで、複合災害としての問題点が具体的に理解できました。1つは、分散避難です。行政が指定した避難所に無理に非難するのではなく、状況に応じて避難先を、知人や親戚、ホテルなどに広げる考え方ですが、自家用車までが候補に挙がるとは知りませんでした。確かに、災害の度に自家用車での避難があり、コンパートメント症候群が問題になるわけですから、より現状に即した考えなのかもしれません。もう1つは、避難所での感染予防策です。避難所入口や、感染が疑われる人がでた場合のゾーニング、飛沫感染に対するパーティションや置換換気方法を知ることができました。常々、コロナウイルス感染への対応は、福島原発事故時の放射線被ばくに似て、背景となる理解が大きく異なる場合があると考えます。それぞれの理解に応じた「正しい行動」が衝突する可能性、差別が生まれる可能性を危惧していました。番組で紹介された対策を知ることで、共通認識の助けになり、衝突や差別を軽減する手がかりがあると感じました。最後に、以前から言われていることでしょうが、ご近所と顔の見える関係を自分なりに築いていくことが、地域の防災能力・感染対応能力を上げるのだな、と再認識しました。

 

50代男性
50代男性

「私はなんて、忘れ易いのだ」、ほんの8ヶ月ほど前に起こった、未曾有の水害被害の数々。その光景や感覚を、私は記憶の奥に仕舞い込んでいたのだ。この番組は、そんな私の気持ちを新たにさせてくれるものだった。そう、日本は元々、災害列島であり、毎年・毎年、その被害は予想を超える出来事となっている。そこに、今回の新型コロナウイルスの出現。番組は降雨の時期を迎え、水害危機と避難をベースに、新型コロナウイルス時代の新たな防災対策のあり方を多方面から伝えてくれる。『避難対策』『避難所の環境』『災害予測』『インフラ対応』『家庭の備え』『復旧の現実』の今を悪戯な演出の無い丁寧な取材と、分かり易いビジュアルで見せるNHKスペシャルの手法は、その全てが良質で、有意義な情報として訴えかけてくる。新時代の避難所対策の必要性を感じ、いち早く対策を進める自治体があるものも、立ち塞がるのは困難な現実。しかし、先駆けて動き始めた自治体はまだしも、まだ動けていない自治体が殆どでは無いのか…?私の地域は大丈夫だろうか?今年も各地で聞かれるであろう「今まで経験したことも無い…」の声。災害は、小さな地域地域の自治体は勿論、個人で考えないとならないことばかりだ。そんな中、災害に対する予測技術を支える『知』の存在。『複合連続災害』『分散避難』『置換換気』と言うキーワードが特に印象に残った60分だった。

30代男性
30代男性

新型コロナウイルス感染症COVID-19がパンデミックを引き起こし、世界中で猛威を振るう中、多くの人々が懸念していたのが災害時における感染拡大ではないでしょうか?避難所に多くの人々が集まり、その中に感染者が含まれていれば感染拡大を防ぐのは難しくなるでしょうし、非常事態下では発症した場合に適切な治療を受けることが困難な状況も予想されます。とりわけ梅雨に入った今の時期懸念されるのが豪雨による水害であり、今回はまさにそういった心配を特集したNHKスペシャルとなりましたね。避難所以外の場所に逃げる「分散避難」について検討されるなど、行政の側もいろいろと対策を練っていることが分かりました。ただし、行政の側の努力だけでは限界がありますし、私たち一人一人が感染予防を心がけて行動することが重要だなとも感じました。また、そもそも新型コロナウイルスの感染者が存在していなければ、感染が広がる恐れもない訳ですから、平時から感染予防に努めて、できることなら感染者ゼロの状態を保つことが最大の予防策とも考えられます。とにかく災害が起きてから考え始めては手遅れです。平時から予測を立てて、備えを進めておく。それが一番大切だと感じました。

40代女性
40代女性

今年は、梅雨入り直後から大雨に見舞われた地域が多かったので、とてもタイムリーな内容の特集だなと思いました。特に、この数年、毎年のように大雨による水害が起きたり、台風の被害で未だに元の生活に戻れない方もいるので、今年も防災をしっかり心掛けなければいけないと改めて思いました。でも、今年は例年と違うのは、新型コロナウイルスの出現で、もともと水害については(避難しなくても大丈夫)と考えてしまう人が多いうえに、(避難所で新型コロナウイルスに感染してしまったら…)と思うと、尚更、避難をためらう人が増えると思います。自治体もこれまでのように、早めの避難を呼びかけるだけでなく、安全が確保できる場合には、自宅や親戚や知人宅での避難を呼びかけるなど、対応も難しいだろうと思いました。例年どおり、避難袋の中身を見直しておくことはもちろんですが、マスクや消毒剤などは自分の分は最低限、自分で用意しておかなければいけないなと思いました。そのうえで、ハザードマップの確認も忘れずにやっておこうと思います。番組では、武田真一アナウンサーの進行と、最近は「あさイチ」にもよく出演している保里小百合アナウンサーの優しい声でとても落ち着きました。

 

まとめ

『NHKスペシャル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました