草原の椅子(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『草原の椅子』予告編

草原の椅子(映画)の動画フルを安全に見る方法

『草原の椅子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『草原の椅子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

草原の椅子(映画)の内容

2013年2月に公開された映画『草原の椅子』は、上下2巻として書籍化された宮本輝の新聞連載小説を映画化したものです。

芥川賞作家である宮本輝が、阪神・淡路大震災で被災したことをきっかけに、その後50歳の時に執筆したこの小説は、シルクロード6,700キロ、40日にわたる旅の体験をもとに書かれたもの。『八日目の蝉』の成島出監督がメガホンを取り、母親から虐待を受け育児放棄された子供を含め、年齢も性別もバラバラな男女4人が、世界最後の桃源郷と言われるパキスタン・フンザへの旅を通して、今後の生き方を模索し、再生していく大人たちを描いたヒューマンドラマです。

主演の佐藤浩市ほか、一緒に旅するのは〝あじのある演技〟が特徴的な西村雅彦と吉瀬美智子。子供を虐待する母親役に小池栄子と、豪華な顔ぶれが揃っています。

『草原の椅子』というタイトルは、〝誰もが心の中に持っている自分だけの落ち着ける場所〟という意味が込められているそうです。

 

終わってみればジワリと心に響いてくるとても味わい深い映画でした。
さすが成島出監督、秀逸な物語の構成と人間描写によって、見る者の心を鷲掴みにしてしまいましたね。

観終わった直後に感じたじんわりした幸福感。馴染みの無いパキスタンの風景もずっと眺めてたい。

52歳の私には心に沁みます。これこそ邦画の醍醐味を味わうことが出来る作品。最近みた映画の中で一番です。珍しく小説よりも楽しめました。

人々が生きていく姿が優しい時間の中で繰り広げられているように思います。人生幸せなことばかりではない、だからこそ自分自身が決めて歩いていく。観賞後には、いつも心が温かくなる、本当に素敵な作品だと思います。

見る人が鑑賞後、「幸福感を得られた」という感想が多く寄せられていました。映画を通して、自分自身を見つめなおし、人として生きる事の大切さと尊さが感じられる作品です。

あらすじ

バツイチ50歳のカメラメーカー営業局次長・遠間憲太郎(佐藤浩市)は、大学生の娘と阪神間の夙川で2人暮らし。阪神淡路大震災により被災し、復興したものの、憲太郎の心の底にはまだ震災で受けた衝撃が残っていました。後にパキスタンのフンザに旅した憲太郎は、「あなたの瞳の中には三つの青い星がある。ひとつは潔癖であり、もうひとつは淫蕩であり、さらにもうひとつは使命である。」という不思議な言葉をその地の老人から告げられていました。

憲太郎はいつしか取引先の社長・富樫重蔵(西村雅彦)と親友のように付き合うようになっていました。またある日、母親に虐待され心に傷を負った4歳の少年・圭輔と娘を介して出会い、圭輔の面倒を見るようになり、圭輔へのいとおしさを深めていきます。

ある写真をきっかけに、密かに想いを寄せる骨董店オーナー・篠原貴志子(吉瀬美智子)と重蔵、圭輔の4人で、「最後の桃源郷」と呼ばれるパキスタンのフンザへ旅立つことになり・・・。

見どころ

パキスタンの雄大な景色

映画の中で4人が旅する舞台となっているのは、パキスタンの奥地にあるフンザという渓谷を中心に、カリマバード、スカルドゥなどの雄大な光景が広がる異国。このような地で約1か月半に渡る長期ロケが行われたのは〝世界初〟だそうで、映画でもなかなか見られないスケールの大きさや美しい景色は見どころです。

2013年2月28日には、「日本パキスタン友好樹立60周年記念」として、パキスタンの首都イスラマバードにある国立美術館大ホールで試写会が行われ、世界中の注目を集めました。

小池栄子の存在感がすごすぎ!

今作で話題になったのは、育児放棄した母親・喜多川祐未役の小池栄子さんの迫真の演技。映画を見た人からは、それまでの小池栄子のイメージを覆され、驚きと強烈な印象を持つ人が多く、絶賛の嵐でした。

出番は多くないにもかかわらず、抜群の存在感で大事な役回りをこなしていて、改めて、女優としての実力が存分に発揮されているその振り切った演技は、誰もが認める見どころになっています。

スタッフ

監督:成島出
エグゼクティブプロデューサー:原正人
原作:宮本輝
脚本:加藤正人、奥寺佐渡子、真辺克彦、多和田久美、成島出
主題歌:GLAY「真昼の月の静けさに」

キャスト

遠間憲太郎:佐藤浩市
カメラメーカーに勤める中間管理職のサラリーマン。妻と離婚し、大学生の娘と二人暮らし。
繁蔵、貴志子、圭輔とともにフンザへの旅に出る。

富樫重蔵:西村雅彦
憲太郎の会社の取引先の社長。憲太郎と親友になり、一緒に旅に出る。

篠原貴志子:吉瀬美智子
骨董店オーナー。憲太郎が想いを寄せている女性。憲太郎がフンザ行きに誘い、同行する。

喜多川祐未:小池栄子
圭輔を虐待していた母親。

喜多川圭輔:貞光奏風
祐未の息子。虐待を受け、育児放棄されて憲太郎の世話になる。

遠間弥生:黒木華
憲太郎の娘。

 

『草原の椅子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

草原の椅子(映画)の感想

40代女性
40代女性

年を重ねてから作る親友っていうのもいいものです。佐藤浩市さんと西村雅彦さんがいいあじを出している。綺麗すぎる話ではありますが、たまにはこういうことがあってもいいのです。地味だけれど演技力確かな俳優さんたちが確実にお仕事をしている作品っていいです。特によかったのが小池栄子さんで、役者として一皮むけたといった感じです。これを見た後しばらくは狂人小池栄子を引きずってしまって、バラエティ番組とかで見ても心から笑えなかったくらいでした。パキスタンのフンザという場所、実際に現地で綿密なロケが行われたのでしょう。静かでいい雰囲気の場所でした。でもどうしてここにそれほどまでに行きたかったのか、思いがあまり伝わってこずです。原作のある作品ですから、集約する中で描き切れていないのでしょうか。原作の方も読んでみたいと思っています。子役の演技も冴えていて、感情移入できました。結構重要な役どころ、彼もこれからどんどん伸びていってすごい役者さんとなるのかもしれません。大人なお話、映画を通じていろいろと考えさせられました。家族でわいわい楽しく見るようなものではなく、たった一人でレイトショーなどで鑑賞したいと思います。

30代男性
30代男性

予告編を見たときに急に登場人物がパキスタンのフンザに行くことになっていたので、「えっ?」となった。本編を見てみれば疑問も解消されるのかと思いきや、実際見てみてもやっぱり「えっ?」ってなりました。ぜんぜん全く何も説明がないわけじゃないけれど、なぜ今そこに行かなきゃいけないのかも、なぜフンザじゃなきゃいけないのかも、どうも腑に落ちない。この理屈で納得しろというのも無理があると感じました。まあ、フンザの砂漠の風景も、星空も、ものすごくキレイで映像としては圧巻なんですが・・・。物語の核になるパートだと思うので、ここにはもう少し納得感が欲しかったです。ひょっとしたら原作を読めば、そこのところも細かく描写されているのかもしれないですが、映画だけだと「?」となりました。テーマも、虐待、不倫、離婚、リストラ、中年の友情、恋愛とちょっと盛り込み過ぎなんじゃないかと。50代ともなれば、いろいろ抱えているものだし、不思議ではないのかもしれませんが、ストーリーとして散漫な印象は否めません。これが50代のリアルなのだとしたら、これから50代になっていくのが恐ろしいですね。また、子供を育てている身としては、虐待を受けた4歳児を引き取る流れはいろいろ思うところがありました。小池栄子の演技が凄すぎて、「あの親のところにいるよりはそりゃ・・・」ってなりますけど、そもそもこういう時のセーフティネットって自治体とかにないんだっけ?とか、得体の知れない中年に丸投げする社会ってやばいよなあといろいろ引っかかりました。そういう社会問題をあぶり出す趣旨なら、問題ないんですが、そこまでリアリティを持って描けてるわけではないので、単純に違和感として残ってしまいました。割とみんな簡単に“親になる宣言”するよなあ・・・。それぞれの登場人物の過去の生き様を見ていると、この発言も責任持って言ってるのか心配です。50代でこの感覚がリアルなんだとすると、日本の50代はかなり幼稚だなって思ってしまいました。

50代男性
50代男性

草原の椅子は、2013年に公開された日本の映画です。小説家として有名な宮本輝氏の新聞記者の小説を映画化した作品で、とても興味深い映画です。舞台となるのはパキスタンで、実際に現地のフンザでロケが行われました。主人公を演じた黒木華さんが、日本アカデミー新人賞を受賞した作品です。簡単なあらすじは、50歳になったことをなげく中年のサラリーマンが、母親から虐待を受けていた子どもの世話をすることになります。その、子育ての中で人とのつながりや過ちを振り返り、再生していく様子を描いたヒューマンドラマです。この映画には、佐藤浩一さんや小池栄子さんなどの大物俳優も出演していることで話題になりました。特に、当初心を閉ざしていた少年が、徐々に心を開いていくプロセスがみていて心温まりました。実際に血がつながった親子よりも、もっと絆が強い気がしてとても感動します。また、冒頭から気分が落ち込んでいる佐藤浩一さん演じる主人公が、子育てや恋愛を通して、徐々に気持ちが明るくなっていく様子もみていて安心できました。また、映画のエンディング近くで、フンザに旅行に行った一行に対して、長老が「この子は星から生まれた子だ」といい、それを受けて篠原が遠間、圭輔の母親になりたいと打ち明けるシーンは感動しました。

40代女性
40代女性

今まで精一杯生きてきた50代を過ぎた憲太郎、重蔵そして貴志子の三人の大人達が、今後の自分達の人生を見失ってしまっていく中で、再度自分探しをし始める様子がとてもリアルに描かれている映画でした。その大人三人達の生きる心の拠り所となった少年圭輔。まさかこんな幼い圭輔を連れてパキスタン、フンザにまで行くと思っていませんでしたし、この映画を見始めた時点ではこんな壮大な大人達の大冒険が繰り広げられるだなんて思ってもいなかったので、とてもビックリしました。でもフンザへの旅イコール自分探しの旅。生きて行く中で、自分を見失う事は度々あるので、この映画を見ていると一緒に旅をしている気分になり、改めて自分も自分の人生を一緒に振り返る事ができたような気がしました。何よりも壮大なパキスタンの自然に圧倒されて、映像としても見ているだけで美しく、初めて見る景色にワクワクしたりしながら、私もいつかフンザという桃源郷にいつか行ってみたいと思いました。そして心を閉ざしていた少年、圭輔が徐々に打ち解けていく様子はとても微笑ましく、大人の恋模様も描かれていたりと、途中ハラハラする部分もありますが、最後はとても温かい気持ちになれる映画だと思いました。

 

40代女性
40代女性

草原の椅子は、タイトルからしてわかりにくいテーマですが、再起をはかろうとしていくヒューマン映画というような作品でした。もともとは、旅をしながら書き上げた小説の映画化作品ということですが、主演俳優陣は豪華で、吉瀬美智子さん、佐藤浩市さん、西村雅彦さん、というふうにベテラン俳優陣で占めています。東日本震災後の日本に住むとあるサラリーマンたちの現実と出会い、希望を描いているのだと思います。パキスタンへの旅立ちも当人たちにすれば桃源郷という名の現実逃避でしかないのですが、旅で書き上げたこの作品としては桃源郷という地に到達したことになります。この作品のテーマは非常に現実的ですが、同時に夢物語でもあるようにも思いました。淡白なこの作品を彩る個性は俳優陣であり、佐藤浩市さんなどはその最もたる存在感のある俳優さんでした。ストーリーには、現実には起こりえないような出会いもありますが、そこがこの作品のいいところ、人情味のあるところだとも感じました。役者さんがよく、パキスタンでの撮影も魅力的でした。大人の男女におすすめできますが、人生に疲れたとき、ちょっと悩みがあるときに見てみると休憩できた気分になりました。

 

40代女性
40代女性

わたくしは、こちらの映画を観たとき、やはりすごく壮大なスケールの、映画だと感じました。シルクロードをテーマと言いますか、やはり背景のような気がしました。色々な意味で、人生の深い、深い情熱を感じるような、大変勉強になる、映画だと思いました。バツイチサラリーマンのけんたろうが、仕事関係で出会う貴志子とだんだんと、友情を深めていくが、そんな中、親から虐待を受けている、ある少年と、出会うのだが、そこから映画の内容が、さらに深い人情を物語るように、濃い内容でした。とても、ずっと観ながら、緊張しながら、彼らの言葉や行動に集中していたことを、思い出します。将来的にこの子は、どうなるのか、自分らが守ってあげなければいけないのではないか、親ではないが、親以上に救いたいという気持ちが、すごくすごく伝わってきていました。最終的には、彼らはある写真を見て、パキスタンに行くのだが、グローバルな、なんとも言えない壮大過ぎる、映画で、大変心を打たれてしまいました。人生、何がきっかけで、どうなるか、本当にわからないのですが、何故か、人生は必ず道が開ていくと、どんなに苦しい時も、逆境であっても、歩いて行きなさいと教えてくれた映画でした。

30代女性
30代女性

父子家庭で生活する女子大生が、バイト先の上司の息子の面倒を見ることになります。息子は4歳の男の子で、上司の再婚相手の連れ子ですが、妻は家を出て行きました。上司の出張中に、父子家庭で面倒を見て欲しいと上司と女子大生は父に頼み込みます。人間関係は多少複雑ですが、分かりやすく、画面は終始穏やかでとても見やすかったです。冒頭のシーンが結末で、そこへ向かう様子が描かれるのかなと思いながら見ていました。具体的にはもしかしたらこの4人は異国の地で生活を始めるのかもしれない、という予想をたてました。それが分かりやすい幸せの形だと思ったのです。なので幸せには至らないかもしれない、という流れになったときは、もどかしくなりました。その流れを見たときは、そういう形でいくのか、宮本輝さん原作の物語だなぁとも思いました。いちばん印象に残ったのは、男の子が砂漠を走ってゆくシーンです。この姿を見ていたら、心が動かされ、行動が変わるだろうと思います。この砂漠もそうですし、異国フンザの山の風景や暮らしの様子を垣間見ることもできます。家を出た妻を、小池栄子さんが演じています。この人にも色んな過去があったのかもしれませんが、考え方が根本的にずれている話しの内容は聞いていて少し腹が立ちました。

 

まとめ

『草原の椅子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

西村雅彦のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

吉瀬美智子のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ガール
  • 草原の椅子

【ドラマ】

  • シグナル 長期未解決事件捜査班
  • Around40~注文の多いオンナたち~
  • ギルティ 悪魔と契約した女
  • ブランケット・キャッツ

小池栄子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • わたし旦那をシェアしてた
  • サマーレスキュー~天空の診療所~
  • 幸せになる3つの買い物
  • リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~
  • 贖罪
  • マッサン
  • 巷説百物語 狐者異(こわい)
  • 巷説百物語 飛縁魔
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました