そらのレストラン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『そらのレストラン』予告編

そらのレストラン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『そらのレストラン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『そらのレストラン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

そらのレストラン(映画)の内容

映画『そらのレストラン』は、2019年1月に公開された『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く大泉洋主演の北海道を舞台に描いたヒューマンドラマシリーズ第三弾です。

チーズ作りに励む家族とその仲間を描いた本作の監督は、『神様のカルテ』『サクラダリセット』シリーズなどの話題作を生み出し、主演の大泉洋とは今作で4度目のタッグを組んだという深川栄洋監督。本作を通して、改めて「大きな俳優さんになられたな」と大泉洋の俳優としての成長を評価し、今作のチームの柱となり力を発揮されている様子をコメントしていました。

大泉が主人公・亘理役を演じるほか、妻役に本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世ら個性派俳優が脇を固め、有機農法に取り組む生産者グループをモデルに、レストランを開こうと奮闘する主人公一家と仲間たちの姿を映し出した、美しく感動を呼ぶ作品です。

 

北海道の素晴らしい大地と景色は、いいもんです。食べるシーンや食材を見ていると行きたくなりました。

農家仲間でわちゃわちゃやってるシーンは、とても楽しそうで羨ましかったです。

北海道の雄大な自然の素晴らしさはさることながら、農家として、食に向き合う思いに感動して、涙が止まらなかった!

風景には癒されるし、食べ物は美味しそうだし、今回の主要モティーフであるチーズのクドい蘊蓄を垂れないところも好感。
見覚えのある俳優が多く、キス・シーンさえないから、家族全員が安心して観られるファミリー映画。

一つ一つの食財に各々の人生が熟成させたラストシーンの至極の料理の数々にはうっとり。今宵をチーズと赤ワインの気分にしてくれる映画。

あらすじ

北海道せたな町の海が見える牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理(大泉洋)は、妻のこと絵(本上まなみ)、娘の潮莉(庄野凛)の3人家族。そして気の合う仲間たちと自然に寄り添った食を追求しつつ、楽しみながら幸せに暮らしていました。

亘理の夢は、自分の牧場の牛乳で、この地でしか食べられないチーズを作ること。ただ、チーズ職人の師匠である大谷(小日向文世)にはまだまだ遠く及ばない。

そんなある日、札幌から有名レストランのシェフがやって来て、彼の手で食材がさらにおいしくなることに感動した亘理は、この感動をもっと多くの人たちに伝えたい、と、仲間とともに1日だけのレストランをオープンさせることを思いつきます。

ところが、納得のいくチーズがなかなか完成せず奮闘していたある日、突然大谷が倒れ……。

見どころ

北海道の大地

映画のモデルになっているのは、せたな町で実際に循環農業に取り組む農業ユニット「やまの会」。撮影は2017年9月から2018年1月にかけて、舞台でもある北海道のせたな町で行われました

言わずと知れた北海道の広く美しい景色は、それだけで見ている人の心を癒します。

チーム感

この映画を観た人からは「仲間って良いな」「羨ましい」などの感想が多く寄せられていました。その通り、今作の中で外せないテーマは仲間との関りなんです。

監督も、撮影現場において意識していたことは「5人の男たちが発するチーム感みたいなものを、僕自身楽しみながらそのまま撮る」と言っているように、仲間との楽し気な雰囲気が伝わり、観ているこちらまで楽しくなります。

スタッフ

監督・脚本:深川栄洋
脚本:土城温美
音楽:平井真美子
主題歌:スカート「君がいるなら」(PONY CANYON)

キャスト

設楽亘理:大泉洋
チーズ工房を経営。

設楽こと絵:本上まなみ
亘理の妻。

神戸陽太郎:岡田将生
牧羊を営む若者。

石村甲介:マキタスポーツ

富永芳樹:高橋努

野添隆史:石崎ひゅーい

朝田一行:眞島秀和

石村美智:安藤玉恵

設楽潮莉:庄野凛
亘理の娘。

稲熊:鈴井貴之

大谷佐弥子:風吹ジュン

大谷雄二:小日向文世
チーズ職人の師匠。

 

『そらのレストラン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

そらのレストラン(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

雄大な北海道を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマでとても感動でき、とても心が晴れるような作品でした。大泉洋さんと北海道といえば、イコールのような印象をわたしは持っており、作品をみた時、作品が描きたいだろう情景が他の役者さんよりも大泉洋さんは自然と中にはいってきました。東京でトップを目指して周りが見えなくなり気づいたときには周りにだれもいなくなってしまい心にキズを負って北海道にきたものの馴染めずにいた神戸を、牧場、農家、漁師といったジャンルの違った仲間たちが、支えあう場面は心がなごみました。その仲間達に神戸も加わり終盤に主人公の亘理を励ます場面は最高潮に素敵な場面です。助ける、助けられるというとてもシンプルなことなのですが、大事なんだと改めて考えさせられます。生産者さん達の食材に対する想いも描かれていて考えさせられます。特に生き物を生産してくださっている農家さんについては深く考えさせられます。私も生き物を扱う仕事についていたらと考えるととても悩むことでしょう。今作品をみて、食べたい食材が簡単に手に入る世の中で、食材と生産者さん達に対する感謝の気持ちと、周りにいる仲間への思いやる気持ちを深くかんがえさせられました。

30代男性
30代男性

舞台は北海道の雄大な自然に囲まれ、青々とした草原が広がる牧場。綺麗な景色を見ているだけで、一度行ってみたくなりました。まさに北海道の魅力ですね。そして、そんな北の大地から生み出された食材と料理の数々。よく美味しそうな料理が登場する作品を、見ていると食べたくて仕方がなくなるために「飯テロ」と呼ぶことがありますが、この映画もずばり「飯テロ」映画です。単純に出来上がった料理自体が美味しそうなのですが、それに使わている食材の数々に、それぞれ生産者の想いが込もったストーリーが附属して余計に涎が出てしまうのでしょうね。一言で言えばヒューマンドラマなのでしょうが、主演の大泉洋さんや本上まなみさんが演じている設楽夫婦や、設楽夫婦のチーズ作りの師匠である小日向文世さんが演じている大谷雄二など、登場人物たちがそれぞれに個性的で魅力たっぷりなところが嬉しいです。それぞれの人物たちが抱えているドラマが食材に絡めて展開されて、最後に青空の下で催されるレストランに繋がってゆくところが本当に感動的でした。何よりみんなで団結して仲間意識が生まれるところが良いですね。泣いて笑って、そして涎が垂れ落ちる、そんな素敵な映画です。

50代女性
50代女性

大泉洋さんが、とてもいい味を出して熱演していて、良かったと思いました。過酷な自然の中で頑張っていけるのは、いい仲間と美味しいチーズ作りがあるからなんだろうと思いました。本上まなみさんが、自然体でこと絵を演じていて良かったと思いました。透明感がすごかったです。岡田将生さんが、元コンシェルジュで羊飼いの神戸陽太郎をとてもいい演技をしていて、良かったと思いました。風吹ジュンさんが、さすがの演技力でとても上手く演じていて、良かったと思いました。ほんとに素敵な女優さんだと思います。安心して見ていることが出来ました。小日向文世さんが、頑固な職人気質の役柄を熱演していて、とても良かったと思いました。北海道の素晴らしい大自然が圧巻で、農家としてきちんと食に向き合う真摯な姿に感動しました。1人1人それぞれが、つまづきもがきながらも今を頑張って一生懸命に生きているんだと思うと胸がジーンとしました。お互いの気持ちを分かち合える仲間がいることは、素晴らしいことだと思いました。全体的に、ゆったりした空気感が漂っていて、優しくてほのぼのした気持ちになれる映画だと思いました。美味しいチーズが、食べたくなってしまいました。

30代女性
30代女性

北海道が好きで、雄大な景色を見てリラックスしたいと思って『そらのレストラン』を見てみました。途中の展開として目立っていたのが、ビストロのカリスマシェフで、初めはただの高級志向の男性だと思っていました。でも彼が料理に対して真摯で、良い食材を探し求めているところに心を打たれました。作っている料理がすごくおしゃれで、これだったら誰もが美味しいというだろうなと思います。シェフが、レストランのプロジェクトに関わってきたところから、具体的に進んでいくのが面白くなってきました。農業をしている人は農業に専念し、次の職業料理人につなげていくことを映画で見ていると、自分もその先の相手を考えて仕事をしないといけないという気持ちになりました。逆に、未経験の若者から学べる点もありました。若者の神戸くんは、脱サラして羊飼いの仕事を始めました。彼のように、会社の歯車になっていることに気づいて、人生を方向転換させる行動をしたいと勇気付けられました。ただ単に転職事例を文章で読むだけでは物足りません。彼が、知的な仕事から体力勝負の仕事に変わり、考え方も変えていくところは見習いたいです。仕事だから真面目にやらないと、というのは都会ではよくある話ですが、彼の仕事では、もっと深いところ、体当たりでいろんな状況に向かっていくことや楽しむことが求められていました。想像していたように食がテーマの映画でしたが、仕事から家庭の様子まで幅広く描かれていて心が温まりました。

40代女性
40代女性

北海道の雄大な景色が広がる素敵な作品、何しろ北海道出身の大泉洋さんが主人公ですからその魅力をたっぷりと伝えてくれます。ぜひ映画館の大スクリーンで見るのがおすすめ、空気を味わえます。出てくる人たちが皆いい、脱サラして不慣れな土地で頑張っていて勇気とやる気がもらえます。現実の世界だと同じように夢見てやってきて思った以上の過酷さに音を上げてしまった方は大勢いるでしょう。でもこの作品の中の人たちはそれぞれが仲間を支え支えられながらやっていて、フィクションだとは感じてもやっぱりいいなと思えるのです。商売としてやるからにはお友達ごっこでは駄目だ、そう思わせてくれるのが小日向文世さんの演じる頑固な職人さんです。優しく温かい役が多いので珍しいですが、彼の存在がピリリと空気感を引き締めてくれます。食べるということは命をもらうことなんだなという当たり前のことも学べました。元々は偶然の産物として出来たチーズ、なのにその作り方はこんなにも困難なものとは思っても居ませんでした。北海道に行って美味しいチーズが食べたいです。お野菜もミルクもどれも美味しそう、たった1日だけ開店のレストランに私も行ってみたいと思えました。

40代女性
40代女性

家族と食がテーマになっている北海道映画シリーズの第3弾。風景もよく大好きなシリーズです。今回はチーズ工房を営む家族でしたが、自分の牧場の乳牛で美味しいチーズを生み出そうと奮闘している感じがいいなぁと思いました。夢を持っているひとは見ていて嬉しくなります。まだまだ師匠の大谷にはかなわないのですが、その道で目指すひとがいるのも心強いでしょうね。ある日、札幌からやって来たシェフが自分たちの食材を見事に使って美味しい料理にしたのに触発されてまたやる気が上がった様子も良かったです。人との出会いは自分の知らなかったことと出会わせてもらえたり、まだ未知なる可能性があると気づかせてもらえるんだなぁと改めて感じました。あと単に美味しいチーズを作ると言う目線ではなく、もっと喜んでもらえる方法も知っている方がこれからの時代には必要なんだろうなぁと感じます。自分の多角化というか。一日レストランを企画しようとした矢先に、チーズの師匠、大谷が倒れ亡くなったのは気の毒でした。ただみんなの支えがあり、最後は大谷が気づかせてくれたチーズ作りの意味も見つかって味わいのある話になっていたので良かったです。単に夢や家族たちの協力が盛り込まれているのではなく、それぞれの話せなかった過去や秘密、悲しみ、誤解など一見よくない出来事も含まれているのが作品に深みを持たせてくれていました。ほんとチーズのようにインスタントに出来るものでなく丁寧に手間や時間をかけ熟成されて出来上がるチーズにぴったりの作品だなぁと思いました。

30代女性
30代女性

北海道の大自然と農家の人々の温かい暮らし、美味しそうな食べ物と幸せがたくさん詰め込まれた映画でした。個人的には衣装がとても好みでした。本庄まなみさん演じること絵のゆるいふわっとしたファッションに、岡田将生さん演じる神戸のチェックのシャツとオーバーオール、また大自然の緑に大泉洋さん演じる亘理の着ている真っ白なシャツが映えてとても綺麗で自然も人も美しく見せていていました。農家の人々の豊かな暮らしが生き生きと描かれていたり、食べ物へ対するこだわりと感謝の気持ちが表現されていて穏やかなのに奥深い映画だと思いました。都会から来た羊飼いの神戸がラム肉を食べるシーンは都会で農家にはほとんど関係なく暮らしている私にもグッとくるものがありました。その時のマキタスポーツさん演じる石村が言った「それが世界平和だ」というセリフがとても印象的でした。男たちがくだらないことで盛り上がったり、それぞれのやり方で支え合ったり、年齢も実績も関係なく仲良くしている姿が羨ましくて憧れました。小日向文雄さん演じる大谷さんの温かい雰囲気と職人の生き方が格好良くて好きでした。家族みんなでのんびりしながら見れる温かい映画です。見た後はご飯がより美味しく感じられます。

30代女性
30代女性

大泉洋が主演の北海道映画のシリーズ三作目。良い意味で観る前から「こんな感じだろう」と予想がつき、良い意味でそれを裏切らないので安心できる。美しい大自然の下で優しい人々の織り成す人間模様と大空の下で振舞われる美味しそうな料理に身も心もほっこりさせてもらいました。俳優さんたちが皆、観ていて気持ち良いのがいい。北海道の冬の厳しさを知らない身ではありますが、過ごしやすい季節の空気は気持ちよさそうだなぁと満喫できました。食のパワーが全編に溢れていて、とにかく見ていて気持ちいい。食べること、生きること、共に生きる仲間たちがキーワードとなり、美味しいものを当たり前のようにに食べてきた人、食べても美味しいと感じられないことに気づいた人、たちが「美味しい」と感じて食べられる瞬間を知る幸福感が満ちていた。なにを誰とどう食べるかで人生の豊かさはこんなにも変わるのだ、と優しく語りかけてくれるところが魅力的でした。キャストもみなそれぞれにキャラがぴったりで、笑いもあれば涙もあり。「幸せとはなんだろう」だなんて、当たり前すぎて見過ごしてしまっていたことを改めて見つめ直させてくれる素晴らしい作品でした。ひとりではもちろん、大切な人と共に見てほしい作品です。

 

40代女性
40代女性

大泉洋さんが主演の映画で「しあわせのパン」や「ぶどうのなみだ」に続く第3弾ということで、公開をとても楽しみにしていました。北海道の広大な草原で牧場を営んでいるという設定は、北海道出身の大泉洋さんには適役で、その牧場に猛吹雪の日に迷い込むんで来るのが本上まなみさんで、そのままなんとなく居着いてしまい、結婚してしまったというのは、映画にしても出来過ぎじゃないかなと思いましたが、この2人なら許せてしまうのが不思議です。その後、大泉洋さんがチーズ作りに取り組んでいる様子も、スクリーンから美味しい牛乳の香りが漂ってきそうなほど美しく、北海道民ではない私にとっては、よだれがでそうなほどでした。本当のチーズ作りは、もっと試行錯誤を重ねて、短期間ではうまくいかないものかもしれませんが、人間的にまだ未熟なところのある大泉洋さんが挫折しながらも、仲間や奥さんである本上まなみさんに支えられて、なんとか頑張って行こうとする姿は、仲間っていいなと思わせてくれました。一つ残念だったのは、UFOを呼ぶダンスで、それが一度ではなく何度も出てくるので、ちょっとがっかりしましたが、北海道の大自然がスクリーン全体に映し出されると、非日常を味わうことができて、その中で飲む牛乳はこれまでに飲んだことがないような味わいだろうなと思いました。

 

まとめ

『そらのレストラン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

大泉洋のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • まれ
  • 地の塩
  • スープカレー
  • プラチナタウン

【アニメ】

  • 茄子 アンダルシアの夏
  • 茄子 スーツケースの渡り鳥

本上まなみのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 宿命
  • 借王<シャッキング>II -運命の報酬-

風吹ジュンのU-NEXT配信作品

【映画】

  • 武曲 MUKOKU
  • マチネの終わりに
  • 東京家族
  • 家族はつらいよ
  • 回路
  • つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
  • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
  • タッチ
  • 女の子ものがたり
  • 偶然にも最悪な少年
  • ベロニカは死ぬことにした
  • 蘇える金狼
  • 金融腐蝕列島 呪縛
  • 五番町夕霧楼
  • 男はつらいよ 寅次郎の青春
  • 火の鳥
  • 釣りバカ日誌9
  • 恋と花火と観覧車
  • 魂萌え!
  • そらのレストラン

【ドラマ】

  • 八重の桜
  • 理由
  • 土曜ドラマ 阿修羅のごとく

【アニメ】

  • 劇場版 スペースアドベンチャー コブラ

小日向文世のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ダブルフェイス 偽装警察編
  • 緊急取調室(2019)
  • メゾン・ド・ポリス
  • ドラマ版犬飼さんちの犬
  • 日曜ワイド 欠点だらけの刑事(2018年2月4日放送)

【アニメ】

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました