園子温という生きもの(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ドキュメンタリー
映画『園子温という生きもの』予告編

園子温という生きもの(映画)の動画フルを安全に見る方法

『園子温という生きもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『園子温という生きもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

園子温という生きもの(映画)の内容

映画『園子温という生きもの』は、2016年5月に公開されました。

本作は、映画「愛のむきだし」や映画「冷たい熱帯魚」などで、常に時代の常識に疑問を投げかけてきた映画監督・園子温さんを追いかけたドキュメンタリー映画です。

監督は、ドキュメンタリー映画監督・大島新さん。大島さんは2014年に「情熱大陸 映画監督・園子温」を手掛けましたが、園子温の面白さを伝えるにはテレビでは限界がある、と映画化を決断しました。

映画「ヒミズ」で主演を務めた染谷将太さん、二階堂ふみさんなどの証言も交えながら、園子温という”生き物”に迫っていく作品です。

 

園子温監督が、なぜ鬼才鬼才とよばれるのか、一発でわかるドキュメンタリーでした。「人生の1秒は5000万以上の価値がある」という言葉にはグッときました。

最初から最後まで退屈することなく鑑賞できました。園子温の学生時代の貴重なノートが見られます!

表現したいという衝動が感じられて、エネルギーが溢れていました!奥さんの神楽坂恵のインタビューを聞けたのがとてもよかったです。

過去作の裏話なども聞けて、ファンなら楽しめること間違いなしです!絶対見なきゃといっても過言ではありません。いろいろな顔を持つ園子温監督。さらに好きになりました!

映画「愛のむきだし」や映画「冷たい熱帯魚」など、カルト的人気作を世に送り出した園子温監督。そんな彼の人となりを知れるとあって、ファンにはたまらない作品です!

あらすじ

2015年には4本の新作が公開され、日本で最も忙しい映画監督となった園子温さん。過激な発言ばかりが取り沙汰される園子温監督ですが、本作は、企画の打ち合わせや路上パフォーマンス、自宅で妻と過ごす姿など、園子温監督の人となりが存分に伝わる作品になっています。

園子温監督は25年前に書いた脚本「ひそひそ星」を自主製作で映画化しようとしていました。2014年に「ひそひそ星」はクランクインを迎えます。園子温監督は、当時の脚本を尊重しつつも、ロケーションには東北大震災から3年経った福島県を選びます。荒野が残る福島県の風景にカメラを向ける園子温監督。

本作では、園子温監督と関係の深い方々へのインタビューも敢行しました。映画「ヒミズ」で園子温監督作品に初出演した、染谷将太さんと二階堂ふみさん。2人をはじめとして、インディーズ映画時代から付き合いのある田野邉尚人さん、アーティストとしてコラボするエリイさん、園子温監督の妻であり園子温監督作品にも多く出演している神楽坂恵さんが園子温監督について語ります。

見どころ

1年にわたる長期取材!

本作は、2014年9月から2015年9月までの1年間、園子温監督に密着したドキュメンタリーです。監督の大島新さんにとっても、映画作品は9年ぶりとなります。これまでの園子温監督への密着ドキュメンタリー作品とは一線を画す、取材期間の長さ・濃密さです!園子温監督のファンは必見ですね。

様々な視点からの園子温監督という”生きもの”

園子温監督と関わりの深い方々へのインタビューも大きな見どころのひとつです。メディアでは破天荒な姿が取り上げられてしまう園子温監督ですが、また違った一面があることに気づかされるでしょう。特に、女優として出会い、現在では妻となった神楽坂恵さんへのインタビューは、他では見られない貴重な映像です!

スタッフ

監督:大島 新
撮影:高橋 秀典
エンディングテーマ:「全力歯ぎしりLET’S GO!」Written by 園 子温

キャスト

園 子温
12月18日、愛知県豊川市で生まれる。物心ついたころから、漫画や聖書を好んで読むようになる。小学生の頃よりドラマを浴びるように見て、中学時代から習作を取るように。49歳で映画「冷たい熱帯魚」が大ヒット。その後も映画「ヒミズ」などヒット作を連発している。映画監督のほかに、小説家、画家、バンドマンとしての顔も持つ。

染谷 将太
1992年生まれ。子役として活動をはじめ、映画「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭、マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。主な映画出演作として、映画「寄生獣」、映画「悪の教典」などがある。

二階堂 ふみ
1994年生まれ。2009年、映画「ガマの油」で映画デビュー。その後、第3回TAMA映画祭最新新進女優賞、第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞するなど、新星演技派女優として脚光を浴びる。映画「ヒミズ」ではヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。映画「地獄でなぜ悪い」では再び園子温とタッグを組んだ。

田野邉 尚人
1965年生まれ。学生時代から園子温の映画製作をサポート。1995年に「映画秘宝」を立ち上げ、10年間編集長を務めた。現在は「別冊映画秘宝」で編集長を務めている。

安岡 卓治
1952年生まれ。映画プロデューサー。園子温の映画を数多くプロデュースしている。2005年公開のプロデュース作品『LittleBird イラク戦火の家族たち』で、ロカルノ国際映画祭人権部門最優秀賞を受賞した。

エリイ(Chim↑Pom)
2005年当時、20代6名が結成したアーティスト集団「Chim↑Pom」のメンバー。強烈な社会的メッセージを表現した作品を発表し続けている。東京をベースにしながら、海外にも活動の場を広げている。

神楽坂 恵
1981年生まれ。2004年にグラビアアイドルとしてデビュー。2011年には女優として映画「冷たい熱帯魚」に出演。映画「恋の罪」では第33回ヨコハマ映画祭、おおさかシネマフェスティバル2012助演女優賞を受賞した。

 

『園子温という生きもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

園子温という生きもの(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

物語ではなく園子温という人物を描くドキュメントです。映画監督であり絵もかいて、芸術家の感性というものを垣間見ることが出来ました。でもきっとこの映像ですべてが語れたとは思えません。底知れないパワーがあるからこそ、素晴らしい表現者となりうるのでしょう。ごく普通に生きてきて真面目一辺倒の人には全く理解できないと思います。そんな彼と結婚しようとする人がいるのも驚きですが、強烈な光を放つからこそ自分が殺されるかもしれないと思っていても寄ってきてしまうのでしょう。奥さんである神楽坂恵さんへのインタビューで家庭が垣間見られたような、やっぱり分からないままです。彼女も「いつも一人だから寂しい」と言っています。人間は生まれてくるとき死ぬときは一人です。でも生きている間は一人ではいられず、だからこそ夫婦といった関係を築いて支えあうものなのです。でも独自の道を行く彼には本当に必要ないのかもしれません。実家や妹のことも出てきていましたが、どんな家庭で育てばこういった人物が出来るのでしょう。小さなころから映画ノートを作り才能があったのでしょう。どういう人物なのか分かったような、でも決して分からないままに終わった不思議な作品でした。

20代男性
20代男性

『冷たい熱帯魚』『ラブ&ピース』など独創的な作品を世に送り出してきた、園子温監督の日常を映し出したドキュメンタリー作品です。もともと私は園子温監督の作品のファンで、彼の素顔を知りたくて気になって見たのがきっかけです。彼の日常での話し方とか生き方とか人の接し方がリアルに感じ取れる作品でした。結構映画オタクな一面も見れて、やはり勉強もかなりしているんだなということにしみじみ感動しました。それに加えて、割と思った通りというか、やっぱりどこか天才肌な感じの人間なんだなという印象が見受けられます。幼いころとかにまで話がクローズアップされていて、より彼のことがたくさん分かるようになっています。彼の作品をみているとエログロものが得意なのかとおもいきや、割とそうでもないことがドキュメンタリー本編を見ているとわかります。各作品ごとへの思いとかどういう風に取り組んだのかとか語ってくれるシーンもあり、ファンとしてはとても嬉しかったです。もう4年前くらいのドキュメンタリー作品にはなるのですが、過去、そして未来における彼の作品への姿勢や考え方をたくさん学べる素晴らしいドキュメンタリー作品になっているではないのかと思います。

50代男性
50代男性

冷たい熱帯魚が「温い熱帯魚」になったという映画でしょうか。あの映画を見た時の衝撃は凄まじく、この監督に一生ついていこうと本気度思ったほどでした。ただ、ほかの作品もいくつか見たのですが、私の感性が「冷たい熱帯魚」以外の作品とは今一つ合いませんでした。そこからやや園子温監督とは距離を取り始めました。「自殺サークル」の狂った感じや「リアル鬼ごっこ」のふざけっぷり・やり逃げっぷりは大好きですが、今日現在の個人的感覚は「冷たい熱帯魚だけの一発屋」というのが正直なところです。この作品は本人が撮っているわけでは園子温監督の評価とは別建てで考えなければいけないのは分かっています。ただ見続けているうちに「裸の王様」っぷりが透けてしまい、辛かったです。中盤以降。バンド活動のシーンがあるのですが、周りが気を使って必死に盛り上げてあげているようにしか見えませんでした。唯一心が動かされたのは、映画にも出演していて尚且つ現在の奥さんでもある神楽坂恵さんのインタビューです。もっと「冷たい熱帯魚」撮影時のエピソードを聞きたかったとは思いますが、才能ある人と実際に暮らすことの大変さが良く伝わってきました。彼女の泣いた場面がクライマックスでした。

 

40代女性
40代女性

ドキュメンタリー映画も番組も好きではない方です。たいてい悲しい、理不尽、虚しい現実をつきつけてくるから。この作品は連れとともに鑑賞したのですが、情熱大陸を見るよりも面白かったです。表現することの気持ちよさ、居心地良さ、夢中になれる感覚は自分もよくわかる。センス、趣味嗜好、性別、という条件は見る側にも、園子温さんにもあるのですが、そういう価値観は一旦外へ置いておいて、人間として彼の生き方を評価したときに、感性で生きるということに喜びを見出している方だと思うんです。こういう表現者として生きることはやっぱり同じ人間として羨ましいと思ってしまいますよね。夢中になれることがある上に、中から湧き出してくるものがあるのですから、それはもう見る人とジャンルが違っても才能ある人と呼べるのだとおもいます。監督は大島渚さんの次男であるということですが、あまり顔は似ていないなあという印象。表現者とか芸術家という職の人はサラリーマンなどの生活サイクルとも全く違うようですし、そういう自己責任の自由みたいな生き方を貫いていることもすごいかと思いました。とくにファンではなくても、知見をつけるためにもぜひおすすめできる作品でした。

 

まとめ

『園子温という生きもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

園子温のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ヒミズ
  • 地獄でなぜ悪い
  • 新宿スワン
  • アンチポルノ
  • 新宿スワンII
  • TOKYO TRIBE
  • ラブ&ピース
  • 映画 みんな!エスパーだよ!
  • ひそひそ星
  • 紀子の食卓
  • 自殺サークル
  • 園子温という生きもの
  • リアル鬼ごっこ 2015劇場版
  • 希望の国
  • HAZARD/ハザード
  • 気球クラブ その後
  • 恋の罪
  • 冷たい熱帯魚
  • エクステ
  • Strange Circus 奇妙なサーカス
  • 夢の中へ
  • ちゃんと伝える
  • 盲獣VS一寸法師

【ドラマ】

染谷将太のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

田野邉尚人のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 園子温という生きもの

神楽坂恵のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ヒミズ
  • ひそひそ星
  • 童貞放浪記
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 園子温という生きもの
  • 希望の国
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • 恋の罪
  • 冷たい熱帯魚
  • 堕悪 ~DARK~

【イメージ】

  • 神楽坂恵『motto・・・』
  • 神楽坂恵『スキャンダル・ドール』
  • 神楽坂恵『黒の天使』
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました